利用明細から現金化がバレる?バレずに利用する方法とは?

「クレジットカードの利用明細から、現金化を利用したことがバレないか」と心配する人は多いのではないでしょうか?

クレジットカード現金化がカード会社にバレると危険なのはもちろんですが、「家族に現金化を利用したことを知られたくない」という人もいるでしょう。

当記事では、クレジットカード現金化とカードの利用明細に関して、以下のような疑問にお答えしていきます。

この記事で取り上げるポイント

  • クレジットカード現金化を利用すると、カードの利用明細にはどのように表記されるのか?
  • 利用明細から現金化がバレるのはどのようなケースか?
  • 利用明細から現金化がバレるのを防ぐにはどうすれば良いか?

クレジットカード現金化を利用すると利用明細の表記はどうなる?

クレジットカード現金化を利用すると利用明細の表記はどうなる?

一般的に、クレジットカードの利用明細には「決済日時・利用先(事業者名や店舗名など)・利用金額」などが記載されます。

クレジットカード現金化業者を利用した場合、利用明細に「現金化」という単語や業者の名前がはっきりと記載されることはないので、現金化とすぐに分かってしまう心配はありません。

代わりにどんな表記になるのかというと、現金化業者の種類(買取り型か、キャッシュバック型か)によって次のような違いがあります。

買取り型の現金化業者の場合

「買取り型」とは、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入した後、その商品を業者が買い取ることで現金化する方式です。

買取り型の現金化業者では、市場に流通している一般的な商品(金券やブランド品など)を別の店舗で購入するように指示されます。

したがって、カードの利用明細に記載されるのは「商品を購入した店舗の名前・購入金額」といった内容になり、クレジットカードで普通に買い物をしたようにしか見えません。

ただし、利用先や利用金額によってはカード会社に現金化を疑われる可能性もあります。
カード会社の中には、利用明細に商品名(例:「バッグ」や「ジュエリー」など)まで記載することがあるので、換金性の高い商品を購入する際は注意しましょう。

具体的な商品名までは記載されなくても、利用先からどんな商品を購入したか推測可能な場合もあります。
(例:ブランド直営店や金券ショップなど)

キャッシュバック型の現金化業者の場合

「キャッシュバック型」とは、現金化業者から直接商品を購入し、「購入額の○○%をキャッシュバック」という形で現金を受け取る方式です。

キャッシュバック型の現金化業者は敵対的関係にあるカード会社と直接提携ができないため、代わりに海外の決済代行会社と契約しています。

したがって、キャッシュバック型の業者で決済を行うと、カードの利用明細には海外決済として表記(通常と異なる特殊な文字列やドル建ての利用金額)されます。

海外決済の表記からは具体的な店名や商品名までは分からないので、一見しただけでは現金化がバレにくいように見えます。
しかし、最近では海外決済を利用してクレジットカード現金化を行う人が増えたために、カード会社に怪しまれるリスクは高まっています。

利用明細の監視が厳しいJCBなどのクレジットカードを現金化する際は、キャッシュバック型よりも買取り型の業者を利用するほうが安全です。

現金化業者から利用明細・請求書は発行される?

現金化業者から利用明細・請求書は発行される?

現金化に利用したショッピング枠の返済はカード会社に対して行うので、現金化業者に対する返済や支払いは不要です。
したがって、現金化業者から別途請求書や利用明細が自宅に送付されることはありません。

優良な現金化業者なら顧客のプライバシーを徹底して守ってくれるので、不要な郵便物やメール、電話等で迷惑をかけられる心配はないでしょう。

不審な連絡がある場合は「受け取り拒否」の手続きを

しかし、もしも悪徳業者に自宅の住所を教えてしまった場合は、DM(ダイレクトメール)や身に覚えのない請求書が届く恐れがあります。

現金化を利用したのがきっかけで迷惑な郵便物に悩まされてしまったら、「受け取り拒否」の手続きを行いましょう。
手続き方法は、「受け取り拒絶」と書いたメモに押印し、そのメモを受け取りたくない郵便物に貼り付け、ポストに投函するだけです。

法人や個人事業主が現金化した金額を経費として計上したい場合は、現金化業者に請求書・領収書を発行してもらうことが可能です。

その際は経費を精算しやすくするために、個人用クレジットカードではなくビジネスカードを利用して現金化しましょう。

クレジットカードの利用明細から現金化がバレるケースとは?

クレジットカードの利用明細から現金化がバレるケースとは?

