目次を

クレジットカード現金化はどんな時に使うのがおすすめ?

それでは、クレジットカード現金化はどんな場面で使うのがオススメなのでしょうか?
2つの具体例を挙げて見ていきましょう。

現金が必要なのに キャッシングやカードローンの審査に落ちてしまった時

一万円札を数える

冠婚葬祭や税金の支払いなど、現金が必要になる場面は数多くあります。
そんな時に手持ちのお金が不足していて、かつキャッシングやカードローンの審査に落ちてしまうと、万策が尽きたように感じてしまうでしょう。

そんな時にはクレジットカードの現金化が役立ちます。
手数料こそかかりますが、WEB上の業者であれば最短即日で入金してもらうことができ、手元にあるクレジットカードを利用するので改めて審査を受ける必要もありません。

また現在クレジットカードを持っておらず、新たにカードを発行してもらう場合でも、ショッピング枠のみのクレジットカードであれば、カードローンやキャッシング機能つきのクレジットカードより審査が易しいので、発行を断られる可能性はグッと低くます。
審査が不安な方にとって、クレジットカードの現金化は便利かつありがたい手段として役に立ってくれることでしょう。

多額の現金を用立てたい時

クレジットカードの画像

カードローンやキャッシングの限度額は年収の1/3までと定められています。
これは、過剰な貸付を予防するため「総量規制」と呼ばれる規制が、貸金業者や信販会社にかけられているからです。

確かに、借り過ぎは決して良いことではありません。
しかし多額の現金が必要な時には、この規制がかえって足かせとなってしまうことはよくあります。
クレジットカード現金化であれば、ショッピング枠を利用するため、この総量規制が足かせになることはありません。
またショッピング枠は年収とほぼ同額かそれ以上の金額に設定されていることが多く、手数料にさえ目をつぶれたら短時間で多額の現金を工面できます。

またリボ払いや分割払いを活用すれば、返済を細分化することもできるため、カードローンやキャッシングと同じく計画的な返済プランを作っていくことももちろん可能です。

具体的な手順と使い所を知っていれば クレジットカード現金化はより便利な現金調達手段になる

キャッシングやカードローンとクレジットカード現金化との違い、そして実際の取引の流れについて解説いたしました。同じ現金を得るための方法であっても、カードローンやキャッシングと比べて取引の流れや得られるメリットが大きく違うことがお分かり頂けたかと思います。

「手数料が高いから、クレジットカード現金化はメリットがない」
このような意見をネット上では多く目にします。
しかしクレジットカードが既に手元にあれば、新たな審査を受ける必要がなく、利用枠次第では年収の1/3以上の現金を工面することも可能です。
このメリットを考えると、現金化はキャッシングやカードローンとは違った、魅力がある便利な現金調達の手段といえます。
どれか一つに絞り込むのではなく、必要な金額や場面に応じて、最もピッタリな現金調達方法を選択していくことをオススメいたします。

店舗型と無店舗型では本人確認の為の身分証明書が必要な場合と不要な場合がある

指紋認証確認
利用者の中には、他人のクレジットカードを使ってお金を入手しようとする人も少なくありません。そのような詐欺を防止するために、現金化業者の中には手続きの時に本人確認をするところがあります。この対応は業者によってまちまちです。

カードローンやキャッシングなどと違う点として、クレジットカードの現金化を利用する際には身分証明書の提示が求められます。
これは現金化の取引が商品の買い取りという仕組みで行われていて、そして買い取りの際には身分証明書を用いて本人確認することが古物営業法という法律によって義務付けられているからです。

法律で義務付けられているのなら、提出もやむを得ません。
しかしその一方、身分証明書に記載された個人情報が悪用されてしまうのではないかと不安を覚える方もいらっしゃいます。
けれども心配いりません。
個人情報の収集を目的としている悪徳業者でなければ、集められた個人情報は厳重に管理されており、本人確認以外の目的で利用されることも現金化業者の性質上まず考えられないからです。

クレジットカード現金化を申し込む際に身分証明書の提示が必要になる理由と、業者へ提出した個人情報が悪用されるか否か、そして時折目にする本人確認が不要な業者について解説いたします。

クレジットカード現金化では 身分証明書の提出を求められる

クレジットカードの現金化を業者へ依頼する場合、カード番号に加えて免許証やマイナンバーカードを始めとした身分証明書のコピーや画像データの提示を求められます。
これはカード名義人による申込であることの確認に加えて、法律で身分証明書による確認が求められているからです。

現金化の仕組み上 身分証明書を用いた本人確認は必須

なぜ身分証明書による確認が必要なのでしょうか?
その理由は、クレジットカード現金化の仕組みにあります。

現金化の取引は通常、申込者が業者指定の商品を購入し、それを現金化業者が買い取る仕組みを採っています。
商品の買い取りを業者が行う際、買い取る商品が盗品ではないことを確認するため、身分証明書を用いた本人確認を行わなければならないと古物営業法によって義務付けられているのです。
ブックオフを始めとした中古買取店で私物を売ったことがある方であれば、本人確認のために身分証明書の提示を求められた経験があることと思います。
クレジットカードの現金化においても、これと同じ理由で身分証明書の提示が必須となります。

この本人確認は、金額の大小を問わず、取引の都度必ず行われます。
したがって、現金化を業者へ依頼する場合には、あらかじめ身分証明書を準備しておくことをおすすめします。

身分証明書に記載された個人情報が悪用されることはある?

法律で義務付けられているとはいえ、それでも身分証明書の提示に抵抗を感じる方は少なくありません。
免許証や保険証には、氏名や住所などの重要な個人情報が多く記載されているため、それを悪用されてしまうのではないかと不安を覚えている方が多いことが理由に挙げられます。

悪徳業者でなければ 個人情報が悪用されることはない

結論から申しますと、取引相手の現金化業者が個人情報の収集を目的とした悪徳業者でなければ、身分証明書に記載された個人情報が悪用される心配はまったくありません。
なぜなら、好意的な評判を数多く集めている優良業者の場合、個人情報の管理は一際厳重に行っているからです。

業務で取得した個人情報が万が一漏洩した場合、会社の規模の大小を問わず全国ニュースで取り上げられ、これまで築き上げてきた評判や信頼は大きく損なわれてしまいます。
これを防ぐために個人情報を取り扱う業者は収集した個人情報を厳しく管理しています。
クレジットカードの現金化業者も、決して例外ではありません。

また、クレジットカード会社やカードローンを提供している貸金業者と異なり、現金化業者はあくまで法律上義務付けられているために個人情報を収集・管理しているだけに過ぎません。
したがって、集められた情報はあくまで保管するのみ。
氏名や住所をもとに何らかの審査が行われることもなければ、他の業務に流用されることもありません。

本人確認不要な業者はあるの?

「身分証明書の提示が必要ないところはないかなぁ…?」
免許証や保険証の再発行中であったり、わけあって身分証明書を提示したくなかったりすると、こう考える方もいらっしゃるかもしれません。

けれどご注意ください。確かに現金化業者の中には、本人確認を不要としている業者も一定数存在します。
しかし前述の通り、現金化の取引では本人確認は法律で定められています。
つまり、本人確認不要の業者は、法律で定められた義務を果たしていないため、詐欺を働く悪徳業者である可能性が考えられるのです。

身分証明書の提示不要な業者は かえって危険

悪徳業者にも様々な種類があります。
取得した個人情報で名簿を作成し、闇金業者へ売りつける顧客リストを作成する業者もあれば、カード番号だけでなくセキュリティコードやパスワードなど、クレジットカードの情報を必要以上に収集して不正利用を企てる業者も存在します。
それらと比べると本人確認を必要としない業者は悪徳ではない可能性も考えられます。

しかし本人確認が不要である場合、身分証明書をわけあって提示できない人からの利用申し込みが集中することが想像できます。
その場合、HPや店頭で掲示されている換金率よりはるかに低い額でしか現金化をして貰えなかったり、申込書に記載した氏名や住所、電話番号などが先ほど例としてあげた悪徳業者と同じく闇金融を始めとした第三者へ売り渡されたりしてしまう可能性が考えられます。

身分証明書は誰でも発行してもらえる 危ない橋を渡るよりも何かしらの身分証を取得するほうがずっと安全

身分証明書はどんな人でも何かしら必ず発行してもらえます。
免許証は高額な取得費用が必要になりますが、保険証であれば健保組合か自治体へ問い合わせればすぐに発行が可能です。
また日数がかかるデメリットこそありますが、お住まいの自治体へ希望すれば顔写真入りのマイナンバーカードを発行してもらうこともできます。
発行にかかる費用は、写真の撮影代以外はかかりません。

本人確認を不要とする怪しい業者と取引をするよりも、何らかの身分証を発行した上で利用した方が、安全面で大きなメリットがあるためおすすめです。

身分証明書の提示を求められたら ちゃんと本人確認を行っている証と見なそう!

クレジットカード現金化で身分証明書の提示が必要な理由と、本人確認が不要な業者の注意点について解説いたしました。
身分証を提示する際の懸念事項だった個人情報流出の不安がまったくの杞憂であることと、本人確認を不要としている業者は、かえって怪しい業者であることがお分かり頂けたかと思います。

取引のたびに身分証の提示を求められると、情報流出の不安に加えて煩わしさを感じることも否めません。
しかし裏を返せば、取引相手の現金化業者が法律に則ってきちんと本人確認を行っているあらわれでもあります。
好条件であることはもちろん、クレジットカードの現金化を行う際は、できるかぎり安全な業者と取引を行っていきたいものです。
本人確認をちゃんと行っている業者は、この安全面において優良な業者と見て間違いありません。
また、どうしても不安が拭えない場合には、個人情報管理について身分証の提示時に思い切って確認してみることもおすすめです。
適切な個人情報管理を行っている業者であれば、利用者からの質問にもきっと快く答えてくれることでしょう。

他人名義のクレジットカードで現金化は出来ませんので、気を付けてください。親の名義でも出来ない事になっています。

・迷惑メールや電話
・ヤミ金の勧誘
・架空請求など
さまざまな被害に遭う危険があるため気を付けましょう。
具体的には、利用する業者を慎重にチョイスするところから始めましょう。
公式サイトだけでなく口コミを見て、トラブルがなさそうな場所を選びます。

即日カードマンからのアドバイス
最初から本人確認不要のところを使うことも手です。また、電話対応中に不審に思う部分があったらスタッフに遠慮なく質問しよう。万が一「危ないな」と思うようなことがあったら、すぐに中止して他の業者を当たるようにせよ!

