itunes・googleplayカードを現金化する裏技
使う予定がないGooglePlayカードやiTunesカードを現金化できることをご存知でしょうか?
これらのカードは、一度購入すると現金への払い戻しはできないというのが常識です。
ですが、ここで紹介する最新の裏技を使えば、未使用のGooglePlayカードやiTunesカードを、簡単に現金化することが可能になります。
その裏技の具体的な内容や、換金率をアップするコツ、注意点などを紹介します。

GooglePlayカード、iTunesカードって何?

GooglePlayカードやiTunesカードの普及に伴い、これらのカードをプレゼントや景品としてもらう機会が増えていますが、そもそもどんなカードがよく分からずに持て余している人もいるのではないでしょうか?
スムーズに現金化を行うためには、ここで各カードの特徴について簡単に押さえておきましょう。 

GooglePlayカードとは?

GooglePlayカードは、Android向けのコンテンツストア「GooglePlayストア」で使えるカードです。
GooglePlayストアでは、Android端末(スマホやタブレット)で利用できるアプリや動画、音楽、電子書籍といった多彩なコンテンツを購入できます。

【GooglePlayカードの種類】

<規定カード>

GooglePlayが定める規定の額面から選んで購入するカードです。
額面のラインナップは、以下の通りです。

  • 1,500
  • 3,000
  • 5,000
  • 10,000
  • 15,000
  • 20,000

<バリアブルカード>
カードの購入者が、額面を1円単位で自由に決められるカードです。
規定カードの上限は20,000円ですが、バリアブルカードならそれ以上の額面を指定して購入することもできます。

【カードを購入できる場所】

  • Amazon、auオンラインショップなどの通販サイト
  • コンビニ、家電量販店、百貨店などの店頭

コンビニや家電量販店といった実店舗では、クレジットカード決済に対応していないので注意しましょう。
また、Amazonなどの通販サイトでは、カードの額面より高い金額で販売されているため、おすすめできません。
例えば、10,000円分のGooglePlayカードだと、Amazonでは10,500円で販売されており、500円も割高です。

GooglePlayカードをお得に購入するなら、セブンイレブンでnanacoカードを利用して決済するのがおすすめです。
クレジットカードからnanacoカードに電子マネーをチャージすると、クレジットカードのポイントとnanacoポイントが二重で貯まります。
また、コンビニではセールやクーポンプレゼントなどのキャンペーンを実施していることがありますので、タイミングが合えばよりお得に購入できます。

iTunesカード

iTunesカードは、iOS端末で利用できるコンテンツストア「App Store」や、音楽配信サービス「iTunes」で利用できるカードです。
上記のオンラインストアでは、iTunesカードを使ってアプリや音楽、動画、電子書籍など様々なコンテンツを購入できます。

【iTunesカードの種類】

<規定カード>

規定の額面から選んで購入できるカードです。
額面のラインナップは、以下の通りです。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

<バリアブルカード>

500円~50,000円の範囲で、1円単位で額面を指定して購入できるカードです。

【カードを購入できる場所】

  • アップルストア直営店やコンビニ、家電量販店などの店頭
  • Apple公式ストアやAmazon、楽天などの通販サイト

GooglePlayカードと同様に、コンビニや家電量販店などの実店舗では、クレジットカード決済に対応していません。
クレジットカード現金化のためにiTunesカードを購入するなら、Apple公式ストアなどの通販サイトを利用しましょう。

GooglePlayカード、iTunesカードの換金率は?

GooglePlayカードとiTunesカードの換金率を、オークションサイトを参考に調査してみました。
その結果、換金率は平均で80%前後ということが分かりました。

カードの落札価格だけを見れば、額面の90%以上で売れることもよくあります。
しかし、オークションサイトを利用すると売買手数料や会員費がかかりますので、これらの経費を差し引くと、実際の換金率は平均80%まで下がってしまいます。
その他、チケット売買サイトの換金率を見ても、同様のことが言えます。

他方、ギフトカードの中でもとりわけ人気の高いAmazonギフト券の場合、換金率は平均で85~90%です。
不要なカードを現金化したいというケースを除いては、わざわざGooglePlayカード・iTunesカードを購入して現金化するメリットはありません。

現金化の方法

GooglePlayカード・iTunesカードは、以下の2通りの方法で現金化できます。

カードをそのまま売却する

ギフト券買取り専門店やオークションで、GooglePlayカード・iTunesカードをそのまま売却できます。
最近では、メルカリなどのフリマアプリを利用した個人間取引も人気があります。

オークションやフリマアプリは手軽に利用できますが、手数料がかかるというデメリットがあります。
また、掲示板やツイッターで取引相手を募集する方法もありますが、問題はコードの持ち逃げや未入金といったトラブルが発生しやすいことです。
さらに個人間取引の場合は、すぐに取引相手が見つかるとは限らないので、現金化に時間がかかる可能性もあります。

現金化のスピードと安全性を重視するなら、ギフト券買取リ専門の業者を利用するのがおすすめです。
GooglePlayカード・iTunesカードを高換金率で現金化できる、おすすめの業者をいくつか紹介します。

買取りボブ

買取ボブ

買取ボブ

買取りボブは、80%以上の高換金率と、最短10分のスピーディーな振込みを実現している業者です。
数百万円の高額利用にも対応してくれるので、行事やキャンペーンの景品として購入したカードが大量に余ってしまった場合の現金化におすすめです。

