近年注目を浴びている仮想通貨で、クレジットカード現金化ができることをご存知でしょうか?

仮想通貨は、法定通貨(円や米ドルなど)と違って値動きが激しい通貨なので、株やFXと同じようにリスクが高いというイメージがあると思います。

確かに、仮想通貨で儲けようとするとリスクを伴いますが、クレジットカード現金化だけが目的なら、安全に利用することができます。
ここでは、初心者でもビットコインなど人気の仮想通貨を利用して、クレジットカード現金化ができる最新の裏技をご紹介します。

仮想通貨でクレジットカードを現金化する方法とは?

クレジットカードを仮想通貨で現金化するには、以下の3通りの方法があります。

仮想通貨取引所で換金する

初心者でも実行しやすいのは、仮想通貨取引所で、仮想通貨を日本円に換金する方法です。
仮想通貨取引所とは、仮想通貨の売買や異なる通貨の交換が行われている、バーチャルな市場のことです。
株やFXの取引が行われている証券取引所の、仮想通貨版のようなものです。
日本では、「zaif」「ビットバンク」「ビットフライヤー」といった取引所が有名です。

仮想通貨取引所では、仮想通貨を円や米ドルなどの法定通貨に交換することもできます。
仮想通貨は電子マネーと違って、購入した後でも現金への払い戻し(換金)が自由にできます。

この仕組みを利用して、クレジットカードで仮想通貨を購入した後で、その通貨を日本円に交換すれば、簡単に現金化することができます。
仮想通貨取引所では、2通りの換金方法があります。

現物取引の取引所

現物取引とは、ユーザー同士で仮想通貨の売買を行う取引のことで、株やFXもこの仕組みで取引が行われています。
交換できる通貨の枚数や交換レートは相場に左右されるので、慣れていないとやや難しいかもしれません。
取引のコツがわかれば、自分の希望するレートになるのを待って現金化できるようになります。

現物取引で現金化を行う手順は、以下の通りです。

  1. ①取引画面で、売りたい仮想通貨と日本円の通貨ペア(例えばビットコインの場合は「BTC/JPY」)を選択し、売る枚数と金額を指定する。

  2. ②他のユーザーから仮想通貨の買い注文が入るまで待ち、約定したら日本円への換金が完了する。

販売所

取引所とは別に、仮想通貨を一定のレートで交換できる「販売所」が存在します。
取引所では匿名のユーザー同士が直接取引するのに対し、販売所では仮想通貨取引所の運営会社が取引相手になります。

販売所での取引は、一般的な買い物をする感覚で仮想通貨の購入・売却が行われるので、初心者でも簡単に行えます。
ただし、運営会社の定める交換レートでしか現金化することができません。

販売所では、以下の手順で仮想通貨と日本円の交換を行います。

  1. ①取引所の売却画面で、売りたい仮想通貨の種類と枚数を指定し、売却手続きを行う。

  2. ②売却後、すぐに日本円への交換が完了する。

個人間売買で仮想通貨を売却する

仮想通貨取引所を介さずに、個人間で直接仮想通貨の売買を行うこともできます。
ただし、仮想通貨の送金には取引所の口座(ウォレット)が必要なので、あらかじめ口座開設をしておく必要があります。

個人間取引に必要なのは口座間の送金手数料だけで、取引所の現物取引のように売買手数料はかかりません。
対面で現金を直接手渡しすれば、早ければ即日で現金化することができ、振込み手数料もかかりません。

取引相手を探すには、身近な友人か知人に頼むとか、オンラインの掲示板やSNSで募集する、といった方法があります。
しかし、多数のトレーダーが集まる仮想通貨取引所と違って、個人間取引は取引相手がすぐに見つかるとは限りません。
また、取引のルールも個人間で決めることになるので、行き違いや詐欺被害などのトラブルが発生しやすい点に注意しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)専用ATMで現金として引き出す

ビットコイン
ビットコインで現金化を行う場合、ビットコイン専用のATMから通貨を購入したり、現金として引き出したりすることができます。
ビットコインATMを利用するには、仮想通貨取引所のウォレットと、スマホのウォレットアプリが必要です。

ただ、ビットコインATMは数十台東京にしかないので、この方法を利用できる人は非常に限られます。
インバウンド需要で、今後ビットコインATMの数は増えていくと予想されますが、全国への普及はまだ先のことになるでしょう。

仮想通貨を現金化するメリットは?

