クレジットカード現金化といえば、ネット上か繁華街にある現金化業者を訪れて取引を依頼するのが定番の方法です。
しかし現金化を行う方法は何も業者へ依頼するだけではありません。
少々の手間こそかかりますが、金券ショップを利用すれば自分で行うことだってできるのです。

自分で一連の取引をすべて行う場合、時間と手間がかかる代わりに、業者へ依頼する場合よりも高い換金率で現金化ができ、高額な手数料を安く抑えられるメリットがあります。
しかしその一方、取引中にカードが使えなくなってしまったり、見込みよりも換金率が悪かったりといった「悪い意味での想定外」が起こることも考えられます。
そのため、高い換金率に心を惹かれるだけでなく、金券ショップを利用する際のデメリットもしっかりと頭に入れておくことが大切です。

今回は、金券ショップを利用してクレジットカードの現金化を行う際の注意点と、それを踏まえた上で金券ショップを利用するメリットについてご紹介いたします。

金券ショップを利用した現金化は換金率が高いことで人気

紙幣を数える

クレジットカード現金化の方法は、専門業者へ取引を依頼する方法のほかに、すべて自分でやることもできるのをご存知でしょうか?
やり方はとても簡単です。
クレジットカードでギフト券や回数券を購入し、それを高価買取してくれる金券ショップに転売するだけ。
業者へ取引を依頼する場合と比べると、金券の購入や売却で手間がかかるデメリットこそありますが、その分高い換金率で現金化を行うことができるメリットがあります。
そのため、金券ショップを利用した現金化は、少しでもいい条件で現金を工面したいと思っている方々から非常に高い人気と支持を集めています。

カードが停まる? 換金率が低くなる? 金券ショップ利用時の注意点

「業者を介するよりも換金率が高いのであれば、自分で金券ショップへ足を運ぶのが一番だね!」そう思われる方も多いでしょう。
しかし残念ながら、金券ショップを利用しての現金化はいいことばかりではありません。
現金化の方法の一つとして金券ショップの利用を検討する場合には、次の2つの注意点を予め頭に入れておくことが必要です。

金券購入時にクレジットカードが利用停止になってしまうことがある

クレジットカードと禁止マーク

ギフト券や回数券には様々な種類がありますが、クレジットカードで購入できるものは限られています。
そしてカード決済が可能な金券を大量に購入しようとすると、カード会社が決済をストップさせてしまうことがあるのです。
なぜ普通の買い物と違い、金券購入時に限ってカード会社は決済を止めてしまうのでしょうか?
その理由は、各クレジットカードの利用規約にあります。

どのクレジットカード会社の利用規約にも、「換金目的での利用は禁止する」と書かれています。
つまり、金券ショップへ売りに行く目的でギフト券や回数券を購入することを厳に禁止しているわけです。
もちろん、カードで金券を買うこと自体は何ら禁止・制限されていることではありません。
しかし通勤ルートでもない区間の新幹線回数券をまとめて購入したり、普段カードを使うことのない百貨店やスーパーのギフトカードとか商品券を多額に購入したりすると、前述の換金目的での購入と見なされてカードが止められてしまうことがあります。

クレジットカードの現金化をしようとする方のほとんどは、現金の工面を急いでいるはずです。
そんな時に、もしクレジットカードが使えなくなってしまったら……大打撃になることは容易に想像できます。
金券ショップを利用した現金化を検討する場合、こうしたリスクがあることを覚えておかなければなりません。

換金率は金券ショップの在庫や需給によって大きく変動する場合がある

専門業者と取引をするよりも換金率が高いことが、金券ショップを利用する場合の最大のメリットです。
ところがこの換金率は、常に一定の値で固定されているわけではありません。
ショップの在庫や売れ行きによって、換金率は大きく変化します。
そしてごく一部の店に限った話ですが……クレジットカードの現金化を目的とした金券の転売と店側が気付いた場合、金券を持ち込んだ人がお金に困っていることを見透かして、わざと低い換金率での買取を提案してくることもあります。
低い換金率での買取しかしてくれないのなら、金券ショップでわざわざ現金化をする意味がありません。
もし相場より安い買取価格が提示された場合には、すぐに踵を返すことをおすすめいたします。

クレジットカード現金化における金券ショップの利用は だんだん古くなりつつある

複数のクレジットカード

このように複数のデメリットがあることから、ここ最近金券ショップを利用したクレジットカードの現金化はメインの方法ではなくなりつつあります。
必要額の現金を用立てたいだけなのに、カードが利用停止になる不安や足元を見られる不安と直面しなければならないのでは、安心して取引をすすめることなどまずできません。
またクレジットカードで購入できる金券のバリエーションが減りつつあることから、今後ますます金券ショップを利用する方法は衰退の一途を辿ることが予想されています。

換金率が少々低くても 業者を利用するとカードが停まる心配をせずに現金化ができる

それでは、現金化を行いたい場合にはどんな方法を選べば良いのでしょうか?
貴金属やブランド品を購入して中古買取店へ「新古品」として転売する方法などもありますが、安全第一でいきたいのであれば、やはり現金化を専門に扱う優良業者に取引を依頼するのが一番です。
優良業者との取引では、換金率がやや低くなるデメリットこそありますが、わざわざカード決済に対応している金券ショップを探し歩く必要がなくなります。
また取引時には、決済代行会社を経由してカードをきることが多いため、利用停止になってしまう不安とも無縁でいられるのが嬉しいところです。
入金は「即手渡し」というわけにはいきませんが、多くの業者では当日または翌日中に指定口座へ振込入金してくれるため、速さについても申し分ありません。

顔の見えない業者と取引することに不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし口コミや比較サイトで優良業者を探し出して取引すれば、事件やトラブルに巻き込まれる危険性はほとんどありません。
実際のところ、詐欺まがいの取引を持ちかける悪徳業者はごく一握りです。
従って、評判の良い業者を吟味しさえすれば、トラブルとは一切無縁で安全に取引をすすめることができるでしょう。

安全かつ確実に現金化を行うには 優良業者と取引することがおすすめ

クレジットカードの現金化を金券ショップ経由で行う際の注意点について、解説いたしました。換金率が高いことが金券ショップを利用する最大の魅力ですが、一方で隠れたリスクがあること、そしてこのリスク対策には優良業者を選び抜いて取引をすることが一番であることにお気付き頂けたかと思います。

高い換金率と安全な取引、どちらを重視するかは百人百様です。
少しでも高い換金率での取引を希望する場合には、金券ショップでの取引が一番ですし、「1枚しか持っていないクレジットカードを使うから、安全第一かつ確実に取引をすすめたい」とお考えの方には、優良業者との取引が最適解となります。
大切なのは、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのかを知り、いざ現金化を行う際に自分にはどちらが最適なのかを賢明に判断することです。
いざ現金が必要になった時では焦ってしまうことも十分に考えられるため、平時の今のうちから、どちらが自分に適しているのかをチェックしておくことをおすすめいたします。