今すぐ現金化!給料をファクタリングで前借りする方法

ファクタリングは中小企業の資金調達サービスとして知られていますが、個人でも手軽に資金調達可能な方法があります。

それは「給料(給与)ファクタリング」というサービスです。
給料ファクタリングとは、「ファクタリング業者が個人の給料の前借りをサポートしてくれるサービス」のことです。

給料ファクタリングを利用すれば、今すぐにお金が必要な場面(例:「給料日前に生活費が足りなくなった」「冠婚葬祭や入院・介護等で急な出費が重なった」など)で、現金をスピーディーに調達できます。

当記事では、給料ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット、利用方法などを、初心者向けにやさしく解説しています。

また、土日でも即日で現金を調達したい人向けに、おすすめの給料ファクタリング業者を厳選して紹介します。
※個人であれば給料日前(会社であれば売掛金の回収期日前)に資金を確保する事が出来る。

給料ファクタリングとはどんな仕組み?

給料ファクタリングとはどんな仕組み?

まずは、給料ファクタリングの基本的な仕組みや、メリット・デメリットについて説明します。

一般的にファクタリングといえば、「企業の売掛債権(企業が販売した商品・サービスの代金を受領する権利)をファクタリング業者が買取り、現金化するサービス」のことを指します。

給料ファクタリングの場合は、個人が給料の支払いを受ける権利を「債権」とみなし、ファクタリング業者が給料を債権として買い取るという仕組みです。

個人が勤務先と直接交渉して給料を前借りしようとしても、労働基準法が定める緊急事態(災害や病気による出費など)に該当しない限り、前借りを認めてもらうのは非常に困難です。

ですが、給料ファクタリング業者を利用すれば、勤務先の同意なしでも給料債権をスムーズに現金化することが可能です。

給料の前借り交渉がうまくいかない人や、勤務先とのトラブルを避けたい人は、一度給料ファクタリング業者に相談してみましょう。

給料ファクタリングの取引方法は2つある

給料ファクタリングの取引方法は、「2者間ファクタリング」と「3者間ファクタリング」の2つあります。

申込み者は自身のニーズに応じて、どちらの方法で取引を行うか選択することができます。(※ファクタリング業者によっては、いずれか1つの取引方法しか選べないことがあります。)

以下より、各取引方法の仕組みとメリット・デメリットを述べていきます。

【2者間ファクタリング】

2者間ファクタリングは、ファクタリング業者と申込み者の2者間のみで行う取引です。
ファクタリング業者に対する給料債権の返済は、申込み者自身が行います。
取引に関する勤務先への通知は一切行われないので、勤務先に知られることなく給料を前借りしたい人は2者間ファクタリングを選びましょう。

【3者間ファクタリング】

3者間ファクタリングは、ファクタリング業者・申込み者・勤務先の3者間で行う取引です。

勤務先に給料債権譲渡の同意を得る必要がありますが、給料債権の回収リスクは下がるので、2者間ファクタリングよりも手数料を安く抑えられます。

給料債権の回収はファクタリング業者が勤務先に対して直接行うため、申込み者には支払いの手間が生じません。

給料ファクタリングの手数料相場は?

給料ファクタリングを利用する際は、ファクタリング業者に支払う手数料が発生します。

ファクタリング業者が現金を入金する際に、元々の給料から手数料が差し引かれるので、給料全額をそのまま現金化できるわけではありません。

給料ファクタリングの手数料の相場は、現金化を希望する金額の10%~20%です。

例えば、30万円の給料債権を現金化して20%の手数料が発生した場合、手数料は6万円になるので、実際の入金額は24万円になります。

年利に換算すると、法定金利(15%~20%)の10倍を超える手数料がかかってしまうので、安易に給料ファクタリングに頼りすぎないよう注意しましょう。

給与ファクタリングと借入れの違いは?

