手元に現金がない!クレジットカードを使えばすぐに現金を用意できる!

「今月は友人の結婚式があるのに財布がピンチ!」「年末でいろいろと物入りの時期なのに冬のボーナスが出なくて困っている…」など、現金が今すぐ必要な方にとってクレジットカード現金化は心強い存在となっているかと思います。
しかし、現金を手に入れる方法には、クレジットカード現金化でなくても消費者金融やフリーローンなどもあります。
そもそもクレジットカード現金化はカード会社が禁止している行為であり、現金化をしていることがバレてしまうと強制解約や一括請求といったリスクを負うことにもなり兼ねません。
ではなぜ、リスクがあるクレジットカード現金化の利用者が後を絶たないのか?なんのために利用するのか?
今回はそんな疑問を解決するために、クレジットカード現金化のメリットから見えてくる利用目的を紹介します。

クレジットカード現金化を利用する前に知っておきたい3つのリスク

クレジットカード現金化は違法行為として罪に問われることはありませんが、カード会社が禁止している行為ですので見つかった場合は何かしらのリスクを負う可能性があります。
主に考えられるリスクは3つ!
クレジットカード現金化を利用する前に必ずチェックすべき項目です。

利用停止・強制解約

禁止マークとクレジットカード

現金化の利用頻度にもよりますが、カード会社にバレてしまった方のほとんどは利用停止、もしくは強制解約になることが多いようです。
クレジットカードが使えなくなるので現金化をはじめ、ショッピングやサービス代金をクレジットで支払うことができなくなります。
クレジットカードの利用頻度が多い方にとっては、大きなデメリットになります。

また、強制解約させられても違うカード会社でクレジットカードを作ればいい、なんて思っていませんか?
クレジットカード現金化はブラックリストに載せられることが多いので、他社でクレジットカードを作ろうと思っても審査が通らなかったり、さらには金融関係のローン(マイカーローンや教育ローンなど)を組めなかったりする可能性も出てきます。

一括請求

現金化を利用したことがバレてしまい強制解約となった場合、分割払いにしていた支払いを一括で返済させられることがほとんどです。
返済できれば問題ありませんが、あまりにも額が大きくて一括返済ができないと給料や銀行口座を差押えられることとなり、借金していることが会社の人に知られてしまう可能性があります。
もし一括返済が難しい場合は、カード会社に相談して返済する姿勢を見せれば差押えを免れることができるかもしれません。

自己破産ができない

カード会社が禁止しているクレジットカード現金化を利用しての自己破産は、免責不許事由(自己破産の免責が認められないケース)になっているため、裁判所は自己破産を認めません。
そのため、現金化をしていると、借金をゼロにして再スタートすることがとても難しくなります。
しかし、「悪質でない」「組織的でない」「本人が深く反省している」などと裁判所が判断すると、免責許可が下りるケースもあります。
クレジットカード現金化をしたから絶対に自己破産できない!とは言えませんが、通常の借金よりもリスクが高いのは言うまでもないでしょう。

リスクがあるのにクレジットカード現金化を利用するのはなぜ?

クレジットカード現金化は便利で、しかもカードさえあれば審査なしで誰でも利用できる手軽感から利用者は年々増加傾向にあります。
実際、クレジットカード現金化の専門業者も増えているので、需要があるのは確かです。
しかしリスクが全くないわけではありませんから、利用するにはリスク以上のメリットがなければいけません。
何のためにクレジットカード現金化を利用するのか?
メリットを知ることで利用目的が見えてきます。

買い物感覚で利用できる

金融関係のローンや消費者金融は敷居が高くて、利用するのに抵抗を感じる方は少なくないはずです。
しかしクレジットカード現金化はキャッシングではなくショッピング枠を使うので、お金を借りるという意識が薄れます。
また現金化業者のほとんどはネット上で完結するため、ネットショッピングの感覚で利用している方は多いかと思います。

さらに現金化は、クレジットカードさえ持っていれば誰でも利用することができます。
現金を手に入れる方法の中では金融関係のローンや消費者金融よりも手軽感があり、初めての利用でもハードルを低く感じられるでしょう。

