クレジットカード現金化の業者60社以上を調査して紹介しているのは即日カードマンだけ!!
各店舗ごとに利用者からの口コミも公開しているので、参考にしてもいい~んです!

プライムウォレット
プライムウォレット
営業時間 24時間対応 定休日 年中無休
(土日も24時間対応)
換金率 98% 備考 今なら最大5%還元率UP

プライムウォレットはこちら

プライムウォレットはこちら

ゼロスタイル
ゼロスタイル
営業時間 9:00~20:00 定休日 年中無休
換金率 96.7% 備考 特別プランは、換金率2%アップ

ゼロスタイルはこちら

ゼロスタイルはこちら

ファストキャッシュ
ファストキャッシュ
営業時間 8:00~20:00 定休日 土日祝日も営業
(年中無休)
換金率 90%~99% 備考 成約すると最大5万円キャッシュバック

ファストキャッシュはこちら

ファストキャッシュはこちら

あんしんクレジット
あんしんクレジット
営業時間 9:00~20:00 定休日 年中無休
(土日も24時間対応)
換金率 88%~98.8% 備考 最短10分で振り込み可能です。

あんしんクレジットはこちら

あんしんクレジットはこちら


口コミどんどん投稿して欲しいぞ!

クレジットカードのショッピング枠を現金化した時の還元率比較


サイト名最小還元率最大還元率
あんしんクレジット88%98.8%
換金堂87%95%
キャッシュライン88%98.8%
ファミリークレジット88%96%
トータルライフ87%96%
サンライフギフト87%95%
なごみギフト87%95%
あおぞらクレジット87%95%
スマイルギフト87%94%
和光クレジット87%94%
トータルサポート87%94%
安心くん86%98%
ライフパートナー86%98%
クレカ堂86%95%
ココクレカ86%95%
セーフティサポート86%95%
ギフトクレジット86%94%
たんぽぽギフト86%90%
パートナーギフト85%97%
ひまわりギフト84%96%
生活ギフト83%92%
おひさまクレジット86%97%
サポートギフト83%92%
24キャッシュ87%93%
チェリークレジット88%96%
アンフィニクレジット88%96%
換金クレジット91%96%
換金館88%98.4%
新生堂87%95%
カードnetキャッシュ91%94%
プライムウォレット87%98.8%
現金化屋さん90%98.6%
スピードクレジット87%95%
ファストキャッシュ90%99%
マネーウォーク87%93%
ハッピーライフ87%93%
ゼロスタイル88%96.7%

※自社調べ

クレジットカード現金化の意味と仕組みや換金率で儲かる

クレジットカード現金化の仕組み

「クレジットカード現金化」の意味は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える事です。
具体的には業者が指定した商品を購入し、それを別の店舗で買い取ってもらう、もしくはキャッシュバックしてもらうという流れです。
MasterCardやVISA、JCBなど日本で使えるものならほぼ全てが対応している。最短5分で振り込んでもらえる便利さから利用者が増えている。
クレジットカード画像
ただし、購入した商品の代金分をそのまま受け取れるわけではありません。換金率という概念があり、申し込んだ金額に乗算した分だけ銀行に入金してもらえる仕組みになります。たとえば、換金率80%で10,000円分を現金化した場合、手に入る額は8,000円です。

クレジットカード現金化は金融業ではありませんが、借金に見立てると年利がとても高くなります。本当に使うべきかどうかは慎重に吟味しましょう。

たとえば、「ショッピング枠10万円を使って9万円のお金を手に入れた」とします。これは換金率が90%でかなりの好条件です。

しかし、請求が翌月だとして言い換えると、「9万円を借りて翌月10万円にして返した」ということになります。これは月利で11.1%ですから、年利にすると133%になります。

同様のシチュエーションで換金率を80%、85%とすると、年利はそれぞれ150%と141%です。金融機関では法律で18%までと定められていることを考えると、かなりの暴利であることが分かります。このようにして、換金率と借入の金利で観ていくと解りやすく、業者がどのようにして儲かるのか解るでしょう。

金額面で単純に効率を求めるなら金融機関のほうが上です。クレジットカード現金化は「どうしても審査が通らない」「借金の記録を残したくない」という方向けの方法になります。

クレジットカード現金化の口コミ

総合満足度: 3.7/5点 口コミ: 6

とても便利

投稿者 麻里さん 20代

評価

新社会人でお金がほとんどない時に友達の結婚式が重なってしまったため、クレジットカード現金化を使いました。
祝儀などの費用は現金でなければならないため困りものです。
そこでショッピング枠を使うという方法は画期的でとても便利でした。

