買い物をする女性

2019年10月からの消費税増税に伴い「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートしたことで、キャッシュレス決済の普及が一段と進みつつあります。

しかし、続々と登場する新しい決済サービスやポイント還元制度の複雑さに、混乱している人は多いことでしょう。

当記事では、「キャッシュレス・ポイント還元事業」でポイントが還元される仕組みを解説するとともに、今注目のキャッシュレス決済サービスを一覧で紹介していきます。

キャッシュレス決済でポイント還元が行われる仕組みとは?

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業

2019年10月1日からスタートした「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、消費税増税(8%→10%)に伴う消費者の負担を軽減することを主目的に、経済産業省が主導で進めている事業です。

事業の内容は、2019年10月~2020年6月までの9ヶ月間に限り、対象店舗でキャッシュレス決済を行った人に2%~5%のポイントを還元するというものです。
政府はこの事業によって、2020年の東京オリンピックにおけるインバウンド消費(訪日外国人観光客による消費)拡大に備え、キャッシュレス決済の普及を促進することを目指しています。

ポイント還元を受ける方法は?

ポイント還元を受けるには、銀行やIT企業などの決済事業者が提供する「キャッシュレス決済」を利用し、対象店舗で買い物をする必要があります。

キャッシュレス決済とは、現金を使わずに支払いができる電子的な決済手段のことで、主に以下の2種類の形態があります。

形態 決済の仕組み 決済サービスの例
カード型 磁気ストライプまたは
ICチップがついているカードを
店頭の専用端末で読み取る
銀行や企業が発行するクレジットカード・
デビットカード・プリペイドカードなど
アプリ型 スマホアプリに表示されたコード
(バーコードまたはQRコード)を
店頭の専用端末で読み取る、
または店頭で掲示しているコードを
スマホアプリで読み取る
PayPay、楽天ペイ、LINEペイ、
メルペイ、セブンペイ、ファミペイなど

上記の決済サービスを利用し、対象店舗でキャッシュレス決済を行うと、決済金額(税込み金額)の最大5%分のポイントが自動的に還元されます。

ポイントの最大還元率は、お買い物をする店舗の種類によって以下のような違いがあります。

店舗の種類 最大還元率 店舗の例
中小企業・個人が経営する店舗 5% 八百屋、電器店、理容・美容店、
書店、居酒屋など
大手企業が経営するチェーン店・
フランチャイズ店
2% コンビニ、レストラン、
ファストフード店、ガソリンスタンドなど

※大手企業が経営する大型店舗(大型スーパーや大手百貨店など)や駅構内のコンビニなど、一部の店舗はポイント還元事業の対象外です。

決済サービスによっては、「ポイントを加算する」という方法以外にも、以下のような還元方法が取られる場合があります。

  • 決済時に支払い金額からポイント還元分の金額を値引きする
  • 銀行口座引き落としの際に、引き落とし額からポイント還元分の金額を割り引く(後払い方式の場合)
  • ポイント還元相当額の現金を銀行口座に振込む

※交通系電子マネー(SuicaやPASMO)など一部の電子マネーについては、ポイントを受け取るために事前登録などの手続きが別途必要です。

ポイント還元事業の財源と仕組みは?

woman
ポイント還元事業の財源は、「キャッシュレス決済事業者(決済サービスを提供する事業者)に対する政府の補助金」という形で捻出されています。
ポイント還元事業の予算額は約2,700億円で、1日あたり約10億円分のポイントが消費者に還元されています。

「キャッシュレス決済でポイントがもらえる」というのは、厳密には「政府の予算がキャッシュレス決済事業者を介し、消費者にポイントとして還元される」ということになります。

キャッシュレス決済によってポイント還元が行われる実際の流れは、以下の通りです。

  1. ①消費者が対象店舗でキャッシュレス決済を行います。

  2. ②キャッシュレス決済事業者がポイント原資を一時的に負担し、消費者に対してポイント還元を行います。

  3. ③後日、キャッシュレス決済事業者は政府に対して、ポイント還元相当額の補助金を申請します。

例えば、人気のクレジットカード「楽天カード」を利用してキャッシュレス決済を行った場合、消費者にポイントの付与を直接行うのは「楽天カード株式会社」という決済事業者です。

