ビットコインのマーク
近年話題になっている仮想通貨で、クレジットカード現金化ができることをご存知でしょうか?
ビットコインやイーサリアム、リップルといった人気の仮想通貨に投資する人は増えましたが、現金化への活用はあまり知られていません。
従来は、ブランド品や家電・ゲーム、金券などの購入・転売による現金化が一般的でしたが、それもバーチャルで完結できる時代に突入しています。

仮想通貨は、あくまでデータ上の通貨であって現金には換えられないという誤解もありますが、それは間違いです。
実際に、仮想通貨への投資で利益を出している人も、資産を現金(日本円)に換えています。

仮想通貨への投資にはリスクが伴いますが、現金化なら取引所の口座とカードを持つだけで、初心者でも安全に行うことができるのです。
クレジットカード現金化を仮想通貨で行う具体的な方法やメリット、注意点などを解説します。

仮想通貨とは?

仮想通貨は、ネット上で発行されるデジタル通貨の一種で、通貨の種類によっては、世界中のどこでも支払いに使うことができます。
日本円や米ドルなどの法定通貨とは異なり、銀行による介入・管理がされないため、値動きが大きいのが特徴です。

日本では、ビットコインで大儲けした人の影響で、仮想通貨=ビットコインというイメージが強いですね。
世界中の仮想通貨を含めると、その種類はなんと数百を超えています。
ビットコイン以外には、将来性の高い「イーサリアム」や「ライトコイン」といった通貨の人気も上昇しています。
日本発の国産通貨「モナーコイン」や、三菱東京UFJ銀行の発行する「MUFGコイン」など、国内でも続々と新しい通貨が生み出されています。

これらの仮想通貨は、ネット上の「取引所」で口座開設をすることで、個人でも売買が可能になります。
例えば、FX会社で口座開設をすると、各国の通貨が売買できるようになるのと同じことです。
取引所は国内だけでも10社以上あり、会社によって取扱い通貨の種類や手数料(スプレッド)等が異なります。
クレジットカード現金化をするなら、どの取引所がおすすめなのかは、後述します。

仮想通貨で現金化するメリットとは?

クレジットカード現金化に仮想通貨を利用するメリットは、以下の通りです。

インターネットで気軽に実行できる

インターネットの利用
従来の現金化では、商品や金券などを購入し、買取り価格が高い店舗を調べ、お店に持ち込む・配送するといった手間がありました。
仮想通貨を利用した現金化は、一度取引所の口座を開設すれば、後は通貨をカードで購入し、出金手続きをするだけで、全てネット上で完結します。

高換金率が期待できる

仮想通貨によるクレジットカード現金化の換金率は、平均で90~95%以上です。
これは取引所での購入手数料(スプレッド)や、出金手数料が引かれた後の数字なので、高換金率が期待できるのです。
これが従来の現金化なら、商品や買取り業者選びに失敗すると、20~30%損をしてしまうことが多いです。

通貨が値上がりすればお得に現金化できる

運が良ければ、仮想通貨を保持している間に値上がりして、購入した金額に利益が上乗せされるチャンスがあります。
つまり、100%以上の換金率も狙えるということです。
急いで現金化したいときはその余裕がないかもしれませんが、通貨の値動きを待って、換金のタイミングを計るのも良いでしょう。

クレジットカードの利用停止リスクがない

現金化を目的に、クレジットカードで商品を購入するのは、利用規約に反するグレーな行為です。
特に、新幹線の回数券など換金性の高い商品購入履歴が目立った場合、利用停止リスクが大きくなるため、迂闊に実行できません。
しかし、仮想通貨の購入であれば、カード会社に利用目的を追求される心配はありません。

クレジットカード現金化の方法は?

クレジット
まずは、クレジットカード決済に対応している取引所で、口座開設をしましょう。
「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Zaif(ザイフ)」など日本の大手取引所では、カード決済が利用不可、または一時的に停止となっていることが多いです。

海外でも、日本からのカード決済に対応している取引所はまだまだ少ないです。
ですが、欧州最大級の「Bitstamp(ビットスタンプ)」をはじめ、対応している取引所は増えてきています。

取引所で使えるクレジットカードの種類は、基本的に「VISA」「マスターカード」の2種類です。
大手取引所のひとつ「コインチェック」では、JCBにも対応していましたが、仮想通貨流出騒動により、現在はおすすめできません。

海外の取引所に不安があるなら、両替サービス「Changelly(チェンジリー)」で仮想通貨を購入する方法もあります。
チェンジリーも海外のサービスですが、日本語に対応しており、登録や手続きが簡単なので、取引所よりも使いやすいです。
具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 20種類を超える仮想通貨が購入できる(ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど)
  • メールアドレスだけで登録ができる(取引所では、本人確認書類が必要です)

