詐欺に注意

高い換金率を誇るAmazonギフト券買取は、損失を最小限に抑えることができる効率のいい方法です。
買取方法も至って簡単で、即日振込も可能なことからAmazonギフト券買取の利用者は増加傾向にあります。
しかしその反面、詐欺の被害も幾つか報告されています。
安全にAmazonギフト券買取をするためにはどのようなことに注意すればいいのか?
実際にあった詐欺の手口から悪質業者の特徴と見分け方を押さえておきましょう。

Amazonギフト券買取について

ネットショッピングを利用する人が多い今、Amazonギフト券の利用価値は年々上がっています。
どれほど高いのかというと、Amazonギフト券の買取相場は87~93%!
これはクレジットカード現金化で高買取率を誇る全国百貨店共通商品券や、新幹線回数券よりも高水準となっているのです。
またAmazonギフト券は他の金券類よりも比較的監視が緩いので、クレジットカード現金化を利用するよりもカード会社にバレにくいというメリットもあります。
さらにAmazonギフト券のEメールタイプなら、メール送信だけで済むので、面倒な手続きは一切不要です。

  • 今すぐ現金が必要だけど、消費者金融からは借りたくない!
  • カード会社にクレジットカード現金化していることを疑われている…
  • 少しでも損失を抑えたい
  • なるべく高く買取ってもらいたい
  • 家に居ながら手続きを完結させたい

Amazonギフト券買取はこんな方におすすめです。
もし急に現金が必要になった時は、クレジットカード現金化ではなくAmazonギフト券買取を利用してみてはいかがですか?

実際にあった詐欺の手口4選

Amazonギフト券買取は、クレジットカード現金化に変わるショッピング枠を利用した新たな現金化手法として注目されています。
Amazonギフト券の利用者はもちろん買取業者も増加傾向にあり、今後さらに需要は増えると見込まれています。
しかし、Amazonギフト券の買取に新規介入する業者の中には、詐欺を目的とする悪質業者が紛れこんでいる可能性があるので、利用者は細心の注意を払わなければいけません。
悪質業者はどんな手口で騙そうとするのか?
今回は実際にあった詐欺事案を4つ紹介します。

買取率を下げられた!

ホームページには「95%で買取!」と大々的に宣伝しているのに、実際に振り込まれたのは70%分の金額だったというケースです。
つまり、1万円分のギフト券を95%の9,500円で買取ってもらえるはずだったのに、70%の7,000円しか振り込まれなかった、ということですね。
こういった事例は、問い合わせても「契約通り」としか回答はなく、それ以上対応してくれないことがほとんどですし、ギフト券は送ってしまっているので取り返すこともできません。
さらに悪質な業者になると、Amazonギフト券を送ったにもかかわらず代金が一切振り込まれないケースもあります。
満足のいく取引ができるかどうかは、買取依頼をする業者選びが重要となります。

利用規約をしっかり読んでいないがために損をした!

「業界最高買取率!」「驚異の98%で買取!」など、ホームページの目立つ部分に大きく宣伝をして、大事な部分は利用規約に小さく記載されていたといったケースです。
実際は98%で買取られるのは○枚以上申し込み、かつ1番低い額面の1枚だけを対象にしていたり、○回以上利用しないと適用されなかったり、いろいろな条件をつけています。
業者側としては「利用規約に記載している」「嘘は言っていない」と突っぱねます。
確かに姑息な手法ではありますが、利用規約をしっかり読んでいれば回避できるので、利用者側に全く非がないわけではありません。
利用規約は長々と書かれておりつい見過ごしがちですが、重要なことが書かれているので騙されないためには内容を把握しておくようにしましょう。

意味の分からない手数料を引かれた!

買取依頼をしたのに、実際振り込まれた金額は予定していた額よりも少なかったというケースです。
買取業者に問い合わせると「振込手数料以外に消費税や買取手数料もかかっているから」と言われることが多いようです。
業者は買取が終わると利用者に対し、買取額を指定口座に振込まなければいけないので振込手数料がかかるのは仕方がないにしても、消費税がかかることはまずあり得ません。
この段階で既に悪質業者である可能性は高いですが、さらにつけ足すなら買取手数料として差し引く場合、買取額を提示する際にしっかり伝えておかなければいけないので、この時点で既に信用できる業者とは言えません。

個人情報を漏らされた!

