クレジットカードを差し出す男性

クレジットカード現金化の利点と聞いて、一番何を思い浮べるでしょうか?
多くの人が、「現金が必要になったとき、すぐに用立てられる」という利点を挙げるでしょう。
他にも、キャッシングにはない様々な利点があるため、クレジットカード現金化の人気は上昇しています。

一方で、その欠点を知らないまま安易に利用して、悪徳業者に騙されたとか、返済に苦しんだとかいった事態に巻き込まれることもあります。
クレジットカード現金化の利点と欠点の両方をよく理解し、賢く活用しましょう。

クレジットカード現金化の7つの利点とは?

即日で現金化ができる

クレジットカード現金化は、最短即日で、早ければ1時間以内に現金を手にできるのが大きな利点です。
現金化には厳しい審査がないため、申込みから振込みまでに時間はほとんどかかりません。
現金化業者なら、銀行や大手消費者金融よりもスピーディーな対応が期待できます。

オンライン専門の現金化業者は24時間365日運営しているので、現金が必要になったときに、いつでも申込むことができます。
申込みからカードの決済、現金の振込みまでがすべてオンラインで完結するので、店舗に出向く必要がありません。

例えば、以下のような緊急のケースでも、クレジットカード現金化なら即時に解決できます。

  • 差し押さえの期日が迫っているので、滞納した税金の納付を一日でも早く済ませたい
  • 冠婚葬祭でまとまった出費が必要だか、手元の現金が足りない
  • 強制退去になる前に、滞納した家賃の支払いを工面したい

無職・低年収でも申込みができる

クレジットカードのキャッシング枠が少ない、または利用できない無職・低年収の人でも、ショッピング枠があれば現金化を利用することができます。
厳しい審査がないので、年収や職種、年齢などに関係なく誰でも申込めるという利点が現金化にはあります。

多重債務や自己破産といった理由でブラックリストに載っている人でも、現金化の利用には支障ありません。
消費者金融での借入れすらできなくなってしまった人にとって、クレジットカード現金化は最後の頼みの綱です。

無職や低年収の人の場合、すでにカードを持っているのであれば問題はありませんが、ほとんどのカード会社では、無収入・低収入の人は審査に通りにくいため、これから新しくカードを作るのは容易ではありません。

クレジットカードを持っている家族がいれば、その人の家族会員として登録し、自分用の家族カードを作成してもらうのがおすすめです。
例えば専業主婦の場合、夫がカードの本会員であれば、その家族カードなら審査なしで発行することができます。

ただし、家族カードはキャッシング枠が利用できないか、利用できても限度額が少なく設定されているので、希望する額を借入れるのは簡単ではありません。
ショッピング枠なら、本会員の限度額の範囲内で利用できるので、現金化は問題なく行えます。

クレジットカードを税金や保険料の支払いに使える

一部の市町村では、各種税金・保険料の支払いをクレジットカードで行えるようになっています。
カード決済を利用すれば、手元に現金が不足していても、支払い期日に間に合わせることができます。

しかし多くの市町村では、まだクレジットカード決済に対応していないのが現状です。
カード決済ができなければ、期日までの支払いが困難で、税金・保険料を滞納してしまうかもしれません。
信用情報に問題があると、借入れすらアテにできません。

そこでクレジットカードのショッピング枠を活用して現金化し、以下の税金・保険料の支払いにあてれば、クレジットカードで支払ったと同じことになります。

  • 国民健康保険料
  • 市民税・県民税
  • 固定資産税
  • 自動車税

借入れ額の制限がない

キャッシングは、総量規制により、利用限度額が年収の3分の1に制限されています。
ですが、クレジットカード現金化は総量規制の対象にはなりません。
ショッピング枠の範囲内であれば、制限なく現金化できるという利点があります。

総量規制で借入れができなくなったときの手段として、闇金に手を出してしまう人もいます。
ですが、一度闇金を利用するとあっという間に利息が膨らみ、借金で首が回らなくなります。
さらに、悪質な闇金は取り立てに手段を選ばないので、完済するまでは怯えながら生活する羽目になります。

