JCBの楽天カード

優れた使い勝手と充実したポイントプログラムで高い人気を誇る楽天カードは、顧客満足度調査で8年連続の1位を獲得しているクレジットカードです。

常に多くの入会特典をそろえたキャンペーンを展開されているため、身近でお持ちの方も多いのではないでしょうか?
しかし注意点として楽天カードは、現金化で用いるときに注意を要する1枚でもあります。

なぜなら、不正利用や規約違反の利用を監視するロボットが日夜決済を見張っており、現金化を目的としてものと思われる決済を発見したら、即座にカードを使えなくしてしまう場合があるからです。

けれども、極度に心配する必要はありません。
確かに換金性の高い商品を購入した場合には、カードが使えなくなってしまうリスクがあります。

けれど上述のロボットに「現金化を目的とした決済」と思われることなく取引を進める方法があります。それを実践すればカードが停まってしまうことはありません。

また、楽天カードは他社と比べて、お得な特典や魅力の多い1枚でもあります。
せっかく取引の過程で多額の決済をするのであれば、少しでもお得なメリットの多いカードを使用したいところです。

そこで今回は、楽天カードを現金化取引に利用することがややリスキーである理由とその対策、そして他社のカードより優れている豊富なカード利用特典の数々をご紹介いたします。

注意点として、楽天カードは現金化に用いると利用停止になるリスクがやや高い

クレジットカードと禁止マーク

テレビCMで目にすることの多い楽天カードは、現金化で利用するときに注意が必要です。

なぜならこのカード、不正利用をチェックするロボットがあらゆる決済をチェックしており、換金性の高い商品をクレジット決済で購入した瞬間、「これはもしかして換金目的の購入では?」と疑い、カードの利用をストップさせてしまうからです。

もちろん、換金性があるものをクレジットで購入しただけで、即座にカードが使えなくなってしまうわけではありません。
しかし他社のカードと比べて利用停止になるリスクが非常に高く、現金化で用いるにあたっては何かしらの対策を打つことが必須であるといえます。

楽天のクレジットカードが利用停止になる理由

楽天カードをはじめとしたクレジットカード会社は、利用規約で禁止している現金化を行ったことが発覚した場合、カードの利用を即停止します。

実はこの現金化を行ったこと以外にも、突然カードの利用ができなくなることがあります。

楽天カードが突然利用停止になり、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」で利用状況を確認するとエラーコードが表示され、「詳細はコンタクトセンターに電話して下さい」とエラーメッセージが出ることがあります。

そこでコンタクトセンターに電話してみると、利用停止の理由については、「総合的に判断した結果です」という回答のみで、詳しく教えてもらえません。

特に間違った使い方をしたわけではないのにです。
楽天カードは使い勝手のよいカードだけに、理由もわからず利用停止や退会になるのは納得できません。

そんな人に向けて、現金化以外に楽天カードが利用停止になる理由と、一旦利用停止になったカードを復活させて再度利用できるようにすることは可能なのか、可能であればその方法は?といった疑問にお答えします。

カードが利用停止になる行為とは?

楽天カードは、次のような時にカードの利用停止や強制退会になることがあります。

不正利用(なりすましや現金化)が疑われる場合

先にも説明した通り、楽天カードは不正利用のチェックを大変厳しく行っています。換金率の高い商品を何度も繰り返し購入していると、不正利用が疑われてカード利用が一時制限され、使用状況を確認する問い合わせが来ます。

利用限度額を超えている場合

クレジットカード契約時に決められた利用限度額を超えると、それ以上買い物はできません。支払いを終えて、限度枠を回復させる必要があります。
ここで注意したいのが、引き落とし口座の残高不足です。自分では請求額の引き落としが終わり、利用限度額は回復したと思い込んでいたが、残高不足で引き落としができていなかったという場合があります。

