クレジットカード現金化の業者を選ぶ時、必ず口コミをチェックするという人は多いのではないでしょうか?実際に現金化を行った方の体験談を参考にすれば、業者のHPに記載されている換金率や入金スピードにウソがないかどうかすぐ分かるので、業者選びで失敗したくないなら口コミのチェックは欠かせません。

しかしこの体験談、ネットで見かけるもの全てが信頼できるわけではありません。

中には体験談を装って特定の業者を勧めるものや、実際に取引をしていないのに実体験のように記されているものも、残念ながら一定数存在します。

このような口コミのウソを見抜けないと、悪徳業者に誘導されてしまう可能性があるので大変危険です。

そこで今回は、偽物の口コミ・体験談に騙されないための注意点や、安心して信頼できる体験談の特徴をご紹介いたします。

クレジットカード現金化の体験談は 実際に利用した人が書いているとは限らない

ネットの口コミは商品・サービスに対する本音の評価をチェックできる反面、匿名で書かれた体験談は信憑性に欠けるので、鵜呑みにするのは禁物です。

最近では口コミの匿名性を悪用した業者のステマや、アフィリエイターによるサクラ行為が増えているため、本物の口コミを探し出すのが難しくなっています。

急増するニセの体験談と口コミ

急増するニセの体験談と口コミ

最近では企業が運営する大手口コミサイトでも、ニセの体験談・口コミによる情報操作の疑いが持ち上がるようになっています。

例えばグルメの口コミサイト大手「食べログ」では、登録飲食店に対して年会費の支払いを求め、支払いに応じた飲食店の評価を不当に引き上げているという疑惑がニュースで報じられました。

食べログは月間利用者が1億人を超えるほど多大な影響力を持つ口コミサイトなので、このニュースは大きな波紋を呼びました。

口コミサイトは運営会社によっていくらでも情報操作が可能なことが判明した以上、もはや何を信じて良いのか分からなくなってしまいますよね。

クレジットカード現金化の口コミサイトでも同様に、サイトの運営者や現金化業者による情報操作が行われている可能性は大いにあるでしょう。

一般人までもがステマに加担している!

体験談は本来、実際にクレジットカード現金化を行った方によって書かれるものです。
取引を行ったからこそ申込から入金までの流れが克明にわかり、優良な業者を探す上での有益な情報として役立ってくれるのです。

ところが最近は、一般のネットユーザーまでも業者からお金をもらってステマに加担することで、偽物の口コミが急増するという事態になっています。

実際に現金化を利用していない人でも、ネット上の情報を寄せ集めれば本物らしく見える体験談を書くことは難しくありません。

口コミを参考にする際は、今まで以上に情報の真偽を見極める目を養わなければ、偽物の口コミに振り回されるばかりになってしまうでしょう。

また、実際に現金化を行っておらず、ネット上の情報を寄せ集めて体験談を装った記事を作成・公開しているサイトも少なくありません。

安全な取引のためには、ニセ情報を見抜かなければならない

安全な取引のためには、ニセ情報を見抜かなければならない

こうした情報は優良業者を探す上ではまったく役に立たず、それどころか鵜呑みにしてしまうことで、悪徳業者と取引をしてしまう危険性すらあります。

せっかく良い業者を選ぶために体験談を調べたのに、それが原因で悪徳業者と関わってしまっては目も当てられません。

従って、安全に取引ができる業者を探すためには、偽物の体験談と口コミを見抜いて参考情報から取り除くことが必要です。

偽物の体験談・口コミによく見られる特徴は、次の通りです。

特定の現金化業者をベタ褒めしている

特定の現金化業者に対し、「他のどの業者より換金率が高かったです」「間違いなく最高の業者です!」などと絶賛している口コミを見かけたことはないでしょうか?

