「クレジットカード現金化は、カード会社の規約違反や法律違反に該当しないだろうか」と考えると不安になってきますよね。

今のところ、クレジットカード現金化は法的にはグレーゾーンとみなされており、特殊なケース(ヤミ金融への加担など)を除いて利用者が罰せられる心配はありません。

ネット上に現金化業者の宣伝や口コミ情報が溢れているところを見ると、こっそり現金化を実行している人は相当数いると考えられます。

しかし、カード会社に規約違反とみなされるリスクを考慮すると、現金化を行うには慎重にならざるを得ないでしょう。

当記事では、「クレジットカード現金化がカード会社にバレたらどうなってしまうのか」「どのような場合にカード会社の規約違反になるのか」といった気になるポイントを解説していきます。

カード会社の利用規約では「現金化は原則禁止」

カード会社の利用規約では「現金化は原則禁止」
全てのクレジットカードブランド(国際ブランド)・カード会社では、利用規約においてショッピング枠の現金化を原則禁止しています。

VISA(ビサカード)やMastercard(マスターカード)といった国際的なブランドはもちろん、日本発のJCBや中国発の銀聯(ぎんれん)カードも現金化は規約違反にしています。

カード会社の利用規約に違反しても法的な罰則はありませんが、カード会社は違反者に対して相応のペナルティを課しているので、現金化のリスクは少なくありません。

また、カード業界の業界団体である「日本クレジット協会」では、現金化の排除に向けた対策や消費者への注意喚起に力を入れていますので、現金化サービス自体が縮小していく可能性があります。

現金化が規約違反にならない例外的ケース

現金化が禁止されているのはあくまで「原則として」であって、次のようなケースは例外として扱われます。

ショッピング枠で商品を購入したが間違えて購入したことに気がついたため、返品し現金で返金してもらった。もしくはサイクルショップ等に商品を売却した

飲み会でメンバー全員分のお勘定を自分が代わりにクレジットカード払いで立て替え、後でメンバー各々から現金を回収した

上記のようなケースでも厳密にはショッピング枠の現金化に該当しますが、換金自体が目的でないのであれば許容範囲内と考えられます。

後できちんと返済する意志がある限りは、成り行き上現金化することになっても特に問題にはならないでしょう。

ただし、カード会社によって細則や見解は異なっているので、念のため規約違反に該当しないか事前に確認を取っておくと安心です。

クレジットカードのポイントの現金化は規約違反にならない

クレジットカードの利用で貯まったポイントを現金化することは、規約違反にはなりません。
カード会社によってはポイントを直接現金に交換したり、カードの支払いに充当したりできるところもあります。

直接現金に交換しなくても、貯まったポイントで商品を購入して売却すれば、形としては現金化ですが、問題にはなりません。

ただ、普通ならポイントだけで高額の現金化はできないので、おまけ程度に考えておいたほうが良いでしょう。

カード会社はなぜ利用規約で現金化を禁止しているのか?

カード会社はなぜ利用規約で現金化を禁止しているのか?
カード会社が利用規約でショッピング枠の現金化を禁止しているのは、「利用者がカードの返済ができなくなるリスクが高い」からです。

手元の現金が足りないときは、普通ならカードのキャッシング枠や消費者金融等の借入れを利用するでしょう。

しかし、わざわざ禁止されているクレジットカード現金化に手を出す人は、借入れが利用できないほど困難な事情を抱えていることがほとんどです。

例を挙げるなら、すでにキャッシング枠の上限一杯までお金を借りているとか、消費者金融の審査に落ちてしまうほど信用力が低いといった事情が考えられます。

そのような人たちが一時的にクレジットカード現金化で急場をしのいだとしても、後で返済に困る可能性は極めて高いでしょう。

しかも現金化の手数料負担(約20%~30%)は借入れの金利よりも高いので、返済がより一層困難になることは目に見えています。

カードの返済ができなくなる人が増えるとカード会社としては大きな問題になるので、ショッピング枠の現金化を原則禁止しています。

現金化の利用者としても手数料で大きく損をしてしまうため、メインの金策手段として現金化を利用することはおすすめできません。

クレジットカード現金化は本当にお金に困ったときの最終手段として残しておいて、普段は極力キャッシングを利用するべきでしょう。

大手消費者金融の審査に落ちてしまったとしても、中小消費者金融に相談すると、柔軟に対応してもらえる可能性があります。

カード会社に規約違反がバレるリスクはどのくらい?

