クレジットカードの利用明細、毎月ちゃんとチェックしていますか?
毎月の引き落とし額を見てガクッと肩を落とすことの多い明細ですが、実は請求が確定する前から定期的にチェックすることで、使い過ぎの予防や不正利用の早期発見に役立てることが出来るのです。
カード会社では郵送前の未確定明細も会員ページで確認出来るようになっており、今月は総額いくら使ったのか? どこのお店でカードを使ったのか? ポイントはどのくらい貯まるのか?などをチェックできます。
その際に利用総額が高くなっていたら翌月を待つことなく節制することが出来、もし身に覚えのない利用記録があった場合には、早期に調査を依頼することも出来ます。
こうすることでより安全かつ計画的にカードを利用できるようになり、クレジットカードの優れた利便性を最大限に活かすことが出来るでしょう。

今回はクレジットカードの明細をチェックすることで得られる2つのメリットと、より安全かつ手軽に明細を管理するために便利なアプリの活用についてご紹介致します。

安全かつ計画的なカード利用には 明細チェックが必須

カードの利用明細イメージ

クレジットカードは日々の買い物と決済で発生する支払いをひとまとめにし、ポイントを獲得したり特典を活用することが出来るなど様々なメリットがあります。
このメリットを最大限に活かしつつ、より安全かつ計画的にカードを使いこなすためには、こまめに利用明細をチェックすることが大切です。

不正利用は早く気付けば最小限の手間で解決できる

カードの利用明細は毎月の請求金額に目が行ってしまいがちですが、それ以外にも重要な情報が数多く記されています。
たとえば、いつどこで何の支払いに使ったか? 身に覚えがあればもちろん何も心配はいりません。
しかし最近は普段のカード利用に紛れやすい金額で不正利用が行われていることが多く、明細の確認をしなければ気付かないことも多々あります。

なお、不正利用は気付くのが早ければ早いほど対応も簡単なもので済みます。
1ヶ月分の請求が確定する前に明細で気付けば、カード会社側に全ての対応を引き受けてもらうことが出来、余計な手間や支払いをすることもなく解決に至るからです。

もちろん、クレジットカードを使う上で不正利用とは出来る限り無縁でいたいものです。
しかし日常的にカードを利用している限り、ある日突然不正利用の被害にあってしまう可能性は決して否めません。
その際には、出来る限り早期に気付くことにより、最小限の手間で解決に至ることが重要となります。

使いすぎ対策にも明細チェックは効果的

また、一ヶ月分の支出を明細で一挙に確認すれば、何にいくら使っているのか? どこで使いすぎてしまったのかがすぐに把握できます。
そうすることで翌月以降の使いすぎを防ぐことが出来、家計管理にも大きく役立ってくれることが期待できますね。

明細チェックには会員ページよりアプリが便利

たくさんのアプリ

カードの利用明細は、確定前・確定後ともにJCBや三井住友カードをはじめとしたカード会社の会員ページで確認することが出来ます。
しかしこの会員ページ、毎回ログインをしなければならないことに加え、ページが重いためにスマホでのアクセスがおっくうになる欠点があります。
より手軽かつ便利に明細をチェックするためには、カード会社が提供している会員向けアプリを使うことをおすすめします。

アプリ利用はチェックが楽で通信制限とも無縁

アプリではスマホやタブレット向けに表示が最適化されていることはもちろん、指紋認証でログインをすることが出来るために認証手続きが簡単になるメリットがあります。
さらにパケット通信料が少なくて済むため、月の後半であっても安心して明細のチェックが出来る点が嬉しいポイントです。

高頻度で明細を確認するのであれば、出来る限り使いやすい方法でチェックをしていきたいものです。その場合にはアプリの活用が最適なものになることでしょう。

カード会社提供アプリのほか 家計簿アプリも使える

また、明細のチェック手段はカード会社の会員ページと同社提供のアプリだけではありません。
一部の家計簿アプリでは、クレジットカードのログイン情報を読み込むことで家計簿とカードの利用明細を合体させることができるのです。

記帳することなく家計簿が出来る?

家計簿

レシートをカメラで撮影するだけで家計簿を作ることが出来たり、ふとしたときに気軽に記入が出来るなど、家計簿アプリには今までよりも手軽に記帳を進められるメリットがあります。
中でもオススメなのが、普段使っているクレジットカードを紐付けすることです。
ログインIDとパスワードをアプリに入力すれば自動で明細を取得し、毎日のカード利用情報を家計簿の支出欄に自動で転記してくれます。
これにより、カードを利用した文についてはわざわざ記帳することなくほぼ自動で家計簿が出来上がることに加え、ほぼ毎日開くアプリであることから不正利用にも最短で気付くことができます。

もちろん全自動であるため、「何を買ったか?」は個別に入力する必要があったり、食料品を買ったはずが行楽費に分類されるなど時折誤った分類がされることもあります。
けれどそれを目視でチェックする際に不正利用の確認も併せて行うことが出来ます。
便利かつ手軽に明細をチェックするには、家計簿アプリの活用が最適であるといえるでしょう。

セキュリティ上の心配も大丈夫

スマホのセキュリティ

セキュリティに関する意識が高い方の場合、ログイン情報を家計簿アプリへ入力することに抵抗を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、自分以外が会員ページへログインできることを考えると、やや不安な気持ちや警戒心を覚えてしまうことも無理はありません。

しかし、家計簿アプリやマネー管理アプリが普及しはじめてから今日に至るまでの7年弱の間、これらのアプリが原因でログイン情報が流出し、莫大な損害が発生したといったことはこれまで一度もありません。

7年もの間何もなかったことを考えると、安全性は極めて高いものであると十分に期待が出来ます

高い安全性の秘密

スマホのセキュリティと鍵

この安全性の高さには、家計簿アプリで扱うデータの種類が大きく起因しています。
クレジットカード会社のアプリでも同じことが言えますが、アプリで扱う情報はログインに使うIDとパスワードのみです。
この2つは明細を確認する上では必須の情報ですが、一方でカード番号を取得したり、会員の個人情報を入手することは出来ません。
これらを入手するためには、第2暗証番号やワンタイムパスワードを使う必要があり、仮にログイン情報が流出した場合でも、大きな被害にはならないようシステムが設計されているのです。

また、家計簿アプリの多くは厳正な審査を経て公開に至っているため、他のアプリと比べてセキュリティ面が頑丈な作りになっている特徴があります。
これにより、高い利便性と盤石なセキュリティが両立しているため、安心して家計簿アプリを活用することが出来るのです。

明細チェックを習慣づけて より安全かつ便利にカードを使おう

クレジットカードの明細管理の重要性と、チェック時にアプリを使うメリットについてご紹介致しました。
カードの利用明細はあまりじっくりと見る機会が少ないものですが、便利さをそのままに、より安全かつ計画的にカードを使いこなしていくためには、入念に内容をチェックすることが欠かせません。
請求が確定する前からこまめにチェックすることを心がけていれば、不正利用を速やかに突き止めることはもちろん、使いすぎを早期に改めることも出来ます。

クレジットカードは計画的に使えば、最高の利便性とお得な特典を活用できる優れものです。
このメリットを高額請求や不正利用によって損なってしまわないよう、今から明細チェックの習慣を身につけていきましょう。