役立つテクニック

投稿者 広之さん 30代

評価

借り入れを一本化するために使いました。
あちこちの金融機関でお金を借りていると管理が大変です。
そこで、現金化を利用してすべて返済してしまうと、請求がクレジットカード会社からだけになります。
管理が簡単になるため、とても役立つテクニックです。

いざという時に

投稿者 久美さん 30代

評価

私はパチンコが好きなのですが、いつも資金に悩まされています。
キャッシング枠を使って残りがショッピング枠だけしかない時に、2万円だけ換金して調達したことがあります。
使えるお金の幅が広がるためとても便利ですね。

ありがとうございました

投稿者 匿名さん 40代

評価

クレジットカードで現金化するのを親和ギフトさんで
初めて利用させて頂きました。
入金の方も早くして頂いたので安心して利用できました。
また。困る事がありましたら利用させて頂きます。
宜しくお願い致します。

笑っちゃいました

投稿者 即日カードマンⅡさん 20代

評価

即日カードマンて○天カードマンのパクリですよね?w
失礼しましたwパクリじゃないですね。
似てるだけですよね!
でも、本当に書かれている事は本当なので、色々な現金化会社の悪い評判や良い評判を観て参考にしました。
結局、換金率が高い所を選んじゃいましたけどね。

あんしんクレジット使いました。

投稿者 きょんさん 20代

評価

友人の結婚式に参加しようと思っていたんですが、今月引っ越しもして持ち合わせがなかったので現金化しました。還元率は88%でした。もう少し高くしてほしいとも思いましたが対応が早かったので、そこには満足しています。

口コミを書き込む

お名前 (必須)
年齢 (必須)
評価 (必須)

お好きな顔を選んで下さい

    ネットや街頭の広告でよく見かける「クレジットカード現金化」は、融資よりも手軽に現金を手にできる手段として、人気があります。
    しかし、「最短5分で入金」「還元率98%!」といった謳い文句を見て、興味はあるものの、何だか怪しい・・・と疑う人も少なくないでしょう。
    クレジットカード現金化とは一体どんな仕組みなのか、闇金のような商売ではないのか、本当にお得なのか、といった点を明らかにしていきましょう。

    自分で現金化する方法

    まず、ショッピング枠で商品を購入して、その商品を買取り専門店やリサイクルショップ等に売却します。
    その売却代金を、現金として使えるようになる仕組みです。
    ただし、商品の相場に精通していなければ、高買取り率を狙いにくいです。

    クレジットカード現金化業者に依頼する

    現金化を専門としている業者も増えてきており、手数料を払えば、高還元率・最短即日での現金化が可能です。
    業者では、以下のどちらかの方式を採用しています。

    【キャッシュバック方式】

    業者からカードで商品を購入すると、キャッシュバックとして商品価格の何割かが、現金として振り込まれる仕組みです。
    商品売却の手間がなくスピーディーな入金が可能ですが、換金手数料が高くつく、現金が振り込まれないといったトラブルも多いようです。

    【買取り方式】

    カードで換金性の高い商品を購入させ、その商品を業者が買い取ることで、その買取り代金が現金として入金される仕組みです。
    自分で現金化する方法と似ていますが、商品の目利きが得意な業者に依頼すれば、確かな査定によって高還元率が期待できます。

    クレジットカードのショッピング枠を使って現金化するのはなぜ?

    クレジットカードを現金化するならショッピング枠を使ったほうがお得!

    クレジットカードを使って現金を手に入れる方法としては、カードのキャッシング機能を使うのが一般的です。
    しかし近年では、キャッシング枠ではなくショッピング枠を使って現金を得る人が増えつつあります。この現金を得る方法をショッピング枠の現金化といいますが、ではなぜ、クレジットカードのキャッシング枠ではなくわざわざショッピング枠を使って現金化するのでしょうか?
    ショッピング枠とキャッシング枠の違いを明確にしたうえで、その疑問を解決します。

    クレジットカードのショッピング枠とは?キャッシングとどこが違う?

    クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
    カードを1枚持っていれば、基本的にどちらも利用することができますが、それぞれ利用目的が違うので使い分ける必要があります。
    クレジットカードを使った現金化の方法を説明する前に、まずはそれぞれの特徴と違いを明確にしておきましょう。

    ショッピング枠とは?

