「カード現金化を利用しても、違法にならないって本当?」
「聞いたこともない業者ばかりで、信用できない」

こういった不安から、カード現金化に躊躇していませんか?
カード現金化はグレーゾーンに位置する取引なので、確かに無知・無警戒のままでは、詐欺にひっかかるリスクは大きいです。
また、現金化を利用すると自分まで法律違反に問われないかと、心配は尽きませんよね。
まずは詐欺の実態がどのようなものか知ることで、被害を避けるための知恵をつけましょう。

クレジットカード現金化業者の詐欺の方法

カード現金化の詐欺の手口は、主に3つあります。

現金の振込みがなく、商品購入費用を騙し取られる

現金化手続きにおいては、まずショッピング枠で商品を購入する手続きを踏みます。
そして、通常なら購入代金のキャッシュバックか商品買い取りという形で、現金を手にできます。
ところが、商品を購入後に業者と連絡が途絶えて、利用者は代金をまんまと騙し取られたままで途方に暮れるということがあります。
これはカード現金化によくある詐欺の手口で、業者の実態が見えにくいがゆえの、ネット取引の恐ろしい側面といえます。

カード情報を抜き取られる

パソコンとクレジットカード

手続きに必要だと促されるままに、カード番号や暗証番号などの情報を業者に伝えた結果、「カードを悪用された!」という被害もしばしば見られます。
現金化の手続きにおいて必要なのは、商品購入の決済だけです。
カードの画像や、コピーを業者に知らせる必要は、全くありません。

業者のサイトで商品を購入する場合は、決済しただけでカード情報を盗まれる危険性もあります。
対策としては、決済のページが暗号化通信になっているかをチェックする方法が有効です。
決済ページのURL冒頭が「http」のままだと、通信内容が無防備になっている状態です。
必ず、暗号化通信の証明である「https」になっているかどうかをチェックして、利用してください。

利用者の代わりに、業者がカードで購入手続きを代行すると、申し出てくることがあります。
代行サービスは一見ラクなのでつい任せたくなるかもしれませんが、これも大変危険な罠です。
なぜなら、決済を代行するということは、暗証番号など大切な情報も含めて業者に知られてしまうからです。
「カード情報は絶対に業者へ渡さない」ことを念頭に置いていれば、カード盗用の被害は防げます。

「振り込め詐欺」に遭う

天秤と紙幣

無事、業者からキャッシュバックがあっても、まだ安心とは言えません。
一度手にした現金を業者に振込むと、さらにショッピング枠が増額されるという甘い罠で誘ってくる、「振り込め詐欺」という手口も存在します。
せっかくに手にしたお金を振り込んでも、この場合増枠されないどころか、現金が戻ってくることはありません。
キャッシュバックで一度信用させておいて、利用者の欲につけこむという、悪質なやり方です。

以上が、現金化を利用する上で警戒したい詐欺の手口です。
カード現金化は、上記の詐欺報告があるせいで悪いイメージが横行していますが、このような詐欺を行っている業者はごく一部の悪徳業者だけです。
堂々と宣伝を行っている業者の多くは、安心して取引を行える優良業者です。
いかにも怪しい業者に近づかないよう警戒していれば、詐欺にひっかかる心配はないでしょう。

業者は逮捕されたが利用者の逮捕はない

パトカー

クレジットカード現金化の悪徳業者が逮捕された例は何件かありますが、利用者まで逮捕されるのではないかと、不安ではありませんか?
実際は現金化を利用しただけで法律違反とはならないので、逮捕される心配はありません。

ですが、カード会社の利用規約においては、現金化は規約違反とみなされてしまいます。
現金化を利用したことがカード会社に発覚すれば、会員資格剥奪・カード利用停止の措置は免れないでしょう。

また、「現金だけ欲しいから、商品は受け取りたくない」という人は注意してください。
それは、カード現金化はあくまで商品売買を介して黙認されている取引だからです。
商品の受取り拒否をしてしまうと、違法な融資とみなされ、業者が捕まる事態となってしまいます。
この場合、利用者も警察から取り調べを受ける可能性があります。

逮捕されないとはいえ、利用者としてもグレーな行為を行っていることには違いなく、完全にノーリスクではありません。
現金化を安易に考えることなく、リスクをよく理解した上で、慎重に判断を下しましょう。

詐欺被害の実態は?

木槌と手錠

現金化の詐欺の手口や違法性について述べてきましたが、実際にどのくらいの逮捕件数・被害報告があるのか気になるところですよね。
この業界のニュースは、新聞やテレビでは表沙汰になることがほとんど無いので、実態が掴みにくく、不安が募っても当然です。

過去にニュースになった事例を挙げると、2011年に「キャッシュバックス」という業者が出資法違反で逮捕された例が有名です。
この業者はカードの不正使用など詐欺行為を行っていたことが明るみになり、これをきっかけに業界全体を危険視する向きも強まりました。

また、2012年には「エフマネージメント」という業者が、脱税などを理由に告発されています。
法定利率の70倍近い30~40%の手数料のせいで、利用者から苦情が何件もあった業者です。
エフマネージメントの逮捕を皮切りに、警察から業界全体に厳しいチェックが入るようになりました。

業者の逮捕が相次いだのは、ヤミ金融がクレジットカード現金化に参入し始めてからです。
ヤミ金融とは、無許可で高金利の融資を行っている犯罪組織のことです。
その隠れ蓑として、法的にグレーゾーンである現金化が格好の的になったのです。

このように、現金化には暗い歴史もあったのですが、問題が明るみになったのがきっかけで、業界のクリーン化が進んだという良い側面もあります。
詐欺行為を働いている業者は必ず、利用者からの多数の苦情によって撤退せざるを得ないので、寿命が短いのです。

現金化サービス自体は10年以上前からあり、それだけ長く続いている業者も存在します。
現在では違法な業者はほぼ淘汰され、利用者からの評価が高い優良業者が多く生き残っています。

まとめ

クレジットカード現金化は、グレーな側面もあるとはいえ、一部の業者を除けば、10年以上も続いてきた基本的に安全なサービスです。
大手商社が運営しているサービスや、個人運営でも長く続いているサービスなら、詐欺や法律違反の心配は無用です。

ネットでの取引がどうしても不安なら、実店舗で現金化に対応している業者を検討してみてはいかがでしょうか?
もし危険な商売なら、堂々と看板を出して、ティッシュ広告で宣伝できるはずはありませんよね。

実態を知ってみれば、「現金化って、意外と怖くない!」と思えてきませんか?
実際に取引を始めてみると、カードでお金を借りているのとほぼ変わらない感覚で、手続きがとても簡単なので安心できるはずです。

今後法律が変更されることで、現金化が違反となる可能性は、皆無とは言えません。
ですが、長年必要とされてきたサービスである以上、業界が今すぐに淘汰される恐れはないでしょう。

職業や収入が理由で、消費者金融からお金が借りられない人にとって、カード現金化は大きな助け舟です。
現金化を利用するにも慎重さは必要ですが、お金に困っているなら、些細なリスクを恐れて踏み出さないより、メリットを取ったほうが後悔しないのではないでしょうか?