クレジットカード現金化の意味と仕組み

「クレジットカード現金化」の意味は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える事です。
ショッピング枠を利用して購入した商品の代金分をそのまま受け取れるわけではありません。
換金率という概念があり、申し込んだ金額に乗算した分だけ銀行に入金してもらえる仕組みになります。たとえば、換金率80%で10,000円分を現金化した場合、手に入る額は8,000円です。
具体的には業者が指定した商品を購入し、それを別の店舗で買い取ってもらう、もしくはキャッシュバックしてもらうという流れです。MasterCardやVISA、JCBなど日本で使えるものならほぼ全てが対応している。最短5分で振り込んでもらえる便利さから利用者が増えています。

※クレジットカード現金化は金融業ではありません。

実際にクレジットカード現金化できた業者75社以上を調査して紹介しているのは即日カードマンだけ!!
各店舗ごとに利用者からの口コミも公開しているので、参考にしてもいい~んです!

クレジットカード現金化優良店ランキング

プライムウォレット
プライムウォレット
営業時間 09:00~21:00
定休日 年中無休
換金率 ~98.8%
備考 LINEで見積もり可能

プライムウォレットはこちら

プライムウォレットはこちら

お急ぎの方はお電話で

フリーダイヤル通話無料
0120-922-379
スピードワン
スピードワン
営業時間 24時間365日営業
定休日 年中無休
(土日祝も申し込み可能)
換金率 最大94%
備考 最短3分

スピードワンはこちら

スピードワンはこちら

どんなときも。クレジット
どんなときも。クレジット
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
(土日も24時間対応)
換金率 88%~98%
備考 最短5~10分で振り込み可能です。

どんなときも。クレジットはこちら

どんなときも。クレジットはこちら

あんしんクレジット
あんしんクレジット
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休
(土日も24時間対応)
換金率 ~98.8%
備考 最短10分で振り込み可能です。

あんしんクレジットはこちら

あんしんクレジットはこちら

クレジットカードを現金化する流れとは?

オンライン型のクレジットカード現金化業者を利用すれば、簡単に最短即日で現金を手にできます。
ネットで現金化を申込む場合の手続きの流れは、以下の通りです。

業者のHPから申込み手続きを行う

まずは現金化業者のウェブサイトにアクセスし、申込みフォームから必要事項を入力して送信しましょう。
申込み手続きの際に必要な情報は、次の通りです。

  • 氏名
  • 連絡先(メールアドレスと電話番号)
  • 電話で連絡が取れる時間帯
  • 現金化の希望額
  • ショッピング枠の残高

業者によっては電話からの申込みも可能ですが、口頭での確認は思っているより手間を取られてしまいます。
たった数分で入力が終わるオンライン手続きのほうが、手っ取り早く申込めるのでおすすめです。
申込みが完了すると、現金化業者から折り返し確認の電話がかかってきます。

本人確認を行う

原則として、現金化業者を利用するには身分証明書による本人確認手続きが必要です。
顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポートなど)をスマホ等で撮影し、その写真をメールで送信するだけで本人確認が完了します。

※一部のキャッシュバック型の現金化業者では本人確認が不要なこともありますが、健全な取引のために本人確認を徹底している業者を選ぶほうが安全です。

商品を購入する

クレジットカードのショッピング枠を使って、現金化したい金額分の商品を購入します。
申込者が購入した商品を業者が買い取る方式、または申込者が商品購入額の還元(キャッシュバック)を受ける方式で現金化が行われます。
現金化の方式によって、購入する商品には以下のような違いがあります。

商品買取り方式 市場で高い価値がつく商品
(ブランド品、ゲーム機、商品券、家電製品など)
還元(キャッシュバック)方式 現金化業者が用意する商品
(CD-ROMや100均のおもちゃなど、ほとんど価値がないもの)

※キャッシュバック型の現金化業者を利用する場合、申込者は必ず商品を受取らなければなりません。
商品の受取り時に家族に怪しまれたくない人は、自分が確実に受取れる日時の指定や局留めなどを利用しましょう。

現金の入金を待つ

現金化業者から、商品の買取り代金またはキャッシュバックとして現金が入金されます。
オンラインバンキングに対応している銀行口座を入金先に指定すると、最短即日で現金が振り込まれます。

以上の流れで、オンライン型現金化業者によるクレジットカード現金化が完了します。

換金率を年利で考えた場合

たとえば、「ショッピング枠10万円を使って9万円のお金を手に入れた」とします。これは換金率が90%でかなりの好条件です。

しかし、請求が翌月だとして言い換えると、「9万円を借りて翌月10万円にして返した」ということになります。これは月利で11.1%ですから、年利にすると133%になります。

同様のシチュエーションで換金率を80%、85%とすると、年利はそれぞれ150%と141%です。金融機関では法律で18%までと定められていることを考えると、かなりの暴利であることが分かります。このようにして、換金率と借入の金利で観ていくと解りやすく、業者がどのようにして儲かるのか解るでしょう。

金額面で単純に効率を求めるなら金融機関のほうが上です。クレジットカード現金化は「どうしても審査が通らない」「借金の記録を残したくない」という方向けの方法になります。