給料ファクタリングは、キャッシングやフリーローンのような借入れ(借金)ではなく「給料債権の売買取引」なので、金利の支払い・返済は必要ありません。

(2者間ファクタリングの場合は、申込み者が勤務先の代わりにファクタリング業者に支払いをする必要がありますが、あくまで債権回収という扱いです。)

借入れとは異なり厳しい審査は不要なので、職業・収入・信用情報などに関係なく申込めます。

毎月安定した給料を得ている人ならパート・アルバイトでも申込み可能です。
主婦の場合はサラリーマンの夫の代わりに給料ファクタリングを利用することができます。

給料ファクタリングのメリット・デメリット

給料ファクタリングのメリット・デメリット
給料ファクタリングのメリット・デメリットをまとめます。

給料ファクタリングのメリット

最短即日で現金を調達できる

給料ファクタリングは申込みから入金まで全てネットで完結するため、全国どこからでも最短即日で現金を調達できます。
突然の出費が発生したときや生活費が足りなくなったときでも、給料ファクタリングを利用すれば安心です。

過剰な借入れを防いで計画的に利用できる

給料ファクタリングは給料以上の現金は調達できない代わりに、際限のない借入れを防げるというメリットがあります。

借金癖があってつい浪費をしてしまうという人でも、自分の給料を前借りしているという意識を持つことで、お金の計画的な利用を心がけられるでしょう。

信用情報が悪化している人でも利用できる

給料ファクタリングは信用情報に関係なく利用できるので、ブラックリスト入りになっている人や自己破産歴がある人にもおすすめできる資金調達法です。

ファクタリング業者が審査にあたって重視するのは、「申込み者の勤め先が確実に給料を支払えるかどうか」という点なので、申込み者自身の信用情報は問題にしません。

キャッシングやローン、クレジットカードの審査に落ちてしまっても、所得を得ている人なら職業や年収に関係なく給料ファクタリングを利用できます。

キャッシングやローンの利用に影響がない

給料ファクタリングを利用しても信用情報に借入れの記録が残ることはないので、その後のキャッシングやローンの審査には全く影響がありません。

これから車や家のローンを組みたいと考えている人は、キャッシングよりも給料ファクタリングを利用するのがおすすめです。

万が一の給料未払いリスクを回避できる

給料ファクタリングを利用すれば、万が一の給料の未払いがあったとしてもリスクごと給料を買い取ってもらえます。

「勤め先が経営不振で給料が支払われないかもしれない」「勤め先と給料未払いのことで揉めたくない」といった不安がある人は、給料ファクタリングをリスク回避策として活用することをおすすめします。

給料ファクタリングのデメリット

給料の範囲内でしか現金を調達できない

給料ファクタリングの利用上限額は1ヶ月分の給料の範囲内なので、平均的な上限の目安は20万~30万となります。

ファクタリング業者からの入金時は給料から10%~20%程の手数料が差し引かれることになるので、実際の調達額はやや少なめに見積もりましょう。

なお、利用下限額(最低利用額)に関してはファクタリング業者によって条件が異なりますが、少額利用時は手数料が割高になるという点では一般のファクタリングと共通しています。

手数料コストを抑えるには、少額利用は控え、極力まとまった金額で利用するようにしましょう。

必要な現金が5万円以下であれば、給料ファクタリングを利用するよりも、バンドルカード(VISAが発行するプリペイドカード)や携帯決済を使って自分で現金化するほうがお得です。

分割で支払いができない

2者間の給料ファクタリングを利用した場合、給料債権の返済は原則として一括払いになります。

生活のために家計の余力を作っておかなければ、給料を全て返済に充ててしまうと、当面の生活が困窮することになってしまいます。

給料ファクタリングもキャッシングと同様に計画的な利用を心がけ、1~2ヶ月先までのお金のやりくりの見通しをしっかり立てておきましょう。

給料ファクタリングの利用方法

給料ファクタリングの利用方法
給料ファクタリングの申込みに必要なものや申込み手続きの流れ、注意点などを説明します。

申込みに必要なもの

給料ファクタリングの申込みには、以下のものが必要となります。

入金用の銀行口座
※土日に即日入金を希望する場合は、全国銀行協会のモアタイムシステム(24時間365日即時振込みが可能なシステム)に参加しているネットバンクの口座が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証など)
  • 直近数カ月分の給与明細