クレジットカード現金化を行う際 口コミはどこまで参考にできる?

パソコンでレビューをする男性
数多くあるクレジットカード現金化業者の中から、優良な業者を選び出すのは難しい作業です。
換金率が高い業者なら、業者のHPや比較サイトですぐに見つかりますが、取引のスムーズさや安全性といった観点から考えると、これらのサイトに掲載されている情報だけでは、今ひとつもの足りなさを感じてしまいます。

そこで、業者の安全性を確かめるのに役立つのが、実際に取引をした方によって書かれた口コミです。
けれどもこの口コミ、最近ではプロのライターによる「口コミ風」情報や業者自らが作る「ステマ宣伝」が増えており、全て鵜呑みにすると悪徳業者に出くわしてしまう可能性もあります。
これを防ぐためには、信頼できる口コミの特徴を把握し、信じていいものとそうでないものを見分ける力が必要になります。

注意しておきたい偽口コミ情報の特徴と、優良業者選びに役立つ信頼できる情報の見極め方についてご紹介いたします。

クレジットカード現金化の優良業者を見つけるには 口コミ情報が役に立つ

クレジットカードの現金化を行う際、安全な業者と取引をするのはもちろんのこと、できる限り換金率の高い業者を選びたいものです。
けれども数多くの業者の中から、高換金率で安心して取引を行える業者を選びぬくのは至難の業。業者が運営するサイトやクレジットカード現金化を特集する比較サイトをチェックしても、換金率の確認こそできるものの……最も重要な安全性についてはなかなか判然としません。

そこで役に立つのが口コミ情報です。
実際に現金化を行った方によって綴られた口コミ情報には、ちゃんとHPに掲載されている換金率で現金化ができたか否かはもちろんのこと、申し込みから入金までの取引がスムーズに行えたか? トラブルやアクシデントはなかったか? などが事細かに紹介されています。
これを活用すれば、優良業者を見つける時に大いに役立ってくれることでしょう。

鵜呑みにするのは危険 偽物の口コミに要注意

しかしながら、口コミ情報を業者選びの参考に用いるにあたって、気を付けておきたいポイントが2つあります。
これをあらかじめ頭に入れておかないと、場合によっては悪徳業者と取引をしてしまう可能性もあるため、十分に注意が必要です。

実際に現金化を行っていない人が口コミを書いていることがある

スマホの画面をタッチする人
ネット上で目にする現金化の口コミには、実際の取引をしていないにも関わらず体験談のように書かれたものが多々あります。
例えば、サイト運営者が自分の運営するサイトの信頼性を高めるため、外部のライターに依頼して作成してもらうケース。
この場合、依頼を受けたライターが実際に現金化を行ったことがあり、その時の体験を基に書いているのであれば何も問題はありません。
事実多くのサイトでは情報を集めるにあたって、「実際に業者と取引をしたことのある方」に対象を絞っている場合が大半です。

しかし残念ながら、ネット上にある情報を基に文章を作成するライターが多く、こうした情報が掲載されると、口コミ情報を業者選びの参考として用いることができなくなってしまいます。

この「口コミ風」情報の困ったところは、一目見ただけでは本物の見分けることができない点にあります。
起承転結がちゃんとしていて情報量も多く、参考情報として用いることができそうな口コミほど、実際はライターによる執筆であることが多いのです。
内容がお粗末なものであればすぐに見分けがつくのですが…読めば読むほど信憑性を感じられるため、判別は非常に難しいと言わざるを得ません。

信頼できる情報だと思っていたら…業者によって作られた口コミだったなんてことがある

スマホを操作するスーツの男性
外部のライターによる情報の他にもうひとつ、業者が直接口コミを作っていることがあります。
例えば、Yahoo!知恵袋や教えてgooなどのQ&Aサイトで現金化についての質問に対し、具体的な体験談を紹介している回答者の方を多く見かけます。

これが親切心によるものであれば、何も気にする必要はありません。
しかし、文末に特定の業者へのリンクが貼られている場合は要注意です。

回答を一通り読んだ質問者が、そのまま文末のリンクをクリックするよう仕向けられています。
もうお気付きでしょう。これは現金化の仕組みや取引の流れがまだあまりわかっていない質問者や質問の閲覧者を狙った、業者によるステマ広告(ステルスマーケティングの略、広告以外の情報を装って宣伝を行う行為)の可能性が高いのです。
そもそも実体験を基にした口コミや体験談ではない時点で、参考にできる情報ではありませんし、それに加えて、ステマ宣伝を行っている業者が悪徳業者である可能性も考えられます。

幸い、業者による広告の場合、プロのライターによる口コミ風情報と異なり、文末リンクの有無だけで簡単に見分けがつきます。
従って、優良業者を探す上で口コミを参考にする場合は、不自然なリンクが貼られているものは、避けることを強くおすすめ致します。

悪い口コミが役に立つ? 信頼できる情報の見極め方

このように、口コミ情報は役に立つものと参考にできない偽情報がごちゃ混ぜになっているのが現状です。
そのため、業者選びに役立てるためには信頼できる口コミを見抜いて参考にすることが必要となります。

それでは早速、信頼できる情報に見られる2つの大きな特徴を見ていきましょう。
これを知っておけば、たとえ口コミが溢れていて玉石混交状態でも、有益なもののみ参考にすることができます。

紹介されている取引の内容に具体性がある

タブレットとスマホを見るスーツ男性
「電話やメールでの対応が丁寧だった」「取引が迅速に進んだ」
これらの情報は、業者選びの際に確かに大切なものです。
しかし厳しいことを言うと、「丁寧」や「迅速」といった口コミは、取引を実際に行っていなくても書けてしまいます。
従って、業者選びの際に決定打となる情報として用いるのは避けたほうが良いでしょう。

実際に取引をした上で書かれた口コミの場合、「丁寧さ」や「迅速さ」に加えて、取引の内容が具体的に記されています。
HPで提示されている換金率に間違いはなかったか? 申し込みから入金まではどのくらい時間がかかったか? トラブルが発生した時、業者は真摯に対応してくれたか? これらが具体的に紹介されていれば、信頼できる情報として役立ちます。

具体的な取引内容の紹介は、HPや他の口コミを参考にして作れるものではありません。
無理に具体性をもたせようとすると、却って矛盾が生じてしまうことも多々あるからです。
従って、具体性のある口コミは、業者選びの際に役立つ有益なものであると言えるでしょう。

悪い口コミが 業者選びでは逆に役立つ

もう1つ、逆説的ではありますが、あまり良いことが書かれていない口コミも業者選びでは役に立ちます。
もちろん、悪評のある業者とあえて取引することを勧めることではありません。
悪い口コミが書かれている業者を取引候補から除外することで、優良業者と巡り会える可能性を高めていくのです。

「悪い口コミも信憑性の面では怪しいんじゃないの?」
そう思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし悪い口コミを外部のライターや業者が意図的に作る可能性は、そう高いものではありません。
例えばライターがありもしないトラブルをでっち上げて口コミを作った場合、業者から苦情がでることも、訴訟を起こされてしまうことだって考えられます。
また業者がステマ宣伝で他の業者の悪評を作る場合も、事情は同じです。
前述の苦情や訴訟が起きるリスクを考えると、自分たちを自画自賛する宣伝のほうが効率的なため、悪い口コミを作ることはまず考えられません。

従って、悪い口コミは、信憑性が高く業者選びの際に大変役立つ可能性があります。
もちろん中には「詐欺業者!」と感情的に紛糾しているものもあるため、全てが参考にできるわけではありません。
しかしながら、実際に取引を行った上で書かれた口コミである可能性は非常に高く、優良業者を探す上での参考情報としては大変有益なものです。

本物の情報を見抜き 優良業者を見極めるのに役立てよう!

パソコンとクレジットカード
クレジットカード現金化の業者を選ぶ時に注意したい、口コミ情報の見極め方についてご紹介いたしました。
口コミが業者選びの時に参考になる一方、鵜呑みにすることの危うさと良い口コミを見極めることの大切さを、それぞれお分かり頂けたかと思います。

業者選びの参考になる口コミと、宣伝目的の口コミ風情報が混ざっている状態では、どれを参考にすればいいのか混乱してしまわれる方は多いでしょう。
けれども、今回紹介した見分け方さえ身に付けておけば、何も心配はいりません。
業者によるステマ宣伝や口コミ風の偽情報を見抜き、実際の取引に基いて書かれた口コミを判別することができれば、業者選びの参考情報として役立てることは十分に可能です。

たとえニセモノの口コミが溢れていても、その中から本物の情報を見抜き、優良業者を探す一助として役立てていきましょう。

安全な業者はクレジットカード現金化を合法的に開業する時に古物商の資格が必要な事を知っている

お札の画像
クレジットカード現金化を使おうと思っている方に多い勘違いが、「お金を借りるものだ」ということです。しかし、実際は金融取引ではありません。最近では、誤った認識でいると業者が取引を断ることがあるため、しっかりと把握しておく必要があります。

利用者が指定の商品を買い、業者がキャッシュバックもしくは買取を行うという仕組みのため商取引になります。そのため、合法的に行うには古物商が必要です。一般的な資格と違って試験がなく、必要書類を持って警察署に申請すれば良いため取得が簡単です。

一方で、金融取引は「貸金業務取扱主任者」という資格が必要です。これは2010年から国家資格に認定されており、試験にパスする必要があります。合格率は30%ほどで、200時間程度の勉強時間を要します。古物商とくらべるととても難易度が高いと言えます。

そのため、警察署に申請するだけで良いクレジットカード現金化はとても開業しやすい商売です。このことを利用して不当にお金を騙し取ったり、個人情報を盗み取ったりする悪徳業者が後を絶ちません。

安全にクレジットカードを現金化するためにも、業者を選ぶ時は口コミの評判をよく見てまっとうな経営をしているところを使うようにしましょう。

クレジットカード現金化は法律上の扱いについて

クレジットカード現金化が金融機関とくらべると遥かに高い年利であることから、「違法なのではないか?」と疑問に持つ方がたくさんいます。法律に精通した弁護士によると答えは「グレーゾーン」。賃金業法にたいする脱法行為とされているんだ。

違法行為にならない?

