クレジットカードとパソコン

クレジットカードの現金化を申し込む際、利用限度額が少ないとわずかな額しか現金化を行うことができません。
そんな時「家族や友達のカードを利用できたら…」と思う方も中にはいらっしゃるでしょう。
しかし現金化の取引では、本人以外による申し込みと利用を原則として受け付けていません。
これは、なりすまし犯罪や名義人に内緒で取引を行うことが想定されるため、トラブルを避けることを目的として業者が自主規制を行っていることが理由です。

中には例外として、本人以外のカードであっても現金化を受け付けてくれる場合があります。
しかしその場合には注意が必要です。
名義人への確認をちゃんと行う業者であれば心配はいりませんが、確認や同意の手続きを行っていない場合には、カード情報の不正取得を目的とした悪徳業者の可能性が考えられます。
本人名義のカードを利用する際にももちろん注意は必要ですが、家族名義のカードを利用する場合にはこうした悪徳業者と取引を行ってしまわないよう、より一層の注意を払うことが必要です。

今回は多くの業者が本人以外のクレジットカードでの現金化を受け付けない理由と、家族名義のカードでも現金化を受け付けてくれる業者を利用する際の注意点など、他人名義のカードを業者が受け付けてくれるかについて解説いたします。

クレジットカード現金化ができるのは原則本人名義のカードのみ

普通の買い物であれば本人名義以外のクレジットカードを利用できる

クレジットカードで買い物

街中で買い物をする時、家族や友達のクレジットカードを支払いに利用したことはありませんか?
たとえば専業主婦の方が食料品を購入する際に旦那さんのカードを利用したり、友達に買い物を頼まれてカードも一緒に託されたりするなど、本人名義以外のカードを使う機会は思いのほかたくさんあります。
こうしたカードの利用は、不正利用にあたるのでしょうか?
ご想像の通り、答えは否です。
確かに先ほどの例では本人以外がカードを利用しているため、一見カード会社の利用規約に違反しているように思えるかもしれません。
しかしこの場合、カードの名義人が「このクレジットカードを使っていいよ」と利用を許可しているため、不正利用にはあてはまらないのです。

現金化を申し込めるのは名義人本人のみ

クレジットカードと書類

ところがクレジットカード現金化の場合、話は異なります。
確かに規約上、名義人の許可があればクレジットカードの利用は可能です。
しかし、現金化業者の規約や規則で「申し込みができるのは本人のみ」と取り決められていることがほとんどで、申し込み時に断られてしまうことが大半です。

なぜ本人以外は申し込みができないのでしょうか?
それは、本人に内緒での申し込みを防ぐことが理由に挙げられます。
たとえば家族や友人・知人のクレジットカードをこっそり借りて現金化を申し込み、現金を申し込み者の口座へ振り込んだ場合、あとからトラブルになる可能性が非常に高いことが容易に想像できます。
またその際の現金化業者との取引を不正利用として処理されてしまう可能性もあります。
こうしたトラブルや紛争を防ぐため、多くの業者では本人以外の利用を原則として受け付けていないのです。

また、盗難カードを利用して第三者が取引を行うなりすまし犯罪が行われる可能性も、本人以外の現金化取引では起こる可能性が非常に高いことが現状です。
現金化業者の多くは、なるべくトラブルや犯罪に巻き込まれることを避けたいと考えているため、こうしたリスクの高い取引を手掛けている業者はごく一部に限られています。

家族のクレジットカードでも現金化はできない……?

家族であれば利用できる業者も存在する

友人・知人のクレジットカードでの現金化は、まずできないと考えたほうがいいでしょう。
全くの他人である友人の場合、先述のトラブルが発生する可能性が非常に高いことから、受け付けてくれる業者がまず存在しません。

それでは、旦那さんや両親をはじめとした家族の場合はどうでしょうか?
家族名義のクレジットカードの場合、ごく少数ですが受け付けてくれる業者が存在します。
しかし取引を行うにあたって、業者とカード名義人の間で事実確認や同意を厳重に行う必要があるため、通常の取引と比べて多くの手間と日数を要しますので、急いでいる時はご注意ください。
たとえ家族であっても、本人以外のカードを用いた現金化取引ではトラブルが発生する可能性が十分にあります。
それを避けるために業者では入念な確認作業を行います。
従って、カード名義人に内緒で取引を行うことはできません。
また、たとえ家族であっても申し込み者が未成年の場合には取引を行うことができない点も、併せて注意が必要です。
未成年の取引の場合、あとから無条件で取引を解消できると法律で定められているため、ほぼ全ての業者は取引を行えないことを規則・規約に明記しています。

他人名義のクレジットカードが使える業者は 悪徳業者の可能性もある

釣り針とクレジットカード

「ご友人・ご家族のカードでも対応可能です!」
「面倒な同意手続きは不要ですので、ご本人に内緒で取引ができます!」
取引業者を探していると、こんな広告を目にすることがあるでしょう。
多くの業者で禁止されているとはいえ、本人以外の名義のカードで現金化をしたい方は多くいらっしゃいます。
このような潜在顧客を狙って、広告を出している業者が近年数を増しつつあります。
しかしご注意ください。友人や知人のカードでも取引可能と謳っていたり、同意手続きを省いたりしている業者の中には、悪徳業者が紛れ込んでいる可能性が非常に高いと考えられます。
不運にも取引相手が悪徳業者だった場合、確かに現金化を受け付けてはくれるものの……換金率が当初に説明されたものより大きく目減りすることや、最悪の場合個人情報やカード番号などを抜き取られてしまう可能性も非常に高くなります。
また、同意手続きを省いたためにのちのち友人や家族と大きなトラブルになる可能性が高いことも忘れてはいけません。
必要な現金が得られないことに加えて友人や家族との関係にも大きなヒビが入り、さらに個人情報まで悪用されてしまっては目も当てられません。
これを防ぐため、同意手続きや名義人の確認が極端に簡略化されている業者とは取引を控え、たとえ面倒でもちゃんと然るべき手続き・手順を踏んでいる業者と取引することを強くおすすめいたします。

安全に現金化を行うためにも自分の名義のカードを使うようにしよう

クレジットカードと鍵

他人名義のクレジットカードで現金化を行うことの難しさについて、ご紹介いたしました。
本人名義以外のカードを用いた現金化が思いのほか煩わしい手続きが必要なことや、その手続きが不正利用やトラブルを防ぐための施策であることをお分かり頂けたかと思います。
普段の買い物であれば、実物のカードを預かっていることや、裏面に記載されているセキュリティコードなどを確認することによって、事前に同意を得ている可能性がほぼ100%であると推測ができます。
しかし現金化取引の場合は、後々大きなトラブルに進展する可能性が高いため、取引業者側の自主規制として受付を厳しく制限しているのが現状です。

記事中で解説した通り、優良な業者であれば家族名義のカードを用いる場合には、本人確認とともに、名義人の同意確認をそれぞれ厳重に行っています。
そのため、たとえ面倒に感じてもこうした確認作業をきちんと行っている業者を取引相手に選ぶようにしましょう。
また、よほど喫緊の事情がない場合には、できる限り自分名義のクレジットカードを現金化に用いることをおすすめいたします。