クレジットカード現金化の業者を選ぶ時、役に立つのが実際に利用した方の体験談と口コミです。換金率や入金までにかかる時間など、業者のHPに記載されている情報に加え、実際に現金化を行った方の体験談を参考にすれば、優良業者をスムーズに見定めることができます。

しかしこの体験談、ネットで見かけるもの全てが信頼できるわけではありません。
中には体験談を装って特定の業者を勧めるものや、実際に取引をしていないのに実体験のように記されているものも、残念ながら一定数存在します。
体験談をチェックする際には、これらの信憑性に欠ける情報を避け、実際の取引に基いて欠かれたものを参考にすることが大切です。

そこで今回は、体験談をチェックする時の注意しておきたいポイントと、安心して信頼できる体験談の特徴をご紹介いたします。

クレジットカード現金化の体験談は 実際に利用した人が書いているとは限らない

急増するニセの体験談と口コミ

スマホを見る女性

体験談は本来、実際にクレジットカード現金化を行った方によって書かれるものです。
取引を行ったからこそ申込から入金までの流れが克明にわかり、優良な業者を探す上での有益な情報として役立ってくれるのです。

ところが最近、体験談が業者を選ぶ決め手になり得ることを悪用し、特定業者の宣伝記事を体験談風に仕立てて公開するサイトが急増しています。
また、実際に現金化を行っておらず、ネット上の情報を寄せ集めて体験談を装った記事を作成・公開しているサイトも少なくありません。

安全な取引のためには、ニセ情報を見抜かなければならない

スマホと虫眼鏡

こうした情報は優良業者を探す上ではまったく役に立たず、それどころか鵜呑みにしてしまうことで、悪徳業者と取引をしてしまう危険性すらあります。
せっかく良い業者を選ぶために体験談を調べたのに、それが原因で悪徳業者と関わってしまっては目も当てられません。
従って、安全に取引ができる業者を探すためには、偽物の体験談と口コミを見抜いて参考情報から取り除くことが必要です。

ベタ褒めだけでなく 辛口な体験談も注意が必要

「批判的な情報も入っていたら、信じて大丈夫じゃない?」
ニセ体験談を見抜く上で、そうお考えになる方も多いでしょう。
しかし残念ながら、批判的な情報を含んだ辛口な体験談も、安心して信じられるものとは限りません。
確かに宣伝を目的としたニセ情報であるならば、良いところをベタ褒めしたものになることが想像できます。
しかしサイト全体の信憑性を高めるために、あえて辛口の情報を掲載することも多いのです。

信憑性を高めるために あえて辛口な口コミを作成・掲載することも

サイトデザインを確認する人

たとえば、複数の業者を紹介し、掲載している体験談が全て好意的な内容であるサイトAと、辛口な体験談も一定数含んでいるサイトBがあったとしましょう。
業者をべた褒めする体験談ばかりが並ぶサイトAより、不満点なども明記しているサイトBの方が信憑性のあるサイトとして好感を集めることが想像できます。

しかしサイトの運営者も、考えていることは同じです。
信憑性を高めるためには多少の辛口な情報も必要と判断し、たとえ積極的に宣伝したい業者であっても、不満点を指摘した情報を掲載することが多々あります。

これがちゃんとした体験談であれば、何も問題はありません。
けれども意図通りの体験談を集めることは非常に難しく、てっとり早くニセ体験談を作って掲載してしまうサイトが、残念ながら非常に多いことが現実です。

どれを信じればいい? 信頼できる体験談・口コミの特徴

ネット上で見かける体験談や口コミはみな眉唾ものなのでしょうか?
ご安心ください、そんなことはまったくありません。
安心して信頼できる利用者の声にはちゃんと特徴があるため、これを知っておけば信頼できる情報のみを参考に用いることができます。

それでは肝心の信頼できる体験談の特徴とは、一体どんなものでしょうか?
早速見ていきましょう。

業者のHPに掲載されている情報と実際の取引内容を詳しく比較している

サイトをチェックする

比較サイトや業者のHPに掲載されている情報と実際の取引では、いくつか相違点が見られることが大半です。
たとえば申込手続き完了後、最短3分で入金されると謳っている業者でも、実際の取引では1時間弱かかるといったことは決して珍しいことではありません。
また1回目の利用ではHP通りの換金率で現金化が行われますが、2回目以降は5~10%下がってしまうといったこともあります。

これらの情報は、実際に現金化を行い、各々の取引過程に細部まで目を凝らさない限りわかりません。
また、ある程度クレジットカードの現金化に精通している方でないと、各過程を事細かに体験談として綴ることは困難です。
従って、HPに掲載されている情報と実際の取引を比較している口コミや体験談は、十分に信憑性の高い情報と見なすことができます。

取引中に困ったところも 具体的に明記している

スマホとクレジットカード

クレジットカード現金化では、申込から入金までの過程でトラブルなく円滑に進むのが理想です。
しかしながら、運悪く優良でない業者と取引をしてしまった場合には、様々な困り事にも出くわすことがあります。
たとえば様々な理由によって入金額を削られてしまったり、HPに掲載されているキャッシュバックキャンペーンが適用されなかったなど。
申込時には想定していなかった事態が、いざ取引をすると起こりうることもあります。
実体験に基いた体験談や口コミの場合、何が理由で入金額を削られてしまったのか? どうすればキャッシュバックの適用を受けることができたのかなどが具体的に記されていることが大半です。先程と同じく、実際に取引を行ったからこそ書ける情報が詰め込まれているため、取引業者を吟味する上ではこうした口コミや体験談を参考にしていきたいものです。

「現金化をしていなくても、困った出来事を書くことくらいできるんじゃない?」
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
けれど特定の業者を貶すために適当な口コミをでっち上げた場合、整合性に欠けていて読んでいる最中に違和感を覚えたり、サイト運営者宛に矛盾点の指摘や苦情が来ることもあります。
つまり、具体的に取引時の困ったところを明記している情報は、本当に現金化を行った人でなければ書けないものなのです。
このような情報は非常に信憑性が高く、業者選びの際に参考になる有益な情報といえるでしょう。

一定数のウソ体験談があるからこそ 本物を見抜いて参考にしよう

クレジットカード現金化の口コミ・体験談を読む上で大切な、信憑性を見極めるポイントについてご紹介致しました。
自作自演をはじめとした偽情報が多い中でも、ポイントを押さえて目を通せば、有益な体験談を得られることがお分かり頂けたかと思います。

口コミと体験談が取引業者を選ぶ上での情報として重用されるようになってから、様々なサイトで偽物の情報が掲載されるようになりました。
そうなると業者選びの前に「まずこの口コミは本当のことを書いているのか?」と疑心暗鬼になってしまうことも多々あります。
一見すると実際に取引を行っているのか否かも判断がつきにくいため、真偽の確認だけで疲れ切ってしまうことも容易に想像できるものです。

しかし、今回ご紹介した2つのポイント「掲載情報と実取引の比較」と「具体的な困った点の明記」があれば、安心して信頼できる情報と判断できます。
実際に取引をしない限りこれらの情報を書き記すことはできず、また困った点をあらかじめ取引前に把握することで、トラブルが発生する可能性を最小限に抑えて現金化を依頼することが可能です。
全て疑わしい情報として身構えるのも一つの方法ですが、信憑性の高い情報を見抜いた上で参考に用いれば、より効率的に優良業者を選ぶことができます。
ここは一つ、信頼できる体験談と口コミを厳選した上で、業者選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。