ネットや街頭の広告でよく見かける「クレジットカード現金化」は、融資よりも手軽に現金を手にできる手段として、人気があります。
しかし、「最短5分で入金」「還元率98%!」といった謳い文句を見て、興味はあるものの、何だか怪しい・・・と疑う人も少なくないでしょう。
クレジットカード現金化とは一体どんな仕組みなのか、闇金のような商売ではないのか、本当にお得なのか、といった点を明らかにしていきましょう。

自分で現金化する方法

まず、ショッピング枠で商品を購入して、その商品を買取り専門店やリサイクルショップ等に売却します。
その売却代金を、現金として使えるようになる仕組みです。
ただし、商品の相場に精通していなければ、高買取り率を狙いにくいです。

クレジットカード現金化業者に依頼する

現金化を専門としている業者も増えてきており、手数料を払えば、高還元率・最短即日での現金化が可能です。
業者では、以下のどちらかの方式を採用しています。

【キャッシュバック方式】

業者からカードで商品を購入すると、キャッシュバックとして商品価格の何割かが、現金として振り込まれる仕組みです。
商品売却の手間がなくスピーディーな入金が可能ですが、換金手数料が高くつく、現金が振り込まれないといったトラブルも多いようです。

【買取り方式】

カードで換金性の高い商品を購入させ、その商品を業者が買い取ることで、その買取り代金が現金として入金される仕組みです。
自分で現金化する方法と似ていますが、商品の目利きが得意な業者に依頼すれば、確かな査定によって高還元率が期待できます。

比較はこちら

比較はこちら

電話連絡なしでもクレジットカード現金化はできる?

クレジットカード現金化を申込むにあたって、「日中は多忙でなかなか電話に対応できない」とか、「業者と電話で直接話すのは不安」などといった理由で、電話連絡なしを希望する人もいるでしょう。

電話連絡なしでもクレジットカード現金化は利用できるのかどうか、気になるところですよね。

買取り型のクレジットカード現金化業者(商品の売買による現金化を行う業者)に関しては、原則として電話連絡による本人確認が必須となっています。

なぜなら、買取り型の現金化業者は法律上「古物商(中古品の売買または交換を生業とする業者)」として扱われ、古物商は古物営業法に従って顧客への本人確認を行うことが義務付けられているからです。

もしも買取り型現金化業者が電話連絡や身分証による本人確認を怠った場合、その業者は古物営業法に違反したことになり、行政処分を受けてしまいます。

初めてクレジットカード現金化を申込む際は、原則として電話やメール、対面による本人確認を行わなければなりません。

ですが、キャッシュバック型の現金化業者(商品購入金額の還元による現金化を行う業者)は古物営業法に従う必要がないので、電話連絡なしでメールのみの本人確認が可能なところもいくつか存在します。

ただし、メールだけで手続きを行うと業者からの返信に時間がかかる場合があり、即日現金化が難しくなることに注意してください。

ショッピング枠を使って現金化にする理由

クレジットカード番号
クレジットカード現金化はショッピング枠を使って換金率の分だけ現金を得る方法です。100%を超えることは実質不可能のため、使えるお金の額で考えるとかならず損をする取引だと言えます。

それでも「ショッピング枠ではなく現金でなければ駄目」という事態になればとても便利なお金の工面方法となります。以下の口コミを参考に、本当に使うべきかどうかを慎重に吟味しましょう。

合法的に開業する時に古物商の資格が必要

お札の画像
クレジットカード現金化を使おうと思っている方に多い勘違いが、「お金を借りるものだ」ということです。しかし、実際は金融取引ではありません。最近では、誤った認識でいると業者が取引を断ることがあるため、しっかりと把握しておく必要があります。

利用者が指定の商品を買い、業者がキャッシュバックもしくは買取を行うという仕組みのため商取引になります。そのため、合法的に行うには古物商が必要です。一般的な資格と違って試験がなく、必要書類を持って警察署に申請すれば良いため取得が簡単です。

一方で、金融取引は「貸金業務取扱主任者」という資格が必要です。これは2010年から国家資格に認定されており、試験にパスする必要があります。合格率は30%ほどで、200時間程度の勉強時間を要します。古物商とくらべるととても難易度が高いと言えます。

そのため、警察署に申請するだけで良いクレジットカード現金化はとても開業しやすい商売です。このことを利用して不当にお金を騙し取ったり、個人情報を盗み取ったりする悪徳業者が後を絶ちません。

安全にクレジットカードを現金化するためにも、業者を選ぶ時は口コミの評判をよく見てまっとうな経営をしているところを使うようにしましょう。

審査が緩いクレジットカードはスムーズに換金出来る

カード会社の種類
クレジットカードは誰にでも無条件で配布しているわけではありません。経歴などから返済力や性格、資産などを評価し、基準を満たした人にだけ発行しています。

この審査は発行元やカードの種類によってかなりのバラ付きがあります。そのため、ある会社で通らなかった方でも、別のところでならパスできる可能性が十分にあります。

現金化する時は、できるだけ基準の甘いクレジットカードを取得することで、スムーズに換金できるようになるでしょう。特に「審査が甘い」とされている狙い目のカードは以下の5つです。

  • ACマスターカード
  • 楽天カード
  • イオンカード
  • アコムマスターカード
  • ファミマTカード

複数のクレジットカード画像
発行元こそバラバラですが、これらにはある共通した特徴があります。それがカードの種類です。一般にクレジットカードは以下4つの種類があり、上のものほど審査が厳しいと言われています。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 金融系

また、同じ発行会社でも以下のようなランクがあります。これも上位のものほど基準がタイトです。

  • ブラック
  • プラチナ
  • ゴールド
  • 一般

上記で挙げた5つのカードが狙い目なのは、いずれも流通系か金融系で、一般のカードだからです。上記以外にも、この特徴に当てはまるものは積極的にチャレンジしてみましょう。

健全に運営している現金化業者とは?

