Amazonのロゴ

「地球上で最も豊富な品揃え」というキャッチフレーズで、アメリカ、イギリス、日本など世界16カ国でオンラインショッピングサイトを展開しているAmazon。

日本においては、2000年11月1日に日本語版サイトが開設され、当初は書籍のみの取り扱いでしたが、現在取り扱っているカテゴリーは以下のようになっています。

Amazonカテゴリー一覧

  • Prime Video
  • Amazon Music
  • Android アプリストア
  • Echo & Alexa
  • Fireタブレット
  • Fire TV
  • Kindle 本&電子書籍リーダー
  • 本・コミック・雑誌 & Audible
  • DVD・ミュージック・ゲーム
  • 家電・カメラ・AV機器
  • パソコン・オフィス用品
  • ホーム&キッチン・ペット・DIY
  • 食品・飲料・お酒
  • ドラッグストア・ビューティー
  • ベビー・おもちゃ・ホビー
  • 服・シューズ・バッグ ・腕時計
  • スポーツ&アウトドア
  • 車&バイク・産業・研究開発
  • クレジットカード&Amazonポイント

Amazonギフト券とは、このAmazonのショッピングサイトで買い物をする際に、現金と同じように利用できるギフト券のことです。

Amazonギフト券の種類と購入方法、Amazonギフト券をプレゼントする方法と使い方、現金化する方法などを紹介します。

また、ふるさと納税サイト「ふるなび」を利用してギフト券をもらう方法についても紹介します。

Amazonギフト券の購入のしかた

Amazonギフト券はAmazonのショッピングサイトや、コンビニや量販店などの店頭で購入することができます。購入場所によって、ギフト券の種類や支払い方法が異なります。

Amazonギフト券の種類と購入場所

購入場所 タイプ 金種 支払い方法
Amazon デジタルタイプ Eメールタイプ 1,000円、2,000円、3,000円
5,000円、10,000円 ※1
クレジットカード払い
印刷タイプ 1,000円、2,000円、3,000円
5,000円、10,000円 ※1
チャージタイプ 15円から50万円までの間の1円単位で金額設定が可能 クレジットカード・コンビニ
ATM・ネットバンキング払い
配送タイプ 商品券タイプ 500円、1,000円、5,000円
10,000円、50,000円 ※3
クレジットカード払い
※配送の場合は代金引換え払い可能
ボックスタイプ 5,000円、10,000円、20,000円
30,000円、50,000円※2
封筒タイプ スタンダード3,000円、5,000円
10,000円、30,000円、50,000円
ミニ1,000円、2,000円、3,000円
5,000円、50,000円※3
グリーティングカードタイプ 1,000円、2,000円、3,000円
5,000円、10,000円、20,000円、3,000円、50,000円
マルチパックタイプ 500円×10枚、1,000円×10枚
2,000円×10枚、3,000円×10枚、5,000円×10枚
店頭 カードタイプ 3,000円、5,000円、10,000円、20,000円※4 現金払い
※一部店舗は自社電子マネーの使用が可能
シートタイプ 2,000円、3,000円、5,000円
10,000円円、20,000円、25,000円
商品券タイプ 1,000円、5,000円

※1 15円から50万円までの間の1円単位で金額設定が可能
※2 5,000円から50,000円までの間の1円単位で金額設定が可能
※3 500円から50,000円までの間の1円単位で金額設定が可能
※4 1,500円から50,000円 (九州の一部地域は1,500円から20,000円)の間の1円単位で金額指定が可能

Amazonギフト券チャージタイプについて

Amazonギフト券チャージタイプは、自分のアカウントのギフト券残高にチャージして買い物ができるサービスです。

様々な支払い方法があり、チャージした分だけ使えるので使い過ぎを防止できます。

チャージタイプのメリット
クレジットカードがなくても購入できる

チャージタイプは、クレジットカード、デビッドカード、コンビニ、ATM、ネットバンキングからチャージできるので、クレジットカードを持っていない人でも利用できます。

チャージも買い物も1円単位で可能

15円から1円単位で好きな金額をチャージでき、支払いも1円単位で利用することができます。コンビニ払いや代金引換え払いなどの手間を省くこともできます。

チャージでポイントが付与される

コンビニ・ATM・ネットバンキングで5,000円以上チャージすると、プライム会員はチャージ額の最大2.5%、通常会員はチャージ額の最大2%のポイントが付与されます。