この場合、付与されるポイントの種類は「楽天ポイント(楽天グループで1ポイント=1円として使えるポイント)」になります。
後日、楽天カード株式会社は政府に対して、ポイント還元相当額の補助金申請を行います。

以上のように、還元されるポイントの種類や還元の方法は、利用する決済サービスによって異なります。

決済サービス独自のポイント還元もある

政府からのポイント還元に加え、決済事業者が各々独自で実施しているポイント還元を受けることもできます。

例えばスマホ決済アプリ「PayPay」の場合、政府によるポイント還元とは別に、常時1.5%のポイント還元があります。
ポイント還元事業とPayPay独自のポイント還元を合わせると、最大6.5%のポイントを貯めることができます。

ポイント還元の仕組みに関するQ&A

物事を考えている男性

キャッシュレス・ポイント還元事業におけるポイント還元の仕組みに関して、よくある疑問をQ&A形式でまとめます。

ポイント還元を受けられるお店はどうやって探す?

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗には、目印として経済産業省が発行するポスターが掲示されています。
ポスターを見ると、その店舗でのポイント還元率(2%または5%)と対応している決済手段が分かります。

また、政府公式のスマホアプリ「ポイント還元対象店舗検索アプリ」を使うと、以下の機能によって近くの対象店舗を簡単に探すことができます。

  • GPS機能を利用し、近くの対象店舗を地図上に表示する
  • 条件(店舗の業種や支払い方法など)を設定して店舗を絞り込む
  • キーワードを入力して店舗を検索する
どんな買い物がポイント還元の対象になる?

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗であれば、おおむね全ての商品・サービスに対してポイント還元が行われます。

ただし、以下の商品・サービスに関しては、ポイント還元の対象外になります。

  • 消費税が非課税の商品・サービス(病院の治療費、家賃、学校の授業料、寄付金など)
  • 金券類や金融商品(商品券、切手、株式、外国為替など)
  • すでに減税が実施されている商品(車や住宅など)
ポイントが還元されるタイミングはいつ?
決済サービスによって、実際にポイント還元が行われるタイミングにはバラつきがあります。
ですが、各決済サービスのポイント還元の方法によって、還元が行われるタイミングをある程度推測することができます。
還元の方法 還元が行われるタイミング
ポイントを加算する 決済の翌月~翌々月(目安)
ポイント還元相当額を決済金額から値引きする 即時
後払いの請求金額からポイント還元相当額を相殺する、
または銀行口座にポイント還元相当額の現金を充当する
決済の翌月~翌々月(目安)
ポイント還元額に上限はある?
ほとんどの決済サービスには、決済1回あたりまたは1ヶ月あたりのポイント還元に上限があります。
ポイント還元の上限額は、決済1回あたり2,000円~5,000円分、1ヶ月あたり15,000円~30,000円分というのが平均的な還元額です。
還元されたポイントの有効期限はいつまで?
ポイントの有効期限は、決済サービスによって数ヶ月~1年以上と幅があるので、詳細は各サービスの細則を確認してください。
決済のタイミングでポイント還元分を自動的に値引く方式なら、ポイントが勝手に消費されるので有効期限を気にする必要はありません。
貯めたポイントの現金化はできる?
住信SBIネット銀行の「スマプロポイント」など一部の例外を除いてほとんどの決済サービスでは、ポイントを直接現金に交換する手段が公式に用意されていません。
しかしポイントがある程度貯まってくれば、そのポイントで換金性の高い商品(金券類やブランド品など)を購入して転売すると、簡単に現金化できます。
ただし、換金性の高い商品を現金化目的で購入すると、決済サービスの利用規約違反になる可能性が高いので、自己責任で行いましょう。

ポイント還元事業対象のキャッシュレス決済アプリ一覧

スマホでキャッシュレス決済

キャッシュレス決済を便利に使いこなすには、カードを沢山持ち歩かなくてもスマホ一台あれば十分です。

ポイント還元事業のスタートを機に利用者が激増した「スマホ決済アプリ」を使えば、スマホだけで手軽に決済ができる上に、クレジットカードや電子マネーなどいくつもの決済手段をまとめて管理できます。

2019年現在、20~30社もの決済事業者が競い合ってスマホ決済アプリをリリースしているので、どのアプリを使うか迷ってしまうのではないでしょうか?