セキュリティー
法律の抜け道というグレーゾーンで商売を行っているクレジットカード現金化。中には詐欺を働くような悪徳業者も少なくはありません。

個人情報を盗み取られる、闇金業者に個人情報を売られるなどの被害に遭わないためにも、優良なところをしっかりと見極めて使いましょう。

そのためにもかならず行っておきたいことが、即日カードマンの各業者の口コミでチェックする事をオススメします。ホームページを確認する時は、書いてある意味を理解せずに、鵜呑みにしてはいけません。

たとえば、「換金率98%」「今なら1万円のクーポンをプレゼント」というものです。通常は80%ぐらいが相場ですし、顧客全員に1万円を配っていては大赤字で倒産してしまいます。このような「美味し過ぎる」内容は、だいたいが顧客を釣るためのデタラメです。

他にも、業者の信用度は会社情報から分かります。責任者名やオフィスの所在地などが書いていないところは、警察や顧客の目を逃れるためにあえて情報を伏せています。このような問題があるところの利用は止めましょう。

公式サイトだけでは優良かどうかが分からない時があります。そのような時は口コミが役立ちます。

まずは、書き込みの傾向から利用者に支持されているかどうかを判断しましょう。その後1件ずつ観察し、それぞれの業者のメリットやデメリットをリストアップすると良いでしょう。

クレジットカード現金化業者は、闇金とは違う?

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、グレーゾーンに入る手法なので、闇金が関わっていそうな印象もあるでしょう。
事実、貸金業から現金化へと商売の形を変えた闇金もあるので、全ての業者が安全であると言い切れない側面もあります。

ですが、違法な高利貸しとクレジットカード現金化自体は、全く異なるものです。
現金化業者とは貸金業ではなく、「中古品買取り業者」という形態を取っていることが多いため、業者に返済する必要はありません。
利用者と業者間の取引は、あくまでカードを使ったショッピング、そして中古品の売買、という形式なのです。

闇金の怖いところといえば、高金利に加えて脅迫的な取り立てですが、これらを心配している人もいると思います
返済については通常のカード利用と同じで、カード会社に対して行うので、違法な金利を取られる恐れはありません。
業者が返済を迫ってくることは絶対にないので、現金化自体は安全な取引なのです。

問題があるとすれば、現金化がカード会社の利用規約に反する可能性が高い、という点でしょう。
利用規約に違反したからと言って、法律的には違法ではありませんが、カード会社から相応のペナルティを課されるリスクは存在します。

カード会社の利用規約を読むと、「換金目的の利用」は違反行為として定めされています。
ペナルティの内容は、「会員資格の停止」「利用額の制限」「返済額の一括請求」といったもので、非常に厳しいです。

これを理由に、クレジットカード現金化を躊躇う人は少なくないですが、やり方によってはカード会社に発覚せず、安全に行うことができます。
自分で安易に現金化を繰り返すのは危険なので、ここぞというときに、信頼と実績のある業者に任せるのが一番安心です。

ただし、いい加減に業者を選んでしまうと、規約違反が発覚するどころか、中には悪質な取引になる恐れもあります。
特に要注意なのが、「キャッシュバック形式」を採用している業者です。

キャッシュバック形式とは、商品購入に対してキャッシュバックという形で、現金を振り込む方法です。
問題としては、対象となる商品が送付されない、全く価値のない商品が送付される、といった可能性があることです。

利用者からすれば、商品売買はあくまで形式に過ぎず、現金が振り込まれれば商品自体の価値は気にしない、という人も多いでしょう。
しかし、商品の実態や価値が明らかではない取引は、法律違反とみなされ、無許可の融資に該当してしまいます。
実質的には、不当な手数料で高金利な闇金と変わらないため、このような業者には注意しましょう。

安全を期するなら、業者の用意する商品ではなく、一般に流通している商品を媒介にした「買取り形式」を選択するのがおすすめです。
買取り形式の場合でも、その業者が「古物商許可」を取得しており、古物営業法に則った営業を行っているかは、必ず確認しましょう。

業者の公式サイトや宣伝チラシ等があれば、「古物商許可番号」が記載されているはずです。
実店舗に来店した際は、「古物商許可証」が掲示されていれば、まっとうな業者であることが判断できます。

自分で商品を購入・転売する場合、古物商許可は必要なのかどうか、という点も気になるのではないでしょうか。
個人による現金化の場合は、転売による利益が目的ではなく、商売として行っているわけではないので、その必要はありません。
ヤフオクやメルカリで不要な品を売るのと同じ感覚で、実行できます。

ただし、同じ商品を複数購入するなどの不自然な行為が目立った場合は、カード会社等から指摘される危険性があります。
なので、商品購入・売却の際は、普通のショッピングやリサイクルを装うため、細心の注意が必要です。

ランキングはこちら

ランキングはこちら

クレジットカード現金化では、どんな商品を買ったり注文したりするのか?