クレジットカード現金化を「違法だ」とする主張の根拠は主に以下の2つです。それぞれ、賃金業法と出資法が関係しています。

  • 賃金業の資格を持っていないのにお金の貸し借りを行っている
  • 年利が高過ぎる

しかし、弁護士によるとクレジットカード現金化は上記のような理由では違法にならないそうです。そもそも、2つの法律が適用されないためです。
法律書
業者が行っていることは、あくまでも「指定した商品をクレジットカードで買ってもらう」に過ぎません。利用者はお金を借りているわけではけっしてなく、キャッシュバックしてもらっている、もしくは買い取ってもらっているだけです。

これは金融取引ではなく商取引です。そのため、上記の賃金業法や出資法などはお門違いな法律だということになります。また、商品の売買自体は古物商の資格を持っているため、違法にはなりません。

もちろん、これは都合の良い言い分であり、明確に「だから合法だ」とは言い切れません。実際に「事実上の賃金業だ」としてクレジットカード現金化業者が逮捕摘発された事例もあります。

利用者側が検挙された例はまだなく、今もグレーゾーンとして取引が行なわれている。
しかし、今後どのように法律の改正、もしくは解釈の変化が起きるかは未知数だ。

クレジットカードの利用規約違反(換金目的に使ってはならない)が発覚してカード利用停止になる

ihan施錠とクレジットカード
クレジットカード現金化は法律上グレーゾーンとして取引が行なわれています。一方で、カード会社の利用規約には明らかに違反しています。どこの会社でも、「換金を目的として使ってはならない」という旨の文章が書かれているはずです。

クレジットカードは元々代金の支払いをするためにあるものです。そのため、現金化していることが発覚すると利用停止になり、会員資格を剥奪されることになります。

換金は賃金業法の効力を失わせる可能性があるとして問題視されている行為です。そのため、各カード会社だけでなく消費者庁や国民生活センター、日本クレジット協会などさまざまな機関が注意喚起を行っています。

国民生活センタークレジットカード現金化注意喚起

クレジットカードのショッピング枠の「現金化」注意喚起日本クレジットカード協会

警告など悠長な対応を取られることはほとんどなく、発覚され次第すぐに利用停止となります。そのため、カードが使えなくなる可能性を十分に覚悟し、自己責任で行うようにしましょう。

一般的に、個人で現金化するよりも業者を使ったほうが発覚されにくいと言われています。支払いをする時に決済代行会社を通すことで、具体的な意味を不透明にしていることが理由です。

業者を使うと何パーセントかが手数料として取られてしまいますが、それに見合うだけの安全性があります。入手できる額面とリスクを考えて、自分に合った方法を使いましょう。

審査が緩いクレジットカードはスムーズに換金出来る

カード会社の種類
クレジットカードは誰にでも無条件で配布しているわけではありません。経歴などから返済力や性格、資産などを評価し、基準を満たした人にだけ発行しています。

この審査は発行元やカードの種類によってかなりのバラ付きがあります。そのため、ある会社で通らなかった方でも、別のところでならパスできる可能性が十分にあります。

現金化する時は、できるだけ基準の甘いクレジットカードを取得することで、スムーズに換金できるようになるでしょう。特に「審査が甘い」とされている狙い目のカードは以下の5つです。

  • ACマスターカード
  • 楽天カード
  • イオンカード
  • アコムマスターカード
  • ファミマTカード

複数のクレジットカード画像
発行元こそバラバラですが、これらにはある共通した特徴があります。それがカードの種類です。一般にクレジットカードは以下4つの種類があり、上のものほど審査が厳しいと言われています。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 金融系

また、同じ発行会社でも以下のようなランクがあります。これも上位のものほど基準がタイトです。

  • ブラック
  • プラチナ
  • ゴールド
  • 一般

上記で挙げた5つのカードが狙い目なのは、いずれも流通系か金融系で、一般のカードだからです。上記以外にも、この特徴に当てはまるものは積極的にチャレンジしてみましょう。

健全に運営している現金化業者とは?

セキュリティー
法律の抜け道というグレーゾーンで商売を行っているクレジットカード現金化。中には詐欺を働くような悪徳業者も少なくはありません。

個人情報を盗み取られる、闇金業者に個人情報を売られるなどの被害に遭わないためにも、優良なところをしっかりと見極めて使いましょう。

そのためにもかならず行っておきたいことが、即日カードマンの各業者の口コミでチェックする事をオススメします。ホームページを確認する時は、書いてある意味を理解せずに、鵜呑みにしてはいけません。

たとえば、「換金率98%」「今なら1万円のクーポンをプレゼント」というものです。通常は80%ぐらいが相場ですし、顧客全員に1万円を配っていては大赤字で倒産してしまいます。このような「美味し過ぎる」内容は、だいたいが顧客を釣るためのデタラメです。

他にも、業者の信用度は会社情報から分かります。責任者名やオフィスの所在地などが書いていないところは、警察や顧客の目を逃れるためにあえて情報を伏せています。このような問題があるところの利用は止めましょう。

公式サイトだけでは優良かどうかが分からない時があります。そのような時は口コミが役立ちます。

まずは、書き込みの傾向から利用者に支持されているかどうかを判断しましょう。その後1件ずつ観察し、それぞれの業者のメリットやデメリットをリストアップすると良いでしょう。

クレジットカード現金化業者は、闇金とは違う?

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、グレーゾーンに入る手法なので、闇金が関わっていそうな印象もあるでしょう。
事実、貸金業から現金化へと商売の形を変えた闇金もあるので、全ての業者が安全であると言い切れない側面もあります。

ですが、違法な高利貸しとクレジットカード現金化自体は、全く異なるものです。
現金化業者とは貸金業ではなく、「中古品買取り業者」という形態を取っていることが多いため、業者に返済する必要はありません。
利用者と業者間の取引は、あくまでカードを使ったショッピング、そして中古品の売買、という形式なのです。

闇金の怖いところといえば、高金利に加えて脅迫的な取り立てですが、これらを心配している人もいると思います
返済については通常のカード利用と同じで、カード会社に対して行うので、違法な金利を取られる恐れはありません。
業者が返済を迫ってくることは絶対にないので、現金化自体は安全な取引なのです。

問題があるとすれば、現金化がカード会社の利用規約に反する可能性が高い、という点でしょう。
利用規約に違反したからと言って、法律的には違法ではありませんが、カード会社から相応のペナルティを課されるリスクは存在します。

カード会社の利用規約を読むと、「換金目的の利用」は違反行為として定めされています。
ペナルティの内容は、「会員資格の停止」「利用額の制限」「返済額の一括請求」といったもので、非常に厳しいです。

これを理由に、クレジットカード現金化を躊躇う人は少なくないですが、やり方によってはカード会社に発覚せず、安全に行うことができます。
自分で安易に現金化を繰り返すのは危険なので、ここぞというときに、信頼と実績のある業者に任せるのが一番安心です。

ただし、いい加減に業者を選んでしまうと、規約違反が発覚するどころか、中には悪質な取引になる恐れもあります。
特に要注意なのが、「キャッシュバック形式」を採用している業者です。

キャッシュバック形式とは、商品購入に対してキャッシュバックという形で、現金を振り込む方法です。
問題としては、対象となる商品が送付されない、全く価値のない商品が送付される、といった可能性があることです。

利用者からすれば、商品売買はあくまで形式に過ぎず、現金が振り込まれれば商品自体の価値は気にしない、という人も多いでしょう。
しかし、商品の実態や価値が明らかではない取引は、法律違反とみなされ、無許可の融資に該当してしまいます。
実質的には、不当な手数料で高金利な闇金と変わらないため、このような業者には注意しましょう。

安全を期するなら、業者の用意する商品ではなく、一般に流通している商品を媒介にした「買取り形式」を選択するのがおすすめです。
買取り形式の場合でも、その業者が「古物商許可」を取得しており、古物営業法に則った営業を行っているかは、必ず確認しましょう。

業者の公式サイトや宣伝チラシ等があれば、「古物商許可番号」が記載されているはずです。
実店舗に来店した際は、「古物商許可証」が掲示されていれば、まっとうな業者であることが判断できます。

自分で商品を購入・転売する場合、古物商許可は必要なのかどうか、という点も気になるのではないでしょうか。
個人による現金化の場合は、転売による利益が目的ではなく、商売として行っているわけではないので、その必要はありません。
ヤフオクやメルカリで不要な品を売るのと同じ感覚で、実行できます。

ただし、同じ商品を複数購入するなどの不自然な行為が目立った場合は、カード会社等から指摘される危険性があります。
なので、商品購入・売却の際は、普通のショッピングやリサイクルを装うため、細心の注意が必要です。

無店舗型来店不要、優良店舗型は来店が必要それ以外の違いは?

クレジットカードの現金化を検討するとき、繁華街にある業者とWEB上の業者、どちらをお選びになりますか?
両方を営んでいるところであれば都合のいい方を選ぶことができますが、現金化業者については、店舗があるところとないところのいずれかに限られている場合がほとんどです。

メールのイメージ
無店舗型は公式サイトの投稿フォームやメール、電話などで申し込みます。指定の商品をクレジットカードで買うと宅配便で届き、口座に金額が振り込まれるという流れです。

来店不要で業者と顔を合わせずに使えるという手軽さが魅力ですが、一方で安易に使ってしまいがちというデメリットもあります。また、実態がないために詐欺を働いた後雲隠れするような悪徳業者も少なくありません。

店舗型は電話なしで、実店舗へ行って申し込みます。指定の商品を買った後、提携している別店舗で即座に買い取ってもらうことでお金を手に入れます。

無店舗型にくらべると目に見えるという安心感があります。しかし、実際には「商品に傷が付いている」などの言い掛かりで買取を拒否する悪徳業者もいます。体験談の中には「抗議しようとしたら男性数人に囲まれた」という闇金などでよく聞くような出来事も。

双方のタイプに優良もしくは悪質な業者はいます。「店舗型だから安心」ということはないため、どちらを使うにせよトラブルに遭わないためのリスク回避は必須です。
悪徳詐欺の事例を読んで詐欺にあわないようにしましょう。

この2つの営業形態のうち、おすすめなのは無店舗業者です。
実店舗がある方が安心できるのでは? そう思われる方も多いでしょう。
しかし店舗がある業者は、高いコストを費やして店を構えている分、手数料が割高であったり、営業時間内でしか申し込みができないなどのデメリットも抱えています。
反面、無店舗業者は余計なコストが発生しない分手数料を安く抑えられ、結果として高い換金率で現金化を行うことができるのです。
その他にも、無店舗業者ならではのメリットは数多くありますので、これから取引をするのであれば、無店舗業者をおすすめします。

今回は店舗型と無店舗型、それぞれの業者の特徴をご紹介し、その上でなぜ無店舗型の業者がおすすめなのかを解説いたします。

クレジットカード現金化は店舗のある業者より無店舗型の方がオススメ

クレジットカードの現金化業者には、店舗型と無店舗型の2つの種類があります。
前者は繁華街でよく目立つ看板が掲げられているため、「現金化」と耳にするとこの看板を連想する方も多いのではないでしょうか。
一方、無店舗型の業者も最近はWEB上に広告を出すことが多くなったため、急速に認知度が高まりつつあります。

さて、いざ現金の工面が必要になったとき、私たちは店舗型と無店舗型、いったいどちらの業者を選べば良いのでしょうか?

