ビットコインのマーク
近年話題になっている仮想通貨で、クレジットカード現金化ができることをご存知でしょうか?
ビットコインやイーサリアム、リップルといった人気の仮想通貨に投資する人は増えましたが、現金化への活用はあまり知られていません。
従来は、ブランド品や家電・ゲーム、金券などの購入・転売による現金化が一般的でしたが、それもバーチャルで完結できる時代に突入しています。

仮想通貨は、あくまでデータ上の通貨であって現金には換えられないという誤解もありますが、それは間違いです。
実際に、仮想通貨への投資で利益を出している人も、資産を現金(日本円)に換えています。

仮想通貨への投資にはリスクが伴いますが、現金化なら取引所の口座とカードを持つだけで、初心者でも安全に行うことができるのです。
クレジットカード現金化を仮想通貨で行う具体的な方法やメリット、注意点などを解説します。

仮想通貨とは?

仮想通貨は、ネット上で発行されるデジタル通貨の一種で、通貨の種類によっては、世界中のどこでも支払いに使うことができます。
日本円や米ドルなどの法定通貨とは異なり、銀行による介入・管理がされないため、値動きが大きいのが特徴です。

日本では、ビットコインで大儲けした人の影響で、仮想通貨=ビットコインというイメージが強いですね。
世界中の仮想通貨を含めると、その種類はなんと数百を超えています。
ビットコイン以外には、将来性の高い「イーサリアム」や「ライトコイン」といった通貨の人気も上昇しています。
日本発の国産通貨「モナーコイン」や、三菱東京UFJ銀行の発行する「MUFGコイン」など、国内でも続々と新しい通貨が生み出されています。

これらの仮想通貨は、ネット上の「取引所」で口座開設をすることで、個人でも売買が可能になります。
例えば、FX会社で口座開設をすると、各国の通貨が売買できるようになるのと同じことです。
取引所は国内だけでも10社以上あり、会社によって取扱い通貨の種類や手数料(スプレッド)等が異なります。
クレジットカード現金化をするなら、どの取引所がおすすめなのかは、後述します。

仮想通貨で現金化するメリットとは?

クレジットカード現金化に仮想通貨を利用するメリットは、以下の通りです。

インターネットで気軽に実行できる

インターネットの利用
従来の現金化では、商品や金券などを購入し、買取り価格が高い店舗を調べ、お店に持ち込む・配送するといった手間がありました。
仮想通貨を利用した現金化は、一度取引所の口座を開設すれば、後は通貨をカードで購入し、出金手続きをするだけで、全てネット上で完結します。

高換金率が期待できる

仮想通貨によるクレジットカード現金化の換金率は、平均で90~95%以上です。
これは取引所での購入手数料(スプレッド)や、出金手数料が引かれた後の数字なので、高換金率が期待できるのです。
これが従来の現金化なら、商品や買取り業者選びに失敗すると、20~30%損をしてしまうことが多いです。

通貨が値上がりすればお得に現金化できる

運が良ければ、仮想通貨を保持している間に値上がりして、購入した金額に利益が上乗せされるチャンスがあります。
つまり、100%以上の換金率も狙えるということです。
急いで現金化したいときはその余裕がないかもしれませんが、通貨の値動きを待って、換金のタイミングを計るのも良いでしょう。

クレジットカードの利用停止リスクがない

現金化を目的に、クレジットカードで商品を購入するのは、利用規約に反するグレーな行為です。
特に、新幹線の回数券など換金性の高い商品購入履歴が目立った場合、利用停止リスクが大きくなるため、迂闊に実行できません。
しかし、仮想通貨の購入であれば、カード会社に利用目的を追求される心配はありません。

クレジットカード現金化の方法は?

クレジット
まずは、クレジットカード決済に対応している取引所で、口座開設をしましょう。
「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Zaif(ザイフ)」など日本の大手取引所では、カード決済が利用不可、または一時的に停止となっていることが多いです。

海外でも、日本からのカード決済に対応している取引所はまだまだ少ないです。
ですが、欧州最大級の「Bitstamp(ビットスタンプ)」をはじめ、対応している取引所は増えてきています。

取引所で使えるクレジットカードの種類は、基本的に「VISA」「マスターカード」の2種類です。
大手取引所のひとつ「コインチェック」では、JCBにも対応していましたが、仮想通貨流出騒動により、現在はおすすめできません。

海外の取引所に不安があるなら、両替サービス「Changelly(チェンジリー)」で仮想通貨を購入する方法もあります。
チェンジリーも海外のサービスですが、日本語に対応しており、登録や手続きが簡単なので、取引所よりも使いやすいです。
具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 20種類を超える仮想通貨が購入できる(ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど)
  • メールアドレスだけで登録ができる(取引所では、本人確認書類が必要です)

