クレジットカード現金化の意味と仕組み

「クレジットカード現金化」の意味は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える事です。
ショッピング枠を利用して購入した商品の代金分をそのまま受け取れるわけではありません。
換金率という概念があり、申し込んだ金額に乗算した分だけ銀行に入金してもらえる仕組みになります。たとえば、換金率80%で10,000円分を現金化した場合、手に入る額は8,000円です。
具体的には業者が指定した商品を購入し、それを別の店舗で買い取ってもらう、もしくはキャッシュバックしてもらうという流れです。MasterCardやVISA、JCBなど日本で使えるものならほぼ全てが対応している。最短5分で振り込んでもらえる便利さから利用者が増えています。

※クレジットカード現金化は金融業ではありません。

クレジットカード現金化の業者75社以上を調査して紹介しているのは即日カードマンだけ!!
各店舗ごとに利用者からの口コミも公開しているので、参考にしてもいい~んです!

プライムウォレット
プライムウォレット
営業時間 09:00~21:00
定休日 年中無休
換金率 ~98.8%
備考 LINEで見積もり可能

プライムウォレットはこちら

プライムウォレットはこちら

お急ぎの方はお電話で

フリーダイヤル通話無料
0120-922-379
スピードワン
スピードワン
営業時間 24時間365日営業
定休日 年中無休
(土日祝も申し込み可能)
換金率 最大94%
備考 最短3分

スピードワンはこちら

スピードワンはこちら

どんなときも。クレジット
どんなときも。クレジット
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
(土日も24時間対応)
換金率 88%~98%
備考 最短5~10分で振り込み可能です。

どんなときも。クレジットはこちら

どんなときも。クレジットはこちら

あんしんクレジット
あんしんクレジット
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休
(土日も24時間対応)
換金率 ~98.8%
備考 最短10分で振り込み可能です。

あんしんクレジットはこちら

あんしんクレジットはこちら

換金率を年利で考えた場合

たとえば、「ショッピング枠10万円を使って9万円のお金を手に入れた」とします。これは換金率が90%でかなりの好条件です。

しかし、請求が翌月だとして言い換えると、「9万円を借りて翌月10万円にして返した」ということになります。これは月利で11.1%ですから、年利にすると133%になります。

同様のシチュエーションで換金率を80%、85%とすると、年利はそれぞれ150%と141%です。金融機関では法律で18%までと定められていることを考えると、かなりの暴利であることが分かります。このようにして、換金率と借入の金利で観ていくと解りやすく、業者がどのようにして儲かるのか解るでしょう。

金額面で単純に効率を求めるなら金融機関のほうが上です。クレジットカード現金化は「どうしても審査が通らない」「借金の記録を残したくない」という方向けの方法になります。

ネットや街頭の広告でよく見かける「クレジットカード現金化」は、融資よりも手軽に現金を手にできる手段として、人気があります。
しかし、「最短5分で入金」「還元率98%!」といった謳い文句を見て、興味はあるものの、何だか怪しい・・・と疑う人も少なくないでしょう。
クレジットカード現金化とは一体どんな仕組みなのか、闇金のような商売ではないのか、本当にお得なのか、といった点を明らかにしていきましょう。

自分で現金化する方法

まず、ショッピング枠で商品を購入して、その商品を買取り専門店やリサイクルショップ等に売却します。
その売却代金を、現金として使えるようになる仕組みです。
ただし、商品の相場に精通していなければ、高買取り率を狙いにくいです。

関連ページ:自分でできるクレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化業者に依頼する

現金化を専門としている業者も増えてきており、手数料を払えば、高還元率・最短即日での現金化が可能です。
業者では、以下のどちらかの方式を採用しています。

【キャッシュバック方式】

業者からカードで商品を購入すると、キャッシュバックとして商品価格の何割かが、現金として振り込まれる仕組みです。
商品売却の手間がなくスピーディーな入金が可能ですが、換金手数料が高くつく、現金が振り込まれないといったトラブルも多いようです。

【買取り方式】

カードで換金性の高い商品を購入させ、その商品を業者が買い取ることで、その買取り代金が現金として入金される仕組みです。
自分で現金化する方法と似ていますが、商品の目利きが得意な業者に依頼すれば、確かな査定によって高還元率が期待できます。

電話連絡なしでもクレジットカード現金化はできる?

クレジットカード現金化を申込むにあたって、「日中は多忙でなかなか電話に対応できない」とか、「業者と電話で直接話すのは不安」などといった理由で、電話連絡なしを希望する人もいるでしょう。

電話連絡なしでもクレジットカード現金化は利用できるのかどうか、気になるところですよね。

買取り型のクレジットカード現金化業者(商品の売買による現金化を行う業者)に関しては、原則として電話連絡による本人確認が必須となっています。

なぜなら、買取り型の現金化業者は法律上「古物商(中古品の売買または交換を生業とする業者)」として扱われ、古物商は古物営業法に従って顧客への本人確認を行うことが義務付けられているからです。

もしも買取り型現金化業者が電話連絡や身分証による本人確認を怠った場合、その業者は古物営業法に違反したことになり、行政処分を受けてしまいます。

初めてクレジットカード現金化を申込む際は、原則として電話やメール、対面による本人確認を行わなければなりません。

ですが、キャッシュバック型の現金化業者(商品購入金額の還元による現金化を行う業者)は古物営業法に従う必要がないので、電話連絡なしでメールのみの本人確認が可能なところもいくつか存在します。

ただし、メールだけで手続きを行うと業者からの返信に時間がかかる場合があり、即日現金化が難しくなることに注意してください。