キーボードの上に乗っているクレジットカード

クレジットカードは日々の生活だけでなく、今やビジネスシーンにも欠かせない存在となっています。
本業だけでなく、副業にもクレジットカードを活用すると、様々な点でメリットがあるのをご存知でしょうか?
副業用のクレジットカードを作成するメリットや活用方法、副業におすすめのクレジットカードを紹介します。

副業用クレジットカードを作るメリット

副業専用のクレジットカードを一枚持っておくだけで、以下のような様々なメリットがあります。

副業に便利なWebサービスが使えるようになる

今や、副業にはWebサービスが欠かせないものとなっています。
例えば、アフィリエイトなら有料のブログやサーバーが必要ですし、在宅ワーカーとして働くならクラウドソーシングサイトに登録するのが一般的です。
転売の副業ならオークションサイトへの登録、FXや株取引を始めるなら証券口座の開設が必要になります。

これらのWebサービスの多くは、利用者に対してクレジットカードの登録を求めます。
サービスごとに違うクレジットカードを登録するよりもおすすめなのが、カード決済サービスの「Paypal」を利用することです。
Paypalアカウントに一度クレジットカード情報を登録しておけば、決済処理はすべてPaypalを通じて行われます。
Paypalに登録したメールアドレスだけで、ユーザー間でのお金のやり取りができるので、入金・送金に手間がかかりません。

Paypalは世界中で利用されている決済サービスなので、安定感・安心感は抜群です。
Webサービスに直接クレジットカード情報を提供するより安全なのはもちろん、その信頼性を副業に活かすこともできます。
例えば、副業として物販サイトを運営しているなら、決済方法としてPaypalを採用すると、顧客は安心して買い物ができるようになります。

信用力の証明になる

クレジットカードを持っているということは、「信用力がある」ということと同義です。
(ここでいう信用力とは、借金の返済能力の高さを意味しています。)
キャッシングの利用限度額は、信用力の高さに比例しています。
また、「ゴールドカード」や「プラチナカード」といったステータスの高いカードほど、高年収で信用力が高いことの有力な証明になります。

クレジットカードの発行や借入れ、返済で信用力を高めておくと、後々の融資が際に有利です。
信用力が高いほど、融資の審査に通りやすく、借入限度額がアップします。
副業が軌道に乗ると、まとまった資金調達が必要になる機会が増えるので、早めにクレジットカードを発行してもらいましょう。

緊急の出費に備えられる

クレジットカードを持っていれば、キャッシング機能を利用して、最短即日で借入れが可能です。
現金が急に必要になったときに備えて、クレジットカードを持っておくと安心です。

カードキャッシングは金利が高いのがネックですが、一括返済や短期返済をすれば金利負担を少なくできます。
すぐに返済が終わる程度の少額借入れをしたい場合は、特に重宝します。

キャッシング枠だけでは不足なら、ショッピング枠を現金化することができます。
信用力が低いと、キャッシングの利用限度額が制限されるので、借入れだけでは資金が不足するかもしれません。
いざというときに備えて、ショッピング枠の残額は余裕を持って残しておきましょう。

クレジットカードを発行するとポイントがもらえる

クレジットカード会社によっては、カードの発行だけで数千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。
このようなキャンペーンを実施していることで有名なのが、楽天カードとYahooカードです。
これらのカードは年会費が無料で、誰でも気軽に作成できるので、ポイントキャンペーンのためだけに申込んでも損はありません。

複数のクレジットカードに申込むだけで、ちょっとしたお小遣いになるので、ネットでできるプチ副業として人気があります。
ただし、一度に沢山のカード会社に申込むと、ブラックリストに載る危険性があります。
1回に申込むのは1社にして、他社に申込むときは数ヶ月の期間を空けてからにしましょう。

副業でポイントが貯められる

クレジットカードは、副業に伴う固定費や経費の支払いに便利なだけでなく、ポイントが貯まるというメリットもあります。
例えば、物販やせどりといった副業では、商品の仕入れのためにまとまった費用が必要です。
クレジットカードで仕入れ費の決済をすれば、一度に大量のポイントを貯めることができてお得です。

ポイントが貯まるといっても、1%や2%程度なら大したメリットではない、と考える人もいるでしょう。
しかし、消費税が5%から8%へ増税が決まったときは、たった数%の差でも大きく感じたのではないでしょうか?
人の心理は、損失のほうにより注目してしまう傾向があるからです。

