suicaやpasmo電子マネーを使った現金化について

電車やバスの運賃支払いを便利にしてくれる「Suica」、「PASMO」といった交通系電子マネーは、現金化にも使えることをご存知でしょうか?
これらの電子マネーの現金化は、融資と違って審査不要で、誰でも簡単に行えます。
近くに電子マネーに対応している交通機関やお店があれば、すぐに現金を調達できるのもメリットです。
ここでは、人気の交通系電子マネー「Suica」と「PASMO」を、手軽に現金化する最新の裏技をご紹介します。

交通系電子マネーとは?

SuicaやPASMOに代表される交通系電子マネーとは、電車やバスなどの公共交通機関で、乗車運賃の支払いに使える電子マネーのことです。
公共交通機関での支払いの他、一般的な電子マネーと同じようにコンビニやスーパーマーケットなどの店舗での決済にも利用できます。

交通系電子マネーは全国に10種類近くあり、電子マネーの種類によって、利用できるエリアが異なります。
例えば、一番利用者が多いSuicaの場合は、首都圏・仙台・新潟エリアを中心に利用できます。
Suica以外にも利用者の多い電子マネーとしては、関西エリアの「ICOCA」、東海エリアの「TOICA」、九州エリアの「SUGOCA」などがあります。

ここでは、首都圏エリアで利用されているSuicaとPASMOを使った現金化の方法を詳しく説明します。
その他の電子マネーについても、ここで紹介する最新の裏技が使えるので参考にしてください。

まずは、SuicaとPASMOそれぞれの特徴やチャージ方法、チャージ上限額について確認しておきましょう。

Suica

JR東日本が発行する「Suica」は、日本で一番利用されている交通系電子マネーで、発行枚数は5,000万枚を超えています。
混雑が状態化している首都圏では、電車やバスのスムーズな乗り降りに欠かせない決済手段として浸透しています。

カードの種類

Suicaには、ICカードタイプの「Suicaカード」と、スマホアプリの「モバイルSuica」の2種類があります。

Suicaカード(発行手数料500円)

あらかじめカードにチャージ(入金)して使うICカード型のSuicaです。
乗降のたびに決済するSuicaカードに加え、定期券としても利用できる「Suica定期券」があります。

SuicaカードとSuica定期券は、Suicaエリア内のJR東日本の駅に設置されている券売機や、みどりの窓口で購入・チャージができます。
チャージは現金の他、「ビュー・スイカカード」などチャージ可能なクレジットカードでも行えます。

モバイルSuica

モバイルSuicaは、スマホでSuicaのチャージや決済ができるアプリです。
チャージのために券売機や窓口に並ぶ必要がなく、いつでもどこでも手軽にチャージできるのがメリットです。
Suicaカードは一部のクレジットカードでしかチャージできませんが、モバイルSuicaならどんなクレジットカードからもチャージできます。

カードのチャージ上限額

1日あたり20,000円まで

PASMO

PASMOは、首都圏の私鉄(東京メトロや小田急電鉄など)やバスの事業者が、共同で管理・発行している電子マネーです。
発行枚数は2,000万枚以上を超えており、首都圏ではSuicaに次いで多く利用されています。

カードの種類

PASMOには、PASMOの機能に特化したプリペイド型の「PASMOカード」と、クレジットカード機能とオートチャージ機能が一体になった「一体型PASMOカード」の2種類があります。

PASMOカード(発行手数料500円)

あらかじめカードにチャージをして利用するICカード型のPASMOです。
定期券として利用する場合は、PASMOと一体になった「PASMO定期券」に変更することができます。

PASMOカードは、PASMO取扱事業者の各駅・バス営業所に設置されている券売機や、窓口で購入しましょう。
PASMOカードへのチャージは、駅の券売機・PASMOチャージ機を使い現金で行います。

クレジットカードからチャージを行いたい場合は、オートチャージサービスに別途申込む必要があります。
対応しているクレジットカードは、東急カードや京成カードなど、一部の交通事業者系カードのみです。

クレジットカード一体型PASMO

一体型PASMOは、PASMOカードとクレジットカードの機能をひとつにしたカードです。
新規で一体型PASMOを申込むと、オートチャージサービスが自動で付帯されます。
オートチャージサービスを利用すると、PASMOの残高が設定金額以下になったときに、PASMOを改札機にタッチするだけで、クレジットカードから自動的にチャージされます。
券売機やPASMOチャージ機で、クレジットカードからチャージができる「クイックチャージ」サービスも利用できます。

