身分証明書は必須だ!
利用者の中には、他人のクレジットカードを使ってお金を入手しようとする人も少なくありません。そのような詐欺を防止するために、現金化業者の中には手続きの時に本人確認をするところがあります。この対応は業者によってまちまちです。

カードローンやキャッシングなどと違う点として、クレジットカードの現金化を利用する際には身分証明書の提示が求められます。
これは現金化の取引が商品の買い取りという仕組みで行われていて、そして買い取りの際には身分証明書を用いて本人確認することが古物営業法という法律によって義務付けられているからです。

法律で義務付けられているのなら、提出もやむを得ません。
しかしその一方、身分証明書に記載された個人情報が悪用されてしまうのではないかと不安を覚える方もいらっしゃいます。
けれども心配いりません。
個人情報の収集を目的としている悪徳業者でなければ、集められた個人情報は厳重に管理されており、本人確認以外の目的で利用されることも現金化業者の性質上まず考えられないからです。

クレジットカード現金化を申し込む際に身分証明書の提示が必要になる理由と、業者へ提出した個人情報が悪用されるか否か、そして時折目にする本人確認が不要な業者について解説いたします。

クレジットカード現金化では身分証明書の提出を求められる

クレジットカードの現金化を業者へ依頼する場合、カード番号に加えて免許証やマイナンバーカードを始めとした身分証明書のコピーや画像データの提示を求められます。
これはカード名義人による申込であることの確認に加えて、法律で身分証明書による確認が求められているからです。

現金化の仕組み上身分証明書を用いた本人確認は必須

なぜ身分証明書による確認が必要なのでしょうか?
その理由は、クレジットカード現金化の仕組みにあります。

現金化の取引は通常、申込者が業者指定の商品を購入し、それを現金化業者が買い取る仕組みを採っています。
商品の買い取りを業者が行う際、買い取る商品が盗品ではないことを確認するため、身分証明書を用いた本人確認を行わなければならないと古物営業法によって義務付けられているのです。
ブックオフを始めとした中古買取店で私物を売ったことがある方であれば、本人確認のために身分証明書の提示を求められた経験があることと思います。
クレジットカードの現金化においても、これと同じ理由で身分証明書の提示が必須となります。

この本人確認は、金額の大小を問わず、取引の都度必ず行われます。
したがって、現金化を業者へ依頼する場合には、あらかじめ身分証明書を準備しておくことをおすすめします。

身分証明書に記載された個人情報が悪用されることはある?

法律で義務付けられているとはいえ、それでも身分証明書の提示に抵抗を感じる方は少なくありません。
免許証や保険証には、氏名や住所などの重要な個人情報が多く記載されているため、それを悪用されてしまうのではないかと不安を覚えている方が多いことが理由に挙げられます。

悪徳業者でなければ個人情報が悪用されることはない

結論から申しますと、取引相手の現金化業者が個人情報の収集を目的とした悪徳業者でなければ、身分証明書に記載された個人情報が悪用される心配はまったくありません。
なぜなら、好意的な評判を数多く集めている優良業者の場合、個人情報の管理は一際厳重に行っているからです。

業務で取得した個人情報が万が一漏洩した場合、会社の規模の大小を問わず全国ニュースで取り上げられ、これまで築き上げてきた評判や信頼は大きく損なわれてしまいます。
これを防ぐために個人情報を取り扱う業者は収集した個人情報を厳しく管理しています。
クレジットカードの現金化業者も、決して例外ではありません。

また、クレジットカード会社やカードローンを提供している貸金業者と異なり、現金化業者はあくまで法律上義務付けられているために個人情報を収集・管理しているだけに過ぎません。
したがって、集められた情報はあくまで保管するのみ。
氏名や住所をもとに何らかの審査が行われることもなければ、他の業務に流用されることもありません。

本人確認不要な業者はあるの?