    ショッピング枠は、商品やサービスを購入する際に利用できる限度額のことです。
    例えばショッピング枠が50万円の場合、クレジットカードで買い物できる金額は50万円までとなります。

    ショッピング枠の特長は主に3つあります。

    • クレジットカード払いをした商品やサービスの代金は後日まとめて請求されるので、手元に現金がない時でも買い物が可能!
    • 利用する度にポイントやマイルが貯まるのでお得!
    • 一括払い以外にもリボ払いやボーナス払いなど分割も可能!

    特に大きな買い物をする際は大量ポイントをゲットするチャンスですし、大金を持ち歩かなくて済むというメリットがあるので、クレジットカードのショッピング枠を使って購入する人が多いようです。

    キャッシング枠とは?

    キャッシング枠は、現金を借りることができる限度額のことです。
    例えばショッピング枠が20万円の場合、クレジットカードで借り入れできる金額は20万円までとなります。

    仕組み自体は消費者金融からお金を借りるのとほぼ同じで、借り入れ金額や返済期間によって金利・手数料が発生します。
    つまり返済する際には、「借りた金額+金利・手数料」の合計金額を返さなければいけないということになります。
    ちなみに、金利・手数料はカード会社によって異なりますが、平均的な金利・手数料は14~18%です。
    カード会社の中には金利手数料が5%以下と安いところもありますが、そのようなカードは審査が厳しいのでカードを作ること自体難しいかもしれません。

    ショッピング枠とキャッシング枠の違い

    ショッピング枠とキャッシング枠は1枚のクレジットカードに備わっている機能ですが、利用限度額はそれぞれに設けられています。
    ショッピング枠は商品やサービスを購入できる限度額であり、キャッシング枠は現金を借りることができる限度額です。
    また、ショッピング枠は一括払いと2回払いなら金利手数料は0円で済むので、利用した金額だけ返済すればOKですが、キャッシング枠は金利・手数料が発生するので、借りた金額に手数料を上乗せして返済しなければいけません。

    この2つの違いが、ショッピング枠とキャッシング枠を分ける大きなポイントとなっています。

    手数料0円

    なぜ現金化するのに、キャッシング枠ではなくショッピング枠を使うのか?

    現金が必要であればキャッシング枠を利用するのが一般的です。
    しかし、わざわざショッピング枠を利用する理由には金利・手数料が大きく関係しています。

    そもそもショッピング枠を使って買い物し、1回または2回払いで返済すれば金利・手数料は0円で済むので、利用した分だけ返済すればOKです。
    しかしキャッシング枠の場合、金利手数料が発生するので借りた分以上のお金を返済しなくてはいけません。
    カード会社にもよりますが、キャッシング枠の金利・手数料の平均は14~18%となっています。
    例えば金利・手数料が14%のカード会社から10万円キャッシングした場合、11万4千円を返済することになります。
    金額が大きくなればなるほど金利・手数料も増えるので、金利・手数料のかからないショッピング枠を使って現金化できるのであれば、そちらを選ぶのは当然といえます。
    さらにショッピング枠ならポイントやマイルも貯まるので、損失を抑えながら得することができます。

    使った分だけポイントやマイルが貯まるのでショッピング枠を使うのがお得

    クレジットカードを使って現金を手に入れる方法といえば、キャッシング枠を使った現金化が一般的ですよね。
    しかし、キャッシング枠は金利・手数料が上乗せされるので、借りた金額よりも多く返済しなくてはいけません。
    そこで今、注目されているのがショッピング枠を使った現金化です。
    ショッピング枠ならリボ払いなどにしない限り金利・手数料は発生しないので、キャッシングよりも損失を抑えることができます。
    またショッピング枠は使った分だけポイントやマイルが貯まるので、得した気分にもなれます。
    少しでも損失を抑えたいと考えている方はもちろん、ポイントやマイルを賢く貯めたい方、さらにキャッシングに抵抗を感じている方はショッピング枠を使った現金化をおすすめします。

    ショッピング枠を現金に変えるまでの取引の手順

    最初に、クレジットカードのショッピング枠を現金に変える具体的な取引の流れを見ていきましょう。

    1.取引する業者の選定

    スマホと虫眼鏡

    クレジットカードの現金化を扱っている業者は数多くあるため、まずは業者選びから始めます。
    ネット上で取引が完結するところや街中で店舗を構えるところ、短時間で現金の振込まで完了させてくれるところなど、業者ごとに様々な特徴があります。
    また換金率も業者によって大きく異なるため、これらの特徴や換金率を比較しながら、一番自分に合う業者を選んでいきましょう。