このような特定の業者をベタ褒めしている口コミは、業者自身がステマを行っているか、あるいはアフィリエイターが業者からお金をもらって書いている可能性が高いです。

信憑性を高めるために あえて辛口な口コミを作成・掲載することも

信憑性を高めるために あえて辛口な口コミを作成・掲載することも

上述したような明らかにステマと分かる口コミは、誰が見ても違和感があるので難なくスルーできます。

しかし厄介なのは、ステマと思われないようにあえて批判的な評価をつけることで、巧みに一般人の体験談を装っている口コミです。

「批判的な情報も入っていたら、信じて大丈夫じゃない?」

ニセ体験談を見抜く上で、そうお考えになる方も多いでしょう。

しかし残念ながら、批判的な情報を含んだ辛口な体験談も、安心して信じられるものとは限りません。

確かに宣伝を目的としたニセ情報であるならば、良いところをベタ褒めしたものになることが想像できます。

しかしサイト全体の信憑性を高めるために、あえて辛口の情報を掲載することも多いのです。

たとえば、複数の業者を紹介し、掲載している体験談が全て好意的な内容であるサイトAと、辛口な体験談も一定数含んでいるサイトBがあったとしましょう。

業者をべた褒めする体験談ばかりが並ぶサイトAより、不満点なども明記しているサイトBの方が信憑性のあるサイトとして好感を集めることが想像できます。

しかしサイトの運営者も、考えていることは同じです。

信憑性を高めるためには多少の辛口な情報も必要と判断し、たとえ積極的に宣伝したい業者であっても、不満点を指摘した情報を掲載することが多々あります。

これがちゃんとした体験談であれば、何も問題はありません。
けれども意図通りの体験談を集めることは非常に難しく、てっとり早くニセ体験談を作って掲載してしまうサイトが、残念ながら非常に多いことが現実です。

口コミ内容が漠然としている

「換金率が高かった」「親切な対応だった」などの漠然とした口コミは、業者のサイトにも書かれているような内容で参考にはなりません。

このような内容の薄い口コミは業者の自作自演だったり、アフィリエイターが報酬目当てで書いていたりします。

実際にその業者の利用経験があると思われる具体的な情報が書かれていない口コミは、信憑性があるとは言えません。

具体的な情報とは例えば、「他社と比べて換金率が何%高かったのか」「どんなことで困っていて、どのような対応をしてもらえたのか」といった内容です。

具体的な取引内容について一切触れておらず、誰にでも書ける内容の口コミは決して信じないでください。

どれを信じればいい? 信頼できる体験談・口コミの特徴

ネット上で見かける体験談や口コミはみな眉唾ものなのでしょうか?
ご安心ください、そんなことはまったくありません。

安心して信頼できる利用者の声にはちゃんと特徴があるため、これを知っておけば信頼できる情報のみを参考に用いることができます。

それでは肝心の信頼できる体験談の特徴とは、一体どんなものでしょうか?
早速見ていきましょう。

業者のHPに掲載されている情報と実際の取引内容を詳しく比較している

業者のHPに掲載されている情報と実際の取引内容を詳しく比較している

比較サイトや業者のHPに掲載されている情報と実際の取引では、いくつか相違点が見られることが大半です。

たとえば申込手続き完了後、最短3分で入金されると謳っている業者でも、実際の取引では1時間弱かかるといったことは決して珍しいことではありません。

また1回目の利用ではHP通りの換金率で現金化が行われますが、2回目以降は5~10%下がってしまうといったこともあります。

これらの情報は、実際に現金化を行い、各々の取引過程に細部まで目を凝らさない限りわかりません。

また、ある程度クレジットカードの現金化に精通している方でないと、各過程を事細かに体験談として綴ることは困難です。

従って、HPに掲載されている情報と実際の取引を比較している口コミや体験談は、十分に信憑性の高い情報と見なすことができます。

取引中に困ったところも 具体的に明記している

取引中に困ったところも 具体的に明記している

クレジットカード現金化では、申込から入金までの過程でトラブルなく円滑に進むのが理想です。

しかしながら、運悪く優良でない業者と取引をしてしまった場合には、様々な困り事にも出くわすことがあります。

たとえば様々な理由によって入金額を削られてしまったり、HPに掲載されているキャッシュバックキャンペーンが適用されなかったなど。

申込時には想定していなかった事態が、いざ取引をすると起こりうることもあります。

実体験に基いた体験談や口コミの場合、何が理由で入金額を削られてしまったのか? どうすればキャッシュバックの適用を受けることができたのかなどが具体的に記されていることが大半です。

