ネットショッピングを行っている女性

スマホアプリが普及していく中で、多くの人が利用しているフリマアプリ。フリルやミンネなど様々な種類がありますが、中でも一番人気で、フリマアプリの主流となっているのがメルカリです。利用者の数だけでなく客層も幅広く、様々な目的で利用されています。

不用品を売ったり買ったりするだけでなく、大量仕入れしたものを売る半業者のような使い方もできるメルカリは、クレジットカードの現金化に使うことも可能です。

こちらでは、クレジットカードの現金化をできるだけ安全な方法で行いたいという方のために、メルカリでクレジットカードの現金化をする方法を紹介していきます。

関連ページ:メルカリで現金が出品される理由とは?

クレジット現金化って何?

そもそもクレジット現金化って何?と思う人もいるかもしれません。メルカリを使ってクレジット現金化をする方法を紹介する前に、クレジットカード現金化の仕組みについて紹介していきたいと思います。

クレジットカードの現金化は、簡単に現金を作る方法として知られているので、消費者金融などと混同して考えている人もいますが、全くの別物です。審査やローン不要で、必要な現金の工面をすることができるので、多くの人が利用しています。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。買い物をするときに使えるのがショッピング枠で、クレジットカードで直接現金を引き下ろすことができるのがキャッシング枠です。キャッシング枠は限度額も低いことが多く、利子も付きますが、ショッピング枠の限度額は、カード会社にはよりますが、高額まで引き上げることも可能ですし、1回払いや2回払いの場合は利子も付きません。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を使って現金を作ることを言います。普段、クレジットカードを使って買物をする感覚で、買い物をして、それを高い買い取り額で買い取ってもらったり、キャッシュバック機能付きの商品をクレジットカードで購入したりして、現金を手元に作ります。

クレジット現金化の専門業者を利用して現金化を行うと、高い換金率で買い取ってもらえる商品やキャッシュバック付きの商品を紹介してくれるので、仕組みを理解していなくても、指示に従っていけば、現金化することが可能です。

でも、クレジット現金化の仕組みをしっかり理解していれば、自分でクレジットカードのショッピング枠を上手に使ってクレジット現金化をすることができます。業者を利用すると、不明瞭な手数料を引かれたり、低い換金率での取引になってしまうリスクや、クレジットカード会社に怪しまれるリスクなどがありますが、自分で行う現金化には、目立ったリスクはありません。

メルカリを使ったクレジット現金化も、自分でクレジットカード現金化を行う方法の一つです。業者を利用するよりは手間がかかり効率も悪いですが、安心感と気軽さが何よりの魅力です。

メルカリでクレジットカードを現金化する方法

ネットショッピングの様子

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して行うということが分かれば、フリマアプリやオークションサイトを利用して自分でクレジットカード現金化をすることが可能です。

大手フリマアプリのメルカリには幅広いジャンルの商品が取り扱われていて、たくさんの利用者がいるのでクレジット現金化にもぴったりだといえるでしょう。

メルカリを使ってクレジット現金化を行う方法はとても簡単です。クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品を出品し、売れるのを待つのです。出品した商品が売れれば、指定した口座に売上金額が振り込まれますから、現金を使わずに購入した商品を売って現金を作ることができます。つまり、クレジットカードの現金化です。

この方法は、クレジットカード使って現金を作らなくても、高く買い取ってもらえそうな手持ちの商品を売れば現金が手に入るので、クレジットカードなくてもできる点です。現金を工面することができるので、メルカリの利用者の中には一種のビジネスとして、商品の販売を行っています。活用すれば、確実に現金を得ることができます。

ただ、メルカリで、クレジット現金化を行う際には注意したいポイントがあります。クレジットカードの現金化をしたいと思う人は、急ぎで現金が必要な人でしょう。メルカリで現金化をする場合は、現金化業者を利用する場合と違い、出品している商品がいつ売れるかわかりません。すぐに売れるかもしれませんし、なかなか売れないことも十分にあり得ます。

いつ現金が手に入るかはっきりしないので、すぐに現金が必要な人には不向きの方法です。クレジットカードで購入した商品代金が引き落とされるまで、メルカリで商品が売れなければ、現金化は失敗です。

だから、メルカリでクレジット現金化を行うなら、商品が確実に売れるように工夫をする必要があります。一番簡単なのは、誰よりも安く売ることです。同じような商品の中で一番安ければ、優先的に買ってもらえます。

