キャッシュライン
店舗名 キャッシュライン
営業時間 9:00~20:00
年中無休(申し込みは24時間対応)
住所 東京都調布市本町1丁目12-2
ホームページ
換金する額
換金率
受取金額
金額 当日プラン 通常プラン 法人プラン
1万円以上~15万円未満 88% 89% 90%
15万円以上~30万円未満 90% 91% 92%
30万円以上~50万円未満 92% 93% 94%
50万円以上~80万円未満 94% 95% 96%
80万円以上~ 96% 97% 98%
100万円以上 99% 99% 98.8%
プランと時間 現金化時間 最短5分
カードの種類 VISA MasterCard JCB AmericanExpress Diners Club
キャンペーン 初回契約時換金率5%アップ
備考 LINEで簡単に問い合わせが可能

キャッシュラインの口コミ
総合満足度: 3.3/5点 口コミ: 6

no title!のイメージ
評価: 立て続けの急な出費に生活が苦しくなってしまい、初めてクレジットカードの現金化を検討しました。
悪徳業者も多いということで、慎重に現金化会社選びをしたのですがキャッシュラインは、ホームページを見ている段階でとても好印象。
会社概要に住所が記載されているということと、堂々とホームページに悪徳業者への警告が書かれていることから、信頼できるなと思いました。
(東京都 30代)
no title!のイメージ
評価: リピート率が高いということで、安心できそうだと思ってキャッシュラインを利用しました。
でも、後から知ったのですがまだサービスを始めて間もない会社だったんですね。
結構実績のある会社かと思ったのでちょっとがっかり。
悪徳業者ではなさそうですし、結果的に現金化は問題なくできたので良いのですが・・・。
(栃木県 30代)
no title!のイメージ
評価: キャッシュラインの利用が私の初めてのクレジットカード現金化でした。
どの会社を選べばよいのか迷ったけれど、初回キャンペーンに惹かれてこちらに決めました。
でも、初回キャンペーンって最初の利用には適応されないんですね。
それって初回キャンペーンって言わないんじゃないかなと思いましたが、次回換金率が5%アップするということなので、また利用するときは今度こそお得に現金化できそうかな?
(広島県 30代)
no title!のイメージ
評価: 電話応対がよかったので初めての利用でも戸惑うことなく快適に手続きができました。
ただ、私の運が悪かったのかなかなか入金が確認できず翌日のお昼過ぎだったのでちょっとやきもきはしました。
人によっては最短5分で入金を確認できたという人もいるみたいなので、一定の待ち時間ではなさそうですね。
(福岡県 30代)
no title!のイメージ
評価: 申込フォームに記入して送信したらすぐに電話がかかってきました。
本当にすぐにかかってきたので驚いたのと、現金化を利用するのが初めてだったのでちょっと緊張しました。
でも、スタッフさんの対応がとても親切、丁寧で緊張もすぐに和らぎ、安心して手続きを進めることができました。
(秋田県 40代)
no title!のイメージ
評価: ネットバンクを持っていると15時以降も入金可能ということでもっとスムーズに利用できそうだなと感じました。
便利だったのでまた利用するつもりです。
なので、これを機に、ネットバンクを開設しようと思います。
(埼玉県 30代)

口コミを書き込む

都道府県 (必須)
年齢 (必須)
評価 (必須)