「身分証明書の提示が必要ないところはないかなぁ…?」
免許証や保険証の再発行中であったり、わけあって身分証明書を提示したくなかったりすると、こう考える方もいらっしゃるかもしれません。

けれどご注意ください。確かに現金化業者の中には、本人確認を不要としている業者も一定数存在します。
しかし前述の通り、現金化の取引では本人確認は法律で定められています。
つまり、本人確認不要の業者は、法律で定められた義務を果たしていないため、詐欺を働く悪徳業者である可能性が考えられるのです。

身分証明書の提示不要な業者はかえって危険

悪徳業者にも様々な種類があります。
取得した個人情報で名簿を作成し、闇金業者へ売りつける顧客リストを作成する業者もあれば、カード番号だけでなくセキュリティコードやパスワードなど、クレジットカードの情報を必要以上に収集して不正利用を企てる業者も存在します。
それらと比べると本人確認を必要としない業者は悪徳ではない可能性も考えられます。

しかし本人確認が不要である場合、身分証明書をわけあって提示できない人からの利用申し込みが集中することが想像できます。
その場合、HPや店頭で掲示されている換金率よりはるかに低い額でしか現金化をして貰えなかったり、申込書に記載した氏名や住所、電話番号などが先ほど例としてあげた悪徳業者と同じく闇金融を始めとした第三者へ売り渡されたりしてしまう可能性が考えられます。

身分証明書は誰でも発行してもらえる危ない橋を渡るよりも何かしらの身分証を取得するほうがずっと安全

身分証明書はどんな人でも何かしら必ず発行してもらえます。
免許証は高額な取得費用が必要になりますが、保険証であれば健保組合か自治体へ問い合わせればすぐに発行が可能です。
また日数がかかるデメリットこそありますが、お住まいの自治体へ希望すれば顔写真入りのマイナンバーカードを発行してもらうこともできます。
発行にかかる費用は、写真の撮影代以外はかかりません。

本人確認を不要とする怪しい業者と取引をするよりも、何らかの身分証を発行した上で利用した方が、安全面で大きなメリットがあるためおすすめです。

身分証明書の提示を求められたらちゃんと本人確認を行っている証と見なそう!

クレジットカード現金化で身分証明書の提示が必要な理由と、本人確認が不要な業者の注意点について解説いたしました。
身分証を提示する際の懸念事項だった個人情報流出の不安がまったくの杞憂であることと、本人確認を不要としている業者は、かえって怪しい業者であることがお分かり頂けたかと思います。

取引のたびに身分証の提示を求められると、情報流出の不安に加えて煩わしさを感じることも否めません。
しかし裏を返せば、取引相手の現金化業者が法律に則ってきちんと本人確認を行っているあらわれでもあります。
好条件であることはもちろん、クレジットカードの現金化を行う際は、できるかぎり安全な業者と取引を行っていきたいものです。
本人確認をちゃんと行っている業者は、この安全面において優良な業者と見て間違いありません。
また、どうしても不安が拭えない場合には、個人情報管理について身分証の提示時に思い切って確認してみることもおすすめです。
適切な個人情報管理を行っている業者であれば、利用者からの質問にもきっと快く答えてくれることでしょう。

他人名義のクレジットカードで現金化は出来ませんので、気を付けてください。親の名義でも出来ない事になっています。

  • 迷惑メールや電話
  • ヤミ金の勧誘
  • 架空請求など

さまざまな被害に遭う危険があるため気を付けましょう。
具体的には、利用する業者を慎重にチョイスするところから始めましょう。
公式サイトだけでなく口コミを見て、トラブルがなさそうな場所を選びます。

即日カードマンからのアドバイス
最初から本人確認不要のところを使うことも手です。また、電話対応中に不審に思う部分があったらスタッフに遠慮なく質問しよう。万が一「危ないな」と思うようなことがあったら、すぐに中止して他の業者を当たるようにせよ!

無店舗型来店不要、優良店舗型は来店が必要それ以外の違いは?

クレジットカードの現金化を検討するとき、繁華街にある業者とWEB上の業者、どちらをお選びになりますか?
両方を営んでいるところであれば都合のいい方を選ぶことができますが、現金化業者については、店舗があるところとないところのいずれかに限られている場合がほとんどです。

メールのイメージ
無店舗型は公式サイトの投稿フォームやメール、電話などで申し込みます。指定の商品をクレジットカードで買うと宅配便で届き、口座に金額が振り込まれるという流れです。

来店不要で業者と顔を合わせずに使えるという手軽さが魅力ですが、一方で安易に使ってしまいがちというデメリットもあります。また、実態がないために詐欺を働いた後雲隠れするような悪徳業者も少なくありません。

店舗型は電話なしで、実店舗へ行って申し込みます。指定の商品を買った後、提携している別店舗で即座に買い取ってもらうことでお金を手に入れます。

無店舗型にくらべると目に見えるという安心感があります。しかし、実際には「商品に傷が付いている」などの言い掛かりで買取を拒否する悪徳業者もいます。体験談の中には「抗議しようとしたら男性数人に囲まれた」という闇金などでよく聞くような出来事も。

