クレジットカードの決済の仕組みは、実はよくわからない方が多いのをご存知でしょうか?
カードを提示すれば現金を出すことなく買い物が出来る点はわかっていても、その裏でどんな仕組みで決済が行われているのかを熟知している方は、そう多くありません。

けれどクレジットカードの仕組みを知っていれば、無闇な使いすぎをはじめとした間違った使い方を予防することが出来ます。今使ったカードの利用額が、どのような流れで自分に請求として届くのか。それを知っていれば使い過ぎに頭を悩ませることもありません。その上で改めてカードの利便性を理解すれば、よりお得にクレジットカードを活用することが出来るでしょう。

今回はクレジットカードの基本的な仕組みと優れた利便性、カードの右下にプリントされているVISA、JCB、MasterCardの違いについてご紹介します。

クレジットカードの基本的な仕組みを分かりやすく紹介!

クレジットカードはカード発行会社とカードを使えるお店である加盟店、そして加盟店で買い物をしたりサービスを受ける私たち利用客の3者によって成り立っています。

利用客がクレジットカードで買物をする時、加盟店は利用客からお金を受け取る代わりにカード会社へ商品・サービス代を請求します。
カード会社は1カ月分の請求をまとめた後、所定の加盟店手数料を差し引いて加盟店へ売上金を支払います。
一方、利用客へは1カ月分のカード利用代金を翌月に請求し、所定の支払い方法で代金を回収します。
この時、一括払いのみでなく、リボ払いや分割払いを支払い方法として提供するカード会社もあり、これによって利用客は多種多様な支払い方法を選択でき、カード会社は金利代わりの手数料収入を利用客からも得ることが出来るのです。

このように、カード会社が私たち利用客と加盟店の間に立って様々なお金のやり取りをすることで、クレジットカードの仕組みが成立しています。

利用客と加盟店 カード会社それぞれの得られるメリット

クレジットカード読み取りの機械

クレジットカードの優れた点は、利用客と加盟店、カード会社のそれぞれが大きなメリットを得られるところにあります。

利用客は、クレジットカードを用いることで1カ月分の代金の支払いをひとまとめにして翌月まで延ばすことが出来、さらにポイントを獲得したり様々なカード会員向けの特典を使うことが出来ます。

一方加盟店は手数料を負担する代わりにクレジットカードによる支払いを受け付けられるようになり、現金のみの支払いよりも多くの売上を計上することが期待できます。

カード会社は毎月ちゃんと代金を支払ってくれる人を見定めてカードを発行することにより、多くの加盟店から安定した加盟店手数料を収入として得られます。また手数料の一部をポイントとして還元することにより、更に多くのカード利用を促すことが出来るのです。

クレジットカードの利便性を理解しよう

普段の買い物時に現金ではなくクレジットカードを使うと、主に3つのメリットが得られます

支払いを翌月にひとまとめに出来 お金の管理が楽になる

クレジットカードの利用代金は原則、翌月の指定日にまとめて支払います。これにより、買い物のたびに現金を取り扱う必要がなく、またカード会社が明細書を発行してくれるために、いつ・どこで・いくら使ったかを容易にチェックできます。

クレジットカードの利用には使いすぎを不安視する声が多くありますが、実はその一方、お金を管理する上で非常に優れた仕組みでもあるのです。

利用金額に応じてポイントを貯められる

クレジットカードによる支払いでは、利用金額の0.2~2.5%ほどのポイントを貯めることが出来ます。
支払い方法を現金からカードへ変えるだけでポイントが得られるのは、カード払いによって得られる大きなメリットです。

旅行保険や荷物の宅配サービスなど、海外旅行時にはお得な特典を活用できる

飛行機

国内で便利に使えることはもちろん、海外でもクレジットカードは大いに役立ちます。まず海外旅行時の急な病気やケガをカバーする海外旅行傷害保険。通常この保険を掛け捨てで契約する際、4,000~5,000円ほどの保険料を支払う必要があります。
しかし多くのクレジットカードでは、この海外旅行傷害保険は無料特典として最初から準備されています。1回の滞在で4,000~5,000円浮くと考えると、これは大きな魅力ですね。

それだけではありません。カードによっては自宅と空港間のスーツケースを無料で配送してくれたり、空港で飛行機の搭乗時間までを快適に過ごせる空港ラウンジの無料利用など、豊富な特典が用意されています。
何かと出費がかさむ海外旅行時には、これらの特典を積極的に活用していきたいものです。

VISA、JCB、MasterCardの違いって何?