チェンジリーを利用する場合でも、仮想通貨を日本円に換えるには、最低でも取引所の口座が1つは必要です。
どの取引所でも、口座開設の基本的な手順は、以下の通りです。

  1. メールアドレスや住所、氏名などの情報を入力する。
  2. 本人確認書類のデータを提出し、後日、書留郵便で口座開設の通知を受け取る。
  3. セキュリティ強化のため、携帯電話番号認証や二段階認証の設定を行う。
  4. 出金先の銀行口座を登録する。

現金化目的なら、「ビットフライヤー」や「ザイフ」など、取扱通貨が多く信頼性の高い国内サービスを選んでおけば大丈夫です。
チェンジリーで購入した仮想通貨は、取引所の入金アドレスを指定すると、約30分で送金されます。

現金化におすすめの仮想通貨は、日本でも人気のビットコインです。
2018年4月時点のレートでは再び急騰トレンドに入ってきており、タイミング次第では利益も期待できるからです。
ただし、近い将来に反動で暴落する恐れがある・下落トレンドに入る、という見方もあるので、現金化は早めに実行しておくべきでしょう。

ビットコインを取引所から銀行へ出金する際は、数百円の出金手数料がかかります。
取引所の指定する銀行であれば、手数料が安くなる場合があります。
例えばビットフライヤーでは、通常は手数料が756円(3万円以上の出金)ですが、出金先が三井住友銀行であれば432円になります。ビットバンクは更に手数料が高いのではないでしょうか。

最近、流行りのビットコインとは?

2018年2月時点で存在する仮想通貨は、実に1500種類以上あると言われています。
ただ、現在ある仮想通貨がすべて使われているわけではなく、実際に取引されているのはそれほど多くありません。
そんな中ビットコインは取引量が多く、最もメジャーな仮想通貨として有名です。
日本でも取引が盛んに行われているので、仮想通貨初心者にとっては比較的扱いやすいでしょう。

ビットコインは仮想通貨ですので、円やドルのように目に見える姿形はありません。
オンラインゲーム内で使える通貨や、WEBサイト内でのみ有効な仮想の通貨と同じで、ビットコインも「ビットコイン」を使えるお店で商品やサービスを購入することしかできません。
(ちなみにビットコインは家電量販店や飲食店、エステサロン、美容室など多種多様な場所で使えます)
ただしビットコインが存在している理由は、ゲームやWEBサイトの運営会社が利益を上げるために作られたゲーム内の通貨とは違い、経済活動を円滑に行うために作られた通貨で、世界中で日常的に使えるようにすることを最終目標としています。
また、使えるだけでなく実態のある通貨に換金できるところもビットコインの特徴と言えます。

ビットコインを現金化する3つの方法【流れ・メリット・デメリット】

ビットコインは価格が安い時に購入し、高くなった時に売れば、その差額分が利益となりますが、「仮想通貨で利益を出すこと自体難しいのでは?」と思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、ビットコインは2017年の1年間だけで利率が10倍以上も高くなり、資産を大幅に増やした方が急増しました。
このように利便性の高い仮想通貨としてだけでなく、投資としても注目されているビットコインですが、現金化するには主に3つの方法があります。
それぞれの現金化するまでの流れ、そしてメリットとデメリットを押さえておきましょう。

フローチャート

ビットコイン交換所で換金する

仮想通貨取引所を介して換金する方法は、3つある換金方法の中で最もポピュラーな方法です。
保有しているビットコインを売却し、指定する銀行口座へ日本円で振り込まれます。
だいたい2営業日ほどで振り込まれるので、ATMまたは銀行窓口で出金すれば現金化の完了です。

メリット
  • 方法はシンプルで分かりやすい
  • 初心者にもおすすめ
デメリット
  • 銀行への出金手数料などが取引所によって異なる
  • 銀行口座の登録が必要

ビットコインATMで換金する

ビットコインの売買ができるATMであれば、簡単に現金を引き出すことができます。
方法は至って簡単です。

  1. 指紋認証や顔認証などで本人確認をする
  2. ATMの画面に表示されたQRコードをスマートフォンのウォレットで読み取る
  3. 出金したい金額を入力する
  4. 現金が引き出される

今すぐに現金が必要!という時には便利ですが、対応するATMの台数が少ないので住んでいる地域によっては利用したくてもできない可能性があります。
また、ATMの機種にもよりますが5~10%ほどの手数料が発生するので、繰り返し引き出したり、多額の換金をしたりすると手数料がかさんでしまいます。

メリット
  • 操作方法が簡単
  • 手軽に換金できる
  • すぐに現金化できる
デメリット
  • 対応しているATMの台数が少ない
  • 手数料が若干高い
  • 身分証明書の提示が必要
  • 大口のビットコイン換金には不向き