周囲にバレない

通常、借金すると保証人や職場に在籍確認の電話がかかってくることがあります。
しかしクレジットカード現金化は融資や借金とは違うため、保証人も必要なければ在籍確認されることもありません。
例え収入のない主婦が利用する場合であっても、クレジットカードさえ持っていれば現金化することができるので、ご主人にバレることもないでしょう。
「ご主人に内緒でブランドバックを購入した」、「今月の家計が大ピンチ!」なんて時にクレジットカード現金化は救世主となってくれるはずです。

すぐに現金が手に入る

クレジットカード現金化を利用する際、面倒な手続きは必要ないので、申し込みから振り込みまで時間がかかりません。
利用する現金化業者にもよりますが、申し込みしてから最短1時間以内で完了するところもあります。
例えば給料日前の冠婚葬祭や急に飲み会が入っても、現金化を利用すれば焦らずに対応することができます。

信用情報に載らない

金融機関でお金を借りた場合、その情報は信用情報機関に履歴として残ります。
万が一、返済の滞納や自己破産といったトラブルが起きた場合、新たなローンを組むことや借金をすることが難しくなってしまうので、できれば信用情報機関に情報を残したくないという方は少なくないでしょう。
クレジットカード現金化ならショッピング枠を利用した買い物と同じ扱いになるので、借金には該当しません。したがって信用情報に載ることもありません。

「借り入れ金額が少ない」「短期間だけの借り入れ」など少し利用するだけなのに、その都度信用情報に載せられるのは避けたいという方にとって、クレジットカード現金は都合の良い方法と言えます。

支払い方法を選べる

現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用するため、分割やリボ払い、ボーナス払いなどお財布事情に合わせて返済方法を選ぶことができます。
キャッシングは一括払いのみだったり、分割手数料が高すぎたりすることが多いので、通常のお買い物と同じように支払えるクレジットカード現金化は、何かと利便性に優れています。
また、利息に関してもキャッシングよりショッピング枠のほうが低く設定されていることが多いので、支払い総額を抑えることができます。

リスク以上のメリット!借り入れよりも敷居が低いから誰でも簡単にできる

年々、需要が高まっているクレジットカード現金化ですが、利用したことがない方にとっては「わざわざ何のために利用するの?」と疑問に感じるかもしれません。
クレジットカード現金には幾つかのリスクがあるので、確かにそんな疑問を抱いても不思議ではありません。
しかし、利用者にとってはリスク以上のメリットがあるのです。

  • ショッピング枠を使うため買い物感覚で利用できる
  • 審査がないので周囲にバレる心配がない
  • 申し込みから完了までが早い
  • 信用情報に載らないので安心
  • お財布事情に合わせて返済方法を選べる

近年キャッシュレス化が進んでいますが、それでも現金が必要になる場面は多々あります。
冠婚葬祭やクレジットカード使用不可のお店での清算、町内会費など、現金が必要な際はクレジットカード現金化を利用してみてはいかがですか?
金融ローンや消費者金融から借り入れするよりも敷居が低く、収入のない主婦の方もクレジットカードさえ持っていれば簡単に現金化することができます。

クレジットカード現金化の意味とは?

クレジットカードは本来、キャッシング枠を使ってATM(またはキャッシュディスペンサー)から借入をするか、ショッピング枠で買い物をするか、といった使い方しかありませんでした。
ところが、クレジットカード現金化という手法の登場によって、ショッピング枠を現金に換えることができるようになったのです。
もちろん、現金化した分の枠は、後でカード会社に返済しなければなりません。

キャッシングとの違いは、まず一つ目に、クレジットカード現金化はショッピング枠の返済となるため、手数料が若干お得になる点です。
ショッピング枠なら、1~2回目までの返済は手数料無料になることが多く、早めに返済を完了すれば、借入金利より負担が軽くなります。
また、カード会社の厳しい審査が無いので、気軽に申し込むことができるのに加え、仕組みさえ分かれば自分で現金化も可能です。

クレジットカード現金化が、消費者金融等の貸金業者を押さえて浸透し始めたのは、あるきっかけによります。
それが、グレーゾーン金利の撤廃による、貸金業界の縮小です。

グレーゾーン金利とは、「利息制限法」の定める上限金利20%より、約9%の範囲で高い金利のことです。
なぜこのような金利がまかり通っていたのかというと、利息制限法より効力の強い「出資法」に基づいて、貸金業者が高額な金利に設定していたからです。
出資法では、利息制限法の上限金利20%より9.2%高い、29.2%までの金利で貸付が可能です。
つまり、グレーゾーン金利とはこの20%~29.2%の間を刺しているのです。