店舗がないと不安? そんなことはありません!

意外に思われるかもしれませんが、実際に取引を行う上でおすすめなのは無店舗型の業者です。

「お店があったほうが何かと信頼できるんじゃないの?」
「実際に入金されるまで結構日数がかかりそうで不安…」

こうした不安があるのも、無理はありません。
何しろ無店舗型は業者が実在するのかも疑わしい場合があり、そんなところへクレジットカードの番号や個人情報などといったデリケートな情報を渡すのは、どうしても不安になってしまうものです。

しかし実態は大きく異なります。
店がないために信用を得ることが難しい点は、当の業者側も重々承知しています。
そのため、安全かつ迅速な取引や個人情報管理の徹底など、地道な経営努力により良い評判を着実に積み重ねています。
また詳細は後述しますが、店舗がないことによって余計なコストを抑えられ、その分サービスをより充実させるなどの試みも行われているのです。

もちろん無店舗型を選ぶ理由はこれだけではありません。
この他にも優れたメリットが多くあり、好条件で取引をすすめるために無店舗型の業者はいまや無視することのできない存在となっています。

かかる手間は電話確認のみ!無店舗型業者のメリット

それではここで、無店舗型業者と取引するメリットを順に見ていきましょう。

店舗を必要としない分 換金率が優れている

繁華街に店を構える場合には、様々な費用が発生します。
例えば店の賃料に従業員の人件費、看板の制作費に掲示料金など、例を挙げるとキリがありません。
これらの費用を回収するため、店舗型の業者では手数料の金額を高めに設定しています。
十分な手数料収入がないと、赤字になって廃業へ至ってしまいますからね。

一方、無店舗型の業者は店を必要としないため、余計なコストを大きく浮かせることができます。そして多くの場合、コストが節約できた分手数料を割引し、顧客サービスの充実を図っています。
これによって、無店舗業者は店舗型と比べて高い換金率を誇っており、私たち利用者はより有利な条件で現金化を行えるようになりました。

即日振込サービスを使えば 最短で当日中に現金を工面できる

WEB上での取引が危ない印象を抱かれていたのも、今となってはすっかり昔話となりました。
昔だったらHPの入力フォームにクレジットカード番号を打ち込むだけでも抵抗を感じる方が多かったのですが、今日ではそんな話はほとんど耳にしません。

けれど実店舗での買い物や取引と比べてどうしても敵わないポイントとして、取引の即時性が挙げられます。
例えば街の書店で本を買う場合はすぐに商品を手にすることができますが、Amazonで購入した場合には最短でも半日は待たなければなりません。
ネットスーパーやファッションブランドのサイトにも同様の課題があり、これがネットショッピングではなく実店舗での買い物を選ぶ大きな理由となっています。

クレジットカードの現金化でも、同じ理由で店舗型の業者を選ぼうかと考えている方は少なくありません。
ネット上で申し込みが完了できても、振込が遅かったら現金が必要なときに間に合わないかもしれない。
そう不安を感じている方が多い現状があります。

しかしこの不安はまったく杞憂に過ぎません。
なぜなら、多くの業者では今日「即日振込サービス」を実施しており、身分証のコピーと電話による本人確認が完了すれば最短即日で現金を工面できるようになっているからです。

確かに、業者からの確認の電話に出なければ振込をしてもらえない手間はあります。
けれど申し込んだその日のうちに現金化が完了するのであれば、取引の速さの面では店舗型の業者と十分に肩を並べられるといえるでしょう。

時間と場所を選ばず申し込み手続きができる

街中の業者に取引を依頼する場合、当然ながら営業時間中にしか申し込みができません。
仕事が夜遅くまで長引いてしまったときや、他の予定でスケジュールが埋まっているときには、店まで足を運ぶのも難しいでしょう。

無店舗型の業者であれば、受付はもちろん24時間365日対応しています。
実際の取引と手続きは、翌日の営業時間中に行われますが、その間私たち利用者がやることは、本人確認のためにかかってくる電話に出ることと、振込が正常に完了したかを確認することの2つしかありません。

忙しい毎日を過ごしている方にとっては、このメリットは特に重宝することでしょう。

意外と知られていない 店舗型業者のデメリット

ところで、信頼できると思われている店舗型業者にもデメリットがあることをご存じでしょうか?
対面で取引ができることは安心の証と思う方が多いのですが、残念ながら現金化に限ってはメリットよりもデメリットのほうが目立ってしまうことがあります。
無店舗業者のメリットと同じく、こちらについても順に見ていきましょう。

クレジットカードが利用停止になってしまうことがある

店舗型の業者では、商品の買い取りを通じて取引を行っています。
ここでいう「商品」とは、換金性が高いブランド品や金券などが主なものですが、このような品物を一度にまとめて購入すると、カード会社が不正利用と見なしてカードを利用停止にしてしまうことがあります。
そして残念ながら業者側は、カードが利用停止になってしまったことについてのフォローは一切行ってくれません。

ほとんどの無店舗の業者では、カードが使えなくなってしまうことの対策として、商品の買い取りの代わりに決済代行会社を通じて取引を行っています。
決済代行会社を間に挟めば、カードが使えなくなってしまう危険性を最小限に抑えることができ、またカード番号を始めとしたクレジットカードの情報を保護することも可能です。

足元を見て換金率を下げる悪徳業者が存在する

非常に残念な話ですが、対面で取引ができる特性を悪用した業者が一定数存在します。

店舗で取引を行う過程では、申し込み者がどのくらい現金の工面を急いでいるかは一目瞭然です。
よほど急いでいる場合には、多少条件が悪くても取引を依頼してしまうことがあることも、当然把握されています。

これを利用し、本来の換金率や手数料率より悪い条件を提示されてしまうことが、店舗型の業者では時折あるのです。
足元を見られること自体、そもそもあまり気分の良いものではありません。それに加えて、業者によっては、強面の従業員が出てきて取引を強引に進められてしまう可能性もあります。

本来、実店舗があることは信頼できる証のはずなのですが……現金化に限っては、信頼の証どころか「危ない特徴」と見なされるケースがあることも否めません。

便利かつ高還元で何より安心できる 来店不要な無店舗業者は良いこと尽くし

店舗型と無店舗型、それぞれの業者の特徴について解説いたしました。
これまで現金化の定番と思われていた繁華街に店を構える業者が、実は複数のデメリットを抱えていることに驚かれた方もいらっしゃるのではないかと思います。

かつては無店舗型の業者がほとんど存在しなかったこともあり、これらのデメリットはあまり目立つものではありませんでした。
しかし競争が激化してサービスの拡充が進むにつれ、これまで当たり前と思われていたことが段々デメリットとしてみなされるようになり、今では「店舗を構えている業者の問題点」として知れ渡るようになってしまいました。

とはいえ、これは業者側の都合に過ぎません。
私たち利用者はできる限り安全で、条件に恵まれたところと取引をするのが一番です。
それを踏まえて考えると、高い換金率を誇りながら入金スピードも早く、いつでも申し込みができる無店舗型の業者は、取引相手としてまさに最適な存在であるといえるでしょう。

これから現金化の利用を予定しており、業者探しもこれから始める場合には、まず無店舗業者の中から探し始めることを強くおすすめいたします。

クレジットカード現金化では、どんな商品を買ったり注文したりするのか?

クレジットカード現金化では、業者が指定した商品を利用者が買います。申し込み後スタッフがアナウンスしてくれるため、店舗型なら指定した店に行く、無店舗型なら通販サイトを開けば問題ありません。
パソコンの前でクレジットカードを用意
どちらの場合でも、利用額やプランを選び、それに合った金額の商品を買います。支払い方法はもちろんクレジットカードです。

この時指定されるものは、買取方式とキャッシュバック方式で違いが見られます。買った商品を買い取ってもらう買取方式では、価値や換金率が高いものを売買します。家電製品やブランドもののバッグ、アクセサリー、ギフト券などが挙げられます。

この方式では買った後にすぐ買い取ってもらうため、商品が手元に残ることはありません。そのため、「何を買うか」ということはほとんど気にする必要はないでしょう。

一方、キャッシュバック型では安価なものが対象となります。100円ショップでも買えるような玩具のアクセサリーやパワーストーン、CD-ROMでできた情報商材などが代表です。

購入後買い取ってもらうことがないため商品は手元に残りますが、適当に処分してしまって問題ありません。こちらも元々価値がほとんどないもののため、業者選びの基準として考える必要はないでしょう。

即日現金化融資と数日後の現金化の違い

日本の貨幣とお札とクレジットカード
クレジットカードを現金化すると、即日融資対応してもらえるパターンと数日掛かるパターンがあります。業者によってはそれぞれのプランが用意されている場合も。このようなケースでは、時間が掛かるほうが換金率が高くなることがほとんどです。

どうやら、時間を掛けたからと言って必然的に換金率が高くなるという仕組みはないようです。ただし、業者は決済を確認して商品を発送、銀行に入金という手間が掛かる作業を行っています。

それを利用者まとめてではなく、1人すぐに対応しなければならないため、その分の手間賃として換金率を落としているのだろうと言われています。即日プランでは入金額が下がるわけですから、使う時はスピードと金額のトレードオフを考えるようにしましょう。

また、業者によっては初回で数十分掛かるが、2回目以降は5分程で入金が終わることもあります。これは最初に行なわれる事前説明や本人確認作業などが不要になる為です。

クレジットカード現金化は一般の方にとってはややこしい仕組みです。そのため、よく分かっていない顧客のためにスタッフが1から説明することがあります。また、他人のカードを使って現金化する詐欺を防ぐために、業者側が本人確認を行うことがあります。

