携帯決済現金化の方法と人気業者のランキング

クレジットカード以外にも、携帯決済(携帯キャリアが提供する後払いサービス)を利用して現金化ができることをご存知でしょうか?

携帯決済はクレジットカードに劣らずスピーディーにしかも高換金率で現金化ができるため、いざというときの金策として知っておいて損はありません。

業界ではクレジットカードや電子ギフト券の現金化業者に加え、携帯決済専門の現金化業者も増えてきています。

当記事では、携帯決済の現金化の仕組みやメリットを分かりやすく解説すると共に、安心して利用できる携帯決済専門の現金化業者をランキング形式で紹介します。

携帯決済の現金化とはどういう仕組み?

携帯決済の現金化とはどういう仕組み?

「携帯決済の現金化はどうやって行うの?」「そもそも携帯決済を利用したことがない」という初心者向けに、その仕組みを簡単に説明します。

携帯決済とは大手携帯キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)が提供している後払い決済サービスのことです。

スマホを利用してキャッシュレス決済ができる点では電子マネーと似ていますが、携帯決済の場合は事前にチャージを行わなくても、クレジットカードのように限度額の範囲内で立て替え払いしてもらえます。

携帯決済で支払いが可能な店舗は、全国のコンビニやドラッグストア、家電量販店、飲食店、通販サイトなど多岐に渡っています。(※携帯決済が利用できる店舗はキャリアごとに異なります。)

携帯決済の代金は当月分の携帯料金とまとめて請求されるので、手元のお金が足りないときでも欲しい物がすぐに買えるというメリットがあります。

各携帯キャリアが提供している携帯決済のサービス概要は、以下の通りです。

サービス名称 利用条件 利用限度額
d払い dアカウントのユーザー
(docomoのスマホ契約なしでも利用可能)
最大5万円/月
auかんたん決済 auまたはauひかりのユーザー 最大10万円/月
ソフトバンクまとめて支払い ソフトバンクまたはY!モバイルのユーザー 最大10万円/月

携帯決済を使って現金化するには、

  1. 携帯決済で換金性の高い商品を購入する
  2. 購入した商品を転売する

という手順を経る必要があります。

仕組みが分かれば誰でも簡単に実行できそうに思えますが、商品の転売は慣れるまで商品・転売先の選定が難しく、初心者のうちは時間がかかってしまうことでしょう。

その上、キャリア運営会社では利用規約で携帯決済の現金化を禁止しているので、自己流で現金化を行うと規約違反がバレるリスクが大きく危険です。
初心者のうちは、入金スピードの早さと安全性が確かな現金化業者を利用するほうがおすすめです。

以下より、自分で携帯決済を現金化する場合と、現金化業者を利用する場合のメリット・デメリットをまとめます。

自分で携帯決済の現金化を行うメリット・デメリット

メリット

  • 転売に慣れている人なら90%以上の高換金率を狙える
  • 自分の好きなタイミングで現金化できる

デメリット

  • 初心者のうちは商品の転売に時間と労力がかかる
  • キャリア運営会社に現金化がバレるリスクが大きい

携帯決済専門の現金化業者を利用するメリット・デメリット

メリット

  • 最短即日のスピーディーな現金化が可能
  • 安全対策が取られているので、キャリア運営会社に現金化がバレない

デメリット

  • 手数料が発生するため、自分で現金化するより換金率がやや下がる
  • 業者の休業日(土日・祝日、年末年始など)は現金化を利用できない
  • 一部の詐欺業者に騙されるリスクがある

携帯決済現金化の優良業者ランキングTOP3

携帯決済現金化の優良業者ランキングTOP3

巷に溢れるクレジットカード現金化業者に比べ、携帯決済現金化専門の業者の数はまだまだ少ないので、優良業者の数も限られています。

ここでは、携帯決済現金化で確かな実績のある業者を厳選し、人気が高い順にランキング形式で紹介します。

1位:三つ葉STORE

三つ葉STORE

換金率 60%~71%
入金スピード 最短10分~1時間
営業日 年中無休
営業時間 毎月1日~4日:24時間
毎月5日~末日:10時~21時
※土日やゴールデンウィークは追加で夜間営業もあり
住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-1-11

三つ葉STOREは携帯決済の現金化業者の中で1番の老舗であり、取引件数(申込み件数)は業界1です。
ネット営業が多い携帯現金化専門の業者の中では珍しく、実店舗での営業も行っているので安心感があります。

三つ葉STOREの料金表示は消費税込みで偽りがなく、追加手数料の請求が一切ないのも信頼できるポイントです。
さらに、業界で初めて顧問弁護士をつけている現金化業者なので、違法行為や詐欺を行うようなことはありません。

携帯決済現金化の業者選びで悩んだら、安心感・高換金率・スピード入金の3拍子が揃った三つ葉STOREに任せると安心です。

2位:スマテン

スマテン

換金率 65%~78%
入金スピード 最短10分
営業日 年中無休
営業時間 毎月1日~4日:24時間
5日~末日:9時30分~21時
住所 大阪市中央区南船場4丁目8-5

スマテンは、携帯決済専門の現金化業者の中で最高水準の換金率を誇っています。
料金表から追加手数料が引かれることは一切ないので、非常に高い顧客満足度を誇っています。