チェンジリーを利用する場合でも、仮想通貨を日本円に換えるには、最低でも取引所の口座が1つは必要です。
どの取引所でも、口座開設の基本的な手順は、以下の通りです。

  1. メールアドレスや住所、氏名などの情報を入力する。
  2. 本人確認書類のデータを提出し、後日、書留郵便で口座開設の通知を受け取る。
  3. セキュリティ強化のため、携帯電話番号認証や二段階認証の設定を行う。
  4. 出金先の銀行口座を登録する。

現金化目的なら、「ビットフライヤー」や「ザイフ」など、取扱通貨が多く信頼性の高い国内サービスを選んでおけば大丈夫です。
チェンジリーで購入した仮想通貨は、取引所の入金アドレスを指定すると、約30分で送金されます。

現金化におすすめの仮想通貨は、日本でも人気のビットコインです。
2018年4月時点のレートでは再び急騰トレンドに入ってきており、タイミング次第では利益も期待できるからです。
ただし、近い将来に反動で暴落する恐れがある・下落トレンドに入る、という見方もあるので、現金化は早めに実行しておくべきでしょう。

ビットコインを取引所から銀行へ出金する際は、数百円の出金手数料がかかります。
取引所の指定する銀行であれば、手数料が安くなる場合があります。
例えばビットフライヤーでは、通常は手数料が756円(3万円以上の出金)ですが、出金先が三井住友銀行であれば432円になります。

仮想通貨を現金化するときの注意点・デメリットは?

仮想通貨によるクレジットカード現金化は、メリットばかりではありません。
以下のデメリットや注意点を踏まえた上で、慎重な判断も必要です。

値下がりのリスクがある

どうせ仮想通貨を持つなら、値上がりを狙ってしばらく寝かせたい、という気持ちも出てくるでしょう。
しかし、期待に反して値下がりした場合、カードの返済期限までに損失を取り返すことができず、借金が増える可能性もあります。
そして返済が遅れるほど、利子も膨らんでいきます。
現金化目的で仮想通貨を利用するなら、購入後はすぐに出金するのが賢明です。

日本円出金までに時間がかかることがある

仮想通貨を初めて利用するなら当然、申込みから口座開設までのタイムロスがあります。
また、取引所や出金申請日によっては、即日で出金できない場合がある点にも、注意しましょう。

出金スピードが早い取引所を選ぶなら、当日中振込みにも対応している「ビットフライヤー」がおすすめです。
その他の取引所では、2~3営業日以内の振込みとなっており、確実に即日出金できるとは限りません。
通貨によっては、1週間以上待たなければならないケースもあるので、即日現金化をしたいなら下調べが必要です。

また、出金申請をするタイミング次第で、出金が遅れることがあります。
申請した日が銀行営業日でなければ、振込み実行は翌営業日となります。
ビットフライヤーのように高速出金を売りにしている取引所でも、即日出金の条件として、午前中までに申請しておく必要があります。

ネットが苦手な人には不向き

オンラインでの手続きが苦手な人にとっては、仮想通貨の初めての利用は、ややハードルが高く思えるでしょう。
取引所選びや口座開設・通貨購入のやり方、両替サービスの使い方、出金申請のやり方など、初心者にはやること・覚えることが多くて、急ぎのときに間に合わない可能性が大きいです。

現在はクレジットカード購入不可になっている国内取引所ばかりなので、余計に手続きが煩雑になっています。
余裕があるときに、口座開設だけでもしておくと、後は手続きに慣れれば手軽に現金化できるようになるでしょう。

所得税がかかる

税金がかかる
ビットコインでもし利益が発生した場合、「雑所得」という所得区分になり、課税対象になります。
ビットコイン購入時の金額と、出金時の金額の差額を把握しておき、年間を通じて20万円以上利益があれば、確定申告を行いましょう。

以上が、仮想通貨でクレジットカード現金化を行う際の注意点です。
実行するにはやはりハードルが高い、確実に即日現金化したい、とお考えであれば、現金化の専門業者に依頼する方法もあります。

現金化業者ではビットコインをはじめとする仮想通貨の取扱いは実施していませんが、安定した高還元率・即日入金が保証されています。(ただし、金額や申込み日にもよります)

初めての現金化であれば、まずは専門業者に依頼したほうが、失敗のリスクは無いでしょう。
仮想通貨はこれまでになかった新しい手法として注目を浴びてはいますが、プロに取って代わるほど、利便性は十分ではありません。

プロに依頼した場合、平均で5~15%の手数料はかかりますが、全てを自分で実行するよりは損失が少ないですし、安全です。
リスクゼロ・迅速対応といった安心感を選んで業者に依頼するか、手数料の安さで仮想通貨を取るか、の決断になるでしょう。