性別を選んで下さい

    キャッシュラインのネット上の評判をまとめました

    キャッシュラインはホームページの明るい雰囲気と悪徳業者への警告があることから、多くの人の人に好印象のようですね。
    安心して利用できそうだと思える理由の一つには会社の住所の記載があることも挙げられます。
    クレジットカードの現金化会社は、住所が不明の会社も多いので、安心感は確かに高いですよね。
    でも会社設立から5年経って実績のある会社だというイメージを持っている人もいるようですがドメイン検索すると、2016年6月にドメイン取得しているので思っているよりも新しい会社のようです。
    なぜ設立したのが5年前になっているのかも気になるところです。
    数あるクレジットカードの現金化会社の中でも特に接客態度が良いという声が多いです。
    初めて利用する人も多いですが、キャッシュラインのスタッフが詳しく丁寧に説明してくれたから心配なく現金化の手続きをすることができたという人がたくさん。
    感じの良い人が応対してくれると良いサービスのように思えますよね。
    現金化することを悩んでいる状態でも無理やり手続きをさせようとする強引さなどはなく、利用者に寄り添って親身になってくれるので、スタッフさんの応対で利用することを決めたという人も少なくないんですよ。
    もちろん、スタッフは一人ではないので中には不愛想な人や相性が良くない人もいるかもしれませんが、キャッシュラインなら高確率で良い接客のスタッフさんに対応してもらえそうです。
    また、LINEで気軽に問い合わせをすることができるのも人気の理由です。
    LINE人口が多くなって主な連絡手段にしている人も少なくないですよね。
    友達に連絡する感覚で、肩ひじ飾らずに気になることを相談できる環境は、わからないことだらけのことが多い初めてのクレジットカード現金化にもうれしい魅力ですよね。
    ホームページにLINEのIDも載っているので気軽に連絡を取りやすいです。
    また、多くの人が気になる換金率を見てみると業界トップクラスなので、高い換金率に惹かれて利用を決める人も多いですが、記載されている換金率で換金できることなんてほとんどないので、だまされた気分になる人も多いですね。
    記載されている換金率と実際の換金率に大きな差を感じるのはキャッシュラインだけではありませんが、換金率が高いとはとても言えません。
    ほとんどの現金化が換金率70%程度で行われているようです。
    中には70%を切ることもあるので何も知らずに利用したらがっかりしてしまうかもしれませんね。
    換金率をアップさせるための初回キャンペーンは、初めて利用するときに換金率が5%上がるというものではなく次の利用の時に適応されるというからくりがあります。
    これには不信感を持つ人がいても当然。
    初回キャンペーンと聞いたら、誰だってお得に利用できるのは初めての利用の時だと思いますよね。
    少しでも換金率をアップさせて利用したいと思っている人は、キャンペーンの適用は2回目からなので要注意ですよ。
    初回キャンペーンのほかに魅力的なキャンペーンがないというのも残念な点です。
    もっとお得に換金率をアップさせられる方法があると良いですよね。
    申し込み手続きはとても簡単ですぐに終わりますが、入金時期については人それぞればらつきがあります。
    申し込んですぐ5~30分の間に入金が確認できる人もいれば翌日になったり。
    翌日10時を過ぎても「まだ入金されていない」と不安になる人も少なくなさそうです。
    できるだけ早く現金が手元に欲しいという場合は、ネットバンクを開設しておくのがよさそうです。
    ネットバンクなら15時以降でも振り込み可能なので即日入金されることも多いみたいですね。
    24時間、365日申し込み可能なのは便利なように思えますが、実際営業しているのは9時~20時までなので時間外に申し込んだ場合は入金がさらに遅くなるということは覚えておいた方がよさそうです。
    キャッシュラインでは高い換金率でクレジットカードの現金化を行うのことは難しそうですが70%前後の換金率だったとしても現金が手にできるということで急な出費に対応できるメリットはあります。
    キャッシュラインを利用している人の多くが当面の生活費や結婚式のご祝儀などの急な出費に対応するために利用しています。
    だから換金率が低くても利用して助かったと思う人は多いのでしょう。
    新しい会社なのでホームページに記載されている「リピート率ナンバーワン」の真偽は定かではありませんが、特に悪質な会社ではなさそうです。
    すごくお得というわけではないけれどトラブルに巻き込まれたりするリスクは低そうです。
    現金化を利用しなくてもスタッフさんと電話することやLINEで問い合わせだけすることもできますから、利用前には不安な点やよくわからないことなどは質問してすっきりしてから利用しましょう。
    聞きにくいことでもとことん追求して納得できるまで教えてもらいましょう。
    それがトラブルにならずに利用するための重要なポイントです。