クレジットカード現金化の返済は、カード会社に対して行う仕組みなので、違法な闇金の取り立てに脅かされる心配はありません。
合法的な借入れが利用できなくなったら、実績のあるクレジットカード現金化業者に依頼して、安全にショッピング枠を活用しましょう。

信用情報に悪影響が出にくい

借入れや現金化を利用する上で心配になるのが、信用情報への影響です。
信用情報に多重債務や返済滞納といった記録が残ると、今後の借入れが困難になってしまいます。

ですが、クレジットカード現金化を利用しても、信用情報に傷がつく心配はありません。
信用情報には、キャッシングの履歴ではなく、カードのショッピング枠を利用したという記録が残るだけです。

クレジットカードのショッピング枠は、分割払いやリボ払いなどの無理のない返済方法が選べます。
自分の支払い能力にあわせて、計画的に返済ができれば、信用情報に悪影響を及ぼす恐れはありません。
信用情報をクリーンに保てるので、やたらに借入れをするよりも、気軽に利用できるのも利点のひとつです。

返済方法の選択肢が多い

キャッシングを利用すると、「一括払い」でしか返済できないことがあります。
一方で、クレジットカード現金化で利用するショッピング枠は、割賦販売法に基づき設定されていますので、様々な返済方法を選択することができます。
(割賦販売法とは、売買代金を3回以上分割して支払う売買取引について、購入者の損害を防止し、健全な取引を守るための法律です。)

ショッピング枠は、一括払い以外にも以下の返済方法に対応しています。

  • 分割払い
  • リボ払い
  • ボーナス払い

ただし、現金化の利用でカード会社に規約違反がバレてしまうと 強制的に一括返済を請求される恐れがあります。
現金化を安全に利用するには、必ず信頼できる現金化業者を選びましょう。

誰にも知られず現金化ができる

クレジットカード現金化は世間的に怪しいイメージがあるので、特に身内に利用を反対される可能性があります。
なので、家族や勤務先に知られず、こっそり現金化を利用したいというニーズは少なくありません。

クレジットカード現金化を利用すると、信用情報に借金の記録が残るのではないか、と不安になる人もいるでしょう。
クレジットカード現金化はキャッシングとは異なるので、「現金化」や「キャッシング」として記録されることはありません。

傍目にはショッピング枠で買物をしたように見えるので、家族に利用明細を見られてしまっても、現金化を行ったことは簡単にバレません。
専門の業者に依頼すれば、カード会社に対しても現金化がバレないように細心の注意を払ってくれます。

一般的には、キャッシングを利用すると、自宅や勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。
ですが、クレジットカード現金化業者は秘密厳守を原則としており、確認の電話は一切かけてこないので、安心して申込めます。

クレジットカード現金化は利点ばかりではない!

クレジットカード現金化の利点の裏には、決して無視できないデメリットも存在します。
以下のデメリットをよく理解して納得した上で、現金化の利用は慎重に行いましょう。

手数料が高い

クレジットカード現金化の手数料の相場は10%~20%です。
少額の現金化は手数料がさらに高くなり、20~30%以上になることもあります。

クレジットカード現金化にかかる手間は、少額でも高額でも変わりません。
それなのに、なぜ少額取引は手数料が高いのか、疑問に思うのではないでしょうか?

それは、手数料が料率で定められている以上、同じ手間をかけても、少額取引から得られる利益が少ないからで、業者は安定した利益を出すために、少額取引には高い手数料を設定しているのです。

高額取引でも、銀行や消費者金融と比較すると、非常に割高な手数料を請求されてしまいます。
例えば消費者金融の手数料は、1ヶ月で1~2%、年率でも10%前後です。
それに対して、1度の利用で10~20%以上の手数料がかかる現金化は、非常に割高なコストを支払わなければなりません。
借入れが可能な状況であれば、わざわざクレジットカード現金化に申込む利点はありません。

手数料を抑えるには、ある程度まとまった金額で現金化をするのがおすすめです。
多くの現金化業者では、取引金額が大きくなるほど、手数料が割安になるシステムを採用しています。