ショッピング枠を使って現金化にする理由

クレジットカード番号
クレジットカード現金化はショッピング枠を使って換金率の分だけ現金を得る方法です。100%を超えることは実質不可能のため、使えるお金の額で考えるとかならず損をする取引だと言えます。

それでも「ショッピング枠ではなく現金でなければ駄目」という事態になればとても便利なお金の工面方法となります。以下の口コミを参考に、本当に使うべきかどうかを慎重に吟味しましょう。

クレジットカード現金化の優良店舗の探し方

クレジットカード現金化業者の数は、なんと30社を超えています!どの会社を選べば失敗しないのか、迷ってはいませんか?
優良店の特徴を、悪質業者を見分けるポイントと併せて説明していきます。

換金率が高い

キャッシュバック

現金化の利率はただでさえ高いので、業者選びの際は少しでも高いキャッシュバック率のところを選ばないと損です。目安としては、80%~85%のキャッシュバック率を掲げている業者がおすすめです。

98%、99%といった高い換金率を宣伝している業者もいますが、それでは業者にほとんど利益が出ません。たった数%の利益率では、良質なサービスが維持できないどころか、会社の存続すら難しいです。よって、高すぎる還元率を誇張しているのは、架空業者による客寄せのための嘘だと考えられます。

全額キャッシュバックできるという業者は、まずありえません。高すぎる換金率の業者に依頼しても、お金が振り込まれない可能性が大きいので、気をつけてください。キャッシュバック率が90%を超える業者は、詐欺でないか慎重に判断してから利用しましょう。

振込みのスピードが早い

ATMに暗証番号を入力

クレジットカード現金化を利用する人は、急ぎでまとまった現金が欲しい、という状況にあることが多いでしょう。そこで、換金率だけでなく振込みスピードも重視しなければなりません。

最近ではほとんどの現金化業者が、即日振込みに対応しています。なので、実績のある業者を利用していれば振込みスピードについては心配要らないでしょう。

しかし、現在でも一部の会社では振込みに数日以上かかるところがあります。お急ぎの場合は、必ず振込みまでの時間をチェックしてから、申し込みましょう。

高額な現金化だと分割で振込まれる場合がありますが、1回目は即振込みがあったとしても安心できません。1回目の振込みで信用させて、それきり音沙汰なし、という詐欺もあるからです。振込みスピードだけでなく、必ず業者の信用性も調べましょう。

買い取り方式の業者だと、商品を返送するという手順を挟むため、振込みまで時間がかかる傾向があります。「商品が到着していない」「商品に欠陥があった」などのトラブルで、手続きが遅れることも考えられます。悪質なケースでは、「商品が使用済みになっている」といったクレームがつけられ、振込みがされなかったという被害もあります。
万全を期するなら、買い取り方式は極力選ばないようにするのが手です。

クレジットカード現金化は、土日も振込みできる?

土日や祝日・連休は、レジャーにショッピング、友達付き合いに家族サービスといった予定で、出費がかさみがちです。
そんなとき、銀行では手数料が高くついたり、休日は閉まっていたりと、困ることがしばしばあるかと思います。
急にお金の要る予定ができたときは、即日でクレジットカード現金化ができると助かるのですが、対応できる業者はいるのかどうか、気になるところでしょう。

中小消費者金融なら、土日でも借りられる業者が多いですが、クレジットカード現金化業者も、ほとんどが土日営業しています。
スピード入金で定評のある業者なら、申込みから30分以内に対応してくれるので、緊急のときでも安心です。
また、業者によっては夜間・深夜まで対応可能なところもあります。

急いで現金化したい場合、店舗に来店して、現金を直接手渡しして欲しい、というニーズもあります。
しかし、現金手渡しに対応できる業者は少なく、基本的には銀行口座への振込みとなります。
対応する銀行の口座さえ持っていれば、土日でも即日現金化が可能なので、わざわざ手渡ししてもらう必要はありません。

ただし、土日・祝日対応の業者でも、受取り銀行口座によっては入金が翌日以降になることがあります。
クレジットカード現金化業者が迅速に入金手続きをしたとしても、入金先の銀行が休業日ではすぐに引き出せず、意味がないのです。
その場合、翌営業日の振込みになるので、それまで待たなければなりません。

そこで、土日・祝日の入出金が即時に反映される、インターネットバンク(ネット銀行)口座を、開設しておく必要があります。
住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行などの主要なネットバンクであれば、土日を問わず入出金可能です。
ネットバンク口座なら午後からの振込みでも即日反映されるので、まだ持っていなければ、今後も継続利用するなら開設しておくと便利です。

自分で現金化する場合は、平日や土日に関係なく実践することができます。
金券ショップやリサイクルショップの中には、年中無休で24時間営業の店舗もあります。
これらの店舗では、現金手渡しやネットバンク振込みに対応しているか、事前に確認しておきましょう。

友人・知人と一緒に食事などに行き、カード支払いで立て替える、という方法も使えます。
支払いが一瞬で済むというメリットがあるので、事情を話して友人や親しい知人に協力してもらいましょう。

このように、自分で現金化する方法は土日でも関係なく行えますが、それなりに手間がかかります。
商品を購入して、買取り業者に持ち込むという手間がありますし、カードで立替えなら、まず友人知人と誘い合わせなければなりません。

その余裕がなければ、クレジットカード現金化業者に申し込むのが、一番早いでしょう。
土日・祝日でも営業している人気の業者を一部、紹介します。

ファストキャッシュ

設立実績が15年以上の信頼できる業者で、現金化まで最短3分のスピード入金を実現しています。
楽天銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、15時以降の申込みでも即日対応可能です。

あんしんクレジット

年中無休営業なので、イベントの多い祝日や連休でも、気軽に利用できます。
最大97%の高換金率が魅力で、利用者の満足度が高いです。

おひさまクレジット

設立から12年以上経過しており、リピート率はなんと85%以上の、安心できる業者です。
他のサービスから乗り換えたヘビーユーザーが多いので、迷ったらここに相談すると良いでしょう。

キャッシュライン

土日でも24時間申込み可能で、スピード対応が評判の業者です。
ネットバンクを含め、幅広い金融機関に対応しており、契約のスムーズさに定評があります。

ネットや街頭の広告でよく見かける「クレジットカード現金化」は、融資よりも手軽に現金を手にできる手段として、人気があります。
しかし、「最短5分で入金」「還元率98%!」といった謳い文句を見て、興味はあるものの、何だか怪しい・・・と疑う人も少なくないでしょう。
クレジットカード現金化とは一体どんな仕組みなのか、闇金のような商売ではないのか、本当にお得なのか、といった点を明らかにしていきましょう。

クレジットカード現金化の意味とは?

クレジットカードは本来、キャッシング枠を使ってATM(またはキャッシュディスペンサー)から借入をするか、ショッピング枠で買い物をするか、といった使い方しかありませんでした。
ところが、クレジットカード現金化という手法の登場によって、ショッピング枠を現金に換えることができるようになったのです。
もちろん、現金化した分の枠は、後でカード会社に返済しなければなりません。

キャッシングとの違いは、まず一つ目に、クレジットカード現金化はショッピング枠の返済となるため、手数料が若干お得になる点です。
ショッピング枠なら、1~2回目までの返済は手数料無料になることが多く、早めに返済を完了すれば、借入金利より負担が軽くなります。
また、カード会社の厳しい審査が無いので、気軽に申し込むことができるのに加え、仕組みさえ分かれば自分で現金化も可能です。

クレジットカード現金化が、消費者金融等の貸金業者を押さえて浸透し始めたのは、あるきっかけによります。
それが、グレーゾーン金利の撤廃による、貸金業界の縮小です。

グレーゾーン金利とは、「利息制限法」の定める上限金利20%より、約9%の範囲で高い金利のことです。
なぜこのような金利がまかり通っていたのかというと、利息制限法より効力の強い「出資法」に基づいて、貸金業者が高額な金利に設定していたからです。
出資法では、利息制限法の上限金利20%より9.2%高い、29.2%までの金利で貸付が可能です。
つまり、グレーゾーン金利とはこの20%~29.2%の間を刺しているのです。

このような出資法による抜け穴が、貸金業法の改定によって無効となり、貸金業者は以前ほど金利で儲からなくなってしまいました。
その結果、倒産する貸金業者が増え、融資の審査基準も厳しくなったため、借入のアテに困る人々が増えました。

その需要を狙って登場したのが、クレジットカード現金化です。
現金化は融資とは全く違う方法で、低所得者や多重債務者でも気軽に利用できるため、あっという間に広まったのです。

では、どうやってショッピング枠を現金に換えるのかというと、主に2つの方法があります。

自分で現金化する方法

まず、ショッピング枠で商品を購入して、その商品を買取り専門店やリサイクルショップ等に売却します。
その売却代金を、現金として使えるようになる仕組みです。
ただし、商品の相場に精通していなければ、高買取り率を狙いにくいです。

クレジットカード現金化業者に依頼する

現金化を専門としている業者も増えてきており、手数料を払えば、高還元率・最短即日での現金化が可能です。
業者では、以下のどちらかの方式を採用しています。

【キャッシュバック方式】

業者からカードで商品を購入すると、キャッシュバックとして商品価格の何割かが、現金として振り込まれる仕組みです。
商品売却の手間がなくスピーディーな入金が可能ですが、換金手数料が高くつく、現金が振り込まれないといったトラブルも多いようです。

【買取り方式】

カードで換金性の高い商品を購入させ、その商品を業者が買い取ることで、その買取り代金が現金として入金される仕組みです。
自分で現金化する方法と似ていますが、商品の目利きが得意な業者に依頼すれば、確かな査定によって高還元率が期待できます。

クレジットカード現金化は、土日も振込みできる?

