Amazonギフト券買取で現金化するときにバレないようにするやり方

電子ギフト券の代表格「Amazonギフト券」は、通販サイト「Amazon」の躍進と共にますますニーズが高まっていますが、それに伴い「余ったAmazonギフト券を現金化したい」という人も増えているようです。

Amazonギフト券は原則としてAmazonのサイト内でしか使えない上、払い戻しにも対応していないため、世の中にはAmazonギフト券を現金化する裏技が出回っています。

しかし、Amazonの運営会社ではAmazonギフト券の現金化を認めていないので、現金化には相応のリスクが伴います。

当記事ではAmazonギフト券をバレないように現金化できる安全な方法について、詳しく解説していきます。

Amazonギフト券現金化がバレたらどうなる?

Amazonギフト券現金化がバレたら、法律に違反してしまうのではないかと心配する人も多いでしょう。

ですが、Amazonギフト券を買取り業者に売却して換金したり、オークションで転売したりしても違法ではありません。
Amazonギフト券は「古物営業法(中古品の売買に関する法律)」の適用対象外なので、古物商営業許可を取らなくても個人で自由に売買することができます。

Amazonの利用規約には違反するので要注意

Amazonの利用規約においては「ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金すること」を禁止しています。
つまり、「換金・転売を行うことを目的にAmazonギフト券を購入してはならない」ということです。

Amazonの利用規約に違反した人に対しては、以下のようなペナルティが科されます。

購入したAmazonギフト券が無効になる

Amazonアカウントが利用停止になる

Amazonでの注文がキャンセルもしくは制限される

クレジットカードが利用停止になるリスクも

クレジットカードを使って購入したAmazonギフト券を現金化した場合は、カード会社の利用規約違反にも該当してしまうので、さらに注意が必要です。
カード会社の利用規約では、「クレジットカードのショッピング枠を使って換金性の高い商品を購入し、換金すること」を禁じています。

なぜかというと、現金化を行う人は何らかの理由(多重債務や自己破産など)で融資を利用できないほど信用力が悪化していることが多いので、そのような人がクレジットカードを現金化すると、返済不能に陥るリスクが高くなるからです。

カード会社の利用規約に違反すると、クレジットカードが強制的に利用停止になってしまいます。
さらに、規約違反を犯したカード会社では社内ブラックリストに登録されてしまい、二度と新しいクレジットカードを作れなくなる恐れもあります。

 

最悪の場合、法律違反になる可能性も・・・

また、クレジットカードで購入した商品を換金・転売したことがバレると、違法となる可能性があります。
なぜなら、カード会社への返済が完了するまでの期間中、クレジットカードで購入した商品の所有権はカード会社に帰属するからです。

返済が完了する前にカード会社に無断で商品の換金・転売を行うと、法的には詐欺罪・横領罪に該当する可能性があります。

Amazonギフト券現金化がバレないやり方とは?

上記に述べてきた理由から、Amazonギフト券の現金化を行う際は、Amazonの運営会社やカード会社にバレないよう、細心の注意を払わなければなりません。

ここからは、Amazonギフト券をバレずに現金化する方法について説明していきます。

Amazonギフト券の1回あたりの購入額は少額に抑える

Amazonギフト券の購入金額は1回あたり最大50万円まで指定できますが、5万円~10万円を超えるほど高額のAmazonギフト券を現金化しよとする場合は、少額に分けて購入するほうが安全です。
一度に高額のAmazonギフト券を購入すると、Amazonからもカード会社からも不審に思われてしまいます。

Amazonギフト券を複数回に分けて購入する際は、続けて何回も決済を行うのではなく、できれば最低1日以上は決済の間隔を空けたほうが良いでしょう。

返済実績を積んだクレジットカードを利用する

キャッシング枠の上限一杯まで借入れが残っているクレジットカードや、新規発行したばかりのクレジットカードでAmazonギフト券を購入すると、現金化を疑われやすくなってしまいます。
返済実績をある程度積んだクレジットカードなら、カード会社からの信用度が高くなっているので、現金化に利用しても怪しまれにくくなります。