双方のタイプに優良もしくは悪質な業者はいます。「店舗型だから安心」ということはないため、どちらを使うにせよトラブルに遭わないためのリスク回避は必須です。
悪徳詐欺の事例を読んで詐欺にあわないようにしましょう。

この2つの営業形態のうち、おすすめなのは無店舗業者です。
実店舗がある方が安心できるのでは? そう思われる方も多いでしょう。
しかし店舗がある業者は、高いコストを費やして店を構えている分、手数料が割高であったり、営業時間内でしか申し込みができないなどのデメリットも抱えています。
反面、無店舗業者は余計なコストが発生しない分手数料を安く抑えられ、結果として高い換金率で現金化を行うことができるのです。
その他にも、無店舗業者ならではのメリットは数多くありますので、これから取引をするのであれば、無店舗業者をおすすめします。

今回は店舗型と無店舗型、それぞれの業者の特徴をご紹介し、その上でなぜ無店舗型の業者がおすすめなのかを解説いたします。

クレジットカード現金化は店舗のある業者より無店舗型の方がオススメ

クレジットカードの現金化業者には、店舗型と無店舗型の2つの種類があります。
前者は繁華街でよく目立つ看板が掲げられているため、「現金化」と耳にするとこの看板を連想する方も多いのではないでしょうか。
一方、無店舗型の業者も最近はWEB上に広告を出すことが多くなったため、急速に認知度が高まりつつあります。

さて、いざ現金の工面が必要になったとき、私たちは店舗型と無店舗型、いったいどちらの業者を選べば良いのでしょうか?

店舗がないと不安? そんなことはありません!

意外に思われるかもしれませんが、実際に取引を行う上でおすすめなのは無店舗型の業者です。

「お店があったほうが何かと信頼できるんじゃないの?」
「実際に入金されるまで結構日数がかかりそうで不安…」

こうした不安があるのも、無理はありません。
何しろ無店舗型は業者が実在するのかも疑わしい場合があり、そんなところへクレジットカードの番号や個人情報などといったデリケートな情報を渡すのは、どうしても不安になってしまうものです。

しかし実態は大きく異なります。
店がないために信用を得ることが難しい点は、当の業者側も重々承知しています。
そのため、安全かつ迅速な取引や個人情報管理の徹底など、地道な経営努力により良い評判を着実に積み重ねています。
また詳細は後述しますが、店舗がないことによって余計なコストを抑えられ、その分サービスをより充実させるなどの試みも行われているのです。

もちろん無店舗型を選ぶ理由はこれだけではありません。
この他にも優れたメリットが多くあり、好条件で取引をすすめるために無店舗型の業者はいまや無視することのできない存在となっています。

かかる手間は電話確認のみ!無店舗型業者のメリット

それではここで、無店舗型業者と取引するメリットを順に見ていきましょう。

店舗を必要としない分 換金率が優れている

繁華街に店を構える場合には、様々な費用が発生します。
例えば店の賃料に従業員の人件費、看板の制作費に掲示料金など、例を挙げるとキリがありません。
これらの費用を回収するため、店舗型の業者では手数料の金額を高めに設定しています。
十分な手数料収入がないと、赤字になって廃業へ至ってしまいますからね。

一方、無店舗型の業者は店を必要としないため、余計なコストを大きく浮かせることができます。そして多くの場合、コストが節約できた分手数料を割引し、顧客サービスの充実を図っています。
これによって、無店舗業者は店舗型と比べて高い換金率を誇っており、私たち利用者はより有利な条件で現金化を行えるようになりました。

即日振込サービスを使えば 最短で当日中に現金を工面できる

WEB上での取引が危ない印象を抱かれていたのも、今となってはすっかり昔話となりました。
昔だったらHPの入力フォームにクレジットカード番号を打ち込むだけでも抵抗を感じる方が多かったのですが、今日ではそんな話はほとんど耳にしません。

けれど実店舗での買い物や取引と比べてどうしても敵わないポイントとして、取引の即時性が挙げられます。
例えば街の書店で本を買う場合はすぐに商品を手にすることができますが、Amazonで購入した場合には最短でも半日は待たなければなりません。
ネットスーパーやファッションブランドのサイトにも同様の課題があり、これがネットショッピングではなく実店舗での買い物を選ぶ大きな理由となっています。