そう考えると、クレジットカードのポイントを貯めるメリットを強く感じられてくるのではないでしょうか。
たったの1%~2%ポイントが貯まるだけで、増税分のいくらかは相殺されると考えると、消費への心理的負担が軽くなります。

確定申告や家計の管理が便利になる

クレジットカードの会員になると、オンライン明細でいつでも決済履歴が確認できるようになります。 
個別にレシートや領収書を取っておく必要がなくなるので、家計簿や確定申告書を作成する手間が、大幅に軽減されます。

プライベート用と副業用のクレジットカードを別々に管理しておくと、確定申告の際に、副業にかかった経費だけをまとめて確認できます。
一つのカードだけを使っていると、生活に必要な出費(食費や服飾費)と、仕入れ費や設備費といった経費の履歴が混ざり、管理がしづらくなります。
なので、私生活でも副業でも、クレジットカードを頻繁に使う人であれば、最低でも2枚は持っておきましょう。

さらに記帳を楽にするには、クレジットカードを家計簿アプリや会計ソフトと連携させるのがおすすめです。
カード決済の度に、自動的に利用金額や勘定科目が記帳されるので、確定申告の時期になって慌てることがなくなります。

クレジットカード現金化の副業で稼げる?

クレジットカード現金化は、専門の業者に依頼するのが定番になっています。
専門業者に依頼すれば、最短即日で安全に現金化を行うことができるからです。

ですが、手数料がもったいないと思うのであれば、手間はかかりますが、自分で現金化を行って利益を出すこともできます。
ただし、カード会社の利用規約に違反するグレーな行為なので、積極的におすすめすることはできません。
最悪の場合、カードの利用が停止され、カードの新規申込みも二度とできなくなる恐れがあるということを分かった上で、自己責任で行ってください。

クレジットカード現金化の仕組みがわかっていれば、自分でも簡単に現金化をすることができます。
まずは、転売して利益が出そうな商品を、カードのショッピング枠で購入します。
そして、購入した商品を買取り専門店やオークションで高値で売ることができたら、ショッピング枠の現金化は成功です。

本業・副業として物販やせどりをやっている人なら、商品の目利きの知識・経験が、クレジットカードの現金化にも役立つでしょう。
しかし、素人が簡単に利益を出せるほど甘くはないので、安く買い叩かれることはざらにあります。
損失を回避するには、安定した換金率の現金化業者に申込むのが一番です。

副業用クレジットカードの選び方は?

副業用のクレジットカードを選ぶポイントは、4つあります。

年会費が無料

クレジットカードの中には、カードを持っているだけで年会費がかかるカードがあります。
副業にかかる経費を節約するためには、年会費無料のカードを選びましょう。

ポイント還元率が高いとか、付帯サービスが充実しているといったメリットの多い上位カードは、相応の年会費がかかります。
一方で、標準的な機能・サービスがついた一般カードの多くは、年会費無料で申し込めます。

ただし、一般カードの中には「初年度は無料」「

円以上の利用で無料」といった条件つきのクレジットカードがあります。
特別な条件なしで、年会費が「永久無料」になっているかどうかを確認してから申込みましょう。

ポイント還元率が高い

副業にかかる経費の決済手段として用いるなら、ポイント還元率の高いクレジットカードがお得です。
家賃や電気代といった固定費をクレジットカード決済にしておくと、特に意識しなくてもポイントが自動的に貯まります。

例えば固定費が毎月10万円の場合、還元率1%のクレジットカードなら、月1,000円分のポイントが貯まります。
還元率2%なら2,000ポイント、3%なら3,000ポイントになり、年間で約2~3万円分のポイントが貯められる計算です。

仕入れ費や設備購入費のようなまとまった出費になると、還元率がたった1%違うだけでも、大きな差が出てきます。
例えば、カードで50万円の支払いをすると、還元率1%のカードなら5,000ポイントですが、2%なら一気に10,000ポイント貯まります。

副業でまとまった額を出費する機会が多いのであれば、ぜひ高還元率のクレジットカードを支払いに利用しましょう。
還元率が高いカードの多くは維持費がかかりますが、利用額が大きければ十分元が取れます。

審査に通りやすい

年収の低い派遣やアルバイト、学生、主婦がクレジットカードを申込む場合は、審査の通りやすさを基準にカードを選びましょう。
多重債務を抱えているといった信用面で問題がない限りは、年収0円~100万円でもクレジットカードに申込むことができます。

収入がない学生や専業主婦の場合は、年収が安定している世帯主の家族カードであれば、簡単に作ることができます。
また、キャッシング枠を申請しなければ、審査のハードルは大きく下がります。

