業者を使わないで自分で行うメリットとデメリット

「冠婚葬祭で急に現金が必要になった。」
「思わぬ出費で、給料日まで待てない。」

急に現金が必要になった時、クレジットカードのキャッシング枠を使えばお金を借りることができます。

しかし、キャッシング枠いっぱいに借り入れをしていて、これ以上借りられない人や、信用情報に瑕がつくのを警戒してキャッシングに手を出さない人が利用しているのが、クレジットカードの現金化です。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法で、信用情報に瑕がつかない、ショッピングポイントが付くなどのメリットがあります。

クレジットカード現金化には、現金化専門業者を使う方法が2つと、個人で行う方法の全部で3つの方法があります。
簡単にこれら3つの方法について紹介します。

自分で行う方法

自分で行う現金化は、クレジットカードのショッピング枠で、ブランド品や金券、電化製品など換金率の高い商品を購入して、中古リサイクル店、ブランド買取り専門店、金券ショップなどに持ち込み売却する方法です。

たとえば、10万円の人気ブランドバッグをクレジットカードで購入し、すぐにブランド買取り専門店に持っていき8万円で買い取ってもらえば、その場で現金8万円を手にすることができます。
もちろん、クレジットカードの引き落とし日までに10万円を用意しなければなりません。

購入代金と売却代金の差額を利息と考えるとキャッシングよりも高利になりますが、キャッシングと比べるとショッピング感覚で行える気軽さがあります。

次から紹介する業者を使った方法にも言えることですが、現金化を繰り返すと支払額が増えて返済できなくなる危険がありますので、節度を持って利用することが大切です。

業者を使った買取り方式

業者を使って現金化する方法は、クレジットカードのショッピング枠で、ブランド品や金券、電化製品など換金率の良い商品を購入して、現金化を専門とする買取り業者に売却して現金を得る方法です。

専門業者は換金率が良い商品を熟知しており、業者が指定したものを購入することで効率よく現金を手に入れることができます。

また、最近では販売と買取りを一括して行う専門業者が増えており、よりスピーディーに現金化ができるようになっています。

業者を使ったキャッシュバック方式

現金化を専門とする業者からクレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その特典としてキャッシュバックという形で現金を受け取る方法キャッシュバック方式です。

たとえば、キャッシュバック80%という業者を利用した場合、10万円の商品を購入すれば8万円がキャッシュバックされます。
購入する商品は価値のないものが多く、差額である2万円から商品原価を引いた金額が業者の手数料となります。

クレジット会社はクレジットを使った現金化を禁止していますが、キャッシュバック方式は、クレジットカード会社から見つかりにくい方法なので、最近ではこの方式が主流になりつつあります。

ただし、キャッシュバック率(換金率)は業者によって差がありますので、より高い換金率の信頼できる業者を選ぶことが大切です。

クレジットカード現金化が注目されるようになって、これを専門に扱う業者が増えてきました。
しかし、その中には悪徳業者が混ざっており、利用する際は業者を慎重に選択することがとても大切です。

中には、悪徳業者に捕まってしまうのを恐れて、専門業者を使わず個人で現金化を行う人もいます。
業者を使わず自分で行う現金化の手法は、専門業者が現れるまでは一般的に行われていたもので、注意点を守ればスムーズに行うことができます。

しかし、自分で行う現金化には、メリットと同時にデメリットがあり、やり方を間違えると後悔することになるかもしれません。

クレジットカードの現金化を自分で行う具体的な方法と、そのメリットとデメリット、注意点について紹介します。

業者を使わないで現金化する方法

業者を使わないで現金化する方法

業者を使わず、個人でクレジットカードを現金化する手順を説明します。

現金化の手順

  1. 商品を購入する

    換金率が高い商品を、クレジットカードで購入します。

    換金率が高い商品として、新幹線の回数券、商品券や金券、ブランド品、ゲーム機本体、高級家電などが挙げられます。
    ただし、商品券や金券は、クレジットカードで買えないものが多くなっています。

