クレジットカードについて悩む男性

債務整理の返済中・返済後は所有しているクレジットカードが使えなくなってしまいますが、この間新たにクレジットカードを申込むことができるのか、気になるのではないでしょうか?
実際のところ、債務整理中でもクレジットカードの審査に通ったという人は少数ながら存在するので、絶対に作れないということはありません。
ここでは、債務整理返済中・返済後でもクレジットカードの審査に通りやすくなるコツや、審査の甘いカード会社の選び方など、知って得するポイントをまとめました。

債務整理の返済中・返済後はクレジットカードの審査が厳しい?

債務整理の返済中・返済後に関わらず、債務整理の手続き開始が決定された時点で、クレジットカードの審査に通るのは難しくなってしまいます。
これは、債務整理を行うと金融事故(債務を履行できなくなり、信用情報に傷がつくこと)扱いとなり、銀行や貸金業者(クレジットカード会社、消費者金融など)に対する信用力が低下してしまうからです。

金融事故を起こすと、信用情報機関のデータベースに事故情報が登録され、「ブラック状態(信用が著しく低下している状態)」となります。
信用情報機関とは、個人の信用情報(借入れ・返済に関する取引記録)を収集・管理し、金融業者(銀行や証券会社など)・貸金業者(クレジットカード会社や消費者金融など)に情報を提供している機関です。

クレジットカード会社は、審査の際に信用情報機関のデータベースを照会して、申込み者の信用情報をチェックしています。
照会の結果、申込み者がブラック状態になっていると、高確率でクレジットカードの審査に落ちてしまいます。
事故情報がデータベースから削除されるまでの5年~10年間はブラック状態が続くので、債務整理後も当面はクレジットカードの作成が困難になります。

ですが、現在の収入や返済能力によっては、債務整理の返済中・返済後でも、稀にクレジットカードの審査に通ることがあります。
また、ブラック状態が5年~10年続くというのはあくまで目安です。カード会社によってはそれより短い期間で審査に通ることがあります。
ブラック状態でもクレジットカードが作れるかどうかは、個々のカード会社の方針に委ねられているので、審査の甘いカード会社を見つけたら諦めずに申込んでみましょう。

関連ページ:債務整理中・債務整理後はクレジットカードを作れる?

クレジットカードを申込むときの注意点

弁護士に債務整理を依頼した場合、債権者との交渉中や借金の返済中にクレジットカードの申込み・借入れを行うことは、契約違反事項に該当します。
契約違反をしたことがバレると、弁護士に契約を解除されて手続きが中断されたり、債権者との和解内容が無効になったりします。
クレジットカードの申込み・借入れは、必ず債権者との和解後か返済後に行いましょう。
中小消費者金融の中には、債務整理中の人を狙って高金利の借入れを勧めてくる悪徳業者も存在するので、うまい話には注意してください。

審査の甘いクレジットカード会社を選ぶポイント

債務整理を行いブラック状態になっていても、クレジットカード会社の方針によっては審査に通る可能性があります。
審査の甘いクレジットカード会社を選ぶポイントは、以下の通りです。

カードの発行主体が消費者金融系や流通系である

消費者金融系と流通系(スーパーやネット通販など小売業の会社)のクレジットカードは、比較的審査が甘いことで知られています。
学生や主婦でも簡単に発行できるカードが多いので、ブラック状態でも現在の返済能力次第では、審査に通る可能性があります。

【クレジットカードの例】

消費者金融系 アコムACマスターカード、ライフカードなど
流通系 イオンカード、セブンカード、楽天カード、Yahoo!カードなど

逆に避けたほうが良いのは、審査の厳しい銀行系のクレジットカードです。
銀行系のクレジットカードを債務整理の対象にした場合、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)に金融事故情報が登録され、10年間はブラック状態になってしまいます。
とはいえ、クレジットカードの審査においては必ずしも全銀協に照会を行うわけではないので、債務整理から5年以上経過すれば、銀行系カードでも審査に通る可能性が出てきます。
銀行の個人向けローン(カードローンやフリーローンなど)を利用する場合は、全銀協の信用情報が大きく影響します。

