JCBクレジットカードは現金化が難しい?

JCBのクレジットカード(「JCBカード」)は、他の国際ブランド(VISAやMasterCardなど)よりもカード会社のチェックが厳しいので、現金化には不向きと言われています。
当記事では、JCBカードで現金化する際の難しさや注意点について解説すると共に、JCBカードでも安全かつお得に現金化できる方法を紹介していきます。

JCBクレジットカードの現金化が難しいって本当?

「JCBカードの現金化は難しい」と言われる理由には3つあります。その実状と現金化の際に注意すべきポイントを解説していきます。

JCBカードを取り扱っている現金化業者は少ない

日本生まれの国際ブランドであるJCBは、かつては国内で高いシェアを誇り、最も使いやすいクレジットカードとされていました。

しかし現在では、VISAやMasterCardといったメジャーな国際ブランドにシェアを奪われてしまい、やや影の薄い存在になっています。

JCBは国内での利用可能店舗数こそトップクラスですが、海外では利用できる地域・店舗は限られています。
そのため、海外の決済代行会社と契約している現金化業者が多い現状では、JCBカードの現金化に対応していないことがよくあります。

現在比較的マイナーなブランドになったJCBの取り扱いに、現金化業者が慣れていない場合もあります。
とはいえ、JCBを取り扱っている現金化業者は少しずつ増えてきているので、JCBカードの現金化が得意な業者も探せば必ず見つかります。

現金化に対するカード会社のチェックが厳しい

JCBはハイステイタスなアメックスカードと並んで、カード利用用途のチェックが非常に厳しいことで知られています。

JCBカードを使い換金性の高い商品を大量購入するなど不自然な行為をすると、自動検知システムによって即座にクレジットカードの利用を止められる危険性があります。

JCBカードを現金化する行為はカード会社の利用規約違反に該当し、現金化がバレると以下のような厳しいペナルティが科せられます。

  • JCBカードの利用が強制的に停止される
  • クレジット枠残債の一括支払いを求められる
  • JCBカードを二度と作れなくなる

上記のようなリスクがあるので、JCBカードで現金化を行う場合は、他のクレジットカードよりもさらに慎重を期す必要があります。
VISAやMasterCardのクレジットカードを持っていれば、それらを優先して現金化に利用するほうが安全です。

どうしてもJCBカードで現金化したい場合は、利用額を少額に抑えるようにしましょう。

普段は買わないような高価な商品(ブランド品や新幹線の回数券など)をJCBカードでいきなり購入すると危険なので、事前にカード会社へ一言連絡を入れておくのがおすすめです。

また、普段から返済遅延・滞納は絶対にしないように注意して、カード会社との信用関係を築いておくとより安心です。

他の国際ブランドよりも還元率が低くなる

JCBの加盟店に対する手数料は、他の国際ブランドよりもやや高く設定されています。
そのため、JCBを扱っている現金化業者も手数料が高く付くため、換金率を数%ほど低くしています。

少額の現金化なら大した痛手にはなりませんが、利用額が高額になれば1~2%の差でも受取額が大きく違ってくるので注意が必要です。

自分でJCBクレジットカードを高額現金化する裏技

先述した通り、JCBカードはカード会社のチェックが厳しい上に規約違反のペナルティが重いので、自分で現金化するのはハイリスクを伴います。

また、JCBカードでは原則として商品券(全国百貨店共通ギフトカードやクオカードなど)が購入できないので、高換金率の商品を探して購入するのも大変です。

しかしある裏技を使えば、JCBカードを高換金率で安全に現金化することが可能になります。
その裏技とは、JCBが発行するギフトカード「JCBギフト券」をJCBカードで購入し、金券ショップで換金するというものです。

JCBギフト券は、全国100万店以上の幅広い店舗で使える商品券で、JCBカードまたは現金で購入できます。
もらって嬉しいギフト券として根強い人気があり、金券ショップでも安定した高換金率で買取ってもらえます。