このような出資法による抜け穴が、貸金業法の改定によって無効となり、貸金業者は以前ほど金利で儲からなくなってしまいました。
その結果、倒産する貸金業者が増え、融資の審査基準も厳しくなったため、借入のアテに困る人々が増えました。

その需要を狙って登場したのが、クレジットカード現金化です。
現金化は融資とは全く違う方法で、低所得者や多重債務者でも気軽に利用できるため、あっという間に広まったのです。

では、どうやってショッピング枠を現金に換えるのかというと、主に2つの方法があります。

クレジットカード現金化はキャッシングやカードローンとどう違う?

グレーのクレジットカード

キャッシング、カードローン、そしてクレジットカード現金化、この3つの違いは借入時に利用する枠にあります。
カードローンは用途が現金の借入に絞られており、業者も現金を貸し付けるための枠として利用限度額を設定しています。
またキャッシングもカードローンと同じく、お金を直接借りるための枠として設定されています。
この2つは法律によって金利や利用限度額に規制がかけられており、ショッピング機能のみのクレジットカードと比べると利用にあたっての審査も厳しい傾向があります。

一方クレジットカード現金化は、キャッシング枠ではなく街中でのショッピングや月額料金の支払いなどに用いるショッピング枠を利用して現金を入手します。
その際カード会社から直接現金を受け取るのではなく、現金化を手がける業者から現金を受け取るため、金利の代わりに取引の手数料を支払う必要があります。
この手数料は、キャッシングやカードローンの金利と比べると割高で、一見メリットがないように思えます。
また業者を介するためにやや手間と時間もかかり、ATM操作だけで借入が手軽にできるカードローンに比べるとスピード面でも見劣りしてしまうことは否めません。

しかし、クレジットカード現金化には、キャッシングやカードローンでは得られない大きなメリットがあります。
このメリットを上手く活かせば、場面によってはカードローンなどよりも更に便利に、現金を工面することができるのです。

クレジットカード現金化はどんな時に使うのがおすすめ?

それでは、クレジットカード現金化はどんな場面で使うのがオススメなのでしょうか?
2つの具体例を挙げて見ていきましょう。

現金が必要なのにキャッシングやカードローンの審査に落ちてしまった時

キャッシングやカードローンの審査に落ちてしまった時にカードがあれば、即日入金のメリットもあり! width=

冠婚葬祭や税金の支払いなど、現金が必要になる場面は数多くあります。
そんな時に手持ちのお金が不足していて、かつキャッシングやカードローンの審査に落ちてしまうと、万策が尽きたように感じてしまうでしょう。

そんな時にはクレジットカードの現金化が役立ちます。
手数料こそかかりますが、WEB上の業者であれば最短即日で入金してもらうことができ、手元にあるクレジットカードを利用するので改めて審査を受ける必要もありません。

また現在クレジットカードを持っておらず、新たにカードを発行してもらう場合でも、ショッピング枠のみのクレジットカードであれば、カードローンやキャッシング機能つきのクレジットカードより審査が易しいので、発行を断られる可能性はグッと低くます。
審査が不安な方にとって、クレジットカードの現金化は便利かつありがたい手段として役に立ってくれることでしょう。

多額の現金を用立てたい時

限度額は年収の1/3まではローン可能!

カードローンやキャッシングの限度額は年収の1/3までと定められています。
これは、過剰な貸付を予防するため「総量規制」と呼ばれる規制が、貸金業者や信販会社にかけられているからです。

確かに、借り過ぎは決して良いことではありません。
しかし多額の現金が必要な時には、この規制がかえって足かせとなってしまうことはよくあります。
クレジットカード現金化であれば、ショッピング枠を利用するため、この総量規制が足かせになることはありません。
またショッピング枠は年収とほぼ同額かそれ以上の金額に設定されていることが多く、手数料にさえ目をつぶれたら短時間で多額の現金を工面できます。

またリボ払いや分割払いを活用すれば、返済を細分化することもできるため、カードローンやキャッシングと同じく計画的な返済プランを作っていくことももちろん可能です。

具体的な手順と使い所を知っていれば クレジットカード現金化はより便利な現金調達手段になる

キャッシングやカードローンとクレジットカード現金化との違い、そして実際の取引の流れについて解説いたしました。同じ現金を得るための方法であっても、カードローンやキャッシングと比べて取引の流れや得られるメリットが大きく違うことがお分かり頂けたかと思います。