振込み手数料は全額スマテンが負担してくれる上に対応銀行の数が多く、同行間振込みを利用すれば最短10分のスピード入金も可能です。

スマテンには携帯決済の他、ドコモ口座やクレジットカード、電子マネー(nanacoやウェブマネーなど)の現金化プランもあります。
スマテンの公式サイト上では、プランごとに実際の入金額が分かる簡易計算ツールが利用できるので、換金率の目安の参考になります。

3位:クイックチェンジ

クイックチェンジ

換金率 70%~80%
入金スピード 最短15分
営業日 年中無休
営業時間 9時~21時
住所 東京都千代田区神田平河町1-3-5F

携帯決済専門の現金化業者・クイックチェンジは、分かりやすい換金率と親切丁寧な対応で定評のある業者です。

ドコモ・au・ソフトバンクのいずれのキャリアでも、換金率は申込み金額に応じて一律70%~80%になっています。

口コミでは親切な顧客対応が高く評価されており、現金化が初めての人でも安心して利用できる業者です。

クイックチェンジは年中無休営業で、土日・祝日でも即日振込みに対応しているため、急いで現金を調達したい人にもおすすめです。

携帯決済の現金化におすすめの電子ギフト券ランキング

携帯決済の現金化は自分一人でも行うことができますが、現金化業者を利用する場合と比べると少々手間がかかります。
ですが、慣れてくれば即日現金化も難しくありませんし、90%以上の高換金率も実現可能です。

現金化業者に支払う手数料がもったいないと感じる人や、転売に慣れている人なら、自分で現金化するほうがお得です。

自分で携帯決済の現金化を行う手順は、次の通りです。

  1. 携帯決済で換金率の高い電子ギフト券を購入する
  2. 電子ギフト券を転売して換金する
  3. 携帯決済の支払いを行う

携帯決済現金化に利用できる電子ギフト券は色々ありますが、代表的なものはAmazonギフト券・iTunesカード・GooglePlayカードの3種類です。
どのギフト券も世界中で流通しており、日本でも「一度は使ったことがある」という人は多いでしょう。

多少の換金率の差を気にしなければどのギフト券を購入しても問題ありませんが、できれば1%でも換金率の高いものを選びたいですよね。
携帯決済の現金化にもってこいの電子ギフト券3種類を、換金率の相場が高い順にランキングしました。

1位:Amazonギフト券(換金率80%~90%)

Amazonギフト券
最も高い換金率が期待できるのは、大手通販サイト「Amazon」の買い物に利用できるAmazonギフト券です。

Amazonギフト券を自分で購入して転売すれば、現金化業者では実現困難な90%以上の換金率になることも珍しくありません。
国内でもAmazonギフト券の需要は非常に高く、買い手がすぐにつくので、急いで現金化したいときも安心です。

ただし、Amazon公式サイトでは携帯決済でAmazonギフト券を購入することができないため、次の手順を踏む必要があります。

  1. 各キャリアが提供するプリペイドカードに申し込む
  2. プリペイドカードに携帯決済でチャージを行う
  3. Amazon公式サイトでプリペイドカードを使ってAmazonギフト券を購入する

プリペイドカードを利用すればキャリアのポイントが貯まり、実質的な換金率がお得になるというメリットがあります。

各キャリアが提供するプリペイドカードの概要は、以下の通りです。

カード名称 年会費・発行手数料 残高上限 ポイント還元率
ソフトバンクカード 年会費無料
リアルカード発行手数料:500円
100万円 0.5%
auウォレットカード 全て無料 100万円 0.5%
dカード 全て無料 30万円 0.5%

第2位:iTunesカード(換金率 75%~85%)

iTunesカード
iTunesカードはAmazonギフト券と比べると換金率でやや劣りますが、Amazonギフト券のような手間を介さなくても、携帯決済で手軽に購入できるというメリットがあります。

スマホゲームなどのアプリや音楽配信サービスの盛況によってiTunesカードの需要は上昇し続けており、容易に買い手が見つかります。
現金化のスピードと換金率の高さを両立させたいなら、iTunesカードを利用して現金化するのがおすすめです。

第3位 GooglePlayカード (換金率 70%~80%)

GooglePlayカード
GooglePlayカードは、Amazonギフト券・iTunesカードと比べると換金率相場が最も低く、買取りに対応している業者も比較的少ないことから第3位となりました。

GooglePlayカードを少しでもお得に現金化するには、幅広い電子ギフト券を取り扱っていて、なおかつ換金率の高い業者で売却するのがポイントです。

例えば次に紹介する買取り業者なら、GooglePlayカードを高く買い取ってくれます。

買取りボブ
買取ボブ
GooglePlayカードの換金率 75%~78%
入金スピード 最短10分~1時間

買取りボブは大手ならではの大量買取り・大量販売によって、どんな電子ギフト券でも業界トップクラスの換金率を実現しています。

365日24時間営業しており即日現金化が可能なため、急いでいるときも安心して利用できます。

ギフトグレース
ギフトグレース
GooglePlayカードの換金率 75%~76.5%(初回利用時は最大78%)
入金スピード 最短10時間

ギフトグレースでは「通常プラン(最短即日入金)」と「翌日プラン(最短翌日入金)」という2種類のプランがあります。

時間に余裕がある場合は、通常プランよりも換金率が0.5%アップする「翌日プラン」を利用するのがおすすめです。