先程と同じく、実際に取引を行ったからこそ書ける情報が詰め込まれているため、取引業者を吟味する上ではこうした口コミや体験談を参考にしていきたいものです。

「現金化をしていなくても、困った出来事を書くことくらいできるんじゃない?」
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

けれど特定の業者を貶すために適当な口コミをでっち上げた場合、整合性に欠けていて読んでいる最中に違和感を覚えたり、サイト運営者宛に矛盾点の指摘や苦情が来ることもあります。

つまり、具体的に取引時の困ったところを明記している情報は、本当に現金化を行った人でなければ書けないものなのです。

このような情報は非常に信憑性が高く、業者選びの際に参考になる有益な情報といえるでしょう。

具体的な数字を記載している

利用者の主観で書かれている口コミを客観的な目線でチェックするには、具体的な数字を記載しているかどうかが重要なポイントです。

人それぞれニーズや感覚の違いがあるので、同じ質のサービスでも良いと評価する人が一方で、悪いと評価する人もいます。

例えば入金までに3~4時間ほどかかったとすると、「十分早い」と感じる人もいれば「遅い」と感じる人もいるでしょう。

「HPには数分で入金と書いてあったのに、全然話が違う」と怒り出す人もいるかもしれません。

このように、単に「入金スピードが早い」という口コミでも具体的な数字で示されていない限りは、決して鵜呑みにできないのです。

具体的な数字を出していても本物の口コミであると断言はできませんが、口コミをふるいにかける一つの基準として参考にしてください。

偽物の体験談・口コミに騙されないための6つの対策

玉石混交の情報が溢れかえるネット上では、嫌でも偽物の体験談・口コミが目に入ってきます。

どんなに気をつけているつもりでも、いつの間にか悪徳業者の仕掛ける罠へと誘い込まれてしまいかねません。

偽物の体験談・口コミをうっかり信じてしまうと、次のような被害に遭うおそれがあります。

  • 業者に教えたクレジットカード情報が流出し、カードを不正利用された
  • 口コミの情報よりも大幅に高い手数料を請求されたので契約をキャンセルしたが、高額なキャンセル料を払うことになった
  • ある業者Aから申込みを断られて別の業者Bを紹介されたが、業者Aから高額な紹介手数料を請求された

上記のように、悪徳業者と一度でも取引してしまったら、何かという理由で高額な手数料を請求されたり、個人情報を悪用されたりします。

このような被害に遭わないためには、次の5つの対策で自衛しましょう。

①口コミが少なすぎる業者は避ける

口コミが偽物かどうか以前に、口コミが少なすぎる業者はサービスの質・安全性を判断する材料に乏しいため、選ぶと失敗する確率が高いです。

口コミを全く見かけない業者ともなると、次々と会社名を変えて詐欺を繰り返している悪徳業者という可能性もあります。

このような業者と取引をすると、カード決済を行った途端にサイトが閉鎖され、全く連絡がつかなくなって泣き寝入りする羽目になってしまいます。

口コミの少ない業者が全て悪徳業者とは限りませんが、対応が不親切だったり入金が遅かったりなど、何かしら不満な点が出てくることが多いです。

業者選びで失敗するリスクを極力減らすなら、口コミが沢山集まっている人気業者を選ぶほうが安心です。

②口コミを常に疑い続ける

どんなにもっともらしく書かれた口コミでも、「絶対に真実だ」と確信を持って言うことはできないため、常に疑ってかかるべきです。

口コミの内容が本当だったとしても、良い・悪いという評価は書いた人の主観によるので、必ずしもそのまま自分に当てはまるわけではありません。

自分の目で確かめてみない限りは、口コミを信じて良いものかと悩んでいても仕方がないので、あくまで参考程度にさらっと眺めておくだけに留めましょう。

このような割り切った態度でいれば、口コミに振り回されてお金と時間を無駄にすることはなくなります。

③業者選びで最も重視するポイントを明確にする

大量の口コミを漫然と読んでいるとあっという間に時間が過ぎてしまうので、まずは自分が一番重視するポイントを明確にしましょう。

例えば、急いで現金化したい人なら入金スピードについて書かれた口コミを、現金化初心者の人なら顧客サポートについて書かれた口コミを重点的にチェックすれば、効率よく情報収集ができます。