「手数料が高いから、クレジットカード現金化はメリットがない」
このような意見をネット上では多く目にします。
しかしクレジットカードが既に手元にあれば、新たな審査を受ける必要がなく、利用枠次第では年収の1/3以上の現金を工面することも可能です。
このメリットを考えると、現金化はキャッシングやカードローンとは違った、魅力がある便利な現金調達の手段といえます。
どれか一つに絞り込むのではなく、必要な金額や場面に応じて、最もピッタリな現金調達方法を選択していくことをオススメいたします。

クレジットカード現金化に業者を介することで得られる3つのメリット

レジットカードの現金化は、カードローンやキャッシングと同じく現金が必要な時に役立つ資金調達の手段として近年人気を高めつつあります。また優良な取引業者が数を増やしたことにより、今までよりも更に便利に現金を工面できるようになったことが主な特徴です。

換金性の高い商品に心当たりがあれば、自分で現金化を行うこともできますが、おすすめは信頼できる優良業者へ取引を依頼することです。
やや高めの手数料が発生することがネックですが、業者を介することで迅速に現金を用立てられることに加え、キャッシングやカードローンにはないメリットを享受することもできます。

そこで現金化取引で業者を利用することによって得られる、いくつかのメリットをご紹介いたします。

審査不要で現金を工面できる

クレジットカードを発行した時に 必要な審査はもう済んでいる

「業者を介する」とはいっても、カードローンやキャッシングと違い、利用にあたって審査を受ける必要は一切ありません。
なぜなら現金化取引は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を工面するため、そもそもカードを発行する時点で、審査はクレジットカード会社によって行われてしまっているからです。

審査無しでの利用はカードローンやキャッシングでは不可能 けれど現金化であれば可能!

なるべく早く現金が必要な時には、落ちる不安がある審査はできればパスしたいもの。
とはいえ、カードローンやキャッシングを新たに申し込むにあたって、審査なしで利用することはもちろんできません。
けれども現金化の業者を利用すれば、一見不可能に見えるこのニーズを満たすことだってできるのです。

借金ではないため 身元調査があっても心配無用

身元調査時に借金が見つかると 困った事態になる可能性がある

結婚や就職をする際、身元調査を受ける可能性があることをご存知でしょうか?
身元調査で調べられるのは主に、交友関係や家族など人間関係や家系に関するものが中心ですが、調査対象には借金の有無も含まれています。
この時もし借金が見つかったら、のちのち様々な支障が生じる可能性も、十分に考えられます。

現金化を行ったか否かは 身元調査ではわからない

けれども心配は無用です。クレジットカードの現金化は借金に分類されないため、仮に取引の直後に身元調査を受けたとしても、「借金を背負っている」と調査結果が出ることは100%ありません。現金化はあくまでクレジットカードのショッピング枠を利用した一決済に過ぎず、興信所や探偵による調査でも普段の買い物と現金化の決済を正確に見分けることはほぼ不可能です。
従って、近々身元調査を受ける予定があったとしても、何も心配することなく取引を行うことができます。

入金が早いため ご祝儀などの急な入用にも対応可能

最短即日で現金を用立てられる

多くの現金化業者では、申込を受け付けてから最短即日で指定口座へ振込を完了させるサービスを提供しています。
そのため、結婚式のご祝儀や延滞金の発生が迫っている納税など、急を要する入用が発生した場合であっても現金の工面が可能です。
この現金化にかかる手間と時間を最小限におさえられるメリットは最大の特徴といってもいいでしょう。自分で現金化を行う場合、換金性の高い商品を選び、実際にカードで購入し、金券ショップや中古買取店へ持ち込んで転売するという3つのステップを踏みます。
なるべく早く現金が必要な時、これらの手順を踏むのは面倒なことに加え、多くの時間を要することが容易に想像できますね。

業者との取引の場合、住所や氏名、カード情報などを入力する申込手続きを行ったら、あとは入金を待つだけです。
処理が早い業者なら申込当日中に指定口座へ振り込まれるため、時間を短縮できることが大きなメリットに挙げられます。