クレジットカード現金化では、業者が指定した商品を利用者が買います。申し込み後スタッフがアナウンスしてくれるため、店舗型なら指定した店に行く、無店舗型なら通販サイトを開けば問題ありません。
パソコンの前でクレジットカードを用意
どちらの場合でも、利用額やプランを選び、それに合った金額の商品を買います。支払い方法はもちろんクレジットカードです。

この時指定されるものは、買取方式とキャッシュバック方式で違いが見られます。買った商品を買い取ってもらう買取方式では、価値や換金率が高いものを売買します。家電製品やブランドもののバッグ、アクセサリー、ギフト券などが挙げられます。

この方式では買った後にすぐ買い取ってもらうため、商品が手元に残ることはありません。そのため、「何を買うか」ということはほとんど気にする必要はないでしょう。

一方、キャッシュバック型では安価なものが対象となります。100円ショップでも買えるような玩具のアクセサリーやパワーストーン、CD-ROMでできた情報商材などが代表です。

購入後買い取ってもらうことがないため商品は手元に残りますが、適当に処分してしまって問題ありません。こちらも元々価値がほとんどないもののため、業者選びの基準として考える必要はないでしょう。

即日現金化融資と数日後の現金化の違い

日本の貨幣とお札とクレジットカード
クレジットカードを現金化すると、即日融資対応してもらえるパターンと数日掛かるパターンがあります。業者によってはそれぞれのプランが用意されている場合も。このようなケースでは、時間が掛かるほうが換金率が高くなることがほとんどです。

どうやら、時間を掛けたからと言って必然的に換金率が高くなるという仕組みはないようです。ただし、業者は決済を確認して商品を発送、銀行に入金という手間が掛かる作業を行っています。

それを利用者まとめてではなく、1人すぐに対応しなければならないため、その分の手間賃として換金率を落としているのだろうと言われています。即日プランでは入金額が下がるわけですから、使う時はスピードと金額のトレードオフを考えるようにしましょう。

また、業者によっては初回で数十分掛かるが、2回目以降は5分程で入金が終わることもあります。これは最初に行なわれる事前説明や本人確認作業などが不要になる為です。

クレジットカード現金化は一般の方にとってはややこしい仕組みです。そのため、よく分かっていない顧客のためにスタッフが1から説明することがあります。また、他人のカードを使って現金化する詐欺を防ぐために、業者側が本人確認を行うことがあります。

クレジットカード現金化の優良店舗の探し方

クレジットカード現金化業者の数は、なんと30社を超えています!どの会社を選べば失敗しないのか、迷ってはいませんか?
優良店の特徴を、悪質業者を見分けるポイントと併せて説明していきます。

換金率が高い

キャッシュバック

現金化の利率はただでさえ高いので、業者選びの際は少しでも高いキャッシュバック率のところを選ばないと損です。目安としては、80%~85%のキャッシュバック率を掲げている業者がおすすめです。

98%、99%といった高い換金率を宣伝している業者もいますが、それでは業者にほとんど利益が出ません。たった数%の利益率では、良質なサービスが維持できないどころか、会社の存続すら難しいです。よって、高すぎる還元率を誇張しているのは、架空業者による客寄せのための嘘だと考えられます。

全額キャッシュバックできるという業者は、まずありえません。高すぎる換金率の業者に依頼しても、お金が振り込まれない可能性が大きいので、気をつけてください。キャッシュバック率が90%を超える業者は、詐欺でないか慎重に判断してから利用しましょう。

振込みのスピードが早い

ATMに暗証番号を入力

クレジットカード現金化を利用する人は、急ぎでまとまった現金が欲しい、という状況にあることが多いでしょう。そこで、換金率だけでなく振込みスピードも重視しなければなりません。

最近ではほとんどの現金化業者が、即日振込みに対応しています。なので、実績のある業者を利用していれば振込みスピードについては心配要らないでしょう。

しかし、現在でも一部の会社では振込みに数日以上かかるところがあります。お急ぎの場合は、必ず振込みまでの時間をチェックしてから、申し込みましょう。

高額な現金化だと分割で振込まれる場合がありますが、1回目は即振込みがあったとしても安心できません。1回目の振込みで信用させて、それきり音沙汰なし、という詐欺もあるからです。振込みスピードだけでなく、必ず業者の信用性も調べましょう。

買い取り方式の業者だと、商品を返送するという手順を挟むため、振込みまで時間がかかる傾向があります。「商品が到着していない」「商品に欠陥があった」などのトラブルで、手続きが遅れることも考えられます。悪質なケースでは、「商品が使用済みになっている」といったクレームがつけられ、振込みがされなかったという被害もあります。
万全を期するなら、買い取り方式は極力選ばないようにするのが手です。

クレジットカード現金化は、土日も振込みできる?

