2017年4月、人気フリーマーケットアプリのメルカリで、現金が出品されているとネット上で話題になりました。この現金出品、1万円札4枚を4万7千円で出品するなど、何のためにするのか一見理解しがたいものでした。しかし、明らかに落札者が損をすると目に見えているこの現金出品になんと落札者が相次いだのです。ではなぜ、メルカリで現金が出品される事態になったのでしょうか?

話題になったメルカリの現金出品は誰に需要があるの?

ネット上で「理解できない」と話題になった現金出品ですが、普通に考えれば4万円の紙幣を4万7千円で買うなんておかしな話ですよね? 確実に7千円損をしてしまうのが目に見えています。しかし、落札者が存在したということは、それだけ需要があるということです。では、このメルカリの現金出品は、誰に需要があったのでしょうか。それは、「今すぐに現金が必要な人」です。

今すぐに現金が必要だけど、お金を借りられない多重債務者

クレジットカードが使えない

通常、急に現金が必要になった場合は、金融機関のカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用し、ATMなどから現金を得るのが一般的です。
しかし、債務超過に陥っている、多重債務を抱えているなどの方は、信用情報が悪くカードローンや銀行のキャッシングに申し込めず、闇金から借りたお金を用意できないなど切羽詰まった状況に立たされている場合が多いです。

そして、正攻法で現金を得られないならば、クレジットカードのショッピング枠を利用してメルカリで現金を落札し、とりあえず手元に現金を用意しよう、という魂胆になるのです。
クレジットカードのショッピングで使用した分の請求は月に1回のため、とりあえず支払いを先延ばしにして現金を得ることができます。これが、わざわざ紙幣以上の金額を支払ってまで現金を落札する理由です。

カードローンやキャッシングでは、貸したお金を返してもらえなければ貸した側が不利益を被りますが、フリマアプリで現金を売った出品者は、お金を貸したのではなく商品として売ったため、商品の代金として差額がもらえます。
また、もし落札者が債務超過に陥ってクレジットカードの支払いが滞ったとしても出品者には関係がないため、楽をして稼げると現金出品が相次いだと考えられます。

収入があるとバレたくない生活保護受給者が落札するケースも

パソコンとオークションのハンマー

落札者は生活に困窮した多重債務者であるとお話しましたが、落札者となっている可能性が高いのが、生活保護受給者です。
生活保護受給者は、月々の収入を担当職員に正確に申告する義務があります。保護費は健康で文化的な最低限度の生活を送るために必要な金額のみを補償するため、収入が上がればそれだけもらえる金額は少なくなります。
また、本人の申告以外に担当職員が銀行口座の調査を行って虚偽申告を阻止します。そのため、メルカリなどのフリマアプリで商品を売り収入を得て、売上金が銀行口座に入ってしまうと保護費が減額されてしまいます。

収入を得たいけれど保護費も減額されたくないというわがままに一役買ったのが、今回の現金出品です。メルカリでの売上をアプリ内でポイントに変換し、そのポイントで現金を購入すれば、売上が銀行口座からバレることもなく、商品として現金を受け取ることができるのです。
一見収入があると分からないため、現金出品を利用する生活保護受給者は一定数いると見られますが、これは担当職員を欺く違法・脱法行為ですので、絶対にしてはいけません。

現在は現金の出品が禁止!現金の売買は違法なの?

スマホと禁止マーク

この現金出品に関する一連の騒動により2017年4月22日、メルカリは現金の出品を禁止しました。現在では現金の出品を見つけ次第、順次削除しています。
犯罪によって得られたお金を正当な手段で得たものに見せかけ、証拠を隠ぺいすることをマネーロンダリング(資金洗浄)といいますが、メルカリはもともと規約上でこのマネーロンダリングを禁止しています。
今回の現金出品は法律には違反していないものの、クレジットカードのショッピング枠を使うことで、現金を得たことを分かりづらくするという狙いもあり、マネーロンダリングに繋がる危険性があるとして、禁止することとしました。

しかし、現金の出品を全て禁止にするというのは難しい傾向にあります。なぜかというと、旧紙幣や旧硬貨を集めるコレクター達のために、現金が出品されることもあるからです。例えば現在の千円札の肖像画は野口英世ですが、2004年に替わるまでは夏目漱石でした。このように、数年または数十年ごとに肖像画が替わることで、以前の紙幣が珍しくなり、その紙幣本来の価値以上の金額を出しても欲しいというコレクターがいるのです。実際に今回の騒動が問題となる前から、メルカリの出品物カテゴリーの中には、旧紙幣や旧硬貨を対象とした「貨幣」というカテゴリーがありました。そのため、貨幣の出品を全て禁止するということは難しいとされます。

しかし、今回の現金出品により需要者がいるとわかり、さらに簡単に収入を得られると味を占め、「コレクション目的」と謳って利益のために旧紙幣を出品するケースもあるのが事実です。メルカリ側は、現金の取り扱いを一律禁止にするのは難しいとしながらも、今後は目視で対応していくなど監視を強めることとしています。

メルカリでもう現金は入手できない?ではクレジットカード現金化なら確実に入手可能!

スマホとクレジットカード

メルカリでは現金が入手できなくなってしまいましたが、日本には昔からクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を購入するという「クレジットカード現金化」をビジネスとしている業者がいます。そこで、どうしても現金が必要だという場合は、クレジットカード現金化をオススメします。

クレジットカード現金化は、一見クレジットカードで通常の買い物をしたと見せかけて、実際は現金の受け渡しを行うというものです。例えば、絶対にそんな価値はないだろうという安物のアクセサリーを10万円などの高値をつけて消費者に売り、その商品にキャッシュバックをつける、業者が買い戻すなどによって現金を手にできるのです。
こうするとクレジットカードの履歴上は商品の購入分が残るのみですので、あくまで買い物のキャッシュバックという形で現金を手にすることができます。

なぜ法律で禁止されないかというと、どう見ても価値がないと思われる商品なのかどうかを正確に見分けることが困難だからです。商品の取引が実際にはないのにあったと見せかけることは、詐欺行為として法律違反になりそうですが、誰が見ても無価値と思われる商品でも、購入者本人がその商品に10万円の価値があると考えたならば、10万円で取引されてもおかしくないですよね? このため、法律で一括禁止にすることは難しいのです。

どうしてもお財布が厳しいときには、このクレジットカード現金化をオススメします。

まとめ

メルカリでは手元にあるクレジットカードのショッピング枠を現金化することができなくなってしまいました。そこで、「どうしても!」という方には専門の業者を使った現金化をオススメします。