ここからは、主要なスマホ決済アプリの特徴やメリット・デメリットを一覧で紹介していきますので、アプリ選びの参考にしてください。

※「ポイント還元率」については、キャッシュレス・ポイント還元事業による還元分(2%~5%)を除いた、決済アプリ独自の還元率を記載しています。
※各決済アプリのサービス内容等は2019年11月時点の情報で、今後変更される可能性があります。

LINE Pay

LINE Pay

無料通話・メールアプリ「LINE」との便利な連携機能がついている決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%~2%
決済方法 QRコード決済、非接触決済(QUICPay対応)、
オンライン決済、LINEPayカード(プリペイドカード)
利用可能店舗数 約100万店舗
メリット

利用金額に応じてポイント還元率がアップする(最大2%)

全国のJCB加盟店で使えるプリペイドカード「LINEPayカード」を無料で発行してもらえる

LINEでつながっている友達同士で手軽に送金や割り勘ができる

デメリット

クレジットカードによるオートチャージに対応していない

楽天ペイ

楽天ペイ

国内大手通販サイトの「楽天市場」で有名な楽天グループが提供する決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%
決済方法 バーコード決済
利用可能店舗数 約120万店舗
メリット

楽天カードでチャージすると楽天ポイントの二重取りができる

店頭決済に限らず幅広い通販サイトのオンライン決済に使える

キャッシュレス決済時に楽天ポイントを利用できる

デメリット

VISAとMasterCard以外のクレジットカードではチャージができない(楽天カードでチャージする場合は全ての国際ブランドに対応)

通信状態が悪いとアプリの動作が遅くなることがある

PayPay

PayPay

「PayPay」はサービス開始から1年弱でユーザー数2,000万人を突破するほどの勢いがあり、現在最も注目度の高い決済アプリです。

ポイント還元率 1.5%
決済方法 QRコード決済、バーコード決済、オンライン決済
利用可能店舗数 約150万店舗
メリット

利用可能店舗数はスマホ決済アプリの中でトップクラスの多さ

「10%還元」「20%還元」などのお得なキャンペーンを定期的に実施している

ポイント還元率が高い

デメリット

本人確認が未完了の場合、クレジットカードの利用上限額が低い(1ヶ月で上限5,000円、Yahoo!カードの場合は決済不可)

pring(プリン)

pring

「pring」は、ユーザー同士の送受金やチャットによる「お金のコミュニケーション」に重点を置いたユニークな決済アプリです。

ポイント還元率 なし
決済方法 QRコード決済、オンライン決済
利用可能店舗数 約2万店舗
メリット

チャットでコミュニケーションしながらユーザー同士で気軽に送受金できる

1円単位で即座に送金できるので割り勘がスムーズに行える

送金手数料と出金手数料が無料

デメリット

利用可能な店舗が少ない

ポイント還元がない(ポイント還元事業による還元を除く)

d払い(docomo払い)

d払い(docomo払い)

携帯キャリアのdocomoが提供する「d払い」は、ドコモユーザーに特におすすめの決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%~1%
決済方法 QRコード決済、バーコード決済、非接触決済(iD対応)、オンライン決済
利用可能店舗数 約10万店舗
メリット

ドコモユーザーなら携帯料金と合算して後払いができる

「dカード(クレジットカード)」「dポイントカード」との併用で、ポイントの重ね取り(最大3重取り)ができる

d払い加盟店で割引クーポンが利用できる

デメリット

利用可能店舗数が少なめ

利用料金を携帯電話との合算で支払う場合、ポイントの重ね取りができない

モバイルSuica

モバイルSuica

「モバイルSuica」は、JR東日本の交通系ICカード「Suica」をスマホで利用できる決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%~2%(鉄道利用時のみ)
決済方法 非接触決済、オンライン決済
利用可能店舗数 約60万店舗
メリット

公共交通機関をタッチ&ゴーでスムーズに利用できる

新幹線の切符を割引価格で購入できる

クレジットカードの種類によってはチャージだけでポイントが貯まる

デメリット

JR東日本の鉄道利用時以外ではポイント還元がない

ポイントを受け取るにはポイントサイト「JREPOINT」への会員登録が必要

ORIGAMI Pay(オリガミペイ)

