クレジットカードを新しく作るにあたって、不安の種となるのが発行審査です。具体的な審査基準が公表されていないため、結果が伝えられるまでの間「果たして自分は大丈夫だろうか?」と不安になってしまう方は多いのではないでしょうか。

けれどご安心ください。すべてのカード会社が厳しい審査を行っているわけではありません。特定の分類に属するカード会社では、ある理由によって比較的甘い審査を行っているため、そうした会社を選ぶことによって、より確実なカード発行へ漕ぎ着けることが出来るのです。

また、現在学生や主婦であってもクレジットカードを発行できる可能性は十分にあります。そのためにはあらかじめ、どんなカードを申し込めば良いのかを知っておくことが大切になります。

そこで今回は審査が甘いカード会社と、学生や主婦、そして無職の方でもクレジットカードを作れる方法についてご紹介致します。

審査が甘いカード会社ってあるの?

握手をする男性

「正社員じゃないとクレジットカードは作れないんじゃないの?」

フリーターや派遣社員でまだクレジットカードを発行したことのない方の場合、こんな疑問を抱いたことのある方も多いことでしょう。ご安心ください。確かに正社員で高い年収を稼いでいなければカードを発行できない厳しい審査基準を持つカード会社は存在します。しかしその一方でゆるい審査基準を持ち、非正規雇用や少ない年収の方でもカードを発行してくれる会社だってあります。

もちろん、審査が甘いからといって一部のお店でしか使えなかったり、ポイントプログラムや保険などの特典が不十分であるといったことはありません。審査が厳しいカードと同じく、どこでも不自由なく使うことが出来、同等とまでは行かなくとも十分便利なポイント・特典が用意されています。

はじめてクレジットカードを発行する場合、こうした審査が甘いカードを最初の1枚として検討してみるのはいかがでしょうか?そうすれば、審査落ちで参ってしまう可能性を最小限に抑えられることに加え、利用実績を積み上げていくことによって、将来的により審査の厳しいカードを発行することも出来ます。

狙い目は流通系のカード会社

重なったクレジットカード

では具体的に、どのカード会社が甘い審査を行っているのでしょうか?

残念ながら「ウチは誰でも作れますよ!!」と公表しているカード会社は存在しません。そんなことを公表したら、新たにカードを欲しい人の申込が殺到してしまいますし、審査落ちとなってしまった人から「誰でも作れるといったじゃないか!!」と苦情が来てしまうからです。

しかし公表はされていなくとも、比較的審査が甘いと言われているカードの分類があります。それがスーパーやコンビニをはじめとした、流通系企業の系列カード会社です。流通系のカードは自分たちの営む小売店やネットショップを始め、幅広いところで自社のカードを使ってもらうことで、決済手数料を広く浅く稼ぐ戦略を採っています。

そのため、厳しい審査で顧客を選ぶよりも、多くの人にカードを持ってもらうことを優先しているのです。従って、アルバイトやパート、派遣社員であってもカードを発行できる可能性が十分にあります。またあらゆる機会でカードを使ってもらうため、年会費無料やポイントプログラムが充実しているなどのメリットもあり、はじめて持つ1枚としても最適であるといえるでしょう。

学生や主婦でもクレジットカードは作れる?

本人収入がない学生や主婦の場合、クレジットカードの作成は出来ないのでしょうか?そんなことはありません。たとえご自身に収入がなくても、両親や旦那さん、奥さんなどの世帯収入があればクレジットカードを発行できる可能性は十分にあります。

学生の場合 学生専用カードを作れる

デビュープラス

まず学生の場合、カード会社各社では学生専用のクレジットカードを発行しています。これは本人に収入がなくても、大学や専門学校に通っていることを証明できれば容易に発行ができるクレジットカードです。ショッピング枠が10~30万円と少額でキャッシング枠は原則ゼロであるデメリットがありますが、アルバイト収入がなくてもカード発行ができ、学生ならではの豊富な特典が用意されているため、学生のうちにぜひとも発行して携えたいものです。

また、学生専用カードは社会人になってから最初の更新月を迎えた時、自動的に一般カードに切り替えられます。そのため、社会人になりたてであるにも関わらず十分な利用実績が積み上げられ、充実したカードライフを送ることが可能となるのです。

主婦(主夫)の場合、パートナーの収入を基にカード発行が可能

部屋の掃除をする女性

専業主婦の場合には旦那様、主夫の場合には奥様の収入を基にカード発行が行えます。よく「本人の収入がなければカードは作れない」と思われる方が多いのですが、こうした制約はカードローン、それも本人収入を基に限度額を決める消費者金融のカードローンでしか存在しません。クレジットカードの場合、発行の可否はカード会社に委ねられており、たとえ本人が専業主婦で収入がない場合でも、パートナーの収入を基に審査を行い、カードを発行する場合が多々あります。

また、十分な金融資産や預貯金があれば申込書でそれを申告することが出来るため、発行の可能性はより高いものとなるでしょう。

無職でもクレジットカードは作れる? 家族カードについて

収入がない学生や主婦の方でもクレジットカードを作れる可能性が十分にあることは、先述のとおりです。では、学生でも既婚でもない無職の方の場合はどうでしょうか?