口座に現金が入っていないことに気づき、引き落とし日当日に慌てて現金を入金してもタイミングによっては間に合わないことがあります。

請求額が確定するとメールなどで「今月の請求分のお知らせ」が届きますので、早めに入金しておきましょう。

なお、楽天カードでは、自動振替サービスの対象となっている銀行の口座については、支払い日に残高不足で引き落としができなかった場合、その翌日から4回、自動再引き落としを実行します。

楽天カードの自動振替対象銀行

楽天銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな、北海道銀行、北陸銀行、横浜銀行、千葉銀行、広島銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、常陽銀行、肥後銀行、八十二銀行、ゆうちょ銀行

※楽天銀行は引き落とし日当日の夜に、もう1回振り替えが実行されます。
※ゆうちょ銀行は、引き落とし日と最終日(4日目)の計2回となります。
※前月分を滞納している場合、再振替サービスが利用できない場合があります。

また、楽天カードでは楽天銀行からの自動振替以外の銀行口座からの引き落としについては、限度額が戻るまでに1営業日以上かかることがあります。
引き落とされたらすぐ限度額が戻るとは限らないことも知っておきましょう。

延滞している場合

楽天カードは入会審査のハードルが低い一方で、延滞などについては厳しい対応をします。過去に何度も延滞をしている人や、はじめての延滞でも長期間に亘って延滞している人は利用停止になるようです。

利用歴がほとんどない場合

楽天カードは入りやすいカードである反面、入会後は厳しいチェックを行っています。滞納などがある利用者と同じように、ほとんどカードを利用しない利用者も、楽天にとって魅力はないようで、気がつけば利用停止や退会になっていたということがあります。

途上与信で問題が生じた場合

ショッピング枠やキャッシング枠の限度額を引き上げる申請をしたために、利用停止になってしまう場合があります。限度額まで買い物や借り入れを行っていて、これまできちんと支払いを行っていたにもかかわらず、申請をした途端利用停止されたのでは納得がいきません。

しかし、これには以下のような理由があるのです。
クレジットカード入会の段階で審査が行われるのは知られていますが、クレジットカード会社はそれ以外にも利用途中で「途上与信」という形で利用者を審査しています。

途上与信では、クレジットカードの利用歴や他のクレジットカードやローンの利用歴に問題がないか、また本人の収入が入会時より下がっていないかなどが審査されます。

途上与信には、貸金業法で実施が定められた法定途上与信と、カード会社が任意で行う途上与信があります。

法定途上与信は、

  • 1ヵ月のキャッシング合計額が5万円以上でキャッシング残高が10万円以上の人→毎月実施
  • キャッシング残高が10万円以上の人→3ヶ月に1度実施

となっています。

これを見ると、キャッシング残高が10万円未満、毎月の利用額が5万円未満であれば法定途上与信は実施されないことになります。
利用額に気をつけることで、法定途上与信を避けることはできそうです。

一方、任意の途上与信は、楽天カード側の判断で行うことができます。

これについては、楽天カードでは、利用者からショッピングの限度額引き上げ申請があった時、これまでキャッシング枠がなかった人から申請があった時、あるいはキャッシング枠の限度額引き上げ申請があった時には必ず行っているようです。

楽天カードは入会の時の審査が甘い分厳しい判断が下りることが多いようで、途上与信で問題があると認定されると申請が却下されるだけでなく、利用停止となってしまうこともあります。

※1~5の理由以外にも、磁気不良のカードや有効期限が過ぎたカードでは利用ができなくなります。楽天e-NAVIにログインして、エラーコードが出ていないか確認してみましょう。有効期限の問題であれば、有効期限が切れる前に新しいカードは届いているはずですので確認しましょう。また、店舗では使えないがネットショッピングでは使えるという場合は、磁気不良が原因かもしれません。磁気不良の場合は、楽天e-NAVIの各種お申し込みから申し込むことができます。

※楽天e-NAVIのエラーコード1は、利用停止になっているだけですので復活できますが、エラーコード2は、強制退会になるため再度入会が許可されない限り利用することはできません。

利用停止や強制退会になった楽天カードは再度使うことはできるのか?

