クレジットカード現金化は電話連絡なしでもできる?

「急に現金が必要になったが、現金の持ち合わせがない。」
「給料日までまだ間があり、銀行口座は残高ゼロで、使えるのはクレジットカードのみ。しかし、クレジットカードのキャッシングは限度額いっぱい借りており、これ以上借り入れができない…。」

そんな時に便利なのが、クレジットカードのキャッシング枠を使った現金化です。

クレジットカードの現金化には、買取り方式とキャッシュバック方式がありますが、キャッシュバック方式であればわざわざ店舗に行かなくてもネットで申し込めるので、入金までの手続きが簡単で、手続きがスムーズに進めば即日入金してもらうことができます。

現金化の手続きでは、申し込み後に業者から確認の電話がかかってきます。
しかし、仕事中で電話に出られない方はいるでしょうし、職場で、あるいは家族がいる前で電話に出て現金化が知られるのは困るという方もいるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化はネットで簡単にできるのだから、電話連絡なしでも利用できるのではないかという疑問を持たれている方もいらっしゃるかも知れません。

そこで今回は、電話連絡なしで現金化をする方法とその際の注意点を紹介します。

電話連絡なしで現金化する方法とは?

電話連絡なしで現金化する方法とは?
クレジットカードをキャッシュバック方式で現金化するための、一般的な手続きの流れを紹介します。

キャッシュバック方式の手続きの流れ

  1. クレジットカード限度額の残高確認

    現金化に使うクレジットカードのショッピング枠がいくら残っているか確認します。
    ショッピング枠の残高がいくらあるかは、毎月送られてくる利用明細書やクレジットカード会社のホームページのマイページで確認することができます。沢山買い物をしてショッピング枠の残高を使い切ってしまっていたら、次の引き落とし日に代金が引き落とされてショッピング枠に空きができないと現金化はできません。

  2. 現金化業者の決定

    口コミサイトや現金化業者比較サイトなどを参考にして、評判の良い業者を選びます。

  3. 申し込み

    申し込みは業者のホームページから行います。
    氏名、連絡先、メールアドレス、希望金額、利用するクレジットカードの種類、ショッピング枠残高、電話連絡可能な時間帯などを入力して申し込みます。
    また、「当社が貸金業ではないことを知っていますか?」というような確認項目がありますのでチェックを入れます。
    もし、電話連絡を望まないという方は、備考欄に「電話連絡はしないでメールのみで手続きをお願いします」というように希望を記載しましょう。

  4. 電話確認・本人確認

    電話連絡可能な場合は折り返し確認の電話がかかってきます。そこで、換金率や業者のホームページのどの商品を購入すれば良いかなどの説明があります。
    電話連絡を希望しなかった場合はメールで連絡が届きます。それ以降もメールでやり取りを行います。電話連絡なしの取引は行わないという方針の業者もありますので、「電話連絡なしでのお取引はできません」と断りのメールが来る場合があります。この場合、他の業者を探し、再度続きをし直す必要があります。
    取引を続ける場合は、業者の指示に従って「本人確認書類(両面)の写メ」と、「本人確認書類を持った自撮り写真」を送付します。

  5. クレジットカードで商品購入

    業者のショッピングサイトから、指定された商品をクレジットカード決済で購入します。この時、クレジットカード番号やセキュリティコードを聞いてきたり、クレジットカードの両面コピーを求めてきたりする業者には注意が必要です。
    クレジットカードの情報をセキュリティコードも含めて知られてしまうと、不正利用をされる危険があります。
    SSL方式の決済システムを使っている業者であれば、クレジットカード情報が業者に知られることはありませんので安心です。

  6. 入金確認

    商品を購入したことが確認されると、業者からキャッシュバックとして指定の銀行口座に現金が振り込まれます。利用者側がネットバンク口座を振込先に指定すれば、土日でも即日反映されて現金を下ろすことが可能です。

  7. 商品受け取り

    購入した商品が送られてきますので、受け取ります。

  8. 商品代金引き落とし

    クレジットカード引き落とし日に購入代金が引き落とされますので、それまでに現金を用意しておきます。

なぜ本人確認、電話確認が必要なの?

本人確認は、利用者が他人のクレジットカードを不正利用していないかを確認するために必要な手続きです。

利用者は運転免許証など本人確認書類(両面)の写メと、本人確認書類を持った自撮り写真を送り、業者は送られてきた身分証明書の名前とクレジットカードの名前が同じであるか、身分証明書の顔写真と自撮り写真の顔が同じであるかを確認します。

電話連絡は、電話オペレーターが直接電話をして利用者と話すことで、申し込みが確かに利用者本人からのもので、連絡先に嘘偽りがないかを確認するために行われます。

商品は受け取らないとだめなの?