カードのチャージ上限額

1日あたり10,000円まで、1ヶ月あたり50,000円まで

Suica・PASMOを現金化する方法

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーを、自分で現金化する方法には2通りあります。
ひとつは、駅の窓口で電子マネーの払い戻しをする方法です。もうひとつは、電子マネーで購入した商品を返品し、現金化する方法です。
各方法の具体的な手順や注意点について、説明していきます。

駅の窓口でSuica・PASMOの払い戻しを行う

Suica・PASMOの残高は、対応エリア内の駅の窓口(バス営業所の窓口も可)でカードを返却することで、払い戻しができます。
窓口に赴く手間はありますが、電子マネーの残高を100%換金できる上、その場ですぐ現金を手にできるというメリットがあります。

必要なもの

Suica定期券とPASMOカードについては、本人確認のために身分証明書の提示が必要です。
マイナンバーカード、住民票、保険証、免許証など身分を証明するものを、駅の窓口に持参しましょう。

現金化の手順

  1. ①駅の窓口で、駅員に電子マネーカードの返納を申し出ます。

  2. ②電子マネーカードを返却します。

  3. ③カードに残っている額が現金で返金されます。

スマホアプリ「モバイルSuica」の場合は、オンラインで退会手続きを行うことで、返金処理が行われます。
引き続きモバイルSuicaを利用する場合は、再度入会手続きする必要があるので注意してください。

モバイルSuicaの退会・返金手続きは、以下の手順で行います。

  1. ①モバイルSuicaアプリの会員メニューから、「退会」を選びます。

  2. ②返金先の金融機関を指定し、口座情報を登録します。

  3. ③払い戻し額と口座情報を確認し、「退会する」を選ぶと、退会処理が完了します。

注意点

払い戻し手数料がかかる

Suicaカードの払い戻しをする際は、1枚につき220円の手数料がかかります。
ですが、以下の条件を満たしていれば、手数料無料で払い戻しができます。

  • チャージをした駅と同じ駅の窓口で払い戻しをする
  • チャージをした当日中に払い戻しをする
  • チャージをした後に残高に変動がない

上記の条件を満たしているなら、駅員に「間違えてチャージをしてしまったので返金してほしい」と伝えましょう。

モバイルSuicaは払い戻しに時間がかかる

もうひとつの注意点は、モバイルSuicaの払い戻しは、即日で返金されないことです。
指定した口座に返金されるまでには、退会手続きが完了した日から2週間~1ヶ月を要します。
モバイルSuicaをすぐに現金化したいのであれば、払い戻しよりも、以下に紹介する方法がおすすめです。

商品を購入後、売却または返品をする

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーは、提携先のお店でショッピングの決済にも使うことができます。
電子マネーで商品を購入後、その商品を購入したお店で返品するか、買取専門店へ売却すると、現金化ができます。

この方法なら、払い戻しに時間がかかるモバイルSuicaでも最短即日で現金化ができます。
駅やバス営業所までの距離が遠く、電子マネーの払い戻しをするのが面倒なら、近くにSuicaかPASMOで決済ができるお店がないかチェックしてみましょう。

電子マネーで決済ができるのは、例えば以下のようなお店です。

  • コンビニ
  • スーパーマーケット
  • ディスカウントストア
  • ショッピングセンター、百貨店
  • ドラッグストア
  • 衣料品店
  • 書店

各電子マネーが利用できる店舗数については、以下の通りです。

Suica 約19万店舗
PASMO 約5万店舗

Suicaは、PASMOと比較すると利用できる店舗数が圧倒的に多いので、全国どこでも手軽に現金化ができます。

現金化するために必要なもの

商品を返品する場合

購入した商品の他、レシート(利用明細書)の提示が必要です。

買取専門店で商品を売却する場合

売却する商品の他、本人確認書類の提示が必要です。

現金化の手順
  1. ①SuicaまたはPASMO対応のお店で、返品可能な商品を選び、レジに持っていきます。

  2. ②SuicaまたはPASMOで、商品代金を支払います。
    電子マネーによる支払いは、レジの読み取り機にカードまたはスマホをかざすだけで完了します。

  3. ④購入したお店で商品を返品し、現金を返金してもらうか、買取専門店に商品を売却し、現金で売却代金を受け取ります。

注意点

お店に迷惑がかかってしまう

商品を返品する方法で電子マネーを現金化する場合、同じお店で何度も返品を繰り返すと、お店に迷惑がかかってしまいます。
同じお店で返品するのは1回だけに留めて、再び現金が必要になったときは、他のお店で利用するか、買取専門店に売却しましょう。