    キャッシュラインの特徴

    キャッシュラインは住所のあるクレジットカード現金化会社というのが何よりの特徴だといえます。
    クレジットカード現金化会社には悪徳業者が潜んでいます。
    悪質な会社を利用してしまうと個人情報を流出されたり、出会い系サイトに勧誘されたり、最悪の場合はクレジットカード情報を盗まれてしまうことだってあります。
    悪質な会社の特徴として会社の住所を持っていないまたはホームページに記載されていないというものがあります。
    キャッシュラインは住所がホームページにしっかり記載されているので安心感がありますよね。
    安心できるクレジットカード現金化会社を探している場合は、住所の有無を確認してください。
    ただし、キャッシュラインの会社概要で気になるのが会社設立の時期についてです。
    ホームページでは2011年となっていて5年程度の実績があるということになりますね。
    でもドメイン取得日時を調べてみると2016年6月。
    本当はできて間もない新しい会社なのです。
    5年の差はとても大きく実績は安心感や会社の質にも関わってくるので、もし実績5年が嘘だったとしたら信用できないから利用しないという人もいるかもしれません。
    また、上半期は存在していなかったはずなのに、「上半期のリピート率ナンバーワン」とホームページに書かれているのもおかしいですよね。
    まだ新しい会社ですからリピート率が業界ナンバーワンになるのはちょっと無理があります。
    悪質なサイトではなさそうですが、ホームページの情報に矛盾があるのは気になるところですね。
    どこの業者も同じですがホームページに載っている口コミには良いことしか書かれていません。
    キャッシュラインも同じなので、ホームページに載っている口コミを鵜呑みにするのはやめましょう。
    本当の評判が知りたいなら、現金化業者のランキングサイドなど生の声を聞けるサイトを利用して口コミをチェックしてみてください。
    公式ホームページの情報は口コミだけでなく全体的に良く見せようとしすぎていますから、ホームページから受けるイメージの5割減くらいのサービス内容だと思っておいた方が良いかもしれませんね。
    キャッシュラインで現金化を利用するためには申込フォームに記入をしなければいけません。
    申込み時には運転免許所など写真付きの証明写真で本人確認をします。
    消費者金融ではお金を借りるためには審査に通らなければいけませんね。
    でもクレジットカードの現金化は煩わしい審査がなく、本人確認だけなのでとてもスムーズに申込することができます。
    キャッシュラインは申込だけなら24時間土日祝日も対応してくれるのも便利ですよね。
    申し込みが終わるとすぐに電話がかかってきます。
    電話応対がとても評判が良いものキャッシュラインの特徴で、初めてのクレジットカード現金化で不安な中でも安心して利用することができます。
    明るくはっきりとししゃべり方で必要なことは的確に教えてくれます。
    申込しなくても電話で問い合わせをすることができますが、申し込みをしないと詳しい換金率を教えたがらないことも多いようです。
    初回キャンペーンの適応についてや他社と検討していることなど、突っ込んだ話をすれば換金率を引き上げられるという裏技もあるので少しでも換金率を上げるためには電話中の交渉が重要です。
    また、キャッシュラインの大きな強みとしてLINEで問い合わせすることができるというものがあります。
    インターネットのサイトを利用することがあまりない人にとってネット上だけのやりとりだと不安になることって結構多いもの。
    普段通りの連絡手段で気軽に問い合わせができるというのはかなり魅力的ですよね。
    実際キャッシュラインを利用したことがある人の中でもLINEが使えたのは便利だったと感じている人が多いようです。
    クレジットカードの現金化に緊張感を持っている人もLINEなら気軽に利用できそうですよね。
    申込をしなくても問い合わせだけでもLINEを利用できるのでおすすめです。
    クレジットカード現金化をするときに一番気になるのが換金率だと思います。
    キャッシュラインは換金率も高くたくさんの人がホームページに記載されている換金率を参考に現金化する会社を選ぶでしょう。
    ただ、記載されている換金率で現金化できるケースは少ないのが現状。
    キャッシュラインも実際の換金率は大分低くなります。
    70%程度の換金率が一般的なので初めて利用したときにはがっかりしてしまうかもしれません。
    また、換金率をアップするために効果的なのが各種キャンペーンですがキャッシュラインはキャンペーンはあまり行っていません。
    唯一換金率が5%アップする初回キャンペーンがありますが、初めての現金化で換金率がアップするというものではなくて、初回に特典が付与されて次回以降に使えるというものです。
    初回キャンペーンと聞くと初回利用時に適応されると思う人がほとんどでしょうからちょっとだまされた感じがしてしまいますが、また利用する可能性がある人にとっては換金率が5%もアップするのは嬉しいキャンペーンだといえます。
    現金化の方法については、各社似ているようで色々なのですが、キャッシュラインの現金化の方法には、少し疑問が残ります。
    クレジットカードの現金化のしくみは、現金化会社に指定された商品を購入してそれを買い取ってもらい、現金の振り込みをしてもらうというものです。
    いったん商品を購入して、手元に届いた所有権のある商品を会社に郵送するという手間が必要になることが多いのですが、キャッシュラインは「商品が手元に届いてから郵送する」という段階がありません。
    キャッシュラインが指定しているオンライインサイトで購入するように指定され、購入すると商品は手にしないまま現金の振り込みがあるのですが、これでは商品がちゃんと到着しているのかどうかわかりませんよね。
    ただキャッシュラインからお金を借りたというような形になるので原則的には「買い取り方式」とは言えません。
    商品自体存在しているかどうかも定かではないのでちょっと怪しい気もしますよね。
    アマゾンギフト券を購入して、それを買い取ってもらうという方法もあるのでそちらの方が購入したものが明確で安心できるかもしれません。
    キャッシュラインは住所のある数少ない現金化会社で、ホームページには堂々と悪徳業者利用の警告文が載っています。
    ギフト券の買取もしていますし、換金率も記載されているものよりは20%ほど下がりますが相場とほとんど変わりません。
    電話応対にも定評がありますし、現金が振り込まれないなどの口コミも目にしないので悪質な会社でないことは確かでしょう。
    ただ、ホームページに記載されている内容の審議が定かではないことと現金化の方法に疑問が残ることから、ほぼ安心して利用できるけれど100%信頼できるかどうかといえば怪しいところです。
    クレジットカード現金化会社にはたくさんの種類がありますからそれぞれの特徴をチェックしてより安心できる現金化業者を選びましょう。
    どこを選べばよいのかわからないと悩んでしまう人もいるかもしれませんがいくつかの業者をじっくり比較してみると本当に安心して利用できる現金化業者を見抜くことができるようになります。
    クレジットカードの現金化は業者選びに失敗すると詐欺の被害にあう可能性もあるので、安全性の高さを一番に優先して選んでくださいね。