初めてクレジットカードの現金化を行う場合、思った以上に多くの個人情報をやり取りすることに驚かれた方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、現金化の取引ではなりすましや、不正利用を防ぐために厳重な本人確認が行われるため、その際に様々な個人情報を聞かれたり、本人確認用の身分証明書の提出を求められたりします。

けれども、提出した個人情報が悪用されていないか、不安を覚える方も多いかと思います。
もし個人情報が流出したら、どのようなことが起こるのでしょうか?
それを防ぐために業者側では、一体どのような取り組みがなされているのでしょうか?
今回はクレジットカード現金化で多くの個人情報をやり取りする理由を解説するとともに、この2つの疑問についてお答えいたします。

クレジットカード現金化では 多岐にわたって個人情報の提出を求められる

スマホのロック画面

現金化を申し込む際には、申込書やフォームに様々な個人情報を記入します。
本名と連絡先はもちろんのこと、住所や銀行口座、さらには顔写真つきの身分証明書のコピーや画像の提出を求めるところも最近では多くなってきました。

なぜこのように沢山の記入欄を埋め、わざわざ身分証のコピーまで提出しなければならないのでしょうか?

厳重な本人確認はなりすまし犯罪を防ぐ為

詳細な入力フォームと身分証のコピーを求めるのは、なりすまし犯罪を防ぐことが理由に挙げられます。
取引に使うクレジットカードが提示されても、それが本当に申込者本人のものなのかは一目ではわかりません。
これを確認するためには、カードの名義人欄と申込書・入力フォームの情報、それから身分証の氏名の欄を照合して、名前が一致しているかを確かめる必要があります。

また、現金を振り込む銀行口座の名義もこの時チェックされます。
家族の口座ではなく本人名義の口座を入金先として求められるのは、銀行口座の情報も本人確認の重要な資料として用いているからなのです。
面倒な作業ではありますが、こうすることでなりすましによるカード利用を未然に防ぎ、安全な取引を進めることができるようになります。

もし万が一個人情報が流出したら、こんなことが起こる

黒覆面の男

それではもし、提出した個人情報が業者以外の何者かに流出してしまった場合、どのようなことが起こると考えられるのでしょうか?
ここでは3つの例を見ていきましょう。

(1)住所氏名が流出した場合 ヤミ金からのダイレクトメールが届く可能性がある

保険証や免許証のコピーが流出してしまった場合、あなたの住所と氏名に加えて、あなたが現金化を利用するほどの懐具合であることがバレてしまいます。
この場合考えられることとしては、ヤミ金融からのダイレクトメールが自宅へ届く可能性があります。
「無審査」「即日で○○円までご融資します!」と書かれたはがきが数多くポストへ投函されることとなりますが、決して利用を検討してはいけません。

(2)銀行口座情報が流出した場合 「押し貸し」を受けることがある

振込先として指定した銀行口座の情報が漏れてしまった場合、先ほどと同じヤミ金融による押し貸しの被害に遭うことが考えられます。
「押し貸し」とは、本人の意図を問わず無理やりお金を貸し付ける借金のことです。
口座番号がわかれば一方的にお金を送りつけることもできるため、この押し貸しに関する被害や相談は年々増加しています。

見方によっては自分の口座へお金が振り込まれるので、ラッキーと思われるかもしれません。
しかし入金記録を証拠に後日取り立てが来ることが考えられるため、その実全くラッキーではありません。
銀行口座情報の流出とは、私達が思う以上にずっと深刻なものなのです。

(3)カード番号が流出した場合 不正利用の被害を受ける可能性が濃厚

現金化に用いたクレジットカードの番号が流出した場合、利用限度額の残高がゼロ円になるまで不正利用が続く可能性が考えられます。
クレジットカードは、カード番号と有効期限、暗証番号とカード裏面にあるセキュリティコードが入手できれば誰にでも決済に使うことができてしまいます。
通常はこれらをすべて入手することが限りなく不可能であるため、安全性は決して低いものではありません。
しかし万が一、番号が漏れてしまったら…被害はたいへん大きなものとなります。
また、不正利用の被害にあったカードは、番号やセキュリティコードが一新されますが、切り替えにかかる手間も莫大です。2次被害も非常に大きい、深刻な情報流出事故となってしまうことが容易に想像できます。

心配無用!クレジットカード現金化では 個人情報漏洩の心配があまりいらない理由

個人情報の流出で起こりうる被害は、前述のとおりです。
想像以上の被害の深刻ぶりに、驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。
だからといって、個人情報流出を極度に恐れる必要は全くありません。
なぜなら、これはあくまで情報管理がずさんな業者や悪徳業者が情報を流出させてしまった場合に限って起こりうることだからです。
優良業者であれば顧客の個人情報は慎重に取り扱われているため、こうした事態が起こることはまずないと言っても過言ではありません。

顧客の個人情報は 私達の想像よりもずっと厳重に管理されている

データの管理

まず本人確認用に提出した身分証のコピーや銀行口座情報ですが、これらは業者が扱う情報の中でも最も厳重に管理されています。
なぜなら、もし万が一にもこれらの情報を流出させてしまった場合、失った信用を回復させるのは極めて難しく、最悪の場合廃業を余儀なくされてしまうことも十分に考えられるからです。

そのため、たとえ中小規模の業者であっても、顧客の個人情報は非常に厳しく管理されています。
もちろん流出の可能性が0%とは言えません。
しかし企業努力と個人情報保護の意識徹底により、限りなく0%に近づいていることは確かです。
クレジットカードの番号は別会社が管理している。
一方、クレジットカードの情報は、ほとんどの場合代行決済を専門としている別会社が取り扱っています。業者に代わって代行会社が決済を執り行うことにより、業者が利用客のカード情報を知ることはありません。
また代行会社の情報管理も徹底されているため、ここからカード番号などが流出することもまず考えられません。

従って、個人情報・カード情報ともに漏洩・流出の危険性は限りなくゼロに近いと見なすことができます。

自己管理さえしっかりしていれば クレジットカード現金化で個人情報漏洩の心配は不要です!

クレジットカード現金化を行う際に気になる、個人情報の安全性についてご紹介いたしました。
デリケートな情報を数多く提出する必要があること、取引を行う上でこれらがすべて必要であること、そして情報流出の心配はほぼ必要ないことがお分かり頂けたかと思います。

比較サイトや利用者の体験談で好評価を集めている優良業者であれば、個人情報の管理について心配する必要はほとんどありません。
むしろ心配するべきは、私達の自己管理のほうかもしれません。
たとえば、申込に使用するPCやスマートフォンにウイルスソフトが入っていなかったために、カード番号や銀行口座情報が筒抜けになってしまった情報流出事故が、毎年数多く報告されています。
こうしたアクシデントを防ぐためにも、現金化の申込時には優良業者の厳選に加えて、PC・スマートフォンのセキュリティを再度確認されることをおすすめいたします。