ビットコインが欲しい人に直接売る

仮想通貨に関する情報収集や意見交換の場であるミートアップなどでビットコインが欲しい人を見つけ、直接交渉する方法です。
スマートフォンでビットコインを送金し、代金は直接手渡しとなります。
一見、手っ取り早く効率のいい方法のように見えますが、ほとんどの人が初対面で売り買いするこの方法はトラブルに発展する可能性があるので、慎重に行わなければいけません。

メリット
  • 外国籍で日本の銀行口座を持っていない方でも利用しやすい
  • 本人確認が不要
  • 手数料がかからない
デメリット
  • 信用できる相手か判断しなければならない
  • その時のレートを参考に金額を決める必要あり
  • 最初から最後まで自分たちだけで完結しなければいけない
  • 第三者が絡んでいないため他の方法よりもリスクは高い

ビットコイン取引でかかる手数料は主に4種類!

ビットコインは取引内容によってさまざまな手数料が発生します。
銀行の送金手数料や証券会社での金融商品取引に比べると、ビットコイン取引のほうが安いと言われていますが、無料ではないのでどんな取引に手数料がかかるのか、しっかり押さえておきたいところです。
今回は、基本的な手数料「入金・出金手数料」「売買手数料」「預入・払出手数料」「送金手数料」の4種類について紹介します。

入金・出金手数料

ビットコインを出金したり、入金したりする際の手数料は特にかかりません。ただし、クイック入金やクイック出金の際には手数料が発生することがあるので、時間に余裕を持って手続きすると余計な出費を抑えることができます。

売買手数料

売買手数料とは、ビットコインを購入または売却する際、ビットコイン取引所や販売所に支払う手数料のことです。
ビットコインの売買手数料は、取引ごとに業者へ支払う「取引手数料」とビットコインの売値と買値の差である「スプレッド」、この2つの合計金額となっています。
ただしビットコイン取引所とビットコイン販売所、どちらを利用するかによって売買手数料は異なります。(※1)

取引手数料 スプレッド
ビットコイン取引所
無料の業者と有料の業者あり
×
すべての取引所で有料
ビットコイン販売所
すべての販売所で無料
×
すべての販売所で有料

(※1)
取引所は顧客が取引所を通して売却・購入するのに対し、販売所は運営している企業と売却・購入をします。つまり、それぞれ売買相手が異なるというわけで、簡単に言うと、

  • 取引所→ビットコイン取引所内の顧客
  • 販売所→ビットコイン販売所の運営企業

ということになります。

預入・払出手数料

日本円やドルでビットコインを売買する以外にも、ビットコイン自体を預け入れたり払い出したりすることもできます。
基本的には預け入れる際に手数料が発生することはありませんが、ビットコインを使用して商品やサービスを買う際には払い出し手数料がかかります。

送金手数料

ビットコインの送金手数料は取引所によって異なります。
しかもその差は意外と大きく、無料のところもあれば0.0001~0.015btcの送金手数料が発生するところもあります。
全体的に国内で送金手数料が安いのは、GMOコインやビットポイントなど大手の取引所です。
頻繁に送金する可能性がある方は、大手の取引所の手数料をチェックしてみるといいでしょう。

ビットコインなら海外送金手数料がほとんどかからない!

手数料がかからない

買値と売値の差額が利益となるビットコインは、「投資」というイメージが定着しているかもしれません。
しかしビットコインは、投資以外にも海外旅行や海外留学している子どもへの仕送りなどにも使えます。
現地で両替したり、銀行から海外送金したりする手間が省けますし、何より手数料を安く抑えることができます。
これから海外旅行や海外留学の予定がある方は、是非チェックしてみてください。

両替手数料を抑えられる

海外旅行をする際、準備しなければいけないものと言えば現地の通貨です。
例えば旅行先がハワイなら、円をドルに変える必要があります。
両替は空港でもできますが、手数料として2~3%の手数料がかかります。
10万円を両替するとしたら、手数料だけで2,000~3,000円差し引かれてしまうので、損した気分になりますよね。
しかしビットコインならウォレットにチャージして、海外旅行先のATMで引き出すだけで現地の通貨を手に入れることができます。
また、手数料は数百円で済むので為替手数料を支払うよりも断然安く済みます。

海外送金手数料を抑えられる

海外留学をしている子どもがいれば、生活費や学費、教材費、お小遣いなど、送金しなければならない機会は多いかと思います。
日本国内の銀行から海外へ送金する際は、数千円ほどの手数料が発生します。例えば1万円を送金したとしても、手数料が差し引かれて相手には7,000円ほどしか振り込まれないことになります。
これでは手数料の負担が大きく感じられてしまいますよね。
ビットコインによる海外送金なら手数料は200円程度なので、負担を大幅に軽減することができます。
また、銀行からの海外送金は4~6日ほどかかるのに対し、ビットコインは即日振り込まれるので利便性の高さでも優れています。

