クレジットカード現金化を行う時は、できるだけお得になるように工夫しましょう。もっとも大きな要素は換金率です。たとえば5%の差があったら、10万円申し込んだ時手に入る額が5,000円も変わってしまいます。

換金率が1%でも高いところを選ぶということが最初にすべきことですが、同時に騙されないようにも気を付けましょう。業者の中には、公式サイトに「換金率98%」と書いておきながら、実際は70%ぐらいでしか取引しないところも。

このような業者は確実に避けたいところです。多くの方が「騙された!」と思いながらも、「他のところを探すのも面倒くさいし・・・」と思って妥協しています。

実態がないからスルーしがちですが、実際は数千~数万円のお金を騙し取られていることですから、けっして妥協して良いところではありません。その場で「やっぱり止めます」と中断し、最低でも表記通りに取引してくれるところを探しましょう。

クレジットカード現金化でもっとも大切な要素は換金率ですが、実はお得に使う方法はそれだけではありません。ポイントは3つ、1度の取引で全部を適用させることは難しいところですが、業者やプランの選び方として参考にしてみましょう。

ポイントを貯めながら現金化をするとお得

otoku-card
ほとんどのクレジットカードには、「ご利用金額の○○%をポイント還元」というシステムが存在します。これはキャッシュバックしたり、景品に交換したりなどさまざまな用途があるため、ぜひとも活用したいところです。

しかも、クレジットカード現金化は1回の取引で数万~数十万円もの高額を支払います。貯まるポイント額は通常の買い物よりもずっと大きいでしょう。

一般的にな還元率は0.5%のようですが、カードの種類によっては1%を越えることも。この場合、現金化の換金率が単純に1%プラスされたとも考えられます。複数持っていて「どれで現金化しようか?」と迷った時はこの数値を見て決めることも良いでしょう。

さらに活用したいものはクレジットカードのキャンペーンです。これは提供している会社によってまちまちですが、「誕生月は還元率アップ!」などのサービスが展開されています。

クレジットカード現金化の利用シチュエーションは「どうしても週末までに振り込んでもらわなければ」など緊急を要するものが多くなります。そのため、このようなキャンペーンでタイミング良く使うことは難しいかもしれません。

それでも、たまたま上手に適用できれば大変お得です。利用するクレジットカードの情報は欠かさずチェックしておきましょう。

即日より数日待つとお得なケースも

otoku
クレジットカード現金化はできるだけ余裕を持って行いたいものです。業者によっては、プランによって実際の入金額が変わることがあるためです。前もって手続きしておくことで、数千円ぐらい変わってしまうことも。

多くの業者が採用しているプランが、「即日振り込んでもらえるもの」と「少し時間が経ってから振り込んでもらえるもの」の2つです。

一見すると、タイムラグがある後者のほうに旨味がないかもしれません。しかし、実はこのようなプランは換金率が少しだけアップするという特徴があります。数値としては1%~3%ぐらい。高額の申込では数千~数万円変わるため、けっして小さくはありません。

手続き開始から銀行振込までは、だいたい1~2週間ぐらい掛かるようです。これは業者によってまちまちですので、かならず電話で確認しましょう。緊急時に入金されないとトラブルになってしまいます。

その際は「○○日に振込ということで良いですね?」と確認できたらベターです。「○○日後に振込ですね?」と聞くと、時々齟齬が発生することがあります。日付を数え間違ったり、単純な日数でなく営業日数で数えたりすることがあるためです。

「1日でも遅れたらまずい!」という時はやはり即日プランが安全です。

キャンペーンは積極的にチェック

期間限定の特別キャンペーンを展開しているのはクレジットカード会社だけではありません。現金化業者も、場所によってはお得なイベントを開催していることがあります。その時期に合わせて取引できれば、実質的な換金率が数%アップすることも。

具体的によく行なわれている内容は以下のようなものがあります。

  • 新規契約者に○○円キャッシュバック
  • ご友人を紹介すると両者に○○円プレゼント
  • いつものプランが換金率○○%アップ
  • 女性だけお得なレディースプラン展開

このようなイベントはとても魅力的ですが、騙されないようには注意しましょう。中には公式サイトの記載で利用者の興味を引き、入金額を減らす、キャンペーン適用しないなどの悪質業者もいます。
cacheback
また、「最大3万円キャッシュバック!」という書き方にも気を付けたいところです。これはあくまで「最大」の話で、実際に申し込んでみると数千円しかもらえないこともあります。

申し込む時はまず、「このキャンペーンは適用されますか?」と聞くと有効です。それで本当に行っているようなら、ぜひとも積極的に使ってみましょう。ただし、キャッシュバックなどに気を取られて「本来の換金率が低かった!」という事態だけは注意です。

実態が見えないクレジットカード現金化は、いろいろと適当に考えがちです。しかし、お得になる工夫をすると、最終的に手に入る金額が数万円変わることがあります。非常に大きな額ですから、けっして妥協せず最大限満足できる取引を追求しましょう。