仮想通貨でクレジットカード現金化を行うメリットは、4つあります。

高換金率が狙える(100%以上の換金率も可能)

仮想通貨の現金化にかかる手数料は、多めに見積もっても10%以内に収まるので、90%以上の高換金率が実現します。
しかも、仮想通貨を購入した後でその価値が上昇すれば、100%以上の換金率で現金化できることもあります。
今すぐに現金が必要というのでなければ、仮想通貨の価格が高騰するチャンスを見計らって現金化するのがおすすめです。

現金化がオンラインで完結する

従来のクレジットカード現金化は、店舗で商品を購入したり、買取り店舗へ商品持ち込んだり、配送したりといった手間がありました。
一方、仮想通貨の売買はすべてオンラインで完結するので、余計な手間がかかりません。

信用情報にかかわらず誰でも取引ができる

仮想通貨の売買は、一定の年齢に達してさえいれば誰でも行うことができます。
(取引所によっては、未成年でも口座開設・取引が行えます。)
多重債務、借金滞納、債務整理といった理由で信用スコアが悪くても、仮想通貨の現金化においては何ら支障がありません。

ただし、仮想通貨を狙った違法行為の横行を背景に、新規口座開設の審査基準が厳しくなってきています。
今後の審査では、仮想通貨の取引記録に加え、信用情報の照会が行われる可能性もあります。
信用情報に不安がある人は、審査のハードルが低い今のうちに、早めに口座開設をしておきましょう。

詐欺被害に遭うリスクが少ない

仮想通貨取引所は国税局から審査を受けているので、運営会社の身元や運営管理、セキュリティがしっかりしています。
一方、クレジットカード現金化業者は無登録でも開業できるので、悪徳業者の温床になりやすく、詐欺被害に遭うリスクが高いのが欠点です。

ただ、仮想通貨取引所でもハッキング被害とか、仮想通貨盗難といったリスクがあるので、全く安全とは言い切れません。
個人アカウントがハッキング被害に遭うケースもあるので、自衛を怠ってはいけません。
万が一の被害を防ぐために、最低でも以下の対策を行いましょう。

  • 取引所のパスワードを強固なものにする
  • 取引所を利用した後は必ずログアウドする
  • フリーメールなど他のサービスとID、パスワードを共有しない

仮想通貨を現金化するデメリットは?

仮想通貨を現金化する際に、いくつか注意しておかなければならないポイントをまとめます。

現金化のスピードが遅い

仮想通貨の売買手続きに関しては、慣れれば数分で完了します。
しかし、仮想通貨取引所から銀行口座へと出金する際に、時間がかかってしまうというデメリットがあります。
銀行口座の残高へ反映されるまで、平均で2~3日を要し、通貨の種類によっては1週間以上かかることもあります。

また、はじめて仮想通貨を利用する際は、口座開設にかかる時間も考慮しなければなりません。
新規申込みから口座開設が完了するまでの所要日数は、平均で2~3日です。

すぐに現金化しようと考えているなら、審査と出金のスピードが早い仮想通貨取引所の口座を開設しておきましょう。
最短即日で現金化できる以下の取引所がおすすめです。

Zaif(ザイフ)

平日の11時までに出金申請をすると、当日中に送金が完了します。

Bitflyer(ビットフライヤー)

営業日の11時30分までに出金申請をすると、当日中に送金が完了します。

換金レートが下がるリスクがある

仮想通貨取引所がハッキングされたとか、仮想通貨が流出したといった悪いニュースが流れると、仮想通貨の価値が下落してしまいます。
タイミングが悪いと、仮想通貨を購入した時点より、大幅に換金レートが下がるリスクがあります。
また、現在は高騰している通貨でも、反動でいつ下落・暴落するかわからないので、安心はできません。
対策としては、相場の状況が大きく変動するリスクを極力抑えるために、仮想通貨を購入したらすぐに売却することをおすすめします。

手数料がかかる

仮想通貨取引所では、通貨の売買や銀行口座への出金の際に手数料がかかります。
手数料の種類と、各手数料の目安は以下の通りです。

売買手数料

仮想通貨を売買する際にかかる手数料で、通貨の取引量に応じて料率が変わります。
料率の目安は0.01~0.1%程度なので、頻繁に売買を繰り返すのでなければ、ほとんど気にする必要のないコストです。

送金手数料

仮想通貨取引所の口座間で送金を行う際にかかる手数料です。
取引所によって手数料に違いはありますが、目安としては1回の送金で数百円程度しかかかりません。
特に、海外への送金手数料は、銀行の海外送金手数料と比べて大幅に安いです。
中には、送金手数料が無料の取引所があります。