残念ながら収入がまったくない状態でクレジットカードを新たに発行することは非常に厳しいものです。収入がない場合、仮にカードを発行しても代金を支払ってもらうことが出来ず、結果としてカード会社が損をしてしまう可能性が高いからです。

派遣会社へ登録だけしても すぐにバレてしまう

高層ビル群

以前は派遣会社に登録だけして審査を通過するといった審査すり抜けの裏技があったのですが、これはあまりおすすめできる方法ではありません。なぜなら、年収を記載するところで無職の方の場合「0円」としか書くことが出来ず、すぐに登録だけで実際の就業はしていないことがバレてしまうからです。

また派遣会社へ在籍確認(本当に働いているかを確認する電話のこと)をする際、派遣会社側でも「現在就業しています」あるいは「登録はしているが就業はしていません」と答える形を取っています。これにより今日、派遣社員としての登録だけではカード発行が出来る可能性はまずありません。

家族カードであれば発行可能

無職であっても確実にカードを作れる方法が一つだけあります。それが家族カードの発行です。家族カードとはカード会員の子供や親、パートナーに宛てて発行されるクレジットカードのことです。既に家族の誰かが家族カードを作れるクレジットカードの会員である場合、原則無審査でカードが発行されます。無職であっても、低所得であっても、それを理由に発行を見送られることはほとんどありません。

厳密には本人名義ではない でもそれによるデメリットはなし

家族のイラスト

こうしてみると先ほどご紹介した専業主婦・主夫の方がカードを発行する場合と同じに思われるかもしれません。しかし両者には微妙な違いがあります。

専業主婦・主夫の方がパートナーの収入を基にカードを発行する場合、本人の名義でカードが発行されます。一方の家族カードの場合、名義はあくまで旦那様や奥様、親御様などのカード会員であり、厳密には自分自身の名義のカードではないのです。もちろん利用する上では、家族名義と本人名義で何も違いはありません。そのため、厳密な名義にこだわらないのであれば家族カードの発行は無職の方がカードを作る上でもっとも簡単かつ確実な方法であるといえるでしょう。

審査が通らない理由とは?

クレジットカードの発行審査に落ちてしまう理由には様々なものがあります。たとえば年収があまりにも低い場合、毎月のカードの利用代金を支払うことも難しいと判断されたら、審査落ちとなってしまいます。
転職して間もない場合、すぐ退職して安定した収入が途絶えてしまう可能性があることから、審査否決にしてしまうカード会社が一定数存在します。

この他にも数多くの審査否決理由がありますが、その中でも代表的な3つをご紹介します。

1.本人・在籍確認が取れない

携帯電話と職場への在籍確認が出来ない場合、審査が進まず発行見送りとなってしまいます。在籍確認が取れない場合、申込者が本当に仕事をしているのか確認することが出来ないからです。また携帯電話への本人確認が行えない場合、利用料金の未払いなどがあった場合に連絡がつかなくなってしまうため、同じく審査否決となります。

2.他社の滞納・未払い履歴がある

defaultの文字ブロック

カード会社や消費者金融などで共有している信用情報には、これまでの借入・カード利用とその支払・返済情報が登録されています。この中で多数の滞納・未払い履歴が登録されている場合、審査通過は非常に厳しいものとなってしまいます。新規申し込み時、カード会社は毎月ちゃんと利用料金を支払ってくれるかを最重要視しています。

その際、他社で料金の未払いや滞納、延滞履歴が多数登録されていたらどうでしょうか?自分たちのカード利用料金も毎月キチンと払ってもらえるか疑わしくなってしまっても無理ありません。そのため、過去の履歴によって審査否決となってしまう可能性は十分に考えられるのです。

3.短期間で多数の申込があった

信用情報では他社の利用状況に加えて、直近半年間の申込情報が記録されています。ここで多数の申込情報が記録されていた場合、審査にマイナスに響いてしまうのです。例えば1ヶ月間に10件の申込が集中していた場合、よほどお金に困っていて、工面のために多数の申し込みを行っていることが考えられます。

その場合、仮にカードを発行したとしてもちゃんと料金を支払ってもらえる可能性はぐっと低くなってしまいます。もちろん、こうした事情はまったくなく、単に入会特典欲しさに申し込みが重なった可能性も十分にあります。しかし新規申し込みはどのカード会社も慎重になります。その際、多数の申し込み情報が残っていると悪い方向に捉えてしまうカード会社は思いのほか多いものなのです。

まとめ

クレジットカードの審査が甘い会社、審査のウラ事情についてご紹介致しました。謎のベールに包まれている発行審査が、実際に何を見て行われているのか、お分かりいただけたかと思います。

銀行系のクレジットカードや、選ばれた人しか持つことのできないステータスカードの場合、非常に厳しい審査を行っていることから審査落ちとなってしまうことが非常に多いものです。しかし視点を変えれば、たとえご自分の属性に不安がある方であっても審査通過の可能性が十分にあるカード会社は多くあります。より確実にカード発行へ漕ぎ着けたい方の場合、まずはこの審査が甘いカード会社を狙って申込を行うことを強くおすすめします。

そうすることできっと、優れた利用実績を積み上げていく最初の一歩を踏み出すことが出来るでしょう。無事の審査通過を、心より願っています。