土日や祝日・連休は、レジャーにショッピング、友達付き合いに家族サービスといった予定で、出費がかさみがちです。
そんなとき、銀行では手数料が高くついたり、休日は閉まっていたりと、困ることがしばしばあるかと思います。
急にお金の要る予定ができたときは、即日でクレジットカード現金化ができると助かるのですが、対応できる業者はいるのかどうか、気になるところでしょう。

中小消費者金融なら、土日でも借りられる業者が多いですが、クレジットカード現金化業者も、ほとんどが土日営業しています。
スピード入金で定評のある業者なら、申込みから30分以内に対応してくれるので、緊急のときでも安心です。
また、業者によっては夜間・深夜まで対応可能なところもあります。

急いで現金化したい場合、店舗に来店して、現金を直接手渡しして欲しい、というニーズもあります。
しかし、現金手渡しに対応できる業者は少なく、基本的には銀行口座への振込みとなります。
対応する銀行の口座さえ持っていれば、土日でも即日現金化が可能なので、わざわざ手渡ししてもらう必要はありません。

ただし、土日・祝日対応の業者でも、受取り銀行口座によっては入金が翌日以降になることがあります。
クレジットカード現金化業者が迅速に入金手続きをしたとしても、入金先の銀行が休業日ではすぐに引き出せず、意味がないのです。
その場合、翌営業日の振込みになるので、それまで待たなければなりません。

そこで、土日・祝日の入出金が即時に反映される、インターネットバンク(ネット銀行)口座を、開設しておく必要があります。
住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行などの主要なネットバンクであれば、土日を問わず入出金可能です。
ネットバンク口座なら午後からの振込みでも即日反映されるので、まだ持っていなければ、今後も継続利用するなら開設しておくと便利です。

自分で現金化する場合は、平日や土日に関係なく実践することができます。
金券ショップやリサイクルショップの中には、年中無休で24時間営業の店舗もあります。
これらの店舗では、現金手渡しやネットバンク振込みに対応しているか、事前に確認しておきましょう。

友人・知人と一緒に食事などに行き、カード支払いで立て替える、という方法も使えます。
支払いが一瞬で済むというメリットがあるので、事情を話して友人や親しい知人に協力してもらいましょう。

このように、自分で現金化する方法は土日でも関係なく行えますが、それなりに手間がかかります。
商品を購入して、買取り業者に持ち込むという手間がありますし、カードで立替えなら、まず友人知人と誘い合わせなければなりません。

その余裕がなければ、クレジットカード現金化業者に申し込むのが、一番早いでしょう。
土日・祝日でも営業している人気の業者を一部、紹介します。

ファストキャッシュ

設立実績が15年以上の信頼できる業者で、現金化まで最短3分のスピード入金を実現しています。
楽天銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、15時以降の申込みでも即日対応可能です。

あんしんクレジット

年中無休営業なので、イベントの多い祝日や連休でも、気軽に利用できます。
最大97%の高換金率が魅力で、利用者の満足度が高いです。

おひさまクレジット

設立から12年以上経過しており、リピート率はなんと85%以上の、安心できる業者です。
他のサービスから乗り換えたヘビーユーザーが多いので、迷ったらここに相談すると良いでしょう。

キャッシュライン

土日でも24時間申込み可能で、スピード対応が評判の業者です。
ネットバンクを含め、幅広い金融機関に対応しており、契約のスムーズさに定評があります。

クレジットカード現金化業者は、闇金とは違う?

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、グレーゾーンに入る手法なので、闇金が関わっていそうな印象もあるでしょう。
事実、貸金業から現金化へと商売の形を変えた闇金もあるので、全ての業者が安全であると言い切れない側面もあります。

ですが、違法な高利貸しとクレジットカード現金化自体は、全く異なるものです。
現金化業者とは貸金業ではなく、「中古品買取り業者」という形態を取っていることが多いため、業者に返済する必要はありません。
利用者と業者間の取引は、あくまでカードを使ったショッピング、そして中古品の売買、という形式なのです。

闇金の怖いところといえば、高金利に加えて脅迫的な取り立てですが、これらを心配している人もいると思います
返済については通常のカード利用と同じで、カード会社に対して行うので、違法な金利を取られる恐れはありません。
業者が返済を迫ってくることは絶対にないので、現金化自体は安全な取引なのです。

問題があるとすれば、現金化がカード会社の利用規約に反する可能性が高い、という点でしょう。
利用規約に違反したからと言って、法律的には違法ではありませんが、カード会社から相応のペナルティを課されるリスクは存在します。

カード会社の利用規約を読むと、「換金目的の利用」は違反行為として定めされています。
ペナルティの内容は、「会員資格の停止」「利用額の制限」「返済額の一括請求」といったもので、非常に厳しいです。

これを理由に、クレジットカード現金化を躊躇う人は少なくないですが、やり方によってはカード会社に発覚せず、安全に行うことができます。
自分で安易に現金化を繰り返すのは危険なので、ここぞというときに、信頼と実績のある業者に任せるのが一番安心です。

ただし、いい加減に業者を選んでしまうと、規約違反が発覚するどころか、中には悪質な取引になる恐れもあります。
特に要注意なのが、「キャッシュバック形式」を採用している業者です。

キャッシュバック形式とは、商品購入に対してキャッシュバックという形で、現金を振り込む方法です。
問題としては、対象となる商品が送付されない、全く価値のない商品が送付される、といった可能性があることです。

利用者からすれば、商品売買はあくまで形式に過ぎず、現金が振り込まれれば商品自体の価値は気にしない、という人も多いでしょう。
しかし、商品の実態や価値が明らかではない取引は、法律違反とみなされ、無許可の融資に該当してしまいます。
実質的には、不当な手数料で高金利な闇金と変わらないため、このような業者には注意しましょう。

安全を期するなら、業者の用意する商品ではなく、一般に流通している商品を媒介にした「買取り形式」を選択するのがおすすめです。
買取り形式の場合でも、その業者が「古物商許可」を取得しており、古物営業法に則った営業を行っているかは、必ず確認しましょう。

業者の公式サイトや宣伝チラシ等があれば、「古物商許可番号」が記載されているはずです。
実店舗に来店した際は、「古物商許可証」が掲示されていれば、まっとうな業者であることが判断できます。

自分で商品を購入・転売する場合、古物商許可は必要なのかどうか、という点も気になるのではないでしょうか。
個人による現金化の場合は、転売による利益が目的ではなく、商売として行っているわけではないので、その必要はありません。
ヤフオクやメルカリで不要な品を売るのと同じ感覚で、実行できます。

ただし、同じ商品を複数購入するなどの不自然な行為が目立った場合は、カード会社等から指摘される危険性があります。
なので、商品購入・売却の際は、普通のショッピングやリサイクルを装うため、細心の注意が必要です。

クレジットカード現金化で振り込まれないことはある?

クレジットカード現金化業者の一部には、悪質な詐欺業者も存在します。
業者の下調べをせず、迂闊に申し込むと、「振り込まれない」「手数料を50%以上取られた」といった被害に遭う恐れがあります。

そのような詐欺に遭わないためには、悪質業者の手口を理解し、業者選びの段階で慎重にならなければなりません。
特に多いのが、「現金がなかなか振り込まれない」というトラブルです。

この場合、全てが詐欺というわけではなく、単に振込みが遅れているだけ、という可能性があります。
業者からの振込みが遅くなる原因としては、以下が挙げられます。

繁忙期のせいで確認が遅くなっている

土日や祝日・連休、月末など、申込みが増える時期や銀行の休業日と重なると、入金まで数日かかることがあります。
緊急時に備えて、店舗が空いているタイミングで現金化をしておくと安心です。

クレジット決済が高額で、送金の準備に時間がかかっている

数十万円以上の高額決済を行うと、不正利用が疑われるため、カード会社から連絡が来る可能性があります。
万が一決済不能になるリスクに備え、カード会社からの確認が取れるまでは、利用者への送金を保留する業者が多いです。

銀行提携のカードで申し込んでいる

銀行口座と連携しているクレジットカードを現金化に利用した場合、決済から入金までのタイミングが近すぎると、銀行に不信を抱かせる恐れがあります。
そうなると、カードの利用停止に加え口座の凍結など、ペナルティが非常に重くなる可能性があり、再開設手続きなど面倒も多くなります。

それを防ぐため、現金化業者はあえて決済から送金まで時間を空けることで対策をしています。
しかし、業者でカード決済をすると海外決済扱いになるため、どうしても不審さが目立ってしまいます。
利用者としても、銀行提携のカードを極力使わないなど、慎重な利用を心がけたいところです。

上記に該当しない場合、本当に詐欺に遭っている可能性が高くなります。
詐欺を回避するためには、業者に怪しい噂がないか口コミで調査し、手続き中でも不審な点があれば、すぐに取引を中止しましょう。

特に気をつけてほしいのが、送金を複数回に分ける業者です。
1回目の送金は問題なく行われたとしても、2回目以降は振り込まれない、送金が遅れる、といったトラブルがあります。

もしそのような被害に遭ってしまったら、利用者としてもグレーな行為をしている後ろめたさがあるため、どこにも訴えられなくなります。
利用規約に反しているため、カード会社に保障を求めることは絶対にできません。

また、迂闊にカード番号を知らせてしまうと、カードを不正利用される恐れもあります。
カードのコピー等を求めてくる業者は、絶対に避けましょう。

詐欺被害に遭わないためには、最近登場したばかりの業者は極力避けるほうが良いです。
悪質行為を繰り返す業者は遅かれ早かれ摘発されるため、同じ形態で長く営業を続けられるはずがありません。

10年以上の実績がある現金化業者なら、長く利用者に支持されている証拠であり、安心して申し込むことができます。
口コミで評判が良かったとしても、誰が書いているか分からないネットの評価だけでは信憑性が低いですし、運営実績は確かな指標になります。

長年運営を続けている業者は限られてくるため、絞り込むのは容易です。
参考までに、運営実績の長い人気業者を、いくつか紹介します。

  • なごみギフト(創業10年以上)
  • おひさまクレジット(創業12年以上)
  • あんしんクレジット(創業13年以上)

上記の業者は、換金率が平均95%以上、振込みスピードは平均5分で満足度が高いです。
良質なサービスも、運営実績に反映されていると言えるでしょう。

対応が丁寧

コールセンターの女性

クレジットカード現金化は、完全オンラインで取引できるのが魅力ですが、業者の実態を確かめるには、できれば電話でも問い合わせをしてみましょう。電話での問い合わせへの対応が丁寧かどうかで、ある程度業者の誠実さを判断することができます。電話連絡先すら記載されていなければ、詐欺サイトなので避けましょう。

ヤミ金融が運営している悪質な現金化業者は、言葉遣いが悪く、強引なトークで、不信感を抱かせるような電話対応であることが大半です。無理やり契約を迫ってくる、重要なことを説明してくれない、といった問題があれば、その業者との取引きはやめましょう。