これまでに返済遅延・滞納の履歴がないクレジットカードを利用すると、より安心です。

クレジットカードとAmazonの会員情報を一致させる

クレジットカードでAmazonギフト券を購入すると、決済内容とAmazonの会員情報(氏名や住所など)がカード会社へ自動的に送信されます。
その際に、クレジットカードとAmazonの間で会員情報が異なっていると、第三者によるクレジットカードの不正利用を疑われてしまいますので、両方の会員情報を必ず一致させるようにしましょう。

Amazonに登録している会員情報については、公式サイトのアカウント設定から簡単に変更することができます。

事前にカード会社へAmazonギフト券を購入する旨を伝える

どうしても高額のAmazonギフト券を購入する必要がある場合は、事前にカード会社へその旨を連絡しましょう。

ただし、現金化目的であることを正直に伝えるわけにはいかないので、あくまでも「どれくらいの決済金額になるか」「いつまでに返済できるのか」を伝えるだけで十分です。
カード会社にあらかじめ断りを入れておけば、高額決済を行っても余計な疑いを持たれる心配がなくなります。

また、カード会社にAmazonギフト券の使用目的を聞かれた場合に備えて、「贈答用」「高額な家電を購入するため」といった疑われにくい理由を用意しておきましょう。

複数のクレジットカードを利用する

短期間に何度も同じクレジットカードを使ってAmazonギフト券を購入すると、現金化を疑われるリスクが高くなってしまいます。
複数のクレジットカードを持っている場合は、それらのカードを代わる代わる利用しながら、決済を分散させるのがおすすめです。

ただし、多重債務(複数社から借金をし、返済が困難になること)に陥らないように、返済の管理はしっかりと行いましょう。

キャリア決済・バンドルカードでAmazonギフト券を安全に現金化できる

クレジットカードを持っていない人や、クレジットカードを使って現金化がバレることを不安に思う人は、キャリア決済またはバンドルカードを利用するのがおすすめです。

キャリア決済・バンドルカードは、年齢・年収や信用情報に関係なく誰でも気軽に利用できますが、クレジットカードより利用限度額が少ないので、5万円~10万円以下の少額現金化に向いています。

キャリア決済の場合

キャリア決済(携帯キャリアの後払い決済サービス)は手数料無料で利用できるため、クレジットカードよりもお得に現金化ができます。

しかし残念なことに、Amazon公式サイトでは2017年以降、キャリア決済によるAmazonギフト券の購入ができなくなってしまいました。

その対応策として、各キャリアが発行するプリペイドカード(「ソフトバンクカード」「auWALLETプリペイドカード」など)にキャリア決済でチャージし、Amazonギフト券購入に充てるという方法があります。

キャリア決済による現金化の手順
以下より、キャリア決済とプリペイドカードを併用した現金化の手順を説明します。
  1. ① 携帯キャリアのプリペイドカードの発行を申し込みます。
    (発行完了までの日数は1週間~2週間が目安)

    ※携帯キャリアが発行するプリペイドカードには、「dカード(docomo発行)」「auWALLETプリペイドカード(au発行)」「ソフトバンクカード(softbank発行)」の3つがあります。
    いずれのプリペイドカードも、各キャリアと通信契約を行っている人なら無料で発行できます。

  2. ② キャリア決済を利用して、プリペイドカードに必要金額をチャージします。

  3. ③ Amazonアカウントの支払い方法設定でプリペイドカードを登録し、Amazonギフト券を購入します。

  4. ④購入したAmazonギフト券を、買取り業者などを利用して現金化します。

  5. ⑤後日、携帯電話料金とキャリア決済料金をまとめて一括で支払います。

キャリア決済のメリット

無職の人や未成年でも気軽に利用できる

決済代金をキャリアの通信料金とまとめて後払いできる

年会費や決済手数料がかからない

キャリア決済のデメリット

利用限度額が少ない(上限1万円~10万円)

支払い方法は一括払いの一択

バンドルカードとは?