信用情報に問題がなく、本業・副業の収入が安定していれば、ほとんどの一般カードはすんなりと審査に通ります。
ただし、ある程度のキャッシング枠を申請するのであれば、年収が200万円以上あることが望まれます。

年収は、本業と副業の収入を合わせた金額を記載しても問題はありません。
その際は、副業分の収入を雑所得として税金を納め、所得証明書を発行しておきましょう。
過去3年間に渡って、副業の収入が安定していることが証明できれば、年収の一部として認められます。

本業が会社員であり、副業が自営業になるので、審査ではどちらを職業として申告するか、という問題が出てきます。
副業の収入が低いうちは、継続的で安定した収入がある本業のほうを申告しましょう。
自営業という理由だけで審査に落ちることはありませんが、収入が不安定な状態では、カード会社に不安を与えてしまうからです。

カードの審査では年収以外にも、業種や会社の規模、役職、勤続年数といった様々な情報が重視されます。
なので、たとえ年収が平均より低くても、勤続年数が長く継続した収入があれば、審査に通る可能性は上がります。

収入や属性情報に不利な点があるからといって、虚偽申告は絶対に行ってはいけません。
審査の際には、勤務先に在籍確認の電話が来るので、偽の勤務先や役職を申告したら、嘘は必ずバレてしまいます。
虚偽申告が発覚した場合、クレジットカードの申込みは二度とできなくなってしまいます。

特典や付帯サービスが充実している

クレジットカードの特典や付帯サービスを活用すると、ビジネスの様々な場面で、安心・便利・お得になります。
よくある特典や付帯サービスは、以下のような内容です。

  • 空港の高級ラウンジを無料で利用できる
  • ショッピング保険や海外旅行傷害保険がついてくる
  • 空港の手荷物宅配サービスが無料になる
  • ホテルやレストランの優待割引が受けられる
  • ビジネスコンシェルジュや代行サービスを無料で利用できる

付帯サービスの内容によっては、年会費が1万円~2万円以上になることがあります。
ですが、出張・旅行の機会が多い人や、ビジネスサポートを必要としている人にとっては、年会費以上の価値を感じるはずです。

副業用におすすめのクレジットカード3選

副業用のクレジットカードを作成するなら、以下の3枚がおすすめです。

リクルートカード

年会費 無料
ポイント還元率 1.2%
特典 家族カード・ETCカードが無料
付帯サービス 海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険

年会費が無料で気軽に申し込める上に、付帯保険が充実しているので、買い物や旅行など日常的な場面でも活躍します。
ポイント還元率は、年会費無料の一般カードとしては最高水準の1.2%なので、支払いのメインに使いたいカードです。

リクルートカードからnanacoカードにチャージすると、税金の支払いにも利用できるので、公共料金や税金の支払いでもポイントが貯められます。

ヤフーカード

年会費 無料
ポイント還元率 1%
特典 1回の利用につき2,000ポイント、3回の利用で最大6,000ポイントプレゼント
付帯サービス ショッピング保険

ヤフーカードは、年収200万円以下の人でも審査に通りやすいと口コミで評判のカードです。
カードを1回でも利用すると2,000ポイント、最大で6,000ポイントまでもらえるキャンペーンを常時開催している点も魅力です。

付帯サービスとして、ヤフーカードで購入した商品であれば、どこで購入しても90日間保障してくれるショッピング保険がついています。
商品の仕入れや備品購入の際にヤフーカードで決済すれば、商品破損や盗難といった万が一の事態にも安心して備えられます。

楽天ビジネスカード

年会費 12,000円
ポイント還元率 1%(楽天市場で使うと5%)
特典 ETCカードを複数枚発行可能
付帯サービス Visaビジネスオファー(優待サービス)

楽天ビジネスカードは楽天の法人口座専用カードで、楽天プレミアムカードとセットで申込むカードです。
年会費は、両方のカードを合わせて12,000円と高額になりますが、最大5倍の高還元率と、充実したビジネスサポートが魅力です。

出張・接待やオフィス環境の充実など、様々なビジネスシーンで活用できるサービスが、優待価格で利用できるというメリットもあります。
ワンランク上の副業専用カードを求めているなら、楽天ビジネスカードを検討してみてはいかがでしょうか?

楽天カードで貯めたポイントは、楽天証券で投資に回すことができます。
最低100円から投資信託が購入できるので、副業として投資を始めてみたい人にもおすすめできるカードです。