利用停止の場合は、問題をクリアすることで利用再開することができます。
しかし、一度強制退会させられてしまった場合、利用再開は難しく、他のカードの発行を試みることをおすすめします。

利用停止の楽天カードを再度使用するための手順とは?

利用停止になったカードの再開の方法について紹介します。

不正利用が疑われた場合

クレジットカードの現金化を疑われた場合、一時的に利用停止となり楽天カードから「何を買ったか」「購入目的は」といった問い合わせがきます。
ここでしどろもどろの返答をすると、継続的な利用停止や、場合によっては強制退会となります。
現金化が疑われる理由として、

  • 換金率の高いものを繰り返し購入している
  • キャッシング枠を限度額まで使い切った後で、ショッピング枠限度ぎりぎりまで高額の買い物をしている

などが挙げられます。
なお、現金化が目的ではないのに、現金化が疑われそうな場合に、利用者側から先に「こういう事情で大きな買い物をした」とカード会社に申告して利用停止を免れたという例もあります。

利用限度額を超えている場合

利用限度額を超えていて利用ができず、月末の引き落とし日まで待てない場合は、先払いをして限度額を確保することができます。

先払いの受付対象期間は、引き落とし結果が反映されてから翌月9日(9日が土日祝の場合は前営業日)の14:45までとなっています。

先払いの申し込みは、カードを手元に用意し自動音声専用ダイヤル0120-30-6910 (24時間対応)へ連絡します。
なお、先払いの振込み手数料は利用者負担となります。

また、先払いは本カード会員からの申し出のみ認められ、家族カード会員は申し込めません。

延滞している場合

楽天カードの引き落とし日に引き落としが実行できなかった場合(自動振替対象銀行の場合は再振替サービスでも引き落とせなかった場合)、楽天カードから督促ハガキが届きます。

ここで延滞料金(利用額+延滞損害金)を銀行振り込み、またはコンビニ払いで支払うことで、利用が再開される可能性があります。

ただし、何度も延滞したり、長期間延滞したりしていると認められない場合がありますので注意してください。

遅延損害金も含めた延滞料金については、自動音声専用ダイヤル0120-30-6910 (24時間対応)、もしくは楽天e-NAVIで確認できます。

利用歴がほとんどない場合

利用歴がないことを理由に利用停止や強制退会になった人は、楽天カードに魅力を感じていなかったということではないでしょうか。

強制退会になった場合、再入会は難しいので、自分の条件に合い魅力を感じるクレジットカードを探して申し込みましょう。

途上与信で問題が生じた場合

途上与信に問題があった場合は、利用再開は厳しいので、そうならないための予防策として、キャッシングを利用する場合は常に残高が10万円未満、毎月の利用額が5万円未満となるようにしましょう。

また、ショッピング枠やキャッシング枠の引き上げは自分から申請はせず、楽天カードから提示されるのを待ちましょう。

利用停止にならずに楽天カードで現金化を行うにはどうすればいいか?

自分で現金化を行う場合 楽天カードの利用は危険

自分で現金化を行う場合 楽天カードの利用は危険

さて、それではカードが使えなくなる事態を避けつつ、現金化を行うためには一体どうすればいいでしょうか?

