海外旅行にはもはや必携ともいえるアイテムが、クレジットカードです。現地通貨を持っていなくてもショッピングができるだけではなく、海外では身分証代わりにもなるので、海外に行く際には最低1枚は持っておきたいところです。
しかし、クレジットカードを海外で使った時の手数料って、考えたことがありますか?
ここでは、クレジットカードの手数料や現金とのお得度を比較していきます。

海外では現金とクレジットカードはどちらがお得?

まず、現地の通貨を持って行って現金を使うのと、クレジットカードを使うのは、どちらがお得なのでしょうか?
答えは、「クレジットカードの方がお得」です。
以下では、クレジットカードの方が現金よりもお得な理由を2つご紹介します。

換算レート&ポイント!海外でクレジットカードを使うべき2つの理由

クレジットカードの画像

理由の1つ目は、現金よりもクレジットカードの方が、換算レートが良いからです。現地の通貨を持っていく場合、日本の銀行で事前に両替をする必要がありますが、この銀行での両替手数料が高いのです。
クレジットカードを海外で利用する際には手数料が発生しますが、カード利用にかかる手数料よりも現金を両替する手数料の方が高額になるため、クレジットカードを利用すべきです。どれだけ金額が違うかは、後ほど具体例を挙げてご紹介します。

理由の2つ目は、クレジットカードで支払いをすることでポイントが貯まり、支払額に還元されることです。多くのカードは支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントはショッピングへの使用や換金で還元できます。
現金で支払った場合は還元されるものは何もありませんので、カードの方がお得であるといえます。さらに、ゴールドカードなどの高級カードは、海外で使用すればポイントが2倍もらえるなど、海外での使用がお得になるサービスを提供していることが多いです。

現金を用意するときは、両替よりもキャッシングを使おう!

キャッシングのイメージ画像

クレジットカードでの支払いがお得とはいえ、海外の小さなお店ではクレジットカードが使えないことがありますし、飲食店で店員さんにチップを渡す際には、現金で支払わなければならないことも多いです。そのために少額でも現金を用意しておく必要がありますが、日本や現地で両替するよりも、クレジットカードのキャッシング機能を使って現地のATMから現金を引き出した方がお得です。

現金の引き出し方はとても簡単で、VISAやMasterCardなど国際ブランドに対応しているATMにカードを挿入し、画面の指示に従って暗証番号の入力や金額の指定を行うだけです。
操作がわからない・現金を引き出せないなどの不具合がある場合は、事前にカード会社の問い合わせ電話番号を控えておくと、電話で操作について説明してくれます。

海外でクレジットカードを使う時にかかる手数料について

ここまでの説明で、海外ではクレジットカードを利用した方がお得だということがわかっていただけたかと思います。ここからは、実際に海外でクレジットカードを使う際、どれだけ手数料がかかるのかを見ていきましょう。ショッピングとキャッシングでは手数料が異なりますので、順に解説していきます。

海外でショッピングをする際の手数料

海外でショッピングをしてクレジットカードで支払うと、たとえ一括払いにしたとしても、必ず手数料が発生します。この手数料を計算するには、カード会社の為替手数料と為替レートを確認しておく必要があります。

カード会社の為替手数料

カード会社の為替手数料は、国際ブランドごとに以下の表1のとおり決められています。
(表1:国際ブランドごとの為替手数料一覧)

国際ブランド名 為替手数料
VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
JCB 1.60%

(2017年4月30日現在)
使用した金額に為替手数料をかけることで、最終的な支払金額を算出することができます。この為替手数料のパーセンテージは、日によって変動することはありません。

カード会社の為替レート

為替レートは「1ドル=100円」のように変動するものですが、こちらも国際ブランドごとにレートの決め方が設定されています。
(表2:国際ブランドごとの為替レート設定方法)

国際ブランド名 基準レート
VISA VISAインターナショナルのレート
MasterCard MasterCardインターナショナルのレート
JCB JCB所定のレート

(2017年4月30日現在)
ちなみに、買い物をした日ではなく、日本のカード会社に決済情報が届いた日の為替レートによって手数料が算出されます.