クレジットカードのブランド

クレジットカードの右下にプリントされている「VISA」「MasterCard」「JCB」のロゴ。これは一体何を指しているのでしょうか?

これらはクレジットカードの決済システムを表しています。世界には様々なクレジットカードの決済システムがありますが、中でもVISAとMasterCardは全世界のあらゆるところでカードを利用できるほどシステムが普及しており、JCBも日本発でありながらVISAとMasterCardに次いで世界各国で利用することが出来るのです。
このように世界中で使うことが出来る決済システムを「国際ブランド」と呼びます。

日本ではこの3種類とも使えるお店が大半であるため、国際ブランドの違いを意識することはあまりないかもしれません。
しかし海外では使えるブランドと使えないブランドがまだまだ分かれているため、カードの利用時にはどの国際ブランドが利用可能なのかをチェックする必要があります。

たとえばJCBカードは日本国内とハワイやアメリカ本土の大型店など、日本人観光客やビジネスマンが多く訪れる国と地域では不自由なく使える一方、それ以外の国では使えないお店やホテルが多々あります。そのため、JCB1枚しかクレジットカードを持っていない場合、旅行時には少しだけ困ってしまうかもしれません。

また世界一の普及率を誇るVISAも、ヨーロッパの一部地域では例外的に使えないお店が一定数存在します。ヨーロッパではMasterCardがシェアを広げるために注力したため、VISAよりもMasterCardの方が加盟店数では僅差で勝っていることが理由です。

AMEX、Dinersも国際ブランドのひとつ

AMEXとDiners

ステータスカードとして有名なアメリカン・エキスプレスとダイナースクラブもまた、国際ブランドのひとつです。
この2社のカードも全世界で広く使えるのですが、加盟店数と普及率はともにJCBと同じくやや少なめで、VISAとMasterCardにはとても太刀打ちできる数ではありません。
この2ブランドは加盟店の数や普及率の高さよりも、カード会員へ充実した付帯サービスを提供することを優先しています。
従って世界のどこでも使える利便性は二の次にして、ステータスの高さを保つことに力を注いでいるのです。

JCBやAMEXを持つ時には、サブカードとしてVISAかMasterCardがあれば安心

JCBやAMEX、Dinersは付帯サービスが充実している一方、利用可能なお店がどうしても限られてしまうことが難点です。
しかしこれにはひとつ良い方法があります。サブカードとしてVISAかMasterCardを準備し、メインカードが使えない場合にはサブカードを決済に用いれば、支払い時に困ってしまうことはほとんどありません。

性質の違う2つの国際ブランドを併用することで、優れた付帯サービスとあらゆるところでカードが利用できる高い利便性を共に得ることが出来るのです。

仕組みを知っていれば より安心してクレジットカードの利用が可能に

クレジットカードの基本的な仕組みについて、ご紹介致しました。
これまでクレジットカードがどんな仕組みで成り立っているのかわからず、ただ漠然と使っていた方も、本記事で利用客と加盟店、カード会社がそれぞれどんな仕組みでカードを運用し、どんなメリットを得ているのかお分かりいただけたかと思います。
仕組みがわからないものをそのまま使い続けると、せっかくの優れたメリットを活かせなかったり、間違った使い方をしてしまうことが多々あります。
けれどもちゃんと仕組みがわかっていれば、利便性をフルに活かしてカードライフを楽しむことが出来るでしょう。

使い過ぎやリボ払いで支払いに困ってしまうといったクレジットカードの失敗談も確かにあります。しかしこれも、代金支払いのタイミングや、リボ払いでどこがどう利益を得るのかを知っていれば、むやみに使ってしまうことはありません。

特に家計管理にクレジットカードを活用すれば、明細を家計簿代わりに使えたり、翌月の支払日まで現金を温存できたりと、現金払いでは決して得られないメリットを活かすことが出来ます。
仕組みを理解し、豊富なメリットを活かし、便利かつお得にクレジットカードを使っていきましょう。