まずはじめに、換金性の高い商品を自ら購入してそれを中古買取店へ転売する、いわゆる「業者を介さない現金化」は楽天カードに適していません。

換金性の高い商品を購入した時点でカードが停まってしまう可能性が極めて高いため、自ら現金化を行うことにこだわる場合には、他のカードを使うほうが安全です。

決済代行会社を用いた取引業者に現金化を依頼するのがもっとも確実

楽天カードで現金化を行う場合には取引業者、それもカードの決済時に決済代行会社を用いた業者と取引を行うことがもっとも効果的です。

決済代行会社とは、その名の通りクレジットカードの決済を小売店などに代わって執り行う会社のことです。
ここを通じて行われるカード決済は、楽天カードが「換金性の高い取引」とは見なしません。
そのため、カードが使えなくなってしまうことなく、安全かつ確実に現金化が行えるのです。

自分でクレジットカード現金化を行う場合と比べて、手数料がかさんでしまうなどのデメリットも確かにあります。
しかし取引を短時間で終えられることに加え、カードが使えなくなってしまう危険性をほぼ確実にゼロにできることを考えると、やや高めの手数料も十分適切なものと見ることができます。

他のクレジットカードと比べて 楽天カードは現金化に用いるメリットが多い

貯めやすくて使いやすいポイントプログラム

楽天カードはポイントプログラムが充実していますので、現金化に用いる際にもいろいろとオトクなメリットの多い1枚に挙げられます。

例えばポイントの還元率はキャンペーンが行われていないときでも常時1%。
他社のカードの還元率はだいたい0.5%に設定されているため、いつでも2倍のポイントを貯められます。

また、ポイントの使いみちの豊富さも申し分ありません。
ネットショッピング「楽天市場」で使用できるのはもちろんのこと、電子マネー「楽天Edy」への交換やTOHOシネマズでの映画チケット購入、最近はコンビニやファーストフード店などの実店舗でもポイントを利用できるようになりました。

これにより、今日ではTSUTAYAのTポイントやNTTドコモのdポイントなどと同じく、あらゆるところで利用できるポイントとして着々と評判を高めつつあります。

実績が積み上がれば 上位カードへ発行替えになることもある

意外と忘れがちですが、現金化の取引でももちろんポイントは発生します。
さらに多くの場合、決済金額が高額であることから利用実績も積み上がり、ショッピング枠の増枠や上位カードへのアップグレードも期待できます。

楽天カードは増枠やアップグレードにも積極的に取り組んでいるため、「現金化で積極的に活用していくことでゴールドカードになってしまった!」といったことも決して難しくはありません。

クレジットカード利用停止になると信用情報が悪化する?

「クレジットカードが利用停止になったら、信用情報(ローンやクレジットの契約に関する個人情報)に傷がつくのではないか」と不安ではないでしょうか?

もしも信用情報にカード利用停止の履歴が記載されたら、いわゆるブラックリスト入りの状態となり、今後のローンやキャッシングの審査に不利になってしまう可能性が大きいでしょう。

そうなれば手持ちのクレジットカードが使えないばかりか、しばらくの間は他の借り入れ手段にも頼れなくなってしまうため、窮地に陥ることになります。

ですが実際のところは、クレジットカードが利用停止になっても直ちに信用情報が悪化するわけではありません。

カードの利用停止履歴を載せるかどうかは、各信用情報機関(信用情報を管理する国指定の機関)によって方針が異なっているからです。

日本の信用情報機関には「JICC」「CIC」「KSC」の3つがあり、このうちJICCに関しては、信用情報にカードの利用停止履歴を記載する項目を設けています。

つまり、JICCに加盟している会社のクレジットカードが利用停止になった場合は、その履歴がJICCの信用情報に記載されるということです。

CICまたはKSCに加盟している会社のクレジットカードなら、信用情報に利用停止履歴が残ることはないでしょう。

信用情報機関同士は「CRIN」というシステムによって各々が有する信用情報の一部を共有していますが、カード利用停止履歴に関しては共有対象から外されています。

3機関すべての信用情報を照会するには、各機関に対して個別に情報開示請求を行う必要があります。

しかし、カード会社は多数のカード申込みを捌くのに忙しいので、一人ひとりの申込者に対してそのような面倒な開示請求を行うことはまずありません。

ただし、カード利用停止の原因が長期間の返済滞納や利用規約違反といった悪質なものであった場合は、信用情報に少なからず悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