Amazonギフト券買取を依頼する際、必ず身分証の提示を求められます。
盗品や犯罪に関わるものを転売するケースを防ぐために身分証明は必要なので、提示しない限りAmazonギフト券は買取ってもらえません。
普通の買取業者であれば適切に処理してくれるので個人情報が悪用されることはおろか、漏えいする心配もないでしょう。
しかし悪質業者は個人情報を盗むことを前提としているため、業者自らが悪用したり別の詐欺仲間に情報を転売したりする可能性があります。
個人情報が盗まれれば購入した覚えのない品物の請求書が送られたり、振り込め詐欺などに利用されたりすることもあり得ます。
身分証の提示を拒否できない分、業者は慎重に選ばなければいけません。

悪質サイトの特徴と見分け方とは?

誰もが悪質サイトに騙されず、安全に取引したいと思いますよね。
満足のいく取引をするためにも、悪質サイトの特徴と見分け方はしっかり抑えておきたいところです。
今回はAmazonギフト券買取初心者でも簡単に見分けられる4項目をチェックしておきましょう。

買取率が高すぎる

買取率の高さに惹かれついつい飛びついてしまいがちですが、あまりにも高い買取率を提示しているサイトは避けるべきです。
Amazonギフト券の買取相場は87~93%なので、「換金率95%!」「最低買取率92%保証!」と宣伝しているサイトには気をつけたほうがいいでしょう。
そもそも初回限定やキャンペーン中など特別な理由があれば別ですが、そんなキャンペーンを実施していない中で、常に換金率が高いサイトは、どうやって儲けを出しているのか疑問です。
何かしらの理由をつけて手数料を差し引かれてしまう可能性があるので、95%以上の買取率を提示しているサイトもしくは常に高買取率を提示しているサイトには気をつけてください。

口コミで酷評が多い

利用する買取業者をいくつか絞れたら、今度は口コミをチェックしてみましょう。
実際に利用した方たちが業者の対応にどのような評価をつけているのか、詐欺まがいな行為はなかったか、また振込までの時間はどのくらいかかったのか、ある程度の情報は口コミで得ることができます。
もし不満を漏らすような口コミが多い場合は、満足のいく取引ができない可能性があります。

口コミは買取業者のホームページで紹介されているものではなく、「業者名 口コミ」と検索してヒットしたサイトをチェックするようにしましょう。
また口コミをチェックする際、1つのサイトだけでは不十分です。
集客のためにサクラに嘘の書き込みをしている業者もあるので、より信頼できる情報を集めるためには複数のサイトを見ておくようにしましょう。

ホームページに必要な情報が掲載されていない

ホームページで確認する項目は主に3つあります。

会社の所在地

悪質業者のほとんどはバレてもすぐに逃げられるよう架空の住所、もしくはレンタルオフィスの住所を記載していることがほとんどです。
表記されている会社が存在するのかどうかは、国税庁の法人番号検索サイトにて会社名を入力するだけで簡単に調べることができます。
さらにグーグルマップで建物や看板などを確認できればなおいいでしょう。

電話番号(携帯番号はNG)

詐欺目的の買取業者の場合、わざわざ固定電話をひくことはほとんどありません。
携帯番号のみの記載や、固定電話から携帯電話に転送される場合は避けるのが無難です。

古物商営業許可番号

古物商営業許可は各都道府県の公安委員会に登記簿謄本などを提出・申請し、許可が下りなければ取得することができません。
つまり古物商営業許可を取得している業者は架空業者でないことが明確になっているので信頼できますし、なによりも何かトラブルがあった時には公安委員会に指導を求めることもできるので安心です。
ちなみに古物商営業許可番号は公安委員会のホームページから調べることができるので、もし嘘の記載があった場合はすぐにバレます。
ただ、古物商営業許可を取得していなくてもきちんと取引してくれている業者もあります。
「古物商営業許可を取得していない=悪質業者」というわけではなく、古物商営業許可を取得していれば一層安心という認識でいいかと思います。