土日や祝日・連休は、レジャーにショッピング、友達付き合いに家族サービスといった予定で、出費がかさみがちです。
そんなとき、銀行では手数料が高くついたり、休日は閉まっていたりと、困ることがしばしばあるかと思います。
急にお金の要る予定ができたときは、即日でクレジットカード現金化ができると助かるのですが、対応できる業者はいるのかどうか、気になるところでしょう。

中小消費者金融なら、土日でも借りられる業者が多いですが、クレジットカード現金化業者も、ほとんどが土日営業しています。
スピード入金で定評のある業者なら、申込みから30分以内に対応してくれるので、緊急のときでも安心です。
また、業者によっては夜間・深夜まで対応可能なところもあります。

急いで現金化したい場合、店舗に来店して、現金を直接手渡しして欲しい、というニーズもあります。
しかし、現金手渡しに対応できる業者は少なく、基本的には銀行口座への振込みとなります。
対応する銀行の口座さえ持っていれば、土日でも即日現金化が可能なので、わざわざ手渡ししてもらう必要はありません。

ただし、土日・祝日対応の業者でも、受取り銀行口座によっては入金が翌日以降になることがあります。
クレジットカード現金化業者が迅速に入金手続きをしたとしても、入金先の銀行が休業日ではすぐに引き出せず、意味がないのです。
その場合、翌営業日の振込みになるので、それまで待たなければなりません。

そこで、土日・祝日の入出金が即時に反映される、インターネットバンク(ネット銀行)口座を、開設しておく必要があります。
住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行などの主要なネットバンクであれば、土日を問わず入出金可能です。
ネットバンク口座なら午後からの振込みでも即日反映されるので、まだ持っていなければ、今後も継続利用するなら開設しておくと便利です。

自分で現金化する場合は、平日や土日に関係なく実践することができます。
金券ショップやリサイクルショップの中には、年中無休で24時間営業の店舗もあります。
これらの店舗では、現金手渡しやネットバンク振込みに対応しているか、事前に確認しておきましょう。

友人・知人と一緒に食事などに行き、カード支払いで立て替える、という方法も使えます。
支払いが一瞬で済むというメリットがあるので、事情を話して友人や親しい知人に協力してもらいましょう。

このように、自分で現金化する方法は土日でも関係なく行えますが、それなりに手間がかかります。
商品を購入して、買取り業者に持ち込むという手間がありますし、カードで立替えなら、まず友人知人と誘い合わせなければなりません。

その余裕がなければ、クレジットカード現金化業者に申し込むのが、一番早いでしょう。
土日・祝日でも営業している人気の業者を一部、紹介します。

ファストキャッシュ

設立実績が15年以上の信頼できる業者で、現金化まで最短3分のスピード入金を実現しています。
楽天銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、15時以降の申込みでも即日対応可能です。

あんしんクレジット

年中無休営業なので、イベントの多い祝日や連休でも、気軽に利用できます。
最大97%の高換金率が魅力で、利用者の満足度が高いです。

おひさまクレジット

設立から12年以上経過しており、リピート率はなんと85%以上の、安心できる業者です。
他のサービスから乗り換えたヘビーユーザーが多いので、迷ったらここに相談すると良いでしょう。

キャッシュライン

土日でも24時間申込み可能で、スピード対応が評判の業者です。
ネットバンクを含め、幅広い金融機関に対応しており、契約のスムーズさに定評があります。

クレジットカード現金化で振り込まれないことはある?

クレジットカード現金化業者の一部には、悪質な詐欺業者も存在します。
業者の下調べをせず、迂闊に申し込むと、「振り込まれない」「手数料を50%以上取られた」といった被害に遭う恐れがあります。

そのような詐欺に遭わないためには、悪質業者の手口を理解し、業者選びの段階で慎重にならなければなりません。
特に多いのが、「現金がなかなか振り込まれない」というトラブルです。

この場合、全てが詐欺というわけではなく、単に振込みが遅れているだけ、という可能性があります。
業者からの振込みが遅くなる原因としては、以下が挙げられます。

繁忙期のせいで確認が遅くなっている

土日や祝日・連休、月末など、申込みが増える時期や銀行の休業日と重なると、入金まで数日かかることがあります。
緊急時に備えて、店舗が空いているタイミングで現金化をしておくと安心です。

クレジット決済が高額で、送金の準備に時間がかかっている

数十万円以上の高額決済を行うと、不正利用が疑われるため、カード会社から連絡が来る可能性があります。
万が一決済不能になるリスクに備え、カード会社からの確認が取れるまでは、利用者への送金を保留する業者が多いです。

銀行提携のカードで申し込んでいる

銀行口座と連携しているクレジットカードを現金化に利用した場合、決済から入金までのタイミングが近すぎると、銀行に不信を抱かせる恐れがあります。
そうなると、カードの利用停止に加え口座の凍結など、ペナルティが非常に重くなる可能性があり、再開設手続きなど面倒も多くなります。

それを防ぐため、現金化業者はあえて決済から送金まで時間を空けることで対策をしています。
しかし、業者でカード決済をすると海外決済扱いになるため、どうしても不審さが目立ってしまいます。
利用者としても、銀行提携のカードを極力使わないなど、慎重な利用を心がけたいところです。

上記に該当しない場合、本当に詐欺に遭っている可能性が高くなります。
詐欺を回避するためには、業者に怪しい噂がないか口コミで調査し、手続き中でも不審な点があれば、すぐに取引を中止しましょう。