買取専門店を使った場合、買取手数料がかかるため、多少換金率は下がってしまいますが、同じお店を何回でも気兼ねなく利用できます。
しかも、リピーターになれば買取価格を優遇してもらえる可能性があります。

電子マネーでの購入や返品ができない商品がある

商品によっては返品できないものや、電子マネーでは購入できない商品があります。
商品を選ぶ際は、換金率の高さに注目するだけでなく、実際に購入・返品する際に障害となる点がないかどうかも調べておきましょう。
例えば、換金率が高いことで人気のAmazonギフト券は、SuicaやPASMOでは購入できません。

さらに、コンビニやスーパーなどのお店では高単価の商品をあまり揃えていないので、数万円単位の現金化は難しいでしょう。
なので、高額の現金化をするのであれば、高換金率かつ高単価の商品(ゲーム機やタブレット端末など)が揃っている、家電量販店で商品を購入するのがおすすめです。

SuicaとPASUMOのどちらが現金化におすすめ?

SuicaとPASUMOは、どちらも首都圏で使える人気の電子マネーなので、その違いがわかりにくいのではないでしょうか?
両者は、電子マネーの発行元・管理者が違うだけで、使い勝手はほぼ同じです。
換金率にもほとんど違いは生じないので、どちらでも好きなほうを選んで構いません。

ただし、現金化の方法や場所によっては、コストや利便性に差が生じることがあります。
細かい点が気になる人は、以下のポイントを考慮した上で選びましょう。

払い戻し手数料の違い

Suicaの払い戻し手数料は220円ですが、PASMOの場合は無料です。
1回や2回の現金化であれば、払い戻し手数料は大きな負担になりませんが、頻繁に現金化を利用するのであれば、PASMOのほうがお得で気軽に利用できます。

全国的な知名度の違い

SuicaとPASMOのどちらも首都圏を中心に利用できる電子マネーですが、提携している店舗数に大きな違いがあります。
Suicaは首都圏に限らず、全国に提携店舗が拡大しているので、地方でも利用しやすくなってきました。
一方で、PASMOが利用できる店舗はまだまだ少なく、全国的な知名度という面では不利です。
地方に住んでいる人には、全国どこでも決済に使えるSuicaをおすすめします。

モバイルアプリの有無

PASMOの形態はカード型しかありませんが、Suicaはカード型とモバイルSuicaアプリの2つの形態で利用できます。
モバイルSuicaは、どんなクレジットカードからもチャージできるのがメリットです。
情報流出や不正利用が心配で、クレジットカードを店頭で使うのをためらう人は少なくないかと思いますが、手持ちのクレジットカードからモバイルSuicaにチャージして決済をすれば、安心して現金化ができます。

メリット・デメリット

Suica・PASMOなどの交通系電子マネーを現金化するメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 払い戻しや返品なら、ほぼ100%の換金率で現金化できる
  • 近くに駅やコンビニがあれば、当日中に短時間で現金化できる
  • 年齢や収入に関わらず、審査なしで誰でも利用できる

デメリット

  • 専用のカードを発行する手間と時間がかかる
  • 駅の窓口やお店まで赴く必要がある
  • 商品返品の際、お店に迷惑がかかってしまう
  • 高額の現金化には向いていない

交通系電子マネーは100%の換金率で現金化できるのがメリットですが、駅やお店に行く手間と時間がかかってしまいます。
また、払い戻しや返品による現金化は、駅員・店員に迷惑をかけてしまうので、何回も利用できる方法ではありません。
今すぐに現金がほしいときや、何度も気兼ねなく現金化したい場合は、最短即日・来店不要で現金化ができるクレジットカード現金化業者に申込むのがおすすめです。