    2.指定商品の購入

    取引する業者が決まったら、次はその業者が指定する商品を購入します。
    電化製品や新幹線の回数券など、商品の種類は様々ですが、最近はAmazonギフト券やJCBのギフトカードを指定商品に掲げる業者が多い傾向があります。
    これらを購入するのに必要な金額+手数料をクレジットカードで決済し、業者へ持参します。
    なお、ネット上で取引が完結する場合は、ギフト券・商品券のギフトコードをやり取りするケースが最近多くなっています。
    その際は購入したコードが第三者にバレてしまわないよう、細心の注意を払うようにしましょう。

    3.購入した商品を現金と引き替える

    購入した商品を業者へ渡し終わったら、現金を受け取って取引は完了です。
    実店舗の場合は手渡しで受け取る場合が大半ですが、ネット上で取引を行う業者の場合は主に銀行振込されるため、口座番号がわかる通帳やキャッシュカードを手元に携えておくと便利です。

    振込の場合、以前は着金までに日数がかかることが現金化の欠点の一つでした。
    けれども今日では即日振込を受け付けているところが多く、平日のお昼頃までに取引が完了すれば、その日のうちに現金を振込んでくれる業者が大半です。

    クレジットカード現金化は何のために利用するの?その目的とは?

    手元に現金がない!クレジットカードを使えばすぐに現金を用意できる!

    「今月は友人の結婚式があるのに財布がピンチ!」「年末でいろいろと物入りの時期なのに冬のボーナスが出なくて困っている…」など、現金が今すぐ必要な方にとってクレジットカード現金化は心強い存在となっているかと思います。
    しかし、現金を手に入れる方法には、クレジットカード現金化でなくても消費者金融やフリーローンなどもあります。
    そもそもクレジットカード現金化はカード会社が禁止している行為であり、現金化をしていることがバレてしまうと強制解約や一括請求といったリスクを負うことにもなり兼ねません。
    ではなぜ、リスクがあるクレジットカード現金化の利用者が後を絶たないのか?なんのために利用するのか?
    今回はそんな疑問を解決するために、クレジットカード現金化のメリットから見えてくる利用目的を紹介します。

    クレジットカード現金化を利用する前に知っておきたい3つのリスク

    クレジットカード現金化は違法行為として罪に問われることはありませんが、カード会社が禁止している行為ですので見つかった場合は何かしらのリスクを負う可能性があります。
    主に考えられるリスクは3つ!
    クレジットカード現金化を利用する前に必ずチェックすべき項目です。

    利用停止・強制解約

    禁止マークとクレジットカード

    現金化の利用頻度にもよりますが、カード会社にバレてしまった方のほとんどは利用停止、もしくは強制解約になることが多いようです。
    クレジットカードが使えなくなるので現金化をはじめ、ショッピングやサービス代金をクレジットで支払うことができなくなります。
    クレジットカードの利用頻度が多い方にとっては、大きなデメリットになります。

    また、強制解約させられても違うカード会社でクレジットカードを作ればいい、なんて思っていませんか?
    クレジットカード現金化はブラックリストに載せられることが多いので、他社でクレジットカードを作ろうと思っても審査が通らなかったり、さらには金融関係のローン(マイカーローンや教育ローンなど)を組めなかったりする可能性も出てきます。

    一括請求

    現金化を利用したことがバレてしまい強制解約となった場合、分割払いにしていた支払いを一括で返済させられることがほとんどです。
    返済できれば問題ありませんが、あまりにも額が大きくて一括返済ができないと給料や銀行口座を差押えられることとなり、借金していることが会社の人に知られてしまう可能性があります。
    もし一括返済が難しい場合は、カード会社に相談して返済する姿勢を見せれば差押えを免れることができるかもしれません。

    自己破産ができない

    カード会社が禁止しているクレジットカード現金化を利用しての自己破産は、免責不許事由(自己破産の免責が認められないケース)になっているため、裁判所は自己破産を認めません。
    そのため、現金化をしていると、借金をゼロにして再スタートすることがとても難しくなります。
    しかし、「悪質でない」「組織的でない」「本人が深く反省している」などと裁判所が判断すると、免責許可が下りるケースもあります。
    クレジットカード現金化をしたから絶対に自己破産できない!とは言えませんが、通常の借金よりもリスクが高いのは言うまでもないでしょう。

    リスクがあるのにクレジットカード現金化を利用するのはなぜ?