特に気をつけてほしいのが、送金を複数回に分ける業者です。
1回目の送金は問題なく行われたとしても、2回目以降は振り込まれない、送金が遅れる、といったトラブルがあります。

もしそのような被害に遭ってしまったら、利用者としてもグレーな行為をしている後ろめたさがあるため、どこにも訴えられなくなります。
利用規約に反しているため、カード会社に保障を求めることは絶対にできません。

また、迂闊にカード番号を知らせてしまうと、カードを不正利用される恐れもあります。
カードのコピー等を求めてくる業者は、絶対に避けましょう。

詐欺被害に遭わないためには、最近登場したばかりの業者は極力避けるほうが良いです。
悪質行為を繰り返す業者は遅かれ早かれ摘発されるため、同じ形態で長く営業を続けられるはずがありません。

10年以上の実績がある現金化業者なら、長く利用者に支持されている証拠であり、安心して申し込むことができます。
口コミで評判が良かったとしても、誰が書いているか分からないネットの評価だけでは信憑性が低いですし、運営実績は確かな指標になります。

長年運営を続けている業者は限られてくるため、絞り込むのは容易です。
参考までに、運営実績の長い人気業者を、いくつか紹介します。

  • なごみギフト(創業10年以上)
  • おひさまクレジット(創業12年以上)
  • あんしんクレジット(創業13年以上)

上記の業者は、換金率が平均95%以上、振込みスピードは平均5分で満足度が高いです。
良質なサービスも、運営実績に反映されていると言えるでしょう。

対応が丁寧

コールセンターの女性

クレジットカード現金化は、完全オンラインで取引できるのが魅力ですが、業者の実態を確かめるには、できれば電話でも問い合わせをしてみましょう。電話での問い合わせへの対応が丁寧かどうかで、ある程度業者の誠実さを判断することができます。電話連絡先すら記載されていなければ、詐欺サイトなので避けましょう。

ヤミ金融が運営している悪質な現金化業者は、言葉遣いが悪く、強引なトークで、不信感を抱かせるような電話対応であることが大半です。無理やり契約を迫ってくる、重要なことを説明してくれない、といった問題があれば、その業者との取引きはやめましょう。

また、電話をかけると転送される場合も怪しいです。断定はできませんが、架空会社によくあるパターンなので、注意しておきましょう。

クレジットカード現金化なら店舗型もおすすめだが手数料が発生するので効率が悪い

クレジットカードの現金化では、換金率のほかにさまざまな手数料が発生します。
利用金額に換金率を乗じた金額が入金されると思っていたのに、さまざまな名目で取られていて、予定した金額が振り込まれなかったといった体験談も多く耳にするため、この存在が盲点だった方も多くいらっしゃることがうかがえます。

安全性を重視するなら、実態が見える店舗型の業者を選ぶのがおすすめです。店舗で対面営業を行っている業者なら、ネットが苦手な人や、オンライン決済が不安な人でも安心して利用できます。

店舗型業者の多くは買い取り方式を採用しており、その場で商品を買い取って現金を手渡ししてくれます。これで、「全く振込まれない」「指定した金額より少ない金額しか振込まれなかった」といった被害は無くなります。

ところで、一体どんな名目でいくら発生するのかご存じでしょうか?
確かにカードで購入したものと現金を交換するために、生じることは避けられないのですが、中には不必要なコストを高額に設定している業者も存在します。
その場合、工面できる現金が大きく目減りしてしまうことが避けられません。
これを防ぐためには、私たち利用者は相場観をあらかじめ把握しておくことが大切です。
少々手間がかかることは否めませんが、これによって業者とトラブルになってしまうことを防ぐことができます。

また、取引前に業者へコンタクトを取ることで、高額な手数料や入金額が違うといったトラブルを事前に避けることができます。
確かに若干の手間はかかりますが、この手順を踏むだけでほぼ確実に安全な現金化取引を行うことができます。
案ずるより産むが易し。いくらかかるのか不安で、HPをくまなくチェックしたり、二の足を踏んだりするよりは、一度連絡をしてみる方がずっと短時間で効率よく知ることができるため、おすすめです。

クレジットカードの現金化にかかるコストの内訳とその目的、そして不要に上乗せする業者との取引を避けるための、シンプルかつ効果的な方法を解説いたします。

クレジットカードの現金化では 必ず発生する

クレジットカードの現金化にはさまざまな手数料が発生します。
カード決済を行ったり、現金を銀行口座へ振り込んだりすると必ず発生するため、業者がいくら経営面で努力をしたとしても最低限の分は発生せざるを得ません。

換金率に含まれているか否かは重要!

この手数料が換金率に含まれている場合であれば、何も心配することはないのですが……業者によっては、換金率を乗じた金額からさらに様々な名目を理由に引かれる場合があります。
そうなると必要とする現金が工面できなくなることも考えられますね。
そのため、現金化を申し込む時には、換金率からさらに差し引かれるか否かを事前にチェックしておくことが大切です。

実際の内訳は何? どんな目的で発生する?