出金手数料

仮想通貨を日本円に交換した後、銀行口座に送金する際にかかる手数料です。
手数料の相場は500円程度ですが、「販売所」で仮想通貨を売却した場合は、手数料無料になることがあります。

仮想通貨で得た利益は課税対象になる

仮想通貨の売買では、通貨レートの変動によって、購入時の金額を売却時の金額が上回ることがあります。
例えば、ある時点で1枚=50万円相当の仮想通貨を1枚購入した後、その通貨が高騰して、価値が2倍になったとします。
高騰後は、購入時の2倍の価格で仮想通貨を売却できるので、1億円分買うと1億円の利益が入ります。

このように、仮想通貨売買の差額によって20万円以上の利益が出た場合は、「雑所得」として課税対象になります。
その際は、必ず確定申告をして税金を納めなければ、脱税行為として罰金を課されてしまうので注意しましょう。

すべて自分で手続きを行う必要がある

仮想通貨を扱っている現金化業者は存在しないので、仮想通貨の売買や送金といった手続きは、すべて自分で行う必要があります。
オンラインでの手続きが苦手な人や、仮想通貨の売買に不慣れな人は、途中でつまずいたり、時間がかかってしまったりするかもしれません。

すぐにでも現金化をしたい人は、仮想通貨にこだわるよりも、既存の現金化業者に依頼したほうが得策です。
現金化業者に依頼すると、仮想通貨の売買より手数料コストは高いですが、初心者でも最短即日で現金化を行えます。

おすすめの仮想通貨取引所は?

クレジットカード現金化が目的なら、カード決済に対応している仮想通貨取引所を選ぶ必要があります。
しかし、国内の取引所は銀行振込みにしか対応しておらず、クレジットカードで決済することができません。

海外では一部の取引所でカード決済に対応していますので、仮想通貨の購入はそちらを利用しましょう。
海外取引所で購入した仮想通貨は、国内取引所に送金してから、日本円に換金することになります。
日本語に対応していて初心者でも利用しやすいサービスを提供している海外取引所を紹介します。

Changelly(チェンジリー)

changelly
チェンジリーは、仮想通貨同士を自動的にお得なレートで交換できる両替サービスです。
チェコ共和国の「マイナーゲート」という会社が運営するサービスですが、日本語にも対応しているので、簡単に利用できます。
しかも、売買手数料は一律0.5%なので、お得に現金化ができます。

チェンジリーは、メールアドレスを登録するだけの簡単な手続きで、口座開設が数分で完了します。
(メールアドレスの代わりに、ツイッターやフェイスブックなどのSNSアカウントでも登録ができます。)

その他に必要なのは、仮想通貨を保管するウォレットだけです。
ウォレットについては、国内取引所の口座を持っていれば、通貨を送金したときに自動で取引所のウォレットに預けられるので、そちらを利用すればOKです。

チェンジリーで現金化を行う手順

  1. ①チェンジリーの売買フォームで、購入したい通貨の種類と、決済に使用する法定通貨の種類(ユーロまたはドル)を選択します。

    ※日本円での決済には対応していません。決済時は、ユーロまたはドルを日本円に換算した金額に加え、為替手数料が引き落とされます。

  2. ②個人情報(氏名や住所)と、クレジットカード情報を登録します。

  3. ③パスポートの画像を送信し、本人確認を行った後、仮想通貨の購入が完了します。

  4. ④購入した仮想通貨を、国内取引所のウォレット宛に送金します。

  5. ⑤国内取引所で、仮想通貨を日本円に交換します。

  6. ⑥交換した日本円を、取引所のウォレットから銀行口座へ出金し、現金化が完了します。

海外取引所で仮想通貨を購入する際は、必ず国内取引所でも取扱いがある通貨を選びましょう。
ビットコインのような人気の通貨なら、どの取引所でも現金化できます。

最近登場したばかりで流通量の少ない仮想通貨は、取扱い場所が少なく、リスクも大きいので避けましょう。
例えば、2018年から2019年にかけて世界中で話題になった「ワンコイン」は投資詐欺であることが判明し、集団訴訟が起こされました。

仮想通貨で利益を得るのではなく、あくまで現金化をすることが目的であれば、通貨の目新しさや投機のチャンスにこだわる必要はありません。
1,000種類を超える仮想通貨の中でどれにするか迷ったら、ビットコインやイーサリアムといったメジャーな通貨を選んでおけば安心です。