自力でも現金化はできるけれど…

新幹線の回数券や百貨店の商品券など、換金性の高い商品をクレジット購入し、それを転売すれば自力で現金化を行うことも確かに可能です。
しかしその場合、商品探しと購入、転売をすべて自分で行わなければならないため、時間と手間を要するデメリットがあります。
一方、業者へ取引を依頼すれば、手数料がかかる代わりに無駄な時間と手間の一切を省くことができます。
手数料負担が必要であることは確かにネックですが、なるべく早いうちに現金が必要な場合には、やはり業者の利用がおすすめです。

カードが利用停止になるリスクを回避できる

換金性の高い商品を多額に購入した場合、クレジットカード会社の不正利用検知システムによって自動的にカードが利用停止になってしまう可能性があります。
一度利用停止になってしまうと、普段の買い物はもちろんのこと、毎月の電気代や携帯料金の支払いなど月々の支払いにカードを用いることが一時的にできなくなってしまうため、大きな不便が生じてしまいます。
そのため自分で現金化を行うと、突然利用停止になるリスクにヒヤヒヤしながら取引を進めていかなければならないデメリットがあるのです。

業者を利用する場合、利用停止への不安は一切無用です。
現金化業者がカード決済を行う際は、カード決済を専門とした代行会社を用いて安全に取引を行うため、カードが利用停止になってしまうことなく取引を行うことができます。
また、カードが使えなくなる不安と無縁であるということはつまり、多くのカード決済を行えることにもつながります。
そのため、多額の現金が必要な時にも安心してクレジットカードの現金化を行える点は、隠れたメリットです。

初めてのクレジットカード現金化は 不安や疑問を払拭してからがおすすめ!

これから初めてクレジットカードの現金化を行う方が思い浮かぶ疑問とその答え、そして具体的な取引手順について解説いたしました。
取引にあたって不安を抱いていた方であっても、利用者であれば違法性はまったくないこと、優良業者を選んで取引をすればトラブルに巻き込まれる可能性はまずないことがおわかり頂けたかと思います。

過去のニュースや一部のWebサイトでのネガティブな掲載内容から、クレジットカードの現金化に大きな不安を抱いている方は決して少なくありません。

もし参考にするなら、個人の顔が見えるブログだと信用できます。読者の多いブログや、素性のはっきりしている人が書いているブログなら、信用を失わないためにも嘘はつけないからです。

詐欺サイトでないかどうかはもちろん、詳しい手続きのやり方や接客・トラブル対応など、宣伝だけでは分からない実態が伺えます。現金化を初めて利用する人は、個人ブログの体験談を参考にしてみると、安心してスムーズに手続きが行えるでしょう。

また、比較サイトや匿名掲示板では、良い口コミはあまりあてにできませんが、悪い口コミは参考になります。業者は不利益になる書き込みは行わないので、利用者の本音であると考えられるからです。悪質な業者を判別するという目的のためなら、匿名もひとつの判断基準にしてみましょう。

しかし実際の状況を知ると、安全かつ便利に活用できる資金調達手段であることが理解いただけたのではないでしょうか?
家賃の支払いや年金の支払いなど、多額の現金が必要になる場面は思いのほかたくさんあるものです。
そのような場合には、カードローンやキャッシングと併せて、手軽に現金を工面できる方法の一つとして活用されることをおすすめいたします

まとめ

現金化業者を選ぶ際には、換金率を重視しがちですが、それ以上に重要なのが「信頼できる業者であるかどうか?」です。
高い換金率だけで業者を選ぶと、カード盗用や現金未払いなど散々な目に遭って、損するどころの話では無くなります。

「比較サイトで評価が高かった」「口コミで評判が良かった」という基準だけで、業者を選ぼうとしている人も要注意です。
先述したように、比較サイトやネットの口コミでは、業者の自演が混じっていることがあるので、今ひとつ信用に欠けます。
他社の評価に頼らなくても、正しい知識を持っていれば、自分で優良店を見つけることは可能です。

現金化業者を選ぶときは、上記で述べてきた優良店の特徴に該当しているかどうかを、一社ずつ自分の目で確かめましょう。
取引実績が多数あり、かつ運営歴の長い優良店はいくつもあるので、慎重に探せば、あなたに合った安全な業者は必ず見つかります。