また、電話をかけると転送される場合も怪しいです。断定はできませんが、架空会社によくあるパターンなので、注意しておきましょう。

クレジットカード現金化なら店舗型もおすすめだが手数料が発生するので効率が悪い

クレジットカードの現金化では、換金率のほかにさまざまな手数料が発生します。
利用金額に換金率を乗じた金額が入金されると思っていたのに、さまざまな名目で取られていて、予定した金額が振り込まれなかったといった体験談も多く耳にするため、この存在が盲点だった方も多くいらっしゃることがうかがえます。

安全性を重視するなら、実態が見える店舗型の業者を選ぶのがおすすめです。店舗で対面営業を行っている業者なら、ネットが苦手な人や、オンライン決済が不安な人でも安心して利用できます。

店舗型業者の多くは買い取り方式を採用しており、その場で商品を買い取って現金を手渡ししてくれます。これで、「全く振込まれない」「指定した金額より少ない金額しか振込まれなかった」といった被害は無くなります。

ところで、一体どんな名目でいくら発生するのかご存じでしょうか?
確かにカードで購入したものと現金を交換するために、生じることは避けられないのですが、中には不必要なコストを高額に設定している業者も存在します。
その場合、工面できる現金が大きく目減りしてしまうことが避けられません。
これを防ぐためには、私たち利用者は相場観をあらかじめ把握しておくことが大切です。
少々手間がかかることは否めませんが、これによって業者とトラブルになってしまうことを防ぐことができます。

また、取引前に業者へコンタクトを取ることで、高額な手数料や入金額が違うといったトラブルを事前に避けることができます。
確かに若干の手間はかかりますが、この手順を踏むだけでほぼ確実に安全な現金化取引を行うことができます。
案ずるより産むが易し。いくらかかるのか不安で、HPをくまなくチェックしたり、二の足を踏んだりするよりは、一度連絡をしてみる方がずっと短時間で効率よく知ることができるため、おすすめです。

クレジットカードの現金化にかかるコストの内訳とその目的、そして不要に上乗せする業者との取引を避けるための、シンプルかつ効果的な方法を解説いたします。

クレジットカードの現金化では 必ず発生する

クレジットカードの現金化にはさまざまな手数料が発生します。
カード決済を行ったり、現金を銀行口座へ振り込んだりすると必ず発生するため、業者がいくら経営面で努力をしたとしても最低限の分は発生せざるを得ません。

換金率に含まれているか否かは重要!

この手数料が換金率に含まれている場合であれば、何も心配することはないのですが……業者によっては、換金率を乗じた金額からさらに様々な名目を理由に引かれる場合があります。
そうなると必要とする現金が工面できなくなることも考えられますね。
そのため、現金化を申し込む時には、換金率からさらに差し引かれるか否かを事前にチェックしておくことが大切です。

実際の内訳は何? どんな目的で発生する?

それでは、現金化取引では実際にどんな名目で発生しているのでしょうか?
具体的には主に4つ、決済・送金手数料と商品の送料、そして消費税が発生します。
また一部の業者では、これに加えて審査費用が発生する場合もあります。
具体的にどんな手続きにかかり、いくらほどが相場なのか、順番に見ていきましょう。

決済手数料

クレジットカードで使用する際に発生します。
スーパーやコンビニで買い物をする時にはお店側が支払うため、あまり気にかけることはありません。
しかし、現金化では取引業者ではなく利用者側が支払うことが多い傾向があります。
使用するクレジットカードのブランド(VISA、MasterCard、JCBなど)により異なりますが、取引金額の3~10%ほどが発生します。

送金手数料

現金を申込者の銀行口座へ振り込む際に発生します。
街中にある店舗型の取引業者では、ほとんどの場合手渡しで現金を受け取ることができるので、発生しません。
しかしWEB上の無店舗業者の場合は銀行振込が現金の受渡方法となるため、料金が発生します。
銀行のHPでは3万円未満は108~216円、3万円以上は324~432円ほどと明記されていますが、業者によってはこれに若干上乗せしている場合もあり、平均して200~500円ほどが差し引かれます。

商品送料

WEB上の無店舗業者で取引をした場合に限りますが、キャッシュバックのために購入した商品を業者が利用者の自宅へ配送する際の商品送料が、計上されています。
現金化でやりとりする商品はかさばらないものが多いため、あまり大きな金額が発生することはありません。
およそ1,000円弱が相場ですが、業者によっては2,000円ほど請求する場合もあるため、必要以上に上乗せされていないかの確認を忘れないようにしましょう。

消費税

現金化取引は普通の買い物と同じく消費税の課税対象となるため、取引金額の8%分が消費税として発生します。
業者によっては換金率に含まれている場合もありますが、HP上では記載がわかりにくい場合もあります。
そのため、取引を申し込む前に外税か内税かをチェックしておくことが大切です。

審査費用

一部の業者では、審査費用との名目で別途発生する場合があります。
これは現金化を行うにあたって審査する際に発生するとされていますが、クレジットカードの現金化では通常、利用審査を行っていません。
強いて挙げるならば、カード名義人の本人確認が審査に該当します。
しかしこれも別途請求するほどの作業ではないため、上乗せするための口実として用いている業者が一定数存在します。
従って、項目にこの審査費用が記載されている場合には注意が必要です。

不要なコストが上乗せされている業者は要注意

現金化取引を行う上で必要な分は、前述の決済・振込手数料と商品の送料、そして消費税のみです。
それ以外が加算されている場合には、本来必要ではない作業を加えて上乗せを狙っている場合が考えられます。
そのような業者と取引を行っても、メリットは何もありません。

上乗せを企てる業者との取引を防ぐには 入金額の事前確認が効果的

近では換金率を高く設定する代わりに、不必要なコストを多く計上する業者も一部に見受けられます。
こうした業者との取引を避けるためには、電話やメールで実際に振り込まれる金額をあらかじめ確認すると効果的です。
その際に発生するか否かを確かめれば、本取引で余計な分が差し引かれてしまうことはありません。

申込前に業者とコンタクトを取ることは、確かに一手間かかります。
しかし想定していた入金額と違っていたり、事前に知らされていない分を差し引かれたりといったトラブルを確実に阻止できるため、安全かつ確実な取引のためには必須といっても過言ではありません。

内訳と目的を把握しておけば 優良業者を見定めるヒントにもなる!

クレジットカード現金化で発生するコストの内訳と、各々の目的について解説いたしました。
取引にあたってどのような料金が、いくらぐらい発生するのかがお分かり頂けたかと思います。
残念ながら、高換金率を謳っていても様々な名目で多くの金額を差し引く業者が、クレジットカード現金化では一定数存在します。
しかし、実際の取引でどのくらいの手数料が発生するのかをあらかじめ把握しておけば、こうした悪徳業者との取引を未然に防ぐことができます。

また、最近では換金率の中にあらかじめ内包した優良業者も徐々に数が増えつつあるため、こうした業者を取引相手に選ぶこともまたおすすめです。
安全性が高いことはもちろん、できる限り好条件の業者を選ぶためにも、有無とその内訳の事前把握は欠かせません。
取引前の準備を万端に整えて、安全かつ好条件な現金化を行っていきましょう。

ただし、店舗型は家賃や人件費など運営コストがかかるので、その分だけ高くなり、換金率ではネット店舗より低くなる点に注意しましょう。店舗型の換金率は、70%~75%前後が目安で、ネット店舗の相場より10%近く下がってしまいます。
しかし、ネット店舗で詐欺に遭うリスクを考えれば、少々高くても、安全のためと割り切れるのではないでしょうか?

少しでも換金率を上げたいからといって、商品券や乗車券といった金券で取引をするのは、絶対に避けてください。店舗型でも、金券転売の違法性が高く危険なことには変わりありません。金券類の高額な購入履歴がカード会社に発覚すると、カード利用停止になる恐れもあります。

サイトが安っぽくない

ウェブサイトを作っている人

業者の信用性は、サイトのデザインにも現れています。最近ではスマホからの利用も増えているので、優良な業者ならPCサイトに限らずスマホ用のサイトも用意するなど、対応が行き届いています。

サイトは重要な窓口にも関わらず、デザインに力を入れていないサイトは運営・接客対応もいい加減だと予想されます。
詐欺サイトではないにしても、振込みに何日もかかったり、問い合わせへの対応が悪いなど、サービスの質は期待できない可能性が高いです。

また、詐欺サイトはアクセスするとチープな印象を受けます。現金化初心者にとっては、一見しただけでは詐欺サイトかどうか分かりにくいかもしれないので、様々なサイトを見比べてから判断してみましょう。

初めてクレジットカードの現金化をする方へ 具体的な方法と気になる疑問点の答えをご紹介!

パソコンを操作する女性

クレジットカード現金化を初めて行う場合、初めて目にすることばかりで現金化の全容がつかみにくいことから、難しい印象や不安を抱く方が多いことでしょう。

比較サイト・掲示板・Q&Aサイトなど、現金化を利用する前に、様々な媒体で調べるという慎重派の人も多いです。ですが良い口コミが書かれている、あるいは悪い口コミが書かれていないからといって、完全に安心はできません。
なぜなら、運営者が定かではないサイトに掲載されていたり、匿名で書き込まれている場合、業者の自演という疑いがあるからです。

しかしご安心ください。クレジットカードの現金化は、カードローンや銀行のフリーローンと同じく、利用にあたって何も心配のいらない資金調達の一手段です。
優良業者が数多く名前を連ねていることはもちろん、それでも不安な場合には自分自身で現金化を行うこともできます。
また、クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を用いるためあらためて審査を受ける必要もなく、急に現金が必要になった時には特に役に立ってくれることでしょう。
今回はクレジットカードの現金化を初めて利用する方が思い浮かぶ疑問と不安について、わかりやすく解説いたします。

初めての方にとって クレジットカード現金化はわからないことだらけ

「換金率って何?具体的にどんなことをすればいいの?」
初めてクレジットカード現金化を行う場合、このようにわからないことだらけで目を白黒させてしまう方は多いのではないでしょうか?
それもそのはず。クレジットカードの現金化はカードローンやキャッシングと異なり、独特の取引形態であるため初めて利用を検討する方には、やや難しい印象を抱かれがちだからです。
けれども心配は無用です。確かに一見すると不安な点が多く見えますが、実際の取引内容は合法的かつシンプルなものばかりです。
また、クレジットカードのキャッシング機能やカードローンより勝っている点もあるため、冠婚葬祭や納税など、現金が必要になった際には優れた資金調達の方法の一つとして役立てることができます。

具体的な方法やリスク 適法性など クレジットカード現金化の気になる疑問点を一挙解説します!