バンドルカードとは、国際カードブランドの「VISA」が発行するスマホ対応プリペイドカードのことです。

バンドルカードには、現金やクレジットカードからチャージを行うプリペイド機能だけでなく、「ポチっとチャージ」という後払い機能(上限5万円)もついています。

「ポチッとチャージ」機能を利用すれば、クレジットカードと同じ要領で、誰でもスピーディーに現金化を行うことができます。

バンドルカード現金化の手順
以下より、「ポチッとチャージ」機能によるバンドルカード現金化の手順を説明します。
  1. ①スマホにバンドルカードのアプリをダウンロードし、会員登録を行います。

  2. ②アプリのメニュー画面で「ポチッとチャージ」を選択し、必要金額をチャージします。

  3. ③Amazonアカウントの決済方法にバンドルカードを登録し、Amazonギフト券を購入します。

  4. ④購入したAmazonギフト券を、買取り業者などを利用して現金化します。

  5. ⑤バンドルカードでチャージを行った翌月末に、チャージ金額の返済と手数料の支払いを行います。

バンドルカードのメリット

クレジットカードと同様に後払いができる

カードの発行手数料や年会費がかからない

審査不要・年齢制限なしで誰でも簡単に作れる

バンドルカードのデメリット

利用限度額が少ない(上限5万円)

「ポチッとチャージ」の手数料が高い(最低500円~最大1,800円)

Amazonギフト券現金化に関するよくある質問と回答

Amazonギフト券現金化に関して、掲示板やYahoo!知恵袋などでよく見られる質問と回答をまとめました。

未成年でもAmazonギフト券現金化は可能ですか?
未成年の場合、クレジットカードを持っていなくてもキャリア決済・バンドルカードを利用すれば、Amazon公式サイトでAmazonギフト券を購入することができます。

ただし、未成年がAmazonギフト券を換金する行為は「青少年保護育成条例」に抵触するため、親権者などに頼んで代わりに換金してもらう必要があります。

メルカリやラクマでもAmazonギフト券を換金できますか?
メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、Amazonギフト券の出品が禁止されています。

Amazonギフト券を個人売買によって換金したい場合は、電子ギフト券専門の売買サイト(amatenやアマギフなど)や、オークションサイト(ヤフオクやモバオクなど)を利用しましょう。

コンビニで購入したAmazonギフト券も現金化できますか?
コンビニなどの店頭で購入できるAmazonギフト券(カードタイプ、シートタイプ)は詐欺に利用されることが多いため、ほとんどの金券ショップで買取り不可になっています。

現金化を目的にAmazonギフト券を購入するなら、Amazon公式サイトで販売されているEメールタイプのギフト券を購入しましょう。

Amazonアカウントにチャージ済みのAmazonギフト券残高は現金化できますか?
Amazonアカウントにチャージ済みのAmazonギフト券残高を現金化するには、「Amazonギフト券で換金性の高い商品を購入し、買取り業者に売却する」という方法があります。

80%~90%の高換金率が狙えるおすすめの商品は、安定したニーズがあるiTunesギフト券や、注目度が高く今売れている商品(最新のゲーム機・ゲームソフト、家電製品、ブランド品など)です。

特に、iTunesギフト券は多くの店舗で即日オンライン買取りに対応しているのでおすすめです。
電子ギフト券専門買取り業者である「買取りボブ」や「ギフトグレース」なら、土日も24時間対応でギフト券を買取ってくれます。

これらの業者は、チャージ済みのAmazonギフト券残高の買取りにも対応しています。
ただし、チャージ済みのAmazonギフト券の場合、買取り率が低く(約70%)なる上、振込みまで10日ほどかかってしまうので注意しましょう。

関連ページ:Amazonギフト券「AQ・WA」は買取は出来ない!?換金する方法について