キャッシュバック方式の現金化は、商品購入代金から手数料を引いた分がキャッシュバックとして現金化されます。

たとえば、10万円を85%の換金率で換金すると、キャッシュバック額は8万5千円で手数料は1万5千円です。

業者の利益は、手数料から商品原価や送料などの経費を引いた金額になりますので、送られてくる商品は、100円ショップで売っているような、金額に見合う商品ではありません。

場合によっては動画のダウンロードなどの場合もあります。

「現金化が目的だし、そんなものは不要。送らなくていい」と思われるかもしれませんが、業者からの商品は必ず受け取りましょう。

というのも、ここで業者が商品を送り、購入者が受け取らなければ、現金化のために行われた行為が商取引ではなく、単なる借金になってしまいます。

もし、この取引が借金とみなされた場合、現金化業者は貸金業者とみなされ、貸金業法違反、出資法違反などに問われてしまいます。

現金化を電話連絡なしで行うメリットとデメリット

現金化を電話連絡なしで行うメリットとデメリット
現金化を電話連絡なしで行うメリットは、家族や会社に知られる心配がないということです。

業者からの電話が職場に、あるいは家族と一緒にいる時にかかってくると、電話のやり取りを聞かれて現金化をしようとしていることがバレてしまう可能性があります。

電話連絡なしでメールだけの取引であれば、自分以外の人に知られる心配がありません。

また、個人情報の漏洩で様々なリスクが想定される中、できるだけ相手に知らせる個人情報は少なくしたいという考えはもっともなことです。

電話連絡なしなら、電話番号を知らせる必要はありませんので、これもメリットと言えるでしょう。

一方、電話連絡なしで現金化を行うことには、次のようなデメリットがあります。

手続きに時間がかかる

電話なら簡単に行える確認ですが、メールで行うとやり取りに時間がかかりタイムロスが生じます。

業者によっては、「最短10分で入金可能」などという宣伝をしていますが、メールで手続きを行うと、それよりも時間がかかってしまいます。

また、業者にとっても電話連絡可能な利用者の方が、スムーズに手続きが進んで好都合です。
繁忙期などは、電話連絡なしの利用者の手続きは後回しにされてしまう可能性もあります。

悪徳業者の詐欺などトラブルに遭う可能性がある

実店舗がなくても営業ができるキャッシュバック方式の現金化業者は、ホームページを閉鎖されてしまったら連絡がつかなくなります。

悪徳業者に関わって問題が起きた時に連絡先がわからなかったり、控えておいた電話番号にかけても使われていない番号だったりすると、泣き寝入りするしかありません。

電話連絡ありで申し込み後に業者から電話連絡があれば、先方の電話番号の着信履歴が残りますので、利用者側も万が一の時のための業者の連絡先を控えておくことができます。

電話連絡なしの現金化を安全に行うためには?

どうしても電話は困るという方が、電話連絡なしで安全に現金化を行うには、どのような点に注意したらいいでしょうか。

優良店を利用する

電話連絡なしで利用できる業者の中には、会社の情報を公開せず、何か問題があったらホームページを閉鎖して雲隠れしてしまう業者が混ざっている可能性があります。

可能な限りの業者チェックを行い、優良店を探し出してトラブルを避けるようにしましょう。

時間に余裕を持って行う

電話連絡なしで現金化する手続きは、電話連絡可能な利用者の手続きよりも時間がかかりますので、現金化を急いでいる時はおすすめできません。時間に余裕を持って申し込みをするようにしましょう。

電話番号など連絡先を公開していない業者は選ばない

電話番号を教えたくないという理由で電話連絡なしの取引を選んだとしても、業者を選ぶ際にはホームページに電話番号や本社所在地など会社情報をきちんと表示している業者を選びましょう。

電話連絡なしでも本人確認を行う業者を選ぶ

個人情報の漏洩を心配して電話連絡なしの現金化を選ぶ方の中には、身分証明を提出するのも嫌だ、本人確認もしたくないと考える方がいます。

しかし、電話連絡なしの上、本人確認なしで現金化を引き受ける業者は、顧客が他人のクレジットカードを不正使用していても問題にしないということですから、明らかにおかしな業者です。

商品だけ購入させて、キャッシュバックはせず、商品代金をまるまる騙し取ろうとする悪徳業者かもしれません。
電話連絡なしの業者を選ぶ場合でも、本人確認を行う業者を選ぶようにしましょう。

初回の1度だけ、電話連絡可能にする

電話確認は困る、面倒と思っている方も、できれば初めての取引だけは電話連絡可にしましょう。

電話連絡は初回取引の1回のみで、2回目からは電話連絡不要という業者は多いので、1度だけ電話に出れば、2回目からは電話連絡なしでスピーディーに換金できますし、換金率アップなどのリピーター特典が用意されていることもあります。

現金化は優良店を選べば、電話連絡ありでも個人情報が盗まれるという心配はありません。個人情報を流用されるのが心配な方は、口コミや現金化業者比較サイトなどを参考にして、信頼できる業者を選んで利用しましょう。