金利負担が大きくなることがある

クレジットカード現金化の返済時は、分割払いやリボ払いによって、支払いの負担を軽くできるのがメリットです。
しかし、これらの方法は完済までに時間がかかり、その間に利息が膨らむというデメリットもあります。

ただでさえ高い現金化の手数料を支払った上に、金利負担まで上乗せされると、闇金よりもコストが高くつく可能性があります。
実質的には借金と変わらないので、現金化を利用する際は、早めに完済できるように計画を立てておきましょう。

ショッピング枠以上の借入れはできない

クレジットカード現金化は総量規制の対象になりませんが、利用できるショッピング枠には上限があります。
ショッピング枠の利用限度額は、人によってバラつきがあります。
例えば楽天カードなら、限度額がたったの5万円の人もいれば、100万円以上の人も存在します。

その理由は、ショッピング枠もキャッシング枠と同様に、信用力によって限度額が決まるからです。
現金化は厳しい条件なしで申込めるのが利点ですが、利用できる金額は信用力に左右されてしまう点では、借入れと同じです。
したがって、高額な現金化は誰にでもできるわけではありません。

また、すでにショッピング枠を支払いに利用しており、残高が少なくなっていないかどうかにも注意してください。
現金が足りなくなったときに備えて、ショッピング枠の残高は常に余裕を持たせておきましょう。

クレジットカード現金化のデメリットを避けるには?

上記で述べたデメリットを避けて、クレジットカード現金化を安全に利用するためのポイントをまとめます。

信頼できる優良業者を選ぶ

クレジットカード現金化を自己流で行うと、カード会社に規約違反が発覚するリスクが非常に大きくなります。
そこで、カード会社にバレない安全な取引が行えるよう、現金化のプロの業者に依頼しましょう。

クレジットカード現金化業者は、取引の際に領収書や納品書を発行し、売買取引としての証拠を残しています。
それらの証拠があれば、ショッピング枠で普通に買物をしたようにしか見えないので、容易にバレることはありません。
法人や個人事業主であれば、確定申告の際に、現金化業者が用意した証拠書類を提出すれば、経費として申告することができます。

現金化業者の中には、法外な手数料を請求してくる悪質な業者も存在するので注意しましょう。
利用者がカード会社の規約に違反しているという弱みを逆手にとって、業者が脅しをかけてくることもあります。
しかし、訴訟などで表沙汰にはできないので、悪質業者にひっかかったら、泣き寝入りをするしかありません。

安全で信頼できる現金化業者には、以下のような特徴があります。

  • 無料でキャンセルに対応してくれる
  • 創業から5年以上経っている
  • 会社概要に代表者や会社住所、固定電話番号をきちんと記載している
  • 様々な比較サイトに口コミが掲載されている

現金化業者と手数料の交渉をする

手数料を安くするには、複数の業者間で相見積もりを取ってから、手数料の交渉をするのがコツです。
他社の手数料を提示してから交渉すると、それより安い手数料で契約できる可能性があります。
業者としては、手数料を下げてでも、ライバル社に顧客を取られたくないからです。

ただし、他社の実際の見積もり額よりも安い手数料を提示しても、交渉は上手くいきません。
相手もプロなので、手数料の相場を熟知しており、生半可な嘘はすぐに見破られます。
業者と交わしたメールの画像など、見積もりの結果が証明できるものを用意してから、交渉を持ちかけましょう。

本当に必要なときだけ現金化を利用する

クレジットカード現金化を安易に利用すると、手数料と返済時の金利負担が重くのしかかります。
現金化を利用する人は信用力が低く、経済状態が良くないことが多く借入れが困難な状況です。そこへ現金化による支払いの負担が加わると、本当に首が回らなくなってしまいます。
クレジットカード現金化は、あくまで本当にお金に困ったときに限り、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

以上、クレジットカード現金化の利点と欠点について説明してきました。
クレジットカード現金化には危険な側面もあるのは事実ですが、デメリットを回避する手段を知っていれば、いざというときの心強い金策手段になります。