クレジットカードの現金化といえば、高い換金率の業者を選んで依頼することが一般的です。
しかしこの現金化、その気になれば自力でできてしまうことをご存知でしょうか?
例えば金券ショップや中古買取店などで高い買取価格を出してもらえる商品をクレジットカードで購入し、それをそのまま売却してしまえば、業者を介することなく自分で現金化を行うことができます。
業者を通さないことで個人情報が漏洩することなく、100%安全に現金化を行えることが自力でやる場合の最大のメリットです。
しかしその一方で、いくつかのデメリットもあります。例えば安全性が高い反面、現金化の完了までには手間がかかる手順を踏む必要があり、また換金率も最近増えつつある高換金率の業者と比べるとやや劣ってしまいます。
現金化を行う際には、これらのメリットとデメリットを秤にかけて、どちらがいいかを検討していくことが大切です。

今回はクレジットカード現金化を自分で行う具体的な方法と、業者を介さないことによるデメリットについてご紹介致します。

クレジットカードの現金化は 自力で行うことができる

たくさんのクレジットカード

クレジットカード現金化を行う際には、実店舗やネット上の専門業者に依頼することが普通です。けれども運悪く悪徳業者にあたってしまった場合、現金化の過程であなたの個人情報が漏洩してしまったとか、当初想定したよりも低い換金率でしか現金化が行えなかったなどのデメリットが生じます。
もちろんこうした悪徳業者は全体のごく一部に過ぎません。しかしカード番号を始めとした数多くの重要な情報をやりとりする以上、できる限り安全に手続きを進めていきたいと考えるのはごく自然のことです。
安全かつ確実に現金化を行うにはどうすればいいのでしょうか?

解決策のひとつとして、業者を使わないで自力で現金化を行う方法があります。
「自力でできるの?」
思わずそう疑問に思われるかもしれません。しかしご安心ください。現金化業者が行っていることに特別な作業はほとんどありません。
真似しようと思えば大半のことが私たちでもできてしまいます。そのためは、ある程度の時間とフットワークが必要ですが、これさえあれば簡単に現金化を行うことができます。

業者を使わないで現金化を行う場合の流れ

それでは実際に業者を使わないで現金化を行う場合には、どのような流れで作業を進めていくのかを見ていきましょう。

換金性の高いものを探す

新幹線の券

まず最初は、クレジットカードで購入できる、換金性が高い商品を探すことから初めます。
例えばJCBやVISAが発行している商品券、新幹線の回数券などのほか、発売されて間もないゲームや有名ブランドの商品などが換金性の高いものとして有名です。
これらは買値の80%~95%ほどで売却できるため、こうした商品を選べば低換金率の業者よりも好条件で現金化を行うことができます。

また売却価格の確認方法ですが、これも非常に簡単です。
金券ショップやTSUTAYA、ブックオフや大黒屋などの中古買取店では、公式HPで買取価格の一覧表が掲載されています。
特に金券ショップの場合は額面金額の何%で購入するかが掲載されているため、より手軽に換金率を試算できる点が便利ですね。
最初は何を買えばいいのか、なかなか判断がつかないため、金券や一覧表に掲載されている商品に対象を絞って探すことがおすすめです。

金券・商品をクレジットカードで購入する

重なったクレジットカード

購入するものが決まったら、次は実際にクレジットカードで購入します。ゲームやDVDはAmazonに在庫がある場合が多く、商品券やギフト券は楽天市場とYahoo!ショッピングで多く販売されています。
また、金券は街中でクレジットカードを使って購入するのが難しいのですが、ゲームやDVDは専門店で直接購入することもできます。Amazonで品切れになっていた場合でも、リアル店舗なら購入できる場合が多々あるため、近隣にゲームショップやCD/DVDショップがある場合には、寄り道してみるといいかもしれません。

なお、Amazon以外のネットショップで金券・商品を購入する際には、送料に注意が必要です。
ゲームソフトやDVD、金券などは通常よりも厳重な方法で発送が行われることが多く、その際やや高めな配送料が購入価格に加算されます。
この場合、発生した送料の分だけ換金率が悪化してしまうため、なるべく安価な方法で配送してもらえるところを選ぶようにしましょう。

購入した金券・商品を売却する

紙幣

無事に金券・商品を購入できたら、売却価格が変わらないうちに金券ショップや中古買取店で売却してしまいましょう。特にゲームやDVDは日を追うごとに買取価格が下がっていく傾向が強いため、商品が手元に届いたらなるべく早く売却を完了させることが大切です。

また最近では、宅配買取を行う金券ショップや買取店も多くなっていますが、できれば実店舗で買取を依頼されることをおすすめします。
なぜなら宅配買取では査定や検品、振込作業に時間がかかり、現金化が完了するまでに1週間ほどかかってしまうことが多いからです。
クレジットカード現金化をしようとするときは、大抵、できる限り早く現金を工面した状況だと思いますので、速さを優先する場合には、実店舗での売却が最も迅速かつ確実な方法となります。

この3つの手順を踏むことで、自分で行う現金化が完了します。

自分で現金化を行う場合のデメリット

クレジットカード現金化を自分で行うと、業者を介さないため安全に現金化を行える点が最大のメリットです。しかし残念ながら、メリットだけではありません。
現金化を全て自分で行う場合には、2つだけデメリットがあります。

換金率は一部の業者に敵わない

クレジットカードと紙幣

業者を利用しない分、換金率が業者よりも高くなることを期待する方は多いことでしょう。事実、自分で現金化を行う場合には82~90%ほどの換金率が期待できます。
70~80%ほどの換金率を掲げる業者と比較したら、自分で行うほうがより多くの現金を工面することができます。
しかし最近、Amazonギフト券の買取業者を中心に90%台の高還金率を謳う業者が多くなってきました。自分で現金化を行う場合、これらの高換金率業者には敵いません。
僅かな差ではありますが、この換金率の差は、ある種の「安心料」と見なすほかありません。

ある程度の手間がかかる

先ほどご紹介した通り、現金化を自分で行うには3つの手順を踏む必要があります。
これらはネット上での買い物や調べ物に慣れている方にとっては、あまり大きなデメリットにはならないかもしれません。
しかし換金率の高いものを探し、実際に販売されてお店まで足を運び、購入後は商品を金券ショップや買取店まで売りに行く。これらは思った以上に手間がかかるものです。
手間も時間も最小限に抑えたい方にとっては、ひときわ面倒な作業となってしまうことが想像できます。

安全第一なら自分で 少ない手間で済ませるなら業者を利用しよう

自分でクレジットカードの現金化を行うための方法について、ご紹介致しました。
悪徳業者が一定数存在する中、自力で現金化を行う方法があるということは、現金化にあたって不安が拭えない方にとっては朗報ではないでしょうか。

しかしその一方、自分で現金化を行う場合にはやはり多くの手間と時間がかかります。
高い安全性は確かに魅力ですが、その代わりに換金率や時間が犠牲になってしまいます。業者に依頼する場合と自分でやる場合にはそれぞれ一長一短であることは否めません。
従って、安全性を第一に考えるなら自分で。より少なく短時間での現金化を希望するのなら業者への依頼と、その時々の状況に応じて使い分けていくことをおすすめします。
それぞれにメリットがあるため、場面場面に合わせて最適な現金化の方法を選んでください。