電話対応が雑

ホームページに記載されている電話番号が本当に使われているのかを確認するために、依頼する前に一度電話をかけてみるといいでしょう。
電話に出た相手の一言が「もしもし」または「はい」のみで、会社名を名乗らない場合は従業員に対する教育がしっかりされていない業者と判断してほぼ間違いありません。
もし信頼できる業者か判断しきれない場合は、あえて失礼な質問を投げかけて反応を見るのも効果的です。
例えば「本当に買取率90%なの?」「何か手数料を差し引かれたりするんじゃないの?」など疑っている素振りを見せて、相手が面倒くさそうに対応するのか、最後まで丁寧に対応してくれるのかチェックしてみてください。

詐欺に遭わないための3つのポイント

詐欺被害に遭われた方のほとんどは、「まさか自分が…」「他人事だと思っていた…」といったように、詐欺自体を自分とは無縁だと思い込んでいた傾向が強いようです。
詐欺に遭わないためにはどのようなことに注意すればいいのか?
実は3つのポイントさえ押さえておけば、Amazon買取は誰でも安全に現金化できる方法なのです。

振込される金額を事前に教えてもらう

「予定していた額よりも実際に振り込まれた金額が少ない!」といったトラブルを回避するため、通帳に振り込まれる金額は幾らになるのか、ハッキリさせておくことが重要となります。
もちろん金額は1円単位まで聞くようにしましょう。
「だいたい○○○円です」と曖昧な数字しか言わない業者は論外です。
また、証拠が残るようにメールで送ってもらうか、電話で申し込んだ場合なら録音しておくといいでしょう。

分からない手数料が差し引かれている場合は確認する

悪質業者は消費税や買取手数料といった名目で、お金を騙し取ろうとすることがあります。
そもそもAmazonギフト券買取で消費税が発生することはないので、もし消費税を差し引くと言われた時は強く抗議していいでしょう。
また買取手数料が異様に高かったり、わけの分からない雑経費が差し引かれていたりする場合は悪質業者である可能性が高いので、利用しないのが無難です。

少しでも納得できない場合は申し込まない

悪質業者は詐欺がバレる前に手続きを完了したいので、何かしら理由をつけて急がせようとします。
「今日中にメールを送ってもらえない場合は買取率が下がります」「あと○分までに手続き完了すれば即日振込可能!」など、早く手続きしなきゃという感情を湧かせようとします。
しかし落ち着いて考え直してみると、おかしいと思う点がいくつかあるはずです。
妙に急がせようとする業者や、質問に対して納得できる回答が得られない場合は、申し込まないほうがいいでしょう。

まとめ

買取相場が87~93%と高く安定しているAmazonギフト券は、クレジットカード現金化を追い越す勢いで利用者、買取業者ともに増加傾向にあります。
また他の金券類に比べるとカード会社の監視が比較的緩いため、バレにくいというメリットもあります。
高買取率とバレにくいという特徴を持ったAmazonギフト券買取は、急に現金が必要になった時の心意強い現金化手法となってくれることでしょう。
しかし利用者が増え注目度が高くなったことで、Amazonギフト券買取に悪質業者が新たに参入しているケースが報告されるようになりました。
実際、Amazonギフト券買取を利用された方の中には、「事前に知らされていた買取額と振り込まれた金額が違う!」「手数料としていろいろ差し引かれた!」「個人情報を漏らされた!」といった詐欺に遭われた方もいるようです。
詐欺に遭わないためには以下のような業者には気をつけましょう。

  • 高い買取率をうたう業者
  • 口コミで酷評が多い業者
  • ホームページに必要情報が記載されていない業者
  • 電話対応が雑な業者

慎重に業者選びをすれば、Amazonギフト券買取で泣き寝入りすることはないはずです。