現在の返済能力を元に審査を行っている

アメリカンエクスプレスやANAカードといった一部のクレジットカードについては、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視されます。
よって、ブラック状態でも安定した収入があれば審査に通る可能性がありますが、キャッシング枠が使えなかったり、高い年会費がかかったりする場合があるので注意しましょう。

新規入会キャンペーンを実施している

クレジットカードの新規入会キャンペーンを実施しているカード会社は、会員を増やすために審査が甘くなっている可能性が高いです。
キャンペーン中のクレジットカードは、入会時の特典が通常より多くもらえるという点でも狙い目です。
クレジットカードの入会特典が豪華であるほど、カード会社は顧客獲得に積極的なので、ブラック状態でも審査に通してもらえる期待が大きくなります。

申込み条件がやさしい

各クレジットカード会社の明確な審査基準は公開されていませんが、ある程度の目安となるのが、カードの公式サイト等に記載されている「申込み条件」の欄です。
具体的には以下のような場合に、申込み条件がやさしいと判断できます。

  • 18歳以上から申込みができる
  • 収入の条件(「安定継続収入がある方」「年収200万円以上」など)が明記されていない
  • 電話連絡による本人確認が必須ではない

債務整理後のブラック状態でも審査に通るコツ

以下に紹介するコツを実践すると、ブラック状態でもクレジットカードの審査に通りやすくなります。

一度に複数の会社に申込まない

クレジットカードを申込むと、審査に通ったか・落ちたかに関わらず、信用情報機関のデータベースに申込み履歴が残ります。
一度に複数の申込みを行った履歴がある人は、カード会社から「お金に困っていて返済能力が低い人」とみなされるため、審査に落ちやすくなってしまいます。
申込み履歴は6ヶ月経過しないと削除されないので、その間は他のクレジットカードの申込みを控えるようにしましょう。

過去に債務整理を行った会社では申込まない

過去に債務整理を行ったカード会社については、ブラックリストから事故情報が削除された後も、クレジットカードの申込みはできないと思っておいたほうがいいでしょう。
それは、各カード会社は、ブラックリストとは別に独自の要注意顧客リストを管理しており、一度そのリストに入れられると半永久的に削除されないからです。
一度債務整理を行ったカード会社への申込みは諦めて、新しいカード会社に申込んでみましょう。

申込む際にキャッシング枠を外す

ブラック状態の人はクレジットカードのキャッシング枠を利用できなくなってしまうので、申込み時にキャッシング枠を外しておけば、審査の難易度を下げることができます。
ショッピング枠だけで支払いのほとんどは事足りますし、キャッシング枠は後からでもつけられるので、外しても当面困ることはないでしょう。
キャッシング枠を外すことで、不必要な借入れを防ぐ効果もあります。

少しずつ借入れ・返済の実績を作る

事故情報が削除された後も、全く借入れをしていない空白期間があると、依然としてクレジットカードの審査に通りにくい状態が続きます。
なぜなら、ほとんどのカード会社は、申込み者の信用情報に長期の空白期間があると、「過去に金融事故を起こしたのではないか」と疑うからです。
ですので、まずは審査の甘いクレジットカードを作成して、少額から地道にクレヒス(クレジットカードやローンの借入れ・返済実績)を作っていきましょう。
クレジットカードを利用する以外にも、携帯電話の割賦払い契約をするとか、店舗独自のローンを申込むといった方法でクレヒスを作ることができます。

申込み時に虚偽内容を申告しない

審査に通りやすくするために、申込み時に年収や借入れ件数・金額を偽って申告するのは危険な行為です。
虚偽内容を申告したことがバレると、その時の審査に落ちるだけでなく、今後のカードやローンの申込みにも悪影響を及ぼす恐れがあります。
申込みの際に収入証明書類の提出が必要なかったとしても、不自然な年収の申告は簡単に見抜かれてしまいます。
一般グレードのクレジットカードであれば、年収が低くても審査に通る可能性は十分にあるので、嘘をついてまで年収を高く見せる必要はありません。
また、借入れ件数・金額については、銀行や貸金業者の間で信用情報を共有しているため、虚偽内容を記載してもすぐにバレてしまいます。