目に入ってくる全ての口コミを隈なく読もうとすると、脳が大量の情報を処理しようとして疲れてしまい、思考力・判断力が低下します。

その結果、普通なら絶対に信じないような偽物の口コミにも、あっさりと惑わされてしまうことがあるので注意してください。

重視するポイントを明確にして口コミを調べると効率が良いだけでなく、口コミの矛盾や相違点に気が付きやすくなり、内容を冷静に吟味できます。

④口コミ内のURLは絶対にクリックしない

口コミサイトや掲示板に投稿されている口コミには、業者のHPへのリンクとしてURLが記載されていることがあります。

このURLを一度でもクリックすると、リンク先のサイトでPCウイルスに感染してしまったり、ワンクリック詐欺(一方的にサービス入会などの契約を成立させ、高額料金を請求する詐欺)に遭ったりするおそれがあるので注意してください。

最近では「ゼロクリック詐欺」という新たな手口が登場し、サイトに滞在しているだけで勝手に請求画面が表示されることもあるので油断できません。

口コミサイトや掲示板を閲覧しているとき、もしも突然に「有料契約が完了したので至急料金を振り込んでください」「退会する場合はこちらのメールアドレスにご連絡ください」といった画面が表示されても、絶対に言われた通りにしないでください。

ワンクリック詐欺・ゼロクリック詐欺による同意なしの売買契約は法律上無効とされるので、そのまま無視しても問題ありません。

⑤申込み前に業者に問い合わせを行う

口コミばかりに頼っていると損をしたり危険な目に遭ってしまったりするので、安全な範囲で自分自身が実態を確かめることも重要です。

下手に口コミに振り回されて時間を無駄にするよりも、気になることは思い切って業者に直接確かめてみたほうが効率的で確実です。

かといっていきなり現金化の申込みをするのは危険なので、まずは電話やメールで業者への問い合わせだけ行ってみましょう。

良心的な業者なら、質問・相談だけでも快く対応してくれるはずです。

業者に問い合わせを行う際は、最低でも以下の3点を確認しておきましょう。

  • 現金化はどのような仕組みや手順で行われるか?
  • 決済手数料や配送料などを差し引いた最終的な入金額はいくらになるか?
  • 入金までの所要時間(日数)はどのくらいか?

上記について明確に答えてくれない業者は信用できませんので、取引候補から除外してください。

万が一業者の回答と実際の取引に異なる点があっても困るので、問い合わせ内容は契約条件の証拠として必ず保存しておきましょう。

明白な証拠が残っていれば、業者との間で言った・言わないというトラブルが起きた際に、こちらの有利に話を進めることができます。

メールで問い合わせを行った場合は、メールを画面キャプチャーで保存すると画像の改竄を疑われる可能性があるので、デジカメやスマホ等で画面ごと撮影しましょう。

⑥まずは少額で申込んでみる

初めて利用する現金化業者で高額現金化を行うのはリスクが高いので、まずは少額からお試しで申し込んでみましょう。

実際に業者を利用してみて、顧客対応や入金スピードに満足できれば、続けて高額現金化を申し込んでも安心です。

ただし、少額申込みは換金率が低めになってしまう場合が多いので、あくまでお試し利用に限って行うようにしましょう。

実際に現金化を行った人の体験談

40代女性の体験談

女性1

現金化を利用した目的はなんでしょうか?