カード会社に規約違反がバレるリスクはどのくらい?
クレジットカードの会員数は多いところで何千万人という会員を保有しているので、カード会社は会員一人ひとりを常時監視することができません。

したがって、誰かがこっそりショッピング枠の現金化を行ったとしても、すぐにバレることはないように思えますが、カード会社は特定の条件に該当する会員を要注意人物に挙げ厳しく監視を行っています。

カード会社の監視対象になりやすいのは、次の条件に該当する人です。

  • クレジットカードの返済が遅れている
  • キャッシング枠一杯まで借入れをしている
  • キャッシングを頻繁に利用している
  • 換金性の高い商品の購入履歴が目立っている

上記の複数の条件に該当し、カードの利用状況に問題がある人ほど、カード会社から現金化を疑われやすくなります。

特に、自分で換金性の高い商品を購入して現金化している場合、カードの利用履歴から高確率で現金化を怪しまれてしまいます。

かといって、換金性の低い商品を目立たないように購入しても、換金率で大きく損をしてしまいますよね。

安全性と換金率の高さを両立したいなら、規約違反がバレないよう対策を取ってくれる現金化業者を利用するのが無難です。

利用規約違反になってしまったときのペナルティは?

利用規約違反になってしまったときのペナルティは?
カード会社の利用規約に違反した人には、次のようなペナルティが課されます。

カードの利用を一定期間制限されたり、キャッシング枠・ショッピング枠の上限額を減額されたりする

クレジットカードを強制的に解約させられ、その時点のキャッシング枠とショッピング枠の残債を一括返済させられる

利用規約に違反したせいでクレジットカードが使えなくなると、人によって多少の差こそあれ、現金以外での支払いができなくなり生活が不便になります。

特に、公共料金(水道光熱費)や携帯料金、保険料といった固定費用をカード払いに頼っている人は困ることになります。

クレジットカードを一度解約させられると再発行は難しくなるため、メインで使っている大事なカードは現金化に利用するべきではありません。

カード会社から残債の一括返済を請求された場合、もし返済ができなければブラックリスト入りになってしまいます。

その結果、他のカード会社や各種ローンの審査にまで悪影響が及び、生活のあらゆる場面で支障をきたすようになるでしょう。

さらに、現金化を行った人は多額の借金を抱えていても債務整理(自己破産や任意整理)ができない可能性が高いです。

借金は減らせない、つなぎ融資にも頼れないとなると、一気に貧乏生活に転落してしまうかもしれません。

このように、カード会社の規約違反のリスクを犯すというのは、思っている以上に危険な橋を渡っている状況なのです。

カード会社に現金化(規約違反)がバレないようにする方法は?

カード会社に現金化(規約違反)がバレないようにする方法は?
カード会社にクレジットカード現金化がバレないようにするには、次の対策を取りましょう。

自分で現金化するのは避ける

自分で現金化するために換金性が高い商品を購入すると、どうしてもカードの利用履歴に不審な点が残ってしまいます。

特に、現金化に利用されることが多い商品(新幹線の回数券や商品券など)の購入履歴が目立つと非常に危険です。

そこで、カード会社に規約違反がバレないよう徹底した対策を取っている現金化業者を利用するのがおすすめです。

現金化業者を利用すると、カード会社に怪しまれないように購入履歴の記載内容を工夫してくれます。

特に、キャッシュバック方式の現金化業者は安価な商品しか扱わないので、カード会社から目をつけられる危険性はぐっと減るでしょう。

普段からカードの返済はきっちり行う

カード会社からの厳しい監視を免れるためには、クレジットカードの返済を滞納しないことが重要です。

直近で3ヶ月以上の滞納がなければ分割払いが利用できるので、返済の負担が軽減できるというメリットもあります。
ショッピング枠だけでなくキャッシング枠の返済もきっちり行った上で、現金化を行うようにしましょう。

短期間で何度も現金化を行わない

短期間に何度も現金化を行うと、カード会社から疑いの目で見られてしまいます。
現金化の頻度は、多くても1~2ヶ月に1回程度にしておきましょう。
換金率が高いからと言って、同じ商品を何度も繰り返し購入することも避けましょう。

返済日に近い日は現金化を行わない

お金に困っている人ほど、クレジットカードの返済が終わって余裕ができた直後にカードを使う傾向があります。

このことから、カード会社は返済日直後のカードの利用動向には特に目を光らせています。
したがって、カードの返済日からしばらく間を開けて現金化するほうが比較的安全です。

複数のクレジットカードに分散して現金化を行う

一枚のクレジットカードを使って何度も現金化を行うと怪しまれるので、複数のクレジットカードを使い回して決済を分散させましょう。

複数のカードを発行してもらい管理するのは少々面倒ですが、新規申込みだけでポイントがもらえたり、お得な付帯特典がついてきたりといったメリットもあります。

無料で発行できて維持費もかからないクレジットカードはたくさんあるので、現金化用に気軽に使えるカードを複数枚用意しておきましょう。