「クレジットカードを現金化すると、自己破産ができなくなる」
「カード会社に現金化がばれて、カードが利用停止になった」

そんな話を、聞いたことはないでしょうか?
現金化業者による詐欺も怖いですが、業者に騙されなかったとしても、後々このようなリスクが待ち受けていることは無視できない問題です。
カード現金化を行った後のリスクとはどの程度のものか、リスクを避けるために気をつけることなどを、詳しく説明します。

自己破産できない理由

空になった財布

まず、クレジットカード現金化をすると本当に自己破産できなくなるのか、という問題から見ていきましょう。
実際に大半のケースでは、自己破産ができなくなっています。

それは、クレジットカード現金化が「免責不許可事由」に該当するからです。
免責不許可事由の「免責」とは、借金などの債務を返済する義務を免れるということです。
裁判所によって、正当な事由が認められた場合のみ、免責が与えられて自己破産を行うことができます。

借金の種類によっては自己破産が認められないことがあり、それを「免責不許可事由」と呼びます。
免責不許可事由には、高額のブランド品購入やギャンブルなど浪費が理由の借金をはじめ、クレジットカード現金化を含む換金行為も該当しています。

自己破産ができないということは、借金をゼロにすることができず、苦しい返済が待っています。
特にカード現金化の利率は、通常の数倍~数十倍にもなるので、返済は一層大変になるでしょう。

黙っていれば裁判所にバレないか?

天秤と木槌

「現金化を利用したことを隠し通して、裁判所にバレなければ、免責不許可事由を免れることができる!」と考える人もいるでしょう。
自己破産手続きに必要な、免責不許可申立書に記入する項目では、「カードを換金目的で利用したか?」を問われます。
ここで嘘を書いてしまえば、意外にあっさりと自己破産ができるケースもあります。
カード利用明細の提出は求められないので、嘘をつくのは容易といえます。
裁判所ではそれ以上の追求は難しいので、バレない可能性は十分にあるでしょう。

安易な自己破産はおすすめできない!

空になった財布とクレジットカード

黙っていればバレない可能性があるとはいえ、安易に自己破産をすると、借金は無くなっても大きなデメリットが伴います。
なぜなら、自己破産をすると信用機関のブラックリストに登録されて、新たにカードやローンの申込みをすることができなくなってしまうからです。

カード現金化に手を出すほどの人は、おそらく自己破産後も、借金を必要とする機会が何度となくあるでしょう。
しかし、クレジットカードやローンを当たり前のように利用してきた人は、自己破産後はそれらに制限がかかり、とても苦しい思いをすることになります。

「家や車を買いたいけど、ローンが組めない。」
「お金に困っているけど、借りるあてがない。」
このように、自己破産で一時はラクになっても、後で不便な生活が待っているのです。

なので、簡単に自己破産で解決しようと考えず、今はつらくても借金を何とか返済する手段を講じるのがおすすめです。
今ある借金を返済できさえすれば、これまで通り、キャッシングやローンを支障なく利用することができます。

こんなときに解約させられる!

キャンセルになった書類

自己破産のリスクと並んで怖いのが、現金化がカード会社に発覚すると、強制的に解約させられるリスクです。
現金化は当たり前のように利用されているサービスですが、あくまで法律に違反していないだけのグレーゾーンの商売なので、カード会社が現金化を認めているわけではありません。

借金をするなら素直にカードのキャッシング枠を利用すれば、過度会社の規約に違反するリスクはありません。
しかし、カードのキャッシングは翌月には一括返済しなければならないというデメリットがあります。
なので、分割返済ができるショッピング枠を、何とか現金化したいというニーズが多いのです。

カードを強制解約させられるのは、金券類を購入して換金したケースが圧倒的に多いです。
特に、新幹線の回数券を現金化する行為は、公務員が副業法違反で懲戒処分されたニュースで有名になったため、カード会社が鋭く目を光らせています。

恐ろしいのは、現金化に使用したカードが使えなくなるだけにとどまりません。
規約に違反した罰則として、現金化に利用した額も含め、これまでの利用料金を、一括で返済するように求められます。

ショッピング枠の利用明細はカード会社に筒抜けなので、裁判所が相手のときのように、上手く隠し通すのは無理な話です。
金券類を何度も購入した履歴や、多額の決済をした履歴があると、すぐに足がついてしまうでしょう。
なので、金券類を介する手段は絶対に避けて、それ以外の商品購入を介して現金化できる業者を選びましょう。

こんな商品にも要注意!

金券類以外にも、カード会社は換金性の高い商品をリスト化して、厳しくチェックしている場合があります。
換金性の高い商品とは、例えば次のようなものが挙げられます。

  • 人気ブランド品
  • (バッグ、アクセサリー、時計など)

  • パソコン、ゲーム機などの家電類(特に最新型)

このような商品を購入してから買い取る方式の業者は、要注意です。
自分で転売するやり方でも、当然ショッピング履歴は残るので、カード会社にばれるリスクは依然としてあります。
それに、自分で転売を頻繁に行っていると、扱う商品や職業によっては法律に違反する危険性が高まります。

「業者の買い取りだと、20~30%も手数料が取られて損!」と考えて、自分で転売したくなる気持ちもあるでしょう。
しかし、自分が法律に違反するリスクを犯すよりは、上手く隠れている業者に任せたほうが安全なのです。

現金化業者を介するとバレにくい!

クレジットカードの利用明細

キャッシュバック方式の現金化業者なら、業者の用意する商品を介しての取引になるので、明細を誤魔化しやすくなります。
カード会社から利用明細のチェックが入っても、一般的な商品売買にしか見えないので、規約違反を追求しにくくなります。
業者の販売する商品は、換金性が高くない商品なので、カード会社の要注意リストには引っかかりません。

また、業者から現金を振り込まれる際も、キャッシュバックという合法な形式になっているので、安心して利用できます。
キャッシュバックは、過大な特典・景品つきで購入を促す販売形式とは似ているようで全く異なるので、景品表示法に問われることもありません。
このため、現金化業者の間では安全性の高いキャッシュバック方式が主流となっています。

「現金化業者のサイトでカード決済を行うには、カード会社への加盟が必要なはずだけど、それは大丈夫なの?」と、鋭い人は気がつくでしょう。
現金化業者は、自社サイトでカード決済を行うために、決済代行会社と契約をしています。
カード会社との間にワンクッションあることで、決済代行会社の協力もあり、上手く隠されているのです。
なので、業者のサイトでも怪しまれることなく、安全に決済を行えるというわけです。

まとめ

自己破産ができなくなる他、カードが利用停止になってブラックリスト入りするなど、現金化には危険な側面があることを承知した上で利用するべきです。

  • 現金化で使った分は、きちんと返済できる目処が立っている
  • カード会社への発覚を防ぐため、現金化の手段は慎重に選ぶ

このような人のみ、最後の手段として現金化を利用することを推奨します。