特に、返済を3ヶ月以上滞納している人や、今までに度々滞納を繰り返している人は、すでにブラックリスト入りになっている可能性が高いです。

不審と思われる決済を一回行ったとしても前科がなければ、ブラックリスト入りは免れるかもしれません。

しかし、カード利用停止になったという事実はカード会社からの強い警戒を招いてしまうので、安全のためにしばらくは現金化を控えるようにしましょう。

楽天カードを自分で安全に現金化する裏技

楽天カードは換金性の高い商品を購入しただけでも利用停止になりやすいため、基本的には自分で現金化を行うのに適したカードではありません。

ですが、次に紹介する2つの裏技を用いれば、自分でも比較的安全に楽天カードを現金化することは可能です。
現金化業者を利用するよりも手間と時間はかかってしまいますが、換金率100%を実現できるお得な方法です。

商品の返品をする

楽天カードで換金性の高い商品を購入すると、カード利用停止になるリスクが高くなってしまいます。

そこでおすすめなのが、カード会社に怪しまれにくい手頃な商品(洋服やおもちゃなど)を購入・返品し、現金で返金してもらうという方法です。

ただし、商品を購入後すぐに返品すると、カード決済のキャンセルとして処理されるため、現金で返金されなくなってしまいます。

商品の返品は、商品購入から少なくとも3日以上経過してから行うようにしましょう。

この方法で即日現金化したいなら、「クレジットカードで電子マネーにチャージを行い、電子マネーで商品を購入する」という一工夫が必要です。

WAON、楽天Edy、nanacoといった電子マネーは決済キャンセルの手続きが煩雑なため、基本的には現金で返金されます。

商品返品による現金化の注意点は、返品・返金処理の際にお店に迷惑をかけてしまうということです。

同じお店で何度も返品を行うと迷惑行為とみなされ、最悪の場合はお店への出入り禁止になってしまう恐れがあります。

この方法で現金化を行う場合は、複数の店舗に分散して実行し、1つの店舗につき1~2回までに留めておきましょう。

飲み会や会食の立て替え払いをする

飲み会や会食、接待などであなたが幹事役になり、お会計のときに参加者全員分の支払いをクレジットカードで立て替え、後で全員から現金を徴収するという方法です。

居酒屋やレストランといった飲食店での決済履歴なら、カード会社に怪しまれる心配は特にないでしょう。
この方法なら100%の換金率で現金化できる上に、カードのポイントも貯まってお得です。

注意点としては、人を集めてセッティングを行ったり、場を取り仕切ったりするなどの労力が伴うことです。

また、現金化目的で幹事役に立候補したことがバレると参加者からの印象が悪くなる恐れがあるので、あくまでも自然な流れでさらっとお会計を済ませるのがポイントです。

カードが停まる仕組みと原因を知っていれば 利用停止は怖くない

利用停止になったクレジットカード

楽天カードで安全かつ確実に現金化を行う方法について、ご紹介いたしました。

「カードが使えなくなった」「強制解約になってしまった」といった口コミが多い楽天カードですが、決済代行会社を用いた取引業者を選べば、何も恐れる必要がないことがお分かり頂けたかと思います。

複数枚のクレジットカードを持っているのであれば、仮に1枚使えなくなったとしても、他のカードを使う選択肢があります。

ところがもし手持ちのカードが楽天カード1枚のみで、なおかつ現金化を行いたい場合、カードが使えなくなる不安に怯えながら取引をすることになってしまいます。

けれど、利用停止に至る原因と仕組みを知り、ちゃんと対策を打った上で利用すれば、カードが使えなくなってしまうことはまずありません。

せっかく現金化をするのであれば、可能な限りお得に取引を進めていきたいものです。

好条件の取引業者を選ぶことに加え、多くのポイントを獲得することができる楽天カードの使用をおすすめいたします。