クレジットカードの利用明細を一見しただけでは、現金化を利用したことがすぐにバレる心配はありません。
しかし、以下のようなケースではカード会社に現金化を疑われる可能性が高いので注意してください。

普段は買わないような高価な商品を購入した

普段はクレジットカードをあまり使わない人が、突然カードで高額な買い物をし始めると、カード会社から不審に思われてしまいます。

少額の現金化なら目立ちませんが、5万円~10万円を超える高額決済を行った場合、カード会社に利用目的を調べられる可能性があります。
自分で商品を選んで購入する場合は、できるだけ少額になるよう分散して決済を行うようにしましょう。

JCBとAMEXのクレジットカードを利用して現金化を行った

クレジットカードの国際ブランドのうち、高いステイタス性がある「JCB」「AMEX」については、クレジットカード現金化に対する監視・罰則が厳しくなっています。

特に、海外決済を行うキャッシュバック型の現金化業者と国内決済が主流のJCBとは、相性が良くありません。
JCBクレジットカードの利用明細に海外決済の履歴があると、高確率で現金化を疑われてしまうでしょう。

利用明細からクレジットカード現金化がバレないようにする方法

利用明細からクレジットカード現金化がバレないようにする方法

優良な現金化業者を利用すれば、クレジットカードの利用明細を上手く偽装してくれるので、現金化を利用したことがすぐにバレる心配はありません。

後は、クレジットカードの返済をきっちり行うだけの余裕があれば、今後の生活に悪影響が及ぶことはないでしょう。
しかし、現金化の利用頻度や利用金額が多かったり、カードの使途に不明な点があったりすると、家族が不審を抱くかもしれません。

クレジットカード現金化を徹底してバレないようにするには、必ず以下の対策を講じておきましょう。

Web明細サービスを利用する

郵送で届く紙の利用明細は、よほど気をつけていないと家族に明細を見られてしまう恐れがあります。
そこで紙の利用明細は郵送を停止してもらい、代わりにWeb明細サービスを利用しましょう。

近年は社会全体でペーパーレス化が進んでいるので、カード会社の多くもWeb明細サービスに対応しています。
クレジットカードの本会員であれば、会員専用のID・パスワードを秘密にしている限り、利用明細を家族の誰にも見られず管理できます。

ここに注意!

家族と共用のPCやタブレットを利用している場合、会員用サイトを離れるときは必ずログアウトしましょう。
ログインしたままの状態だと、家族にWeb明細を見られてしまうかもしれません。

念のために、現金化に関する検索履歴やウェブ閲覧履歴も消去しておくと安心です。

家族カードは現金化に使わない

家族会員用のクレジットカードを使っている人は、本会員に利用明細が筒抜けになってしまうので注意が必要です。
クレジットカードのショッピング枠は本会員と家族会員とで共有しているため、こっそり買い物をしてもすぐに気づかれてしまいます。
本会員に無断で高額の買い物にクレジットカードを使うと、家族の揉めごとに発展してしまうかもしれません。

家族関係を悪化させないために、家族カードを勝手に現金化することは極力避けるようにしましょう。

現金化用の隠し口座を用意する

クレジットカードの利用明細だけではなく、銀行口座の明細から現金化がバレる危険性もあります。
普段使っている銀行口座に突然高額な入金があると、家族に怪しまれるかもしれません。

自分で家計を管理している人なら、口座明細を誤魔化すことは可能かもしれませんが、家計管理を家族に任せている人の場合は、家族の誰にも見られる心配がない隠し口座を用意し、現金の入金先に指定してください。

商品の受け取りには営業所留めや日時指定を利用する

現金化の際に購入した商品を宅配便で受け取る際も、家族に不審感を抱かせないよう気をつける必要があります。

特にキャッシュバック方式の場合は、購入する商品はほとんど価値がないものなので(100均で売っているようなグッズなど)、家族に中身を見られたらほぼ確実に怪しまれるでしょう。

買取り方式の場合は、ブランド品やゲーム機といった普通の商品が届くので不自然ではありませんが、勝手に高価な買い物をすると家族に良く思われない可能性があります。

家族に知られず商品を受け取るには、確実に自分が受け取れるタイミングで日時指定を行うか、営業所留め(局留め)を利用しましょう。

まとめ

クレジットカード現金化業者は、カードの利用明細から現金化がバレないように配慮をしてくれますが、必ずしも絶対に安全というわけではありません。
特に、家族に現金化を隠し通したいのであれば、自分自身も細心の注意を払って利用明細を管理する必要があります。

カードの利用明細以外にも、銀行口座の明細や商品の受け取り、PCの履歴などが端緒となって現金化がバレる恐れがあるので、あらゆる点で証拠を残さないよう気をつけましょう。