    また、ブランド品やゲーム機本体は、人気の商品(=換金率の高い商品)は日々変わっていきますので、最新の情報を入手することが大切です。

    何が高く売れるかは、中古リサイクル店、ブランド買取り専門店、金券ショップなどの店頭やホームページで知ることができますので、購入前に必ずチェックするようにしましょう。

  2. 買取り業者に持ち込む

    リサイクル店、買取り専門店、金券ショップなど買取り業者に商品を持ち込みます。

    入手困難な商品を手に入れることができたら、オークションなどを利用して金額を競り上げることも可能です。
    ただし、オークションは出品から入金まで時間がかかりますので、現金がすぐに必要な場合はおすすめできません。

  3. 査定を受け売却する

    持ち込みの場合、買取り業者がその場で査定をしてくれます。
    買取り料金が提示されますので、納得のいく金額でしたら売却に同意して現金を受け取ります。

  4. 代金引き落とし

    現金化した商品の購入代金引き落とし日までに、相当額を引き落としの銀行口座に用意しておきます。

ネット買取りの手順

なお、高く買い取ってくれる店が遠方の場合は、大手リサイクル店のネット買取りを利用する方法もあります。利用方法は以下の通りです。

  1. 買取りキット申し込み

    インターネットで買取りキットを申し込みます。
    数日で、段ボールや伝票が送られてきます。

  2. 商品発送

    売却する商品を段ボール箱に詰めて梱包し、指定配送業者に依頼して発送します。

  3. 査定結果通知

    リサイクルショップから査定結果がメールで届きます。
    納得のいく金額でしたら、買取りを依頼します。もし、金額に満足できなければ、売却をキャンセルして商品を返品してもらうことができます。

  4. 現金振込

    売却が成立すると、指定の銀行口座に現金が振り込まれます。

※ネット買取りを行う多くの会社では、買取りキット代、送料(キット、商品、返品送料)、査定料、キャンセル料などは一切かかりません。
地方で、近くに個人経営のリサイクルショップしかないという場合は、ネット買取りを利用してみるといいでしょう。

業者を使わないで行うメリットとは?

業者を使わないで行うメリットとは?

業者を使わないで、自分で行う現金化のメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

悪徳業者に捕まる心配がない

商品購入も売却も自分で行いますので、悪徳業者と取引をしてだまされ、個人情報を盗まれて犯罪に巻き込まれたり、安く買い叩かれて損をしたりする心配がありません。

業者に払う手数料がかからない

自分で売却する場合、業者に払う手数料は一切かかりません。
悪徳業者を利用した場合、手数料の他、「発送料」「振込手数料」「事務手数料」など理由をつけて諸費用を徴収されることがありますが、自分で行えばその心配はありません。

購入商品の選択と買取り業者を厳選すれば、得な場合もある

今、一番人気の商品を事前にリサーチして購入し、換金率の高い中古リサイクル店、ブランド買取り専門店、金券ショップへ持ち込めば、相場以上の高い金額で売却できる場合があります。

希少価値のあるゲーム機やブランド品などは、オークションに出品することで、売却金額を市場相場より高くすることができます。

販売網の整った買取り業者に持ち込めば、高い換金率が期待できる

全国に販売網を広げている大手の中古リサイクル店、ブランド買取り専門店、金券ショップに持ち込めば、高い換金率が期待できます。

業者を使わないで行うデメリットとは?

業者を使わないで行うデメリットとは?