クレジットカードの現金化でも、同じ理由で店舗型の業者を選ぼうかと考えている方は少なくありません。
ネット上で申し込みが完了できても、振込が遅かったら現金が必要なときに間に合わないかもしれない。
そう不安を感じている方が多い現状があります。

しかしこの不安はまったく杞憂に過ぎません。
なぜなら、多くの業者では今日「即日振込サービス」を実施しており、身分証のコピーと電話による本人確認が完了すれば最短即日で現金を工面できるようになっているからです。

確かに、業者からの確認の電話に出なければ振込をしてもらえない手間はあります。
けれど申し込んだその日のうちに現金化が完了するのであれば、取引の速さの面では店舗型の業者と十分に肩を並べられるといえるでしょう。

時間と場所を選ばず申し込み手続きができる

街中の業者に取引を依頼する場合、当然ながら営業時間中にしか申し込みができません。
仕事が夜遅くまで長引いてしまったときや、他の予定でスケジュールが埋まっているときには、店まで足を運ぶのも難しいでしょう。

無店舗型の業者であれば、受付はもちろん24時間365日対応しています。
実際の取引と手続きは、翌日の営業時間中に行われますが、その間私たち利用者がやることは、本人確認のためにかかってくる電話に出ることと、振込が正常に完了したかを確認することの2つしかありません。

忙しい毎日を過ごしている方にとっては、このメリットは特に重宝することでしょう。

意外と知られていない 店舗型業者のデメリット

ところで、信頼できると思われている店舗型業者にもデメリットがあることをご存じでしょうか?
対面で取引ができることは安心の証と思う方が多いのですが、残念ながら現金化に限ってはメリットよりもデメリットのほうが目立ってしまうことがあります。
無店舗業者のメリットと同じく、こちらについても順に見ていきましょう。

クレジットカードが利用停止になってしまうことがある

店舗型の業者では、商品の買い取りを通じて取引を行っています。
ここでいう「商品」とは、換金性が高いブランド品や金券などが主なものですが、このような品物を一度にまとめて購入すると、カード会社が不正利用と見なしてカードを利用停止にしてしまうことがあります。
そして残念ながら業者側は、カードが利用停止になってしまったことについてのフォローは一切行ってくれません。

ほとんどの無店舗の業者では、カードが使えなくなってしまうことの対策として、商品の買い取りの代わりに決済代行会社を通じて取引を行っています。
決済代行会社を間に挟めば、カードが使えなくなってしまう危険性を最小限に抑えることができ、またカード番号を始めとしたクレジットカードの情報を保護することも可能です。

足元を見て換金率を下げる悪徳業者が存在する

非常に残念な話ですが、対面で取引ができる特性を悪用した業者が一定数存在します。

店舗で取引を行う過程では、申し込み者がどのくらい現金の工面を急いでいるかは一目瞭然です。
よほど急いでいる場合には、多少条件が悪くても取引を依頼してしまうことがあることも、当然把握されています。

これを利用し、本来の換金率や手数料率より悪い条件を提示されてしまうことが、店舗型の業者では時折あるのです。
足元を見られること自体、そもそもあまり気分の良いものではありません。それに加えて、業者によっては、強面の従業員が出てきて取引を強引に進められてしまう可能性もあります。

本来、実店舗があることは信頼できる証のはずなのですが……現金化に限っては、信頼の証どころか「危ない特徴」と見なされるケースがあることも否めません。

便利かつ高還元で何より安心できる 来店不要な無店舗業者は良いこと尽くし

店舗型と無店舗型、それぞれの業者の特徴について解説いたしました。
これまで現金化の定番と思われていた繁華街に店を構える業者が、実は複数のデメリットを抱えていることに驚かれた方もいらっしゃるのではないかと思います。

かつては無店舗型の業者がほとんど存在しなかったこともあり、これらのデメリットはあまり目立つものではありませんでした。
しかし競争が激化してサービスの拡充が進むにつれ、これまで当たり前と思われていたことが段々デメリットとしてみなされるようになり、今では「店舗を構えている業者の問題点」として知れ渡るようになってしまいました。

とはいえ、これは業者側の都合に過ぎません。
私たち利用者はできる限り安全で、条件に恵まれたところと取引をするのが一番です。
それを踏まえて考えると、高い換金率を誇りながら入金スピードも早く、いつでも申し込みができる無店舗型の業者は、取引相手としてまさに最適な存在であるといえるでしょう。

これから現金化の利用を予定しており、業者探しもこれから始める場合には、まず無店舗業者の中から探し始めることを強くおすすめいたします。