現金化のスピーディさを求めるなら、安い価格設定が一番効果のある方法です。自分が購入した価格よりも安い価格で売るわけですから、現金化の換金率は当然下がります。でも、現金は確実に手に入ります。他の出品者の価格設定もチェックしながら、どのような価格をつけるかがメルカリで商品を買ってもらうときの一番の重要ポイントになります。

早く売るためのコツは、安い価格で売ることだけではありません。何を売るか、という商品選びも重要ポイントとなります。高額の現金化を目的としているからと言って、何十万もするブランドバッグを購入して売っても、購入価格よりも相当安くしないとなかなか売れないでしょう。

ブランドバッグが欲しいと思っている人は、相当な価格的魅力がない限り、メルカリを利用して購入するよりも店舗で実物を見てから購入したいと思うはずです。状態の良い中古費をお買い得で購入するというのなら話は別ですが、店舗と大差ない価格の新品商品をメルカリで購入したいと思う人は少ないでしょう。

ですから、売りやすいものを選ぶということは重要になってきます。現金化したい金額が決まっていても、高価な商品1つの売り上げを目指すのではなく、確実に売れる複数の商品を出品して、トータルで現金化の目標価格を目指す方が手堅い方法だといえます。もちろん、出品する商品が増えるほど、全部売れるまでにかかる時間が長くなる可能性も上がるので、早く売るための商品数と価格の一番良いバランスを考えていく必要があります。

配達の受け取り

メルカリの他の出品者がどのような商品をどれくらいの価格で売っているのか、どんな商品が人気ですぐに売れるのかなどをチェックすることは大切です。それらを参考に、クレジットカードのショッピング枠で購入する商品を決めていきます。

また、クレジット現金化をするためだけでなく、メルカリで出品した商品を早く売るための一般的な方法も抑えておきましょう。

例えば、送料についてです。着払いの商品よりも、送料込みの商品の方が売れやすいです。その他、商品発送までに時間がかかる出品者よりもスピーディな対応をしてくれる出品者の方が選ばれます。自分が商品を購入する側だったらどんな人から商品購入したいかどうかを考えて、選んでもらえるような販売の仕方を心がけましょう。

また、メルカリには出品者のトップページがあります。取引の実績が記載されるので、信頼を測る情報となります。クレジット現金化のためだけに利用する人もいますが、実績の少ないうちは、商品が売れるまでに時間がかかるかもしれません。また、商品ページに商品が少なすぎるのも警戒されるので、クレジット現金化を目的とする商品の他に、手持ちの商品を出品しておくのも、アプリを使い込んでいるように見えておすすめです。

クレジット現金化はメルカリでもできる!

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を作る、クレジットカード現金化。メルカリを使っても現金化をすることは可能です。商品の購入から販売、値段の設定と交渉など、全て自分で行うので、とても安全な方法だといえるでしょう。

でも、メルカリでのクレジット現金化は商品がいつ売れるのかわからない、売れるまで現金が入らないという大きなデメリットがあります。なるべく早く確実な方法で売れるようにする工夫は必要ですが、それでも、不安定な方法だということには違いありません。

確実に、効率よく、スピーディにクレジットの現金化を行うなら、メルカリを利用するよりも、クレジット現金化業者を利用する方が良いかもしれません。

インターネットには、クレジット現金化業者が数多くあります。インターネットでお金の取引をするのに抵抗があるという人も少なくないかもしれませんが、現金化業者には優良店もたくさんあるので、優良店を選べば、安心してクレジット現金化をすることができるはずです。ネット店に比べて数は少ないですが、実店舗の現金化業者も存在します。

メルカリでのクレジット現金化が上手くいけば、とても気軽で安全な方法ですが、手間や効率の悪さを感じる場合は、現金化専門業者を利用してみるのもおすすめです。

クレジットカードの現金化は、消費者金融でお金を借りるのとは全く異なります。利息やローン不要で現金を作ることが可能なので、とても気軽ですが、メルカリで現金化をする場合も、現金化専門業者を利用する場合も、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品の代金は必ず支払わなければなりません。

カードの引き落としまでには、支払いの準備をしておかなくてはいけないということを忘れず、無理のない返済計画でクレジットカード現金化を利用するようにしましょう。