業者を使わないで行う現金化には、次のようなデメリットがあります。

現金化までに時間と手間がかかる

自分で行う現金化は、商品選定、購入、買取り業者選定、売却と、現金化までに手間と時間がかかります。
急いで現金が欲しい場合や、大手の買取り業者が近くにない場合はあまり効率のいい方法ではありません。

ネット買取りもありますが、商品送付、査定、現金の銀行振込などひとつひとつに時間がかかるため、現金化を急いでいる場合はあまりおすすめできません。

クレジットカード会社から不正利用を疑われる可能性が高い

クレジットカード会社は、利用者がショッピング枠の現金化を繰り返して、支払いができなくなることを大変警戒しています。

カード会社の利用規約で現金化は禁止されており、現金化のためのカード利用は不正利用とみなされ、発覚したらクレジットカードが即利用停止となります。

カード会社では、日々カードの利用履歴をチェックしており、以下のような利用については不正利用を疑われやすいので注意しましょう。

キャッシング枠の限度額いっぱいまでキャッシングした後、ショッピング枠を利用している。

新幹線の回数券を短期間に何度も購入している。

人気のブランドバッグなど換金率が高い商品を、何度も繰り返し購入している。

クレジットカードの支払いが滞り自己破産を申請しても、現金化が理由の自己破産は裁判所が原則認めません。
十分注意して利用しましょう。

換金率の良い安全業者を使った方が得な場合もある

自分で手間と時間をかけて現金化をするより、専門業者を通して現金化をする方が手間がかからず、換金率が高い場合があります。

買取り方式の専門業者を利用すれば、何が高く売れるかわかっていますし、手順はシステム化されているため、スピーディーに現金化することができます。
最近では商品購入と売却を一括して行う専門業者が増えていますので、さらにスピーディーに現金化できるようになっています。

キャッシュバック方式の業者を利用して現金化した場合は、クレジットカード会社に現金化を疑われる危険性が格段に減ります。
また、現金を手にするまでの時間を短縮することができます。

偽物を購入してしまい現金化に失敗する場合がある

販売網が整っていて換金率が高い大手の中古リサイクル店やブランド買取り専門店、金券ショップにはプロの目利きがいます。
持ち込んだ商品が偽物か本物かは、すぐに判別できるのです。

正規店で購入した商品を売却するのなら心配いりませんが、中には状態が良いものだからと中古リサイクル店やネットオークションで商品を入手する人がいます。
万が一これが偽物だった場合、現金化することができませんので、十分注意しましょう。

中古リサイクル店や買取り店は、都道府県の公安委員会から古物商許可を得る必要があり、古物商許可番号を取得しています
偽物の商品をつかまされる、買い叩かれるなどの被害に合わないためには、店頭やホームページで古物商許可番号を確認するとともに、口コミなどの評判をチェックしてから利用しましょう。

個人で現金化する場合の注意点

個人で現金化する場合の注意点

高い換金率で、不正利用を疑われず安全に現金化をするためには、以下のことに気をつけましょう。

人気商品(換金率の高い商品)は何かをリサーチしてから商品を購入する

ブランド品や家電などは、旬の商品、人気商品は次々と変わっていきます。
今、何が人気かをリサーチしておくことが大切です。

高く買い取ってくれる業者はどこか、事前にリサーチしてから商品を持ち込む

買取り業者は換金率を店頭やホームページに出していますので、一番高く買ってくれる業者を調べて持ち込みましょう。

換金率が高いという理由で、同じ商品を繰り返し購入しない

同じ商品を繰り返し購入すると、クレジットカード会社から現金化を疑われますので危険です。

多額の現金が必要な場合は、高額家電の中から人気商品を選んで購入し換金すれば、一度に多額の現金を手に入れることが可能です。

キャッシング枠上限までキャッシングしている場合は、ショッピング枠を上限いっぱいまで使わないよう注意する

キャッシング枠上限まで借り入れて、さらにショッピング枠上限まで買い物するとクレジットカード会社から警戒されますので注意しましょう。
また、支払いが滞りがちなのに、ショッピングを繰り返すのも危険です。

買取り業者は古物商許可番号を取った業者を利用する

安全な取引を行うためには、古物商の認可を受けた買取り業者を利用しましょう。

まとめ

業者を使わず自分で現金化をする方法とそのメリット、デメリット、注意点について紹介しました。

クレジットカード会社に現金化が発覚すると、即利用停止になる危険があります。クレジット現金化は十分注意して行いましょう。