JCBギフト券の換金率は、500~1,000円の安い額面でも94~95%、5,000~10,000円以上であれば98%に達することも珍しくありません。

JCBギフト券の購入方法と注意点

JCBギフト券の購入方法には、次の3通りがあります。

購入方法 発送手数料 販売受付時間
インターネット
(JCB公式サイト)
400円(税抜) 24時間365日
全国のJCBギフト券販売店 なし 各販売店による
電話 740円(税抜) 平日9時~15時
※土日・祝日・年末年始は休業
JCBカードを即日現金化するなら、店頭でJCBギフト券をすぐに受け取れる販売店で購入するのがおすすめです。
ただし、販売店によってはカードによる支払いができないことがあるので注意してください。

JCBカードで支払える販売店は、JCB公式サイトの販売店検索から簡単に探すことができます。

インターネットまたは電話で購入した場合は、注文から最短2営業日(土日・祝日・年末年始を除く)で届きます。
この方法だと即日現金化はできませんが、急ぎでない場合には便利です。

ただし、ギフト券の発送手数料がかかるため、実質的な換金率は若干下がってしまいます。

JCBカードでJCBギフト券を購入することは公式に認められていますが、現金化目的なら規約違反になることに変わりはありません。

カード会社に現金化を怪しまれないように、「一回の購入額を少額に抑える(5万~10万円以内)」、「短期間で何回もギフト券を購入しない」といった慎重な対応が必要です。

JCBギフト券の換金率を上げるコツ

都市部の金券ショップで換金する
JCBギフト券はもともと高換金率が狙える商品券ですが、より高いレートで現金化するなら、都市部の金券ショップで換金するのがおすすめです。

多数のJCB加盟店が集中する都市部ではJCBギフト券の需要が高く、換金レートを優遇する傾向があります。

一方、JCB加盟店が少ない地方ではJCBギフト券の換金レートがやや低くなっています。

よって地方在住者は、都市部と同じ買取りレートを提示しているネット買取り業者を利用するのがおすすめです。

額面の大きいJCBギフト券を購入する
JCBギフト券の額面が大きくなるほど、金券ショップでの換金レートは上昇します。
額面ごとの換金レートの目安は、以下の通りです。
額面 換金レート
500円 94%~95%
1,000円 95%~97%
5,000円 97%~98%

JCBギフト券の転売は違法ではない?

古物商(中古品を売買・交換する商い)の資格を持っていない個人がJCBギフト券を転売したら、「古物営業法」に違反するのではないかと心配な人もいるでしょう。

古物営業法によると、個人が中古品の転売等を行う場合、「生活動産(日常的に使用する物品)を処分すること」が目的なら例外的に認められています。

つまり、不要になったJCBギフト券を金券ショップやオークションで換金するだけならセーフということです。

現金化が目的でJCBギフト券を転売する場合でも、「不要になったギフト券の処分」という名目であれば、違法にはなりません。

ただし、JCBギフト券の大量購入・転売を度々繰り返すと、営利目的とみなされて古物営業法違反になる可能性があります。

JCBクレジットカードの現金化におすすめの業者

JCBクレジットカードを安全に即日現金化したいなら、クレジットカード現金化専門の業者に任せるのがおすすめです。

JCBを取り扱っている現金化業者の中でも、手数料が安く入金スピードが早いと評判の業者を紹介します。

和光クレジット

wakocredit
wakocredit

和光クレジットは、「創業から10年以上に亘ってカード事故ゼロ件」という優良業者なので、ハイリスクなJCBカードの現金化を安心して任せられます。

高い換金率と素早い入金スピード(土日祝日でも最短5分)を兼ね備えているのも魅力のひとつです。

換金率の目安 87%~91%
入金スピード 最短5分
営業時間 平日:9時~18時
土日・祝祭日:10時~17時
対応ブランド VISA、MasterCard、JCB
アメックス、ダイナースクラブ

エキスパート

エキスパート

エキスパートは、年中無休で15時以降の入金に対応しているので、どんなときでも即日現金化が可能です。
顧問弁護士監修による極めて安全な現金化手法により、JCBカードでも安全な取引が保証されています。

換金率の目安 87%~91%
入金スピード 最短3分
営業時間 平日:9時~18時
土日・祝祭日:10時~17時
対応ブランド VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