オートチャージが可能

オートチャージ機能があり、残高が設定金額を下回った場合や、設定した期間ごとに自動的にチャージすることができます。

オートチャージの種類

定期的にチャージ… チャージ金額を指定し、毎月1回、2週間に1回、毎週1回、毎日1回の中から選択しておくと、定期的にチャージされます。
残高に応じてチャージ… 判定金額を決め残高が判定金額以下になると指定した金額までオートチャージされます。

Amazonギフト券のプレゼントのしかたともらう方法

Amazonギフト券は、金額を自由に設定できますので、

結婚した日が2012年10月10日なので、結婚記念日に121,010円のギフト券を妻へプレゼントする

会社創立記念日が11月12日なので、1,112円のギフト券を顧客に配布する

プロジェクトが完了したので、部下を労って5,963円(ごくろうさま)のギフト券を贈る

といった遊び心あるプレゼントをすることが可能です。

ギフト券のプレゼント方法

デジタルタイプの場合

デジタルタイプは、相手のメールアドレスへ直接送ることができますので、配送の手間がかかりません。
SNSのみで交流している相手にもプレゼントすることが可能で、TwitterのDM、FacebookのMessenger、ChatworkのSNSなどへ送ることができます。

配送タイプの場合

配送タイプは、Amazonで注文すると、普段の買い物と同じように配送されます。お急ぎ便を利用すれば、当日または翌日には届きます。
購入する際、送り先を相手の住所にすれば、直接相手に届きます。
支払い手続きのところでギフトの設定を選択すれば、ギフトラッピングしてもらうことができる上、ギフトメッセージを付けることもできます。

Amazonギフト券をもらったらどうしたらいいか

様々なタイプのAmazonギフト券がありますが、そのすべてに16桁あるいは17桁のアルファベットと数字が混在したギフト券番号が付いています。

ギフト券をもらったら、Amazonサイトの自分のアカウントにある「Amazonギフト券(残高の確認・ギフト券の登録)」にこのギフト券番号を登録します。

すると、次の買い物からギフト券の残高がなくなるまで、クレジットカード払いに優先してギフト券残高から支払いが行われます。

また、事前に登録しなくても、買い物をする際に支払い画面でギフト券番号を登録することもできます。
一度登録しておけば、残高は自動的に登録されていますので、次の買い物からはギフト券番号の入力は必要ありません。

なお、ギフト券番号は、一度誰かがアカウントに登録してしまうと、そのギフト券番号は二度と使うことはできません。

そのため、カードタイプのギフト券は裏面のスクラッチを削らないとギフト券番号が見えないようにして、盗用を防止してあります。

Amazonギフト券を現金化する方法

Amazonギフト券の換金方法

「Amazonギフト券をプレゼントされたけど、Amazonには欲しいものがない。現金化できたら、他の通販やショップで欲しいものが買えるのに…。」

そんな方のために、ここではすぐに使う予定のないAmazonギフトを現金化する方法を紹介します。
Amazonギフト券の現金化には、自分で行う方法と、買取り業者に依頼する方法があります。

自分で商品を購入して下取りに出す

Amazonギフト券を自分で換金する場合、真っ先に思い浮かべるのが金券ショップに持ち込んで買取りを依頼する方法ではないでしょうか?

多くの人が利用するAmazonのギフト券ですから、きっと高値で取引が行われているのではないかと思われるかもしれません。

しかし、残念ながら金券ショップの多くは、Amazonギフト券の買取りを行っていません。
これには、Amazonギフト券特有の事情がからんでいます。

金券ショップがAmazonギフト券を取り扱わない理由

未使用か使用済みかがわからない

Amazonギフト券は、16桁または17桁のギフト券番号をアカウントに登録して利用する、一度誰かがアカウントに登録してしまうと、2度目の登録はできない、と紹介しました。

金券ショップに持ち込まれたAmazonギフト券は、その場で未使用かどうか、つまり誰かのアカウントに既に登録されているかどうかは見た目ではわからず、その場で確認することが困難です。

金券ショップが買取ったギフト券を売りに出し、それを購入した客がアカウントに登録する際に初めて、未使用かどうかが分かります。

スクラッチを削らないと番号が見えないカードタイプも、スクラッチは削られていないのに利用できなかったという事例が過去にあったため、金券ショップはタイプに関係なくAmazonギフト券の取り扱いは危険と判断して中止しています。

有効期限が調べられない

Amazonギフト券は、2017年4月24日発行分から一律10年の有効期限が設けられています。
しかし、それ以前に発行されたものは、タイプによって1~3年という異なる有効期限が設けられていました。

金券ショップに持ち込まれることの多いカードタイプのギフト券の有効期限は、スクラッチを削ってギフト券番号を調べ、Amazonカスタマーサービスに電話で問い合わせをするか、自分のアカウントに登録して確認するしか確認する方法がありません。