安定した収入を得る

カード会社によっては現在の支払い能力を重視して審査を行っており、ブラック状態の人でも収入が安定していれば、審査に通る可能性は高くなります。
平均より収入が少ない人でも、勤続年数が長く継続的に収入を得ているのであれば、審査で有利なポイントになります。
審査が甘いカード会社を選べば、年収100万円~200万円でもクレジットカードを作ることは十分に可能です。
ただし、収入が低いと利用限度額も低くなってしまうので、不自由に感じる場合があるかもしれません。

関連ページ:クレジットカードの審査がゆるい・甘い会社でも本人確認が必要?他人名義でも作れる?

ブラック状態でもほぼ確実に作れる3つのカード

債務整理を行うとクレジットカードが利用停止になり、しばらくはカードの更新と新規申込みもできなくなるため、支払いの際何かと不便に感じることでしょう。
そんな時に持っておくと便利なのが、ブラック状態の人でも簡単に作れる「デビットカード」「バンドルカード」「家族カード」です。
これら3つのカードについて、特徴・メリットや使い方を紹介します。

銀行のデビットカード

銀行のデビットカードは、決済金額を銀行口座から直接引き落とす仕組みになっています。
そのため、銀行口座の残高の範囲内でしか決済ができませんが、支払いの利便性はクレジットカードと同等です。
デビットカードは、銀行口座を持っている人なら誰でも簡単な手続きで作ることができます。

ちなみに、ブラック状態の人でも銀行のキャッシュカードは問題なく作れるので、ATMの入出金に困ることはありません。
ただし、キャッシング枠・ショッピング枠が付帯している「クレジットカード一体型キャッシュカード」については作れない可能性が高いです。
クレジットカード一体型キャッシュカードには、三井住友銀行の「SMBCカード」や、みずほ銀行の「みずほマイレージクラブカード」などがあります。

また、銀行系のクレジットカードを債務整理の対象にすると、対象銀行の口座が凍結される恐れがあります。
その場合、キャッシュカードで口座に入金することはできますが、出金は制限されてしまうので注意しましょう。

バンドルカード

バンドルカードは、プリペイドカードと同様の機能でありながら、VISAやMasterCardといった国際ブランドの加盟店でクレジットカードのように使うことができます。
バンドルカードにはショッピング枠・キャッシング枠がついておらず、カードにチャージした金額の範囲内でしか決済することができません。
申込み時に審査がないので、年齢や職業・年収、借入れ状況などを問わず、誰でも簡単に作ることができます。

バンドルカードは実体のカードに加え、アプリをダウンロードして使う「バーチャルカード」も利用できます。
カードを持ち歩く必要がなく、スマホアプリで手軽に決済ができるので、これからのキャッシュレス社会ではバンドルカードがますます活躍することでしょう。

家族カード

家族カードとは、クレジットカードの本会員(契約の名義人)の家族に対して、追加で発行できるカードです。
家族カードは本会員のカードよりも利用額が少なくなりますが、主婦や学生、無職の人でもほぼ審査なしでカードを持てるというメリットがあります。

債務整理を行った人でも、その家族(親や配偶者など)がクレジットカードの本会員であれば、家族カードを発行してもらうことができます。
家族カードの審査は本会員の信用情報に基づいて行われるので、本会員が支払い延滞や金融事故を起こしていなければ、問題なく審査に通ります。

ただし、家族カードを発行するカード会社で、過去に債務整理を行ったことがある場合は注意してください。
ブラックリストの事故情報が消えた後も、債務整理によって社内ブラック(その会社独自のブラックリストに登録されている状態)になっていると、家族カードすらも作れない可能性があります。