申込みから入金までの流れ

  1. ファクタリング業者に電話やメールで問い合わせ、申込み手続きを行います。

  2. 必要書類(本人確認書類や給与明細)を提出します。

  3. 申込み内容を基に、ファクタリング業者が審査を行います。

  4. 審査を通過後、ファクタリング業者と契約書類を交わします。

  5. 契約締結後、最短即日で銀行口座に現金が入金されます。

申込み時の注意点

初回申込み時は勤務先への在籍確認が必須

キャッシングやローンと同様に、給料ファクタリングを申込む際も勤務先への在籍確認が必須となります。

本当は無職の人が勤め人を装って申込んだ場合、ファクタリング業者は給料債権を回収できないリスクがあるからです。

加えて、実態のない給料債権を業者が買い取った場合、売買取引ではなく違法な貸金とみなされる危険も生じます。
したがって、給料ファクタリング業者を利用する上で在籍確認は避けては通れないのです。

しかしながら、「上司や同僚に不審に思われたくないので、職場に電話をかけてほしくない」というのが、多くの人の本音ではないでしょうか。

在籍確認の電話がきっかけで、勤め先に給料ファクタリングを利用したことがバレないとも限りません。
そこで気になるのが、「在籍確認なしで利用できる給料ファクタリング業者は存在するのか」という問題ですね。

ファクタリング業者によっては、雇用契約書や名刺を提出することを条件に、在籍確認の電話が不要なところもあります。

このような業者を利用すれば、「営業や現場の仕事で職場の電話に出られない」という人でも安心です。

別の対策としては、在籍確認の電話をかけてもらう日時を業者に指定することで、確実に自分が電話に出られるようにするという方法もあります。

土日・祝日に給料ファクタリングを申込む場合は、職場が休みだとすぐに在籍確認ができないことに注意しましょう。

土日・祝日でも即日現金化をしたいのであれば、年中無休営業かつ在籍確認不要の業者を探す必要があります。

「年中無休」「土日も24時間営業」などの宣伝文句は鵜呑みにしない

給料ファクタリング業者の中には土日でも申込めるところはたくさんありますが、必ずしも即日対応になるとは限りません。

実際のところは、土日は申込みを受付けているというだけで、審査・入金などの対応は平日になってから行う業者が少なくありません。

したがって、土日に即日現金化を行いたいのであれば、土日でも確実に入金できる業者かどうかを慎重に確認する必要があります。

土日・祝日も即日現金化が可能な給料ファクタリング業者一覧

先述したように、年中無休営業を謳っている給料ファクタリング業者でも、土日・祝日は対応が遅れてしまうところが多いです。

ここでは、土日・祝日でも即日対応を約束している給料ファクタリング業者を2社紹介しますので、業者選びの参考にしてください。

七福神

七福神

運営会社 株式会社ZERUTA
所在地 東京都新宿区新宿1-34-8
手数料 10%~
入金スピード 最短即日
営業時間 平日:9時~19時(祝日も営業)
土曜:9時~18時
休業日 日曜日

「七福神」は、祝日・土曜日(日曜日は休業)でも審査・入金に対応しており、最短即日で現金調達が可能です。

七福神は2020年2月1日より、在籍確認の電話を一切行わないことにしていますので、勤め先に知られずに給料ファクタリングを利用したい人におすすめです。

口コミランキングでは「信頼できるファクタリング業者」「顧客満足度の高いファクタリング業者」第1位(※2019年7月度「日本トレンドリサーチ」調べ)に選ばれるほどの優良業者なので、迷ったときは七福神を選べば失敗はないでしょう。

ファク太郎

ファク太郎

運営会社 株式会社ワールドリンクオペレーションズ
所在地 東京都渋谷区神泉町20-23セルリアンビル2階
手数料 10%~
入金スピード 最短15分
営業時間 9時~20時
休業日 年中無休

「ファク太郎」は、2020年にオープンしたばかりの2者間給料ファクタリング専門業者です。

オープン当初は日曜・祝日が休業日になっていましたが、2020年3月3日以降は土日・祝日も休まず営業を行っています。

ファク太郎では「買取り強化」「働く女性応援」といったキャンペーンを定期的に開催しているので、換金率を重視する人や女性には特におすすめの業者です。

まとめ

個人が給料を前借りしたい場合は、勤務先の同意が不要で最短即日入金が可能な給料ファクタリング業者を利用するのがスマートな方法です。

消費者金融やクレジットカードの審査に落ちてしまったとしても、万が一の時は給料ファクタリングが最後の助け舟になるでしょう。

ただし、給料ファクタリングを無計画に利用すると生活が破綻するリスクがあるので、使いどころを慎重に判断するとともに、生活費分を残して使うようにしましょう。