ビットコイン現金化は課税対象?税金について解説

所有しているビットコインを売って利益を得た場合、課税対象となるのでしょうか?
もし課税対象になるのであれば、確定申告が必要となるので気になるところだと思います。

国税庁では、ビットコインを売って得た所得は「雑所得」になると見ているので、れっきとした課税対象です。
雑所得は就労して得た所得とは違い、オークションやアフィリエイトなどで得た利益が対象となります。
基本的に雑所得には控除がないので、ビットコインを売って得た利益すべてに税金がかかると思ってください。
確定申告をしなければ脱税とみなされ、罰金が科せられてしまいます。
少しの利益であっても課税対象であることに間違いはないので、申告漏れのないようにしましょう。

総合的に見たビットコインがおすすめな人

ビットコインはCMでよく宣伝していたので、名前を聞いたことがある方は多いと思います。
しかし「ビットコインとは何?」と聞かれた時、説明できる人は限られているのではないでしょうか。
今回はビットコインの現金化について紹介しましたが、なんとなく扱うのが難しいと思われがちなビットコインも現金化する流れやメリット・デメリットを知るうちに身近な存在に変わってきたはずです。
そんなビットコイン現金化はこんな人におすすめです。

  • 仮想通貨に興味がある
  • 新たな投資にチャレンジしたい
  • 効率よく資産を増やしたい
  • 海外旅行や海外留学の予定がある

ただし、ビットコインで得た利益はすべて課税対象になるので、その点だけ漏れのないよう注意し、賢く取引しましょう。

仮想通貨を現金化するときの注意点・デメリットは?

仮想通貨によるクレジットカード現金化は、メリットばかりではありません。
以下のデメリットや注意点を踏まえた上で、慎重な判断も必要です。

値下がりのリスクがある

どうせ仮想通貨を持つなら、値上がりを狙ってしばらく寝かせたい、という気持ちも出てくるでしょう。
しかし、期待に反して値下がりした場合、カードの返済期限までに損失を取り返すことができず、借金が増える可能性もあります。
そして返済が遅れるほど、利子も膨らんでいきます。
現金化目的で仮想通貨を利用するなら、購入後はすぐに出金するのが賢明です。

日本円出金までに時間がかかることがある

仮想通貨を初めて利用するなら当然、申込みから口座開設までのタイムロスがあります。
また、取引所や出金申請日によっては、即日で出金できない場合がある点にも、注意しましょう。

出金スピードが早い取引所を選ぶなら、当日中振込みにも対応している「ビットフライヤー」がおすすめです。
その他の取引所では、2~3営業日以内の振込みとなっており、確実に即日出金できるとは限りません。
通貨によっては、1週間以上待たなければならないケースもあるので、即日現金化をしたいなら下調べが必要です。

また、出金申請をするタイミング次第で、出金が遅れることがあります。
申請した日が銀行営業日でなければ、振込み実行は翌営業日となります。
ビットフライヤーのように高速出金を売りにしている取引所でも、即日出金の条件として、午前中までに申請しておく必要があります。

ネットが苦手な人には不向き

オンラインでの手続きが苦手な人にとっては、仮想通貨の初めての利用は、ややハードルが高く思えるでしょう。
取引所選びや口座開設・通貨購入のやり方、両替サービスの使い方、出金申請のやり方など、初心者にはやること・覚えることが多くて、急ぎのときに間に合わない可能性が大きいです。

現在はクレジットカード購入不可になっている国内取引所ばかりなので、余計に手続きが煩雑になっています。
余裕があるときに、口座開設だけでもしておくと、後は手続きに慣れれば手軽に現金化できるようになるでしょう。

所得税がかかる

税金がかかる
ビットコインでもし利益が発生した場合、「雑所得」という所得区分になり、課税対象になります。
ビットコイン購入時の金額と、出金時の金額の差額を把握しておき、年間を通じて20万円以上利益があれば、確定申告を行いましょう。

以上が、仮想通貨でクレジットカード現金化を行う際の注意点です。
実行するにはやはりハードルが高い、確実に即日現金化したい、とお考えであれば、現金化の専門業者に依頼する方法もあります。

現金化業者ではビットコインをはじめとする仮想通貨の取扱いは実施していませんが、安定した高還元率・即日入金が保証されています。(ただし、金額や申込み日にもよります)

初めての現金化であれば、まずは専門業者に依頼したほうが、失敗のリスクは無いでしょう。
仮想通貨はこれまでになかった新しい手法として注目を浴びてはいますが、プロに取って代わるほど、利便性は十分ではありません。

プロに依頼した場合、平均で5~15%の手数料はかかりますが、全てを自分で実行するよりは損失が少ないですし、安全です。
リスクゼロ・迅速対応といった安心感を選んで業者に依頼するか、手数料の安さで仮想通貨を取るか、の決断になるでしょう。