それでは、現金化取引では実際にどんな名目で発生しているのでしょうか?
具体的には主に4つ、決済・送金手数料と商品の送料、そして消費税が発生します。
また一部の業者では、これに加えて審査費用が発生する場合もあります。
具体的にどんな手続きにかかり、いくらほどが相場なのか、順番に見ていきましょう。

決済手数料

クレジットカードで使用する際に発生します。
スーパーやコンビニで買い物をする時にはお店側が支払うため、あまり気にかけることはありません。
しかし、現金化では取引業者ではなく利用者側が支払うことが多い傾向があります。
使用するクレジットカードのブランド(VISA、MasterCard、JCBなど)により異なりますが、取引金額の3~10%ほどが発生します。

送金手数料

現金を申込者の銀行口座へ振り込む際に発生します。
街中にある店舗型の取引業者では、ほとんどの場合手渡しで現金を受け取ることができるので、発生しません。
しかしWEB上の無店舗業者の場合は銀行振込が現金の受渡方法となるため、料金が発生します。
銀行のHPでは3万円未満は108~216円、3万円以上は324~432円ほどと明記されていますが、業者によってはこれに若干上乗せしている場合もあり、平均して200~500円ほどが差し引かれます。

商品送料

WEB上の無店舗業者で取引をした場合に限りますが、キャッシュバックのために購入した商品を業者が利用者の自宅へ配送する際の商品送料が、計上されています。
現金化でやりとりする商品はかさばらないものが多いため、あまり大きな金額が発生することはありません。
およそ1,000円弱が相場ですが、業者によっては2,000円ほど請求する場合もあるため、必要以上に上乗せされていないかの確認を忘れないようにしましょう。

消費税

現金化取引は普通の買い物と同じく消費税の課税対象となるため、取引金額の8%分が消費税として発生します。
業者によっては換金率に含まれている場合もありますが、HP上では記載がわかりにくい場合もあります。
そのため、取引を申し込む前に外税か内税かをチェックしておくことが大切です。

審査費用

一部の業者では、審査費用との名目で別途発生する場合があります。
これは現金化を行うにあたって審査する際に発生するとされていますが、クレジットカードの現金化では通常、利用審査を行っていません。
強いて挙げるならば、カード名義人の本人確認が審査に該当します。
しかしこれも別途請求するほどの作業ではないため、上乗せするための口実として用いている業者が一定数存在します。
従って、項目にこの審査費用が記載されている場合には注意が必要です。

不要なコストが上乗せされている業者は要注意

現金化取引を行う上で必要な分は、前述の決済・振込手数料と商品の送料、そして消費税のみです。
それ以外が加算されている場合には、本来必要ではない作業を加えて上乗せを狙っている場合が考えられます。
そのような業者と取引を行っても、メリットは何もありません。

上乗せを企てる業者との取引を防ぐには 入金額の事前確認が効果的

近では換金率を高く設定する代わりに、不必要なコストを多く計上する業者も一部に見受けられます。
こうした業者との取引を避けるためには、電話やメールで実際に振り込まれる金額をあらかじめ確認すると効果的です。
その際に発生するか否かを確かめれば、本取引で余計な分が差し引かれてしまうことはありません。

申込前に業者とコンタクトを取ることは、確かに一手間かかります。
しかし想定していた入金額と違っていたり、事前に知らされていない分を差し引かれたりといったトラブルを確実に阻止できるため、安全かつ確実な取引のためには必須といっても過言ではありません。

内訳と目的を把握しておけば 優良業者を見定めるヒントにもなる!

クレジットカード現金化で発生するコストの内訳と、各々の目的について解説いたしました。
取引にあたってどのような料金が、いくらぐらい発生するのかがお分かり頂けたかと思います。
残念ながら、高換金率を謳っていても様々な名目で多くの金額を差し引く業者が、クレジットカード現金化では一定数存在します。
しかし、実際の取引でどのくらいの手数料が発生するのかをあらかじめ把握しておけば、こうした悪徳業者との取引を未然に防ぐことができます。

また、最近では換金率の中にあらかじめ内包した優良業者も徐々に数が増えつつあるため、こうした業者を取引相手に選ぶこともまたおすすめです。
安全性が高いことはもちろん、できる限り好条件の業者を選ぶためにも、有無とその内訳の事前把握は欠かせません。
取引前の準備を万端に整えて、安全かつ好条件な現金化を行っていきましょう。

ただし、店舗型は家賃や人件費など運営コストがかかるので、その分だけ高くなり、換金率ではネット店舗より低くなる点に注意しましょう。店舗型の換金率は、70%~75%前後が目安で、ネット店舗の相場より10%近く下がってしまいます。
しかし、ネット店舗で詐欺に遭うリスクを考えれば、少々高くても、安全のためと割り切れるのではないでしょうか?

少しでも換金率を上げたいからといって、商品券や乗車券といった金券で取引をするのは、絶対に避けてください。店舗型でも、金券転売の違法性が高く危険なことには変わりありません。金券類の高額な購入履歴がカード会社に発覚すると、カード利用停止になる恐れもあります。

サイトが安っぽくない

ウェブサイトを作っている人

業者の信用性は、サイトのデザインにも現れています。最近ではスマホからの利用も増えているので、優良な業者ならPCサイトに限らずスマホ用のサイトも用意するなど、対応が行き届いています。

サイトは重要な窓口にも関わらず、デザインに力を入れていないサイトは運営・接客対応もいい加減だと予想されます。
詐欺サイトではないにしても、振込みに何日もかかったり、問い合わせへの対応が悪いなど、サービスの質は期待できない可能性が高いです。

また、詐欺サイトはアクセスするとチープな印象を受けます。現金化初心者にとっては、一見しただけでは詐欺サイトかどうか分かりにくいかもしれないので、様々なサイトを見比べてから判断してみましょう。

初めてクレジットカードの現金化をする方へ 具体的な方法と気になる疑問点の答えをご紹介!