いずれにせよ、金券ショップの店頭では有効期限が切れているかどうか確認できないため、金券ショップはAmazonギフトの取り扱いを中止しています。

自分で換金する方法

それでは、Amazonギフト券を自分で換金するのにはどうしたらいいのでしょうか。
手間がかかりますが、Amazonでギフト券を使って、高く売れそうな商品をAmazonのショッピングサイトで購入し、リサイクル店やオークションやフリマアプリなどで売却する方法があります。

この方法は、商品購入したり購入した商品を売りに出したりする、手間と時間がかかります。

高級ブランド品や高額家電などは、リサイクルショップに売却することが可能ですが、いずれも手間がかかる上、人気商品を選ばないと換金率は低くなります。

その上、Amazonマーケットプレイスなどで偽ブランド品を購入してしまうと、リサイクル店への売却ができなくなってしまいます。

買取り業者を使って現金化する

もう一つの方法は、Amazonギフト券の買取りを積極的に行っている買取り業者を利用して現金化する方法です。

実店舗型の買取り業者は全国的に見ても少ないので、ここではネットで手続きが完結し、全国どこからでも申し込めてスピーディに手続きが行われるネット型買取り業者の利用方法を紹介します。

ネット買取り業者で現金化する手順
  1. 業者の選択

    インターネットで「Amazon 買取り」で検索すると、沢山の業者の名前がヒットします。この中から、換金率が良く、入金までの時間が早い業者を選びます。業者選びには、実際に利用した人の口コミや、体験談を見ることをおすすめします。Amazonギフト券の買取り業者が増えたため、業者を比較するサイトができていますので、参考にすることをおすすめします。

  2. 買取り額見積

    業者のホームページの見積査定欄に、ギフト券の種類や金額、初回利用か2回目以降かを入力すると、買取り価格が表示されます。その金額に納得できたら、申し込み手続きに進みます。なお、買取り業者によって、買取り可能なギフト券のタイプが異なっていますので、事前に確認しておきましょう。

  3. 申し込み

    氏名、連絡先電話番号、メールアドレス、ギフト券番号と額面、口座番号を入力し、身分証明書の画像を添付して申し込みます。
    ※初回申し込みの際、身分証明書は免許証・保険証・住基カードなど現住所と生年月日が記載されたもの1点が必要です。多くの業者では、2回目以降は身分証明書の添付は省略できます

  4. 入金

    手続きがスピーディに行われれば、即日入金してもらえます。最短10分で指定口座に入金可能としている業者もありますが、カードタイプの買取り業者でカードの送付が必要な場合は、入金までに時間がかかります。

ふるなびでAmazonギフト券を手に入れる方法

ふるさと納税サイト「ふるなび」には、ふるなびやふるなび関連サービスを利用すると、条件に応じてAmazonギフト券がもらえる特典があります。

ふるなび Amazonでギフト券を手に入れる方法

寄附でもらう

ふるなび関連サービス(ふるなび・ふるなびトラベル・ふるなびクラウドファンディング)で3つの利用条件を満たしてふるさと納税を行うと、寄附金額の1%相当のAmazonギフト券がプレゼントされます。

3つの利用条件

  1. 登録無料のふるなび会員に登録して、ログインした状態で寄附を行っている。
  2. ふるなび関連サービスのサイト上から寄附を行っている
  3. クレジットカード決済(Yahoo!公金支払いを含む)で支払いを行っている

ふるなびクラウドファンディング限定キャンペーン実施中!

現在、「ふるなびクラウドファンディング」を利用すると、さらに利用額の1%のAmazonギフト券が追加でもらえます。

詳しくは、ふるなびホームページで確認してください。
https://furunavi.jp/incentive.aspx

レビューでもらう

ふるなびで寄附し、その返礼品として届けられた品物についてのレビューを投稿すると、Amazonギフト券50 円分がもらえます。

またこの時、レビュー数が5件未満の返礼品に対してレビュー投稿を行うと、最大200円分のAmazonギフト券がもらえます。

詳しくは、ふるなびホームページで確認してください。
https://furunavi.jp/incentive.aspx

Amazonギフト券の購入、利用、現金化の方法と、ふるなびを利用してAmazonギフト券をもらう方法をまとめて紹介しました。

生まれ故郷や応援したい自治体に寄附をして手続きをすると税金の還付・控除が受けられるふるさと納税が人気ですが、ふるなびを利用することでさらにAmazonギフト券がもらえるのは大変お得です。

ふるさと納税を考えている人は、ふるなびを利用してみてはいかがでしょうか。