では、具体例を挙げて手数料の計算方法を見ていきましょう。
例えば、100ドルの商品をMasterCardのクレジットカードで購入したとします。
その決済情報が日本のカード会社に届いた日の為替レートは、1ドル=101円でした。
まずは使用した金額に為替レートをかけ、日本円の金額を算出します。
(100ドル×101円=10,100円
そこで算出された金額に、為替手数料をかけると実際に支払う手数料が出ます。
(10,100円×0.0163=164円
つまり、最終的に支払う金額は、商品代金の10,100円+手数料164円で10,264円となります。

海外でキャッシングをする際の手数料

キャッシング機能を利用して現金を引き出す場合、ATM手数料と利息が別途かかります。
まずATM手数料については、カード会社ごとに決められています。
以下に代表的なカード会社のATM手数料をまとめましたので、参考にしてみてください。
(表3:カード会社の海外ATM手数料一覧)

カード会社名 ATM手数料(消費税込)
三井住友VISAカード 1万円以下:108円
1万円超:216円
楽天カード 1万円以下:108円
1万円超:216円

(2017年4月30日現在)

次に利息ですが、こちらもカード会社によって決められています。年率で決められた利息を利用日の翌日から支払日までの日割りで計算することで、手数料を算出することができます。

ここでも具体例を挙げて、手数料を計算してみましょう。
例えば、楽天カードのキャッシングを利用する際、年率は18.0%です。キャッシングを利用して100ドル(1万円とします)を引出し、支払い日までの日数が14日だったとしましょう。
計算式は利用残高×実質年率÷365日×利用日数=利息となるため、今回の例では
10,000円×0.18÷365日×14日=69円
となり、ATM手数料108円と利息69円を合わせた177円が、キャッシング時に払う手数料ということになります。

両替手数料・為替手数料はどれぐらいかかる?

スマホとクレジットカード

上で解説したように、クレジットカードのキャッシングを利用すると手数料も安く抑えることができますが、銀行で外貨両替をした場合、為替手数料・両替手数料はどうなるのでしょうか?

まず、円をドルなどの外貨に両替する際に銀行などの金融機関に支払う手数料のことを、為替手数料や両替手数料といいます。

為替(両替)手数料は銀行ごとに決められていますが、大体1ドルにつき3円程度かかります。
例えば、両替をする日の為替レートが1ドル=100円だったとしましょう。
すると、1ドルをもらうためには103円を支払わなくてはいけません。
この場合、100ドル分両替するためにかかる金額は、
103円×100ドル=10,300円となり、手数料として300円かかることがわかります。

100ドルをキャッシングで引き出した場合は177円という算出結果でしたから、やはりクレジットカードを利用する方がお得であるといえますね。

海外で使う時に手数料が一番安いクレジットカードはどれ?

JCBのゴールドカード

手数料が一番安いクレジットカードは、表1でご紹介した国際ブランドの手数料を見ると、JCBのカードです。
しかし、日本初の国際ブランドであるJCBは、VISAやMasterCardと比べて世界でのシェアが低いため、地域やお店によっては使えないこともあります。

そのため、使えるお店の多いVISAかMasterがおすすめですが、その中でもカード会社ごとにポイントや海外旅行損害保険の有無などが異なります。
普段あなたが貯めているポイントが貯まるものや、海外旅行損害保険がついているものがおすすめです。

また、クレジットカードではなく、プリペイドカードを利用する方法もあります。プリペイドカードは、事前にカードに入金しておけば、入金した金額の範囲内でクレジットカードと同様に使うことができます。

プリペイドカードの中でも「マネパカード」は、利用時にかかる手数料等のコストをクレジットカードの半額以下に抑えることができるため、お得に支払いができます。また、円を外貨に両替する際には手数料がかかりますが、余った外貨を円に戻す際の手数料相当額が無料です。
クレジットカードのような返済能力の審査もないため、学生などでも持つことが可能ですし、現地のMasterCard対応のATMから現金を引き出すこともできます。

しかし、クレジットカードとは違いポイントはつきませんので、支払いに応じてポイントを貯めたいという方には向きません。また、海外旅行損害保険はついていませんので、別途保険に入る必要があります。

クレジットカードを持つことのできない高校生の方などにはプリペイドカードがおすすめですが、ショッピングの利用額によってポイントを貯めたい方にはクレジットカードがおすすめです。自身の目的に合わせてカードを選ぶようにしましょう。

まとめ

海外でクレジットカードを使うことのメリットや、手数料の計算方法について、ご理解いただけたでしょうか?
せっかく海外旅行に行くのですから、少しでも手数料を安く抑えて、お買い物などを楽しみたいですよね。クレジットカードを賢く使って、思いっきり海外旅行を楽しんでくださいね!