振込みまでの時間は、平均120分の「即日プラン」と、平均240分の「ゆとりプラン」のどちらを選ぶかで変わります。
即日プランは、換金率が若干下がってしまいますが、初めての申込みの場合、ゆとりプランと同じ高い換金率で買い取ってもらえます。

換金率 iTunesカード 84%~
GooglePlayカード 85%~
振込みスピード 最短で10分

換金率を確認する

換金率を確認する

買取り本舗

買取本舗
買取本舗

買取り本舗は、初回利用時でも高い換金率で買い取ってくれる業者です。
ギフト券買取り専門店の比較ランキングサイトで、常に上位にランキンされている人気の買取り業者です。
買取り実績が豊富で、初心者でも安心できる業者をお探しなら、買取り本舗がおすすめです。

換金率 70%~
振込みスピード 20分~60分

換金率を確認する

換金率を確認する

ソクフリ

ソクフリ
ソクフリは、業界最速レベルのスピード振込みが評判の業者です。
来店不要で申込み手続きが完結し、最短10分で現金化できます。
土日も営業し、24時間振込みに対応しているので、急いで現金化したいときにおすすめの業者です。

換金率 70%~
振込みスピード 10~45分

金券買取りEX

金券買取EX
金券買取りEXは、業界最高水準の高換金率が評判の業者です。
iTunesカードやGooglePlayカードの換金率は、他店では70%台のことが多いですが、金券買取りEXなら初回利用時でも80%以上の高値で買い取ってくれます。

振込みまでの時間は、最短60分の「スピードコース」と、約3時間の「のんびりコース」のどちらを選ぶかで変わります。
スピードコースは換金率が若干下がってしまいますが、初めての申込みの場合、のんびりコースと同じ高い換金率で買い取ってもらえます。

換金率 iTunesカード 84%~
GooglePlayカード 85%~
振込みスピード 1~3時間

Amazonギフト券に交換してから売却する

カードをそのまま売却すると換金率が低いので、より人気の高い電子ギフト券に交換してから売却すると高換金率を狙えます。
交換先としてもっともおすすめなのは、Amazonギフト券です。
Amazonギフト券は、世界最大級の通販サイト「Amazon」で、ありとあらゆる買い物に利用できるため、非常に人気があります。
ギフト券の個人間売買でも活発に取引されているので、買い手がすぐに見つかり、高値で買い取ってもらえます。

Amazonギフト券でGooglePlayカードやiTunesカードを購入することはできますが、その逆はできませんし、GooglePlayカードやiTunesカードをAmazonギフト券に交換できる公式サービスは存在しないので、個人間で売買・交換を行うしかありません。
しかし、個人間取引は先述したようにリスクを伴いますので、慎重に行いましょう。

使いみちがなく余ったGooglePlayカードやiTunesカードを交換したい人以外は、わざわざこのような手間をかける必要はありません。
これからギフト券を購入してAmazonギフト券買取を行いたい方は、はじめから高値で換金できるAmazonギフト券を選んで購入しましょう。

現金化する際の注意点は?

GooglePlayカードやiTunesカードを現金化する際に、いくつか注意しておきたいポイントをまとめました。

アカウントにアクティベーションコードを登録しない

GooglePlayカードやiTunesカードには、カードを有効化するために必要な、16桁のアクティベーションコードが記載されています。
そのコードをストアのアカウントに登録することで、カードの額面が電子マネーの残高としてチャージされ、決済に利用できる仕組みになっています。
すでにアカウントにコードを登録してしまったカードは、使用することも売却することもできなくなりますので注意しましょう。

アクティベーションコードを他人に教えない

アクティベーションコードを誰かに知られると、他人のアカウントへ勝手にチャージされる恐れがあります。
特に、カードの個人間売買においては、相手からの入金を確認する前に、うっかりコードを教えてしまわないよう注意しましょう。

取引相手のほうも、「お金を払ったのにコードを教えてもらえないのでは」という不安を抱えているので、お互いに信頼して取引を行うのは難しいので、個人間で安全かつスムーズに取引を行うためには、個人売買支援サービスを利用するのがおすすめです。

個人売買支援サービスでは、購入者からいったん代金を預かり、商品の受け渡しを確認した後で、出品者に代金を支払う、という安全な決済システムを導入しています。
また、利用者の多いサービスでは取引相手が見つかりやすい、というメリットもあります。

ただし、メルカリなどの一般的な個人売買サービスでは、ギフト券など金券類の出品を禁止しています。
出品していることを知られると、売上金を没収されたりアカウントを停止されたりするといったリスクがあります。
運営では自動検出システムによって出品削除を行っているため、その裏をかいてギフト券を出品している人もいます。
しかし、ギフト券の出品を発見した他のユーザーが通報すれば、削除される恐れがあることに変わりはありません。
iTunesカード・GooglePlayカードを売買するなら、「amaten」や「ギフル」といった、ギフト券専門の売買支援サービスを利用しましょう。

メリット・デメリット

GooglePlayカード・iTunesカードを現金化するメリット・デメリットをまとめます。

【メリット】

  • オンラインで手軽にカードを売買できる
  • 買取り業者に売却すると即日で現金化できる

【デメリット】

  • Amazonギフト券と比べると換金率が低い
  • カードを買い取ってくれるお店が少ない
  • 他の電子ギフト券に交換する場合、手間がかかる
  • アカウントに登録済みのカードは売却できない