パソコンを操作する女性

クレジットカード現金化を初めて行う場合、初めて目にすることばかりで現金化の全容がつかみにくいことから、難しい印象や不安を抱く方が多いことでしょう。

比較サイト・掲示板・Q&Aサイトなど、現金化を利用する前に、様々な媒体で調べるという慎重派の人も多いです。ですが良い口コミが書かれている、あるいは悪い口コミが書かれていないからといって、完全に安心はできません。
なぜなら、運営者が定かではないサイトに掲載されていたり、匿名で書き込まれている場合、業者の自演という疑いがあるからです。

しかしご安心ください。クレジットカードの現金化は、カードローンや銀行のフリーローンと同じく、利用にあたって何も心配のいらない資金調達の一手段です。
優良業者が数多く名前を連ねていることはもちろん、それでも不安な場合には自分自身で現金化を行うこともできます。
また、クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を用いるためあらためて審査を受ける必要もなく、急に現金が必要になった時には特に役に立ってくれることでしょう。
今回はクレジットカードの現金化を初めて利用する方が思い浮かぶ疑問と不安について、わかりやすく解説いたします。

初めての方にとって クレジットカード現金化はわからないことだらけ

「換金率って何?具体的にどんなことをすればいいの?」
初めてクレジットカード現金化を行う場合、このようにわからないことだらけで目を白黒させてしまう方は多いのではないでしょうか?
それもそのはず。クレジットカードの現金化はカードローンやキャッシングと異なり、独特の取引形態であるため初めて利用を検討する方には、やや難しい印象を抱かれがちだからです。
けれども心配は無用です。確かに一見すると不安な点が多く見えますが、実際の取引内容は合法的かつシンプルなものばかりです。
また、クレジットカードのキャッシング機能やカードローンより勝っている点もあるため、冠婚葬祭や納税など、現金が必要になった際には優れた資金調達の方法の一つとして役立てることができます。

具体的な方法やリスク 適法性など クレジットカード現金化の気になる疑問点を一挙解説します!

それでは最初に、初めて現金化を行う方が真っ先に思い浮かぶ4つの疑問についてお答えいたします

具体的にどんな取引をするの?

具体的な取引の流れは、自分で現金化を行う場合と業者を利用する場合でそれぞれ異なります。

自分で行う場合、ギフト券やブランド品をはじめとした換金性の高い商品をカードで購入し、それを金券ショップもしくは中古買取店へ転売することによって必要な金額を工面します。
一方インターネット上の業者へ依頼する場合には、取引金額やカード番号をはじめとした申込情報を入力し、本人確認のために身分証明書のコピーや画像データを業者へ送付するだけです。
あとは業者側でカードの決済を行い、あらかじめ申込者が指定した銀行口座へ取引金額に換金率を乗じた現金が送金されます。

クレジットカード現金化は違法ではないの?

違法性はまったくない取引ですので心配する必要はありません。
過去には現金化で逮捕されてしまった業者のニュースが全国紙に載ったこともありましたが、逮捕されたのは業者であり、利用者ではありませんでした。
肝心要の逮捕理由ですが、取引そのものに違法性があったのではありません。
無認可で貸金業者と同じような取引を行っていたことが直接の逮捕理由であったと当時の新聞やニュースは報じています。
従って、現金化そのものの違法性は皆無といっても過言ではありません。

カードローンやキャッシングと比べて どんなメリットがある?

キャッシングやカードローンとの大きな違いに、審査の有無があります。

新たにローン契約を結ぶ場合には原則として審査が必要です。
しかし、この審査の通過率は決して高いものではなく、貸金業者が発表した情報によると半数以上が審査落ちとなってしまうようです。
しかしクレジットカード現金化の場合、すでに持っているカードのショッピング枠を利用するため、あらためて審査を受ける必要はありません。
また、カードローンとキャッシングでは総量規制と呼ばれる規制があり、年収の1/3以上の借入が法律によって制限されています。
一方クレジットカード現金化では、利用限度額の範囲内であればいくらでも利用ができるため、申込者の与信状況によっては年収の1/3以上の現金を調達することもできてしまいます。

取引を行うにあたって リスクはある?

優良業者を選んで取引を行えば、現金化そのものにリスクはありません。
危ない取引だったとしたら、数多くの取引業者が存在することの説明がつきませんからね。

残念ながら、カード情報の不正取得や詐欺を目的とした悪徳業者も一定数存在します。
しかし取引を行う前に比較サイトや口コミ情報を活用することで、簡単に優良業者を選ぶことができます。
また、優良業者では顧客獲得競争に勝つために、換金率をアップしたり、入金までの時間を短縮したりするといったサービスを実施しています。
そのため、優良業者を選ぶことは、より好条件での取引が行えることにもつながるのです。

比較はこちら

比較はこちら