それでは最初に、初めて現金化を行う方が真っ先に思い浮かぶ4つの疑問についてお答えいたします

具体的にどんな取引をするの?

具体的な取引の流れは、自分で現金化を行う場合と業者を利用する場合でそれぞれ異なります。

自分で行う場合、ギフト券やブランド品をはじめとした換金性の高い商品をカードで購入し、それを金券ショップもしくは中古買取店へ転売することによって必要な金額を工面します。
一方インターネット上の業者へ依頼する場合には、取引金額やカード番号をはじめとした申込情報を入力し、本人確認のために身分証明書のコピーや画像データを業者へ送付するだけです。
あとは業者側でカードの決済を行い、あらかじめ申込者が指定した銀行口座へ取引金額に換金率を乗じた現金が送金されます。

クレジットカード現金化は違法ではないの?

違法性はまったくない取引ですので心配する必要はありません。
過去には現金化で逮捕されてしまった業者のニュースが全国紙に載ったこともありましたが、逮捕されたのは業者であり、利用者ではありませんでした。
肝心要の逮捕理由ですが、取引そのものに違法性があったのではありません。
無認可で貸金業者と同じような取引を行っていたことが直接の逮捕理由であったと当時の新聞やニュースは報じています。
従って、現金化そのものの違法性は皆無といっても過言ではありません。

カードローンやキャッシングと比べて どんなメリットがある?

キャッシングやカードローンとの大きな違いに、審査の有無があります。

新たにローン契約を結ぶ場合には原則として審査が必要です。
しかし、この審査の通過率は決して高いものではなく、貸金業者が発表した情報によると半数以上が審査落ちとなってしまうようです。
しかしクレジットカード現金化の場合、すでに持っているカードのショッピング枠を利用するため、あらためて審査を受ける必要はありません。
また、カードローンとキャッシングでは総量規制と呼ばれる規制があり、年収の1/3以上の借入が法律によって制限されています。
一方クレジットカード現金化では、利用限度額の範囲内であればいくらでも利用ができるため、申込者の与信状況によっては年収の1/3以上の現金を調達することもできてしまいます。

取引を行うにあたって リスクはある?

優良業者を選んで取引を行えば、現金化そのものにリスクはありません。
危ない取引だったとしたら、数多くの取引業者が存在することの説明がつきませんからね。

残念ながら、カード情報の不正取得や詐欺を目的とした悪徳業者も一定数存在します。
しかし取引を行う前に比較サイトや口コミ情報を活用することで、簡単に優良業者を選ぶことができます。
また、優良業者では顧客獲得競争に勝つために、換金率をアップしたり、入金までの時間を短縮したりするといったサービスを実施しています。
そのため、優良業者を選ぶことは、より好条件での取引が行えることにもつながるのです。

クレジットカード現金化に業者を介することで得られる3つのメリット

レジットカードの現金化は、カードローンやキャッシングと同じく現金が必要な時に役立つ資金調達の手段として近年人気を高めつつあります。また優良な取引業者が数を増やしたことにより、今までよりも更に便利に現金を工面できるようになったことが主な特徴です。

換金性の高い商品に心当たりがあれば、自分で現金化を行うこともできますが、おすすめは信頼できる優良業者へ取引を依頼することです。
やや高めの手数料が発生することがネックですが、業者を介することで迅速に現金を用立てられることに加え、キャッシングやカードローンにはないメリットを享受することもできます。

そこで現金化取引で業者を利用することによって得られる、いくつかのメリットをご紹介いたします。

審査不要で現金を工面できる

クレジットカードを発行した時に 必要な審査はもう済んでいる

「業者を介する」とはいっても、カードローンやキャッシングと違い、利用にあたって審査を受ける必要は一切ありません。
なぜなら現金化取引は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を工面するため、そもそもカードを発行する時点で、審査はクレジットカード会社によって行われてしまっているからです。

審査無しでの利用はカードローンやキャッシングでは不可能 けれど現金化であれば可能!

なるべく早く現金が必要な時には、落ちる不安がある審査はできればパスしたいもの。
とはいえ、カードローンやキャッシングを新たに申し込むにあたって、審査なしで利用することはもちろんできません。
けれども現金化の業者を利用すれば、一見不可能に見えるこのニーズを満たすことだってできるのです。

借金ではないため 身元調査があっても心配無用

身元調査時に借金が見つかると 困った事態になる可能性がある

結婚や就職をする際、身元調査を受ける可能性があることをご存知でしょうか?
身元調査で調べられるのは主に、交友関係や家族など人間関係や家系に関するものが中心ですが、調査対象には借金の有無も含まれています。
この時もし借金が見つかったら、のちのち様々な支障が生じる可能性も、十分に考えられます。

現金化を行ったか否かは 身元調査ではわからない

けれども心配は無用です。クレジットカードの現金化は借金に分類されないため、仮に取引の直後に身元調査を受けたとしても、「借金を背負っている」と調査結果が出ることは100%ありません。現金化はあくまでクレジットカードのショッピング枠を利用した一決済に過ぎず、興信所や探偵による調査でも普段の買い物と現金化の決済を正確に見分けることはほぼ不可能です。
従って、近々身元調査を受ける予定があったとしても、何も心配することなく取引を行うことができます。

入金が早いため ご祝儀などの急な入用にも対応可能

最短即日で現金を用立てられる

多くの現金化業者では、申込を受け付けてから最短即日で指定口座へ振込を完了させるサービスを提供しています。
そのため、結婚式のご祝儀や延滞金の発生が迫っている納税など、急を要する入用が発生した場合であっても現金の工面が可能です。
この現金化にかかる手間と時間を最小限におさえられるメリットは最大の特徴といってもいいでしょう。自分で現金化を行う場合、換金性の高い商品を選び、実際にカードで購入し、金券ショップや中古買取店へ持ち込んで転売するという3つのステップを踏みます。
なるべく早く現金が必要な時、これらの手順を踏むのは面倒なことに加え、多くの時間を要することが容易に想像できますね。

業者との取引の場合、住所や氏名、カード情報などを入力する申込手続きを行ったら、あとは入金を待つだけです。
処理が早い業者なら申込当日中に指定口座へ振り込まれるため、時間を短縮できることが大きなメリットに挙げられます。

自力でも現金化はできるけれど…

新幹線の回数券や百貨店の商品券など、換金性の高い商品をクレジット購入し、それを転売すれば自力で現金化を行うことも確かに可能です。
しかしその場合、商品探しと購入、転売をすべて自分で行わなければならないため、時間と手間を要するデメリットがあります。
一方、業者へ取引を依頼すれば、手数料がかかる代わりに無駄な時間と手間の一切を省くことができます。
手数料負担が必要であることは確かにネックですが、なるべく早いうちに現金が必要な場合には、やはり業者の利用がおすすめです。

カードが利用停止になるリスクを回避できる

換金性の高い商品を多額に購入した場合、クレジットカード会社の不正利用検知システムによって自動的にカードが利用停止になってしまう可能性があります。
一度利用停止になってしまうと、普段の買い物はもちろんのこと、毎月の電気代や携帯料金の支払いなど月々の支払いにカードを用いることが一時的にできなくなってしまうため、大きな不便が生じてしまいます。
そのため自分で現金化を行うと、突然利用停止になるリスクにヒヤヒヤしながら取引を進めていかなければならないデメリットがあるのです。

業者を利用する場合、利用停止への不安は一切無用です。
現金化業者がカード決済を行う際は、カード決済を専門とした代行会社を用いて安全に取引を行うため、カードが利用停止になってしまうことなく取引を行うことができます。
また、カードが使えなくなる不安と無縁であるということはつまり、多くのカード決済を行えることにもつながります。
そのため、多額の現金が必要な時にも安心してクレジットカードの現金化を行える点は、隠れたメリットです。

初めてのクレジットカード現金化は 不安や疑問を払拭してからがおすすめ!

これから初めてクレジットカードの現金化を行う方が思い浮かぶ疑問とその答え、そして具体的な取引手順について解説いたしました。
取引にあたって不安を抱いていた方であっても、利用者であれば違法性はまったくないこと、優良業者を選んで取引をすればトラブルに巻き込まれる可能性はまずないことがおわかり頂けたかと思います。

過去のニュースや一部のWebサイトでのネガティブな掲載内容から、クレジットカードの現金化に大きな不安を抱いている方は決して少なくありません。

もし参考にするなら、個人の顔が見えるブログだと信用できます。読者の多いブログや、素性のはっきりしている人が書いているブログなら、信用を失わないためにも嘘はつけないからです。

詐欺サイトでないかどうかはもちろん、詳しい手続きのやり方や接客・トラブル対応など、宣伝だけでは分からない実態が伺えます。現金化を初めて利用する人は、個人ブログの体験談を参考にしてみると、安心してスムーズに手続きが行えるでしょう。

また、比較サイトや匿名掲示板では、良い口コミはあまりあてにできませんが、悪い口コミは参考になります。業者は不利益になる書き込みは行わないので、利用者の本音であると考えられるからです。悪質な業者を判別するという目的のためなら、匿名もひとつの判断基準にしてみましょう。

しかし実際の状況を知ると、安全かつ便利に活用できる資金調達手段であることが理解いただけたのではないでしょうか?
家賃の支払いや年金の支払いなど、多額の現金が必要になる場面は思いのほかたくさんあるものです。
そのような場合には、カードローンやキャッシングと併せて、手軽に現金を工面できる方法の一つとして活用されることをおすすめいたします

まとめ

現金化業者を選ぶ際には、換金率を重視しがちですが、それ以上に重要なのが「信頼できる業者であるかどうか?」です。
高い換金率だけで業者を選ぶと、カード盗用や現金未払いなど散々な目に遭って、損するどころの話では無くなります。

「比較サイトで評価が高かった」「口コミで評判が良かった」という基準だけで、業者を選ぼうとしている人も要注意です。
先述したように、比較サイトやネットの口コミでは、業者の自演が混じっていることがあるので、今ひとつ信用に欠けます。
他社の評価に頼らなくても、正しい知識を持っていれば、自分で優良店を見つけることは可能です。

現金化業者を選ぶときは、上記で述べてきた優良店の特徴に該当しているかどうかを、一社ずつ自分の目で確かめましょう。
取引実績が多数あり、かつ運営歴の長い優良店はいくつもあるので、慎重に探せば、あなたに合った安全な業者は必ず見つかります。