ORIGAMI Pay

ITベンチャー発の決済アプリ「オリガミペイ」は、他社アプリに先駆けいち早くリリースされたアプリで、リリース以降、順調に加盟店舗数・ユーザー数を増やしています。

ポイント還元率 1%~3%
決済方法 QRコード決済、バーコード決済
利用可能店舗数 約140万店舗
メリット

対象店舗でのお買い物がいつでも2%割引になる

頻繁に割引クーポンが配布される

事前のチャージが不要(銀行口座からの即時引き落とし)なので、残高不足に陥る心配がない

デメリット

利用可能店は中小規模の店舗が多い

VISAとMasterCard以外のクレジットカードではチャージができない

メルペイ

メルペイ

「メルペイ」は、人気フリマアプリ「メルカリ」との便利な連携機能がついた決済アプリです。

ポイント還元率 なし
決済方法 QRコード決済、バーコード決済、非接触決済(iD対応)、オンライン決済
利用可能店舗数 約130万店舗
メリット

銀行口座からチャージできるので、クレジットカードの登録が不要

メルカリの売上金を店頭での買い物に即時利用できる

デメリット

ポイント還元がない(ポイント還元事業による還元を除く)

クレジットカードによるチャージに対応していない

J-coin Pay(ジェイコインペイ)

J-coin Pay

みずほ銀行が提供する「J-coin Pay」は、約60行の提携先銀行で気軽に入出金が行える決済アプリです。

ポイント還元率 なし
決済方法 QRコード決済
利用可能店舗数 非公開
メリット

銀行口座からのチャージ・銀行口座への出金ともに手数料が無料

個人間の送金手数料が無料

デメリット

ポイント還元がない(ポイント還元事業による還元を除く)

クレジットカードによるチャージに対応していない

QUOカードPay(クオカードペイ)

QUOカードPay

「QUOカードPay」は、QUOカードのデジタル版で、簡単にギフトカードを支払いに使える決済アプリです。

ポイント還元率 なし
決済方法 QRコード決済、バーコード決済
利用可能店舗数 非公開
メリット

デジタルギフトのURLを開くだけですぐに支払えるのでアプリが不要(専用アプリをダウンロードすればより便利な機能が使える)

現金との併用で支払いができる

デメリット

ポイント還元事業の対象外である

ポイント還元がない

りそなウォレットアプリ

りそなウォレット

「りそなウォレットアプリ」は、りそな銀行口座との連携機能がついたスマートな決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%(りそなVISAデビットカードと連携した場合)
決済方法 QRコード決済、バーコード決済
利用可能店舗数 非公開
メリット

「口座即時決済(即時引き落とし)」機能を利用すれば、チャージ不要で支払いができる

口座残高が不足している場合でも、後払いサービスですぐに支払いができる

りそなウォレット加盟店の割引クーポンを利用できる

デメリット

「りそなカード」以外のクレジットカードによるチャージに対応していない

au PAY

au PAY

「auPAY」は、携帯キャリアのauが提供する決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%~1.5%
決済方法 QRコード決済、バーコード決済
利用可能店舗数 約100万店舗
メリット

「auかんたん決済」の利用で、携帯電話料金と合算して支払いができる

「じぶん銀行」口座を登録すると便利な機能が増える(ユーザー同士の送受金、オートチャージなど)

デメリット

MasterCard以外のクレジットカードではチャージできない

「じぶん銀行」以外の銀行口座を登録できない

ゆうちょPay(日本郵政)

ゆうちょPay

ポイント還元率 なし
決済方法 QRコード決済
利用可能店舗数 約1万店舗
メリット

「即時口座決済(即時引き落とし)」機能により、チャージ不要ですぐに支払いができる

ゆうちょPay加盟店の割引クーポンを利用できる

デメリット

利用可能店舗数が少ない

ポイント還元がない(ポイント還元事業による還元を除く)

ファミペイ

ファミペイ

「ファミペイ」は、全国約2万店舗のファミリーマートで使える決済アプリです。

ポイント還元率 0.5%
決済方法 バーコード決済
利用可能店舗数 約2万店舗
メリット

ファミリーマートの割引クーポンが利用できる

通販サイト「Kaema」で利用するとほぼ全ての商品が割引になる

デメリット

全国のファミリーマートと通販サイト「Kaema」でしか利用できない