大手のクレジットカード現金化業者なら安心して利用できる

クレジットカードのショッピング枠を使って行う、クレジットカード現金化をご存じでしょうか。

クレジットカードで現金を得る方法としては、キャッシング枠を使って借金する方法が一般的です。
しかし、限度いっぱいお金を借りてしまい、これ以上キャッシングができなくなった人や、新たなカードを作ろうとしたが審査に通らなかった人たちの新たな現金入手方法がショッピング枠の現金化です。

なぜショッピング枠を使うの?

最近では、キャッシング枠を使うと「借金」として信用情報に記録が残ってしまうことから、信用情報に瑕がつかないショッピング枠の現金化を最初から利用するという人も増えているようです。

キャッシングは「借金」というイメージですが、現金化は買い物感覚で行えることから、利用のハードルが下がっているのかもしれません。

知っておきたい!クレジットカード現金化の実態

クレジットカード現金化は、緊急に現金が必要になった時に一時的に利用するのであればいいのですが、現金化した商品の購入代金が引き落とされる日に現金が用意できず、また新たに現金化する…といったことを繰り返してしまうと、後々行き詰まってしまうことは目に見えています。

クレジットカード会社はクレジットカードの現金化を不正利用として禁止しています。

そのため、ショッピングの目的が現金化であることをクレジット会社に知られたら、クレジットカードが即利用停止となってしまい、全額一括返済を求められる事態になることもあります。

支払いができなくなって、自己破産の道を選ぼうとしても、現金化が理由の自己破産は裁判所で認めてもらえない可能性が高く注意が必要です。

クレジットカード現金化が周知されるようになって、専門に扱う業者が増えています。

インターネットで「クレジットカード現金化」と検索すると、沢山の現金化業者の名前が出てきます。
利用する人は、できれば換金率が高く、現金化までの日数が短い業者を選びたいと考えるでしょう。

しかしその中には、悪徳業者が混ざっている可能性があります。
悪徳業者に捕まり不利な条件で契約をしてしまうと、焦げ付く可能性が高くなります。

クレジットカード現金化を行う場合、信頼できる大手専門業者を利用することをおすすめします。
大手専門業者をおすすめする理由と、専門業者の選び方について紹介します。

買取式・キャッシュバック方式で悪徳業者を利用した失敗例

買取式・キャッシュバック方式で悪徳業者を利用した失敗例

クレジットカード現金化には、買取り方式キャッシュバック方式の2つの方法があります。
それぞれの方法と、誤った業者選びをした結果失敗した例を紹介します。

買取り方式

買取り方式は、予め換金率の高い商品を購入し、それを現金化専門業者に買い取ってもらう方法です。

専門業者は換金率が高い商品を知っているので、業者が指定するブランド品や金券、電化製品を購入して持ち込めば、無駄の少ない取引をすることができます。

失敗体験1 換金率が低かった

高い換金率のブランドバッグを購入して専門業者に買い取ってもらおうとしたが、「今はそのブランドは人気がない」と言われて買いたたかれ、思ったほどの現金が得られなかった。

失敗体験2 商品をだまし取られた

商品を購入して専門業者に売却したが、業者からの入金がなくクレジットカードの支払いだけが残り、商品をだまし取られてしまった。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式は、現金化専門業者の商品をクレジット決済で購入して、その何割かの現金をキャッシュバックという形で返金され現金化する方法です。

購入する商品は価値のないものであることが多く、業者はクレジット決済額とキャッシュバック額の差額が利益になります。

失敗体験3 換金率からさらに諸費用が引かれた

「キャッシュバック95%」という広告に魅かれて、5%が手数料で、95%がそっくり入金されると思い10万円の現金化を申し込んでみたところ、振込額は7万円しかなかった。
換金率70%では話にならないと苦情の電話をしたが、「手数料の他に商品配送料など諸費用が別途かかる」と言われた。事前に手数料の他に費用がかかるという説明などなかった。

しかし、いくら交渉しても、事前に説明したの一点張りで話にならなかった。

失敗体験4 広告の換金率がわかりづらい

「キャッシュバック98%」という広告を見て、他社の換金率よりかなり良いので10万円の現金化を申し込んだ。
9万8千円が入金されると思っていたら、振込額は6万円。電話で抗議すると、「100万円以上の申し込みで換金率98%だが、50万円以上100万円未満の換金率は80%、10万円以上50万円未満の換金率は60%」と言われた。