    クレジットカード現金化は便利で、しかもカードさえあれば審査なしで誰でも利用できる手軽感から利用者は年々増加傾向にあります。
    実際、クレジットカード現金化の専門業者も増えているので、需要があるのは確かです。
    しかしリスクが全くないわけではありませんから、利用するにはリスク以上のメリットがなければいけません。
    何のためにクレジットカード現金化を利用するのか?
    メリットを知ることで利用目的が見えてきます。

    買い物感覚で利用できる

    金融関係のローンや消費者金融は敷居が高くて、利用するのに抵抗を感じる方は少なくないはずです。
    しかしクレジットカード現金化はキャッシングではなくショッピング枠を使うので、お金を借りるという意識が薄れます。
    また現金化業者のほとんどはネット上で完結するため、ネットショッピングの感覚で利用している方は多いかと思います。

    さらに現金化は、クレジットカードさえ持っていれば誰でも利用することができます。
    現金を手に入れる方法の中では金融関係のローンや消費者金融よりも手軽感があり、初めての利用でもハードルを低く感じられるでしょう。

    周囲にバレない

    通常、借金すると保証人や職場に在籍確認の電話がかかってくることがあります。
    しかしクレジットカード現金化は融資や借金とは違うため、保証人も必要なければ在籍確認されることもありません。
    例え収入のない主婦が利用する場合であっても、クレジットカードさえ持っていれば現金化することができるので、ご主人にバレることもないでしょう。
    「ご主人に内緒でブランドバックを購入した」、「今月の家計が大ピンチ!」なんて時にクレジットカード現金化は救世主となってくれるはずです。

    すぐに現金が手に入る

    クレジットカード現金化を利用する際、面倒な手続きは必要ないので、申し込みから振り込みまで時間がかかりません。
    利用する現金化業者にもよりますが、申し込みしてから最短1時間以内で完了するところもあります。
    例えば給料日前の冠婚葬祭や急に飲み会が入っても、現金化を利用すれば焦らずに対応することができます。

    信用情報に載らない

    金融機関でお金を借りた場合、その情報は信用情報機関に履歴として残ります。
    万が一、返済の滞納や自己破産といったトラブルが起きた場合、新たなローンを組むことや借金をすることが難しくなってしまうので、できれば信用情報機関に情報を残したくないという方は少なくないでしょう。
    クレジットカード現金化ならショッピング枠を利用した買い物と同じ扱いになるので、借金には該当しません。したがって信用情報に載ることもありません。

    「借り入れ金額が少ない」「短期間だけの借り入れ」など少し利用するだけなのに、その都度信用情報に載せられるのは避けたいという方にとって、クレジットカード現金は都合の良い方法と言えます。

    支払い方法を選べる

    現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用するため、分割やリボ払い、ボーナス払いなどお財布事情に合わせて返済方法を選ぶことができます。
    キャッシングは一括払いのみだったり、分割手数料が高すぎたりすることが多いので、通常のお買い物と同じように支払えるクレジットカード現金化は、何かと利便性に優れています。
    また、利息に関してもキャッシングよりショッピング枠のほうが低く設定されていることが多いので、支払い総額を抑えることができます。

    リスク以上のメリット!借り入れよりも敷居が低いから誰でもできる

    年々、需要が高まっているクレジットカード現金化ですが、利用したことがない方にとっては「わざわざ何のために利用するの?」と疑問に感じるかもしれません。
    クレジットカード現金には幾つかのリスクがあるので、確かにそんな疑問を抱いても不思議ではありません。
    しかし、利用者にとってはリスク以上のメリットがあるのです。

    • ショッピング枠を使うため買い物感覚で利用できる
    • 審査がないので周囲にバレる心配がない
    • 申し込みから完了までが早い
    • 信用情報に載らないので安心
    • お財布事情に合わせて返済方法を選べる

    近年キャッシュレス化が進んでいますが、それでも現金が必要になる場面は多々あります。
    冠婚葬祭やクレジットカード使用不可のお店での清算、町内会費など、現金が必要な際はクレジットカード現金化を利用してみてはいかがですか?
    金融ローンや消費者金融から借り入れするよりも敷居が低く、収入のない主婦の方もクレジットカードさえ持っていれば簡単に現金化することができます。