女性2

生活費が不足してしまったので、速やかにお金を補充したいと思い、クレジットカード現金化を利用しました。

女性1

実際にどのクレジットカードを使って現金化を行いましたか?

女性2

NTTグループカードを利用して現金化を利用しました。

女性1

どちらの業者を使いましたか?

女性2

あんしんクレジットです。

女性1

どういう方法で現金化しましたか?

女性2

あんしんクレジットのサイトを利用して、ネットで申込を実施しました。そして本人確認書類を提出し、特定の商品を購入して指定した口座に振込してもらいました。

女性1

いくら換金しましたか?

女性2

5万円です。

女性1

還元率はどのくらいでしたか?

女性2

75%で現金化してもらいました。

女性1

手数料はいくらぐらいでしたか?

女性2

手数料は発生していました。全ての手数料を含めると約4000円ほど手数料が発生していました。

女性1

利用してみていかがでしたか?

女性2

申込してから手続きが完了するまで一時間もかからなかったので、考えていたよりも素早く現金化してもらうことができました。ただ還元率が考えていたよりも低かったので、その点は残念です。ただ個人情報漏えいなどもないですし、安心して利用できたのはよかったです。

女性1

本日はどうもありがとうございました!

30代男性の体験談

女性1

現金化を利用した目的はなんでしょうか?

男性1

どうしても生活費で現金が必要になり利用しました。

女性1

実際にどのクレジットカードを使って現金化を行いましたか?

男性1

NICOSカード

女性1

どちらの業者を使いましたか?

男性1

10年以上前なので不明です。

女性1

どういう方法で現金化しましたか?

男性1

ネットから依頼をし、その後業者から電話がきてどのプランにするかの相談を実施。
金額が高くなればキャッシュバックも多くなるという感じでした。

女性1

いくら換金しましたか?

男性1

10万円程度です。

女性1

還元率はどのくらいでしたか?

男性1

約83%前後でした。

女性1

手数料はいくらぐらいでしたか?

男性1

手数料なし。

女性1

利用してみていかがでしたか?

男性1

当時はかなりお金に困っていて、定期的に使用していました。業者の対応も良く、良く聞く横柄な態度などはなかったです。
ただやはりクレジットカードの規約に違反する部分ではあるので、そこを意識してから使用するのはやめました。やらないほうがいいです。

女性1

どうもありがとうございました!

20代男性の体験談

女性1

現金化を利用した目的はなんでしょうか?

男性1

友人の結婚式が立て続けに発生したのでご祝儀や交通費などにより生活が危うくなり、月末の家賃代が支払えない状況になったので現金調達のため利用しました。

女性1

実際にどのクレジットカードを使って現金化を行いましたか?

男性1

楽天カードです。

女性1

どちらの業者を使いましたか?

男性1

あんしんクレジットです。

女性1

どういう方法で現金化しましたか?

男性1

ネットで公式HPの専用フォームから申し込み必要事項を記入して、本人確認のための写真をメールに添付しました。その後指定されたショッピングサイトで商品を選んでカード決済を完了したら、指定口座に現金が振り込まれていました。

女性1

いくら換金しましたか?

男性1

5万円です。

女性1

還元率はどのくらいでしたか?

男性1

80%です。

女性1

手数料はいくらぐらいでしたか?

男性1

無かったと思います。

女性1

利用してみていかがでしたか?

男性1

初めてクレジットカード現金化を利用してみましたが、消費者金融とは違い職場などへ在籍確認がなく本人確認の電話のみで申し込み可能でしたので利用しやすかったです。
実際の現金化の流れについても申込事項を記入した後は指定サイトで商品を購入するだけですので簡単に現金化できるのは便利だと思いましたが、簡単に出来る事で使い過ぎてしまわないか不安もありました。
デメリットを挙げるとするなら広告表示の換金率と実際の換金率は違うという点です。最低でも88%という換金率表示だったのに、実際には80%の換金率でした。もしかすると手数料などで差し引かれている可能性もありますが、その説明も記載もなく広告の換金率よりも低い換金率でしたので不満でした。

女性1

どうもありがとうございました!