ホームページをよく見ると、確かに大きく「キャッシュバック98%」と書かれたページの下の方に小さく書かれていた。

失敗体験5 個人情報を悪用された

悪徳業者を使ってしまい、商品をクレジット決済で購入して現金化した際、クレジット情報を盗まれ、提出した本人確認の身分証明が悪用された。

安全安心な現金化には大手業者がおすすめ

安全安心な現金化には大手業者がおすすめ

急に現金が必要になった時、信用情報を傷つけることなく現金がすぐ手に入るクレジットカード現金化ですが、間違った業者選びをして悪徳業者と契約してしまうと、損をして多額の負債を抱えてしまう上、カード番号など個人情報を悪用されてしまう危険があります。

安全にクレジットカード現金化をするには、大手専門業者を選ぶことをおすすめします。
大手専門業者は、開業してからの年数が長い優良店が多く安心です。

悪徳業者は総業年数が短い?

クレジットカードの現金化専門業者の中には、高い還元率を謳って利用者をだます手口で契約させ、ひどい場合は個人情報を盗む悪徳業者も少なからずいます。

このような業者は悪い口コミが広がったり、訴えられそうになったりするとホームページを閉鎖してしまい、しばらくするとまた何食わぬ顔で別の店名でホームページを立ち上げて同じことを繰り返しています。

悪徳業者が短期間で消えて行くのとは逆に、何年も営業を続けて会社を大きくしている大手業者は信頼できる優良店といえます。
また、大手業者ほど利用者が多いため、利用者の口コミがネットに多く出てきますので、その評判を見て安全性を確認することができます。

これらのことから、「大手業者=創業年数が長い業者=悪徳業者である確率は低い」という公式がなりたちます。

クレジットカード現金化でおすすめの優良店の特徴とは?

クレジットカード現金化でおすすめの優良店の特徴とは?

それでは、具体的にクレジットカード現金化をする際におすすめできる大手業者の特徴にはどんなことがあるのでしょうか。

創業年数が長い

訴訟や悪評などがなく健全に営業を続けてきたと考えられるので、創業年数が長い業者は信頼できる優良店であるといえます。

ただし、クレジットカード現金化の手法自体が新しいので、開業からの年数があまりにも長すぎる業者は疑ってみるようにしましょう。

換金率が相場の範囲である

一般に、クレジットカード現金化の換金率は、100万円以上の高額の現金化以外は80%前後が相場です。

換金率が相場より低い業者を相手にしては損してしまいますが、逆に異様に高い換金率の業者も要注意です。
別途諸費用が引かれたり、申込金額によって換金率が違っていたり、あるいは最初から個人情報を盗むことが目的であったりします。

相場内に収まる換金率であることや、手数料以外に費用はかからないかなど、事前に必ず確認しましょう。

古物商許可番号の記載

クレジットカード現金化を「買取り方式」で行っている業者は、利用者から中古品を買い取るので古物商許可番号を取得していなければ営業できないことになっています。
利用の前に、業者のホームページに許可番号が記載されているかを確認しましょう。

会社概要、所在地、連絡先の記載

業者のホームページに会社概要、所在地、連絡先などが明記されているか確認しましょう。

「実店舗がある業者の方が安心」「店舗がない業者は何か問題が起きた時に逃げられてしまい危険」と思われるかもしれませんが、そうとも限りません。
実際、実店舗がない優良店は多く、店舗を持たない分経費が抑えられ、換金率が高くなるという利点があります。

大切なのは、詐欺のような事態に巻き込まれた時に連絡先がわからず、業者がホームページを閉鎖したらおしまいという状況に陥らないよう、その業者がしっかりした会社であるか会社概要を確認し、連絡が取れる電話番号が明記されているかなどを事前に確認しておくことです。

まとめ

クレジットカード現金化は大手業者の方が安心して利用できる理由と、悪徳業者に捕まった場合の危険性、そして優良店の見分け方について紹介しました。

ショッピング感覚でできる現金化ですが、借金と